フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 笛吹市 おごっそう家~芦川町周辺の十八景 | トップページ | セブンイレブン 冷たいピリ辛ねぎ盛味噌ラーメン、ハーゲンダッツ 珈琲バニラ »

2016年8月16日 (火)

富士吉田市 源助 かた焼きそば、餃子

Dscn0112


Dscn0113


Dscn0114


Dscn0115


Dscn0116


Dscn0117


Dscn0118


Dscn0120

SMAPの解散か?オリンピックのメダルか?それとも24時間テレビか?

8月も中盤から後半に移行しようとする中で、大きなニュースが連発する。

ウサイン・ボルトはリオオリンピックで引退だと。

東京オリンピックには、出場しないらしい。

年齢的に30代半ばでは、記録更新は難しいし、銅メダルや4位では仕方がない。

今が潮時と判断したか。

2020年、自分は何をしているのか?

更にオヤジになっているのは間違いない。

2020年になってもコンパニオンを撮影し、桜前線を追いかけているのか?

私の未来予想図は、老後の心配かもしれない。w









山梨と言うところは、非常に暑い。

車の温度計は気温37度や38度を指している。

いつもの私なら、エアコンはかけずに、車内で汗をダラダラ流しながら運転をするのだが、

今年はさすがに、無理!w

て、言うか、山梨では無理!岐阜の多治見や埼玉の熊谷に負けず、山梨の甲府も激熱!

CR巨人の星で、星一徹の球場ちゃぶ台返し位熱い!(分かる方はパチ好き)

そんな激アツの甲府に1泊をし、そろそろ帰るか?と考えたのだが、

やはり、何かを食べよう。

この日は、ソフトクリームしか食べてない。

正確にはホテルの朝食で満足をしたので、食べる気が起きない、と言うのもある。

まして昨夜はコンビニで買った酒が飲み切れないほど飲んだ。w(途中で寝た)

しかし、人間生きていれば腹は減る。w

12時を過ぎたころに、どこかで食べる事にした。

丁度、富士吉田市内を走っていたので、久々にうどんでも!と思ったが、

今の私は、うどんよりも素麺である。

特別じゃないどこにもあるような食堂を探す。

すると、まだ入ったことの無い食堂を発見する。

店の名前は源助、何度か店の前を通り過ぎたことがある。

取り敢えず、入ってみる、

駐車場に車を止めると、もう一台別の車が入ってきた。

店内には先客は無し、私ともう一人のオヤジが、本日の一番と二番か?

メニューは壁に貼ってある。

カツカレーがあったらカツカレーを注文しようと思ったが、カレー類は無し。

肉丼にするか?もつ煮定食にするか?それともざる中華か?

そんな中で、何故かカタ焼きそばが気になる。

ラーメンもいいが、また汗をかくし、カタ焼きそばならいいんじゃないか?

野菜を補給するにもいいだろうし。

私はカタ焼きそば800円と、餃子400円を注文した。

それほど待たずに焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!









そう来たか・・・w

何と言うか、美味そうには見えるが、期待を裏切るビジュアルである。

揚げた麺が美しい。

丸くもっこりと、いやこんもりとまとめられた麺は、今までのカタ焼きそばの概念を、

大きく変えそうだ!(大袈裟だな)

そしてかけられた餡だが、これも大きく期待を裏切る内容だ。

真っ赤なウインナーのスライスと、ちくわのスライスが目立つ。

野菜たっぷりな餡を期待していたが、これも既成概念を変える餡だ!

それにスープが付くが、マスタードは?この手はマスタードが付くのが当たり前では?

それともこれが山梨スタンダード?

揚げ麺も太いし、博多皿うどん好きが見たら、カルチャーショックを受けるだろうな。w

何となく見た目、パンケーキみたいだし。w

とにかく食べてみましょう。

パリパリの麺を崩し餡を絡ませます。

餡は少ないかな?と思いましたが、麺の隙間に入り込み、少なくはないです。

では一口、モグモグ・・・何と言いましょうか、太麺のカタ焼きそば。

餡の味付けは甘辛なのだが、極端な味付けは無し。

むしろ、多少刺激が欲しい。

卓上に酢があるので、酢を少し垂らす。

それにしても、何故カタ焼きそばに酢を垂らしたくなるのだろう?

私だけかな?マスタードがあれば、酢はかけないかもしれない。

ウインナーが目立つ餡だが、ウインナーの味わいはそれほど感じない。

具には他に、木耳、イカ、ウズラの玉子、パプリカなどなど。

その後、餃子が来るが、餃子は野菜が多めの餡。

カタ焼きそばの影響か、餃子の味がよく分からない。

カタ焼きそばと餃子って、合わないかね???

それでも美味しくいただきました。

カタ焼きそばは時々スープでリセットをし、完食。

全体的な印象としては、風変わりなカタ焼きそば。

カラシ無し、麺は太目、餡にウインナーなど、処女的衝撃を軽く受けました。

食後、カツ丼かチャンポンを注文すれば良かったかな?と思った、とある夏の日の、

お昼の事でした。

 

ここで一句

    文化とは

       不倫だけでは

             無いのだな?

« 笛吹市 おごっそう家~芦川町周辺の十八景 | トップページ | セブンイレブン 冷たいピリ辛ねぎ盛味噌ラーメン、ハーゲンダッツ 珈琲バニラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

やきそば」カテゴリの記事