フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 四日市市 トンテキ屋ちゃん トンテキコマギレセット | トップページ | 生駒郡 法隆寺~修学旅行気分の四十三景 »

2016年5月25日 (水)

四日市市 八宝 とんてき定食

Dscn9004


Dscn9005


Dscn9006


Dscn9007


Dscn9008


Dscn9010


Dscn9012


Dscn9013


Dscn9014


Dscn9015

四日市駅前だが、駅周辺は様々な店があり賑やかなのだが、少し路地を曲がると、

急に寂しくなる。

どうも、昼間に元気な場所と夜に元気になる場所があるようですね。

そんな昼間は静かな場所を歩いていると、一軒の中華店を発見。

店の前には四日市トンテキ定食とあるので、ハシゴをしてみることにした。





店の名前は「八宝」予備知識は勿論無し。

店の中に入ると、一瞬「???」と思ってしまった。

昼時だが、客がいない。

外観からは分からなかったが、店内は外見よりも年期を感じる。

店内はカウンター席のみで、昭和レトロと言えば聞こえはいいが、古いね。

カウンター内には店主が座っている。

店主は70前後でしょうか?60代かな?

カウンターに座ると、目の前には変色したラー油入れですかな?

BGMは太田裕美ですね。

正直、失敗したかな?

それでも、トンテキ定食1000円を注文する。

すると、いつの間にか若い兄ちゃんがいるね。

若いと言っても30代後半か?

トンテキの注文を受けてからごそごそ冷凍庫から肉を出す。

そして調理を始めると、それほど待たされずに提供された。












「お待ちどうさま」

出されたのは皿に乗ったライスとトンテキ。

トンテキの肉はコマギレの肉を更にコマギレにしたもの。

キャベツが肉の下に敷かれているが、千切りではなくコマギレ。w

肉もキャベツもコマギレですね。

ん?お椀かスープは出ないの?

定食という名で、汁物が無い定食は初めてだな。

それよりも、BGMがず~っと太田裕美のヒットパレードだね。

店主が昔も今もファンなのですか?

私も太田裕美は昔、ファンでした。w

ファンといってコンサートには行ったことは無い。

そんなファンにしか、分からない客が延々と流れ続ける。

何というか、汁物の無い定食、太田裕美オンリーのBGM。

四日市まで来て、これほどディープな世界の店に入るとは。

取り敢えず食べてみる。

モグモグ・・・味は悪くないね。

タレはニンニクの香りを感じるし、スライスもある。

おろし生姜なども入っているが、ベースのタレの色合いは薄い。

肉はかたい部分もあるが、筋が歯の間に挟まるとか、そういうものはない。

肉は臭みなどは無く、しっかりと味わえる。

ライスもちゃんと保温され、時間の経過は感じない。

この店の米も美味しいと思う。

コマギレキャベツは食べにくいね。w

しっかりと咀嚼しながら食べ進むと、店主と息子らしきは自分たちの食事を作りだす。

この時点で、この店の定食は汁物は無しと諦める。

「スープ無いの?」

一言聴くのもいいのだろが、忘れようが無いでしょう。w

結局、完食。

この店にもう一度訪問することはないでしょうが、一期一会とはいえ、

膨れた腹と裏腹に、心は何となく満たされませんでした。

お二人のお昼ご飯は、うどんのようでした。w

 

ここで一句

    レトロより

       劣化を感じた

             四日市

« 四日市市 トンテキ屋ちゃん トンテキコマギレセット | トップページ | 生駒郡 法隆寺~修学旅行気分の四十三景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

三重県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事