フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 北杜市 仙人小屋 春の山菜定食 | トップページ | 南都留郡 富士芝桜まつり~見頃にはまだ早い三十五景 »

2016年5月10日 (火)

北杜市 一休 カツカレー

Dscn8857


Dscn8848


Dscn8849


Dscn8851


Dscn8850


Dscn8853


Dscn8854


Dscn8855


Dscn8856

山菜を食べると、何故か全く違う物を食べたくなる。

例えばラーメンとか。

ここ数年恒例になったのが、名代焼きそばですね。

例の汁ダク焼きそばです。

しかし、今回は違う店に行ってみましょう。

仙人小屋の帰路、普通の食堂に寄りたくなった。

有名店だけがグルメではない!w

そんな私が気になったのが「一休」。

同じような名前の店に何度か行っていますね。w

予備知識は何もありませんが、入ってみることに。

店に入ると、カウンター席と小上がり席ですね。

どの席も喫煙可のようです。

どの客もラーメンを食べているようですが、山菜のおかげでカレーが食べたい。

メニューを見るとカツカレーがあります。

ラーメンも美味そうだが、葉っぱなのでカツカレーなんか余裕で入るだろう!と、考え、

カツカレー1000円を注文する。

暫し待たされるが、カツカレー登場、記念撮影をい、いただきま~す!












ほげ~!アナタ、あほですか?

まさかのボリューム!

ライスは完全に大盛りレベル!

茶碗3杯分か?本当に盛りが多い。

隣の客がラーメン大盛りで大したこと無いと思ったが、ライス系はバーゲンだな。w

カツの大きさは普通だと思うが、ライスが・・・サラダ付きで味噌汁付。

デザートでネーブルかな?クォーターカットサイズだね。

参ったな!これが本日の一食目なら何とかなるが、山菜天ぷら定食が・・・w

・・・いや、天ぷらと言っても葉っぱだし。w

葉っぱなんか、どんどん消化される!よし!食うぞ!!!

まずはライスとカレーの部分だけをモグモグ・・・あら、美味しいわ!!!

食堂ではありますが、カレーは家庭的なカレー。

粘度が高く、ドロリとしたカレールーが白いご飯と混ざれば、不味い訳がない。

カレーのルーは恐らく業務用であろうが、割とスパイシーな印象。

ハウスジャワカレーみたいな香りというか、最近の市販のカレールー、

すべて食べたわけではないので断言はできないが、大人の味わいですね。

ルーの中には具らしきものが存在し、カレーライスと共通のルーなのでしょう。

どちらにしても、昔懐かしく、家庭的な味わい。

昭和生まれなら皆、この味が好きでしょう。

カツはそれほど厚いとは思いませんが、標準的だと思います。

油切れも良く、サックリと揚がったカツのパン粉で、上あご周辺が傷がつく。w

肉は噛み応えのある弾力感があるが、カタイとは思わない。

肉自体はジューシーな印象は無いが、味わいはいい。

これにカレーが絡まれば、美味いよね!

途中、味噌汁と口に含む。

何故かカツカレーに味噌汁である。

味噌汁の中身は油揚げと大根の刻んだものかな?美味しいですね。

サラダはトマトと千切りキャベツ。

ドレッシングがすでにかけられていて、そのまま味わう。

それにしても、量が多い。

さすがに苦しいと思ってきた。w

食べ歩きをしてきて、注文した物は残さない!がモットー。

酒も注文した限りはすべて飲む!w

やがて、完食。

うへ~~~~!!!全部食べたぜ!!!今日はもう、何も食べなくていいや!

正直、1000円でいいのですか?というボリューム。

隣の野郎2人組がラーメンを食べていた、単品で鶏のから揚げを注文したのだが、

そのボリュームも凄かった!

次回は鶏のから揚げ定食だな!!!w

それよりもすべての客が注文していたラーメンも気になる。

隠れた名店を発見したか???w

 

ここで一句!

   山梨は

      ご飯の小盛

           無しですか?

« 北杜市 仙人小屋 春の山菜定食 | トップページ | 南都留郡 富士芝桜まつり~見頃にはまだ早い三十五景 »

カレー」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トンカツ」カテゴリの記事

山梨県 とんかつ」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事