フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 沼津市 愛鷹PA下り こだわりのひやし中華大盛り | トップページ | 南巨摩郡 身延山ロープウェイ~雲が邪魔だよ五十五景 »

2016年8月27日 (土)

南巨摩郡 うな富士 特上定食+アユの塩焼き

さあ、今年も24時間テレビが始まりますよ!

今年も感動の涙を沢山流すぞ!

Dscn0270


Dscn0267


Dscn0251

Dscn0252

Dscn0253


Dscn0255


Dscn0254


Dscn0256


Dscn0257


Dscn0260


Dscn0261


Dscn0263


Dscn0265


Dscn0266

さてと、この日はどこに行こうかまだ、決めてはいない。

富士川サービスエリアまで来ると、スマートインターで降り、身延方面に向かう。

いつもだと、清水方面に向かうのだが、未知なる店を求めて走り続ける。

すると、前の車が突然右折をした。

そこには「うな富士」の看板がある。

私の背中に電撃が走る。(加齢のためのシビレではない)

(もしやこれは、隠れた名店かもしれない。)

掘っ建て小屋(失礼!)みたいな外観であるが、店から「うちは人気店だぜ」オーラがある。

以前、身延山久遠寺に行った時の帰りに通り過ぎたはずだが、気が付かなかった。

時刻は丁度11時、開店時間に合わせ、車は入ったのかもしれない。

私は一旦通り過ぎると、Uターンをし、店の前の駐車場に入れる。

駐車場と言っても、この店の専用なのかな?誰が止めてもお構いなしの、

スペースに見えなくはない。

それよりも、先ほど右折した車の運転手、シートを倒して寝ているぜ。w

営業中の札が出ていたので、中に入る。

「いらっしゃいませ~」の声がおばあさまから聞こえた。

高齢の店主と2人で切り盛りですかね?

先客は私を含め3名。

中は狭く、テーブル席が3卓と小上がり席が2卓か?

私が座ったのは入口の前のテーブル席。

メニューは正面の壁に貼ってある。

鰻の専門店のようだが、やまめ、鮎なども食べられる。

うな重は特上3564円(税込)、特々の上4752円となる。

しかし本日はうな重は特上しかないという。

正直、特々上を頼むかどうか、さすがに悩んだ。w

だが、これで特上と割り切れるし、鮎の塩焼きを頼むのにためらいがなくなった。

ランチに5000円突破は、カネがある私としてもキツイ。w

うな重が3564円、鮎が864円、合計4428円、5000円以内に納まった!w

それを注文し、新聞やテレビを見ながら待つ。

注文後暫くすると、客がどんどん入ってくる。

すると、荷物を持った女性が入ってきた。

どうやら、ご夫婦の娘さんかな?接客担当の様だ。

やがてうな重登場、記念撮影をし、いただきま~す!









お重の蓋を開けると、鰻は一匹分であった。

それに漬物と肝吸いが付く。

鰻は小ぶりではあるが、特別小さいとは思わない。

では一口、モグモグ・・・皮がパリッとして身はふっくら、しっかり!という感じ。

鰻は蒸していないです。

俗に言う関西風。

皮目のパリッとした仕上がりと、身の部分はふわっというよりも、

ある程度の身のしっかり感を感じさせる。

名店、加茂とはまた一味違う、関西風です。

タレは甘辛のタレなのですが、いや~~、絶妙ですね。

個人的にタレがべったりの鰻は好きではないのですが、甘いと思ってもキレがあります。

くどさを感じないギリギリの状態の甘辛さというのでしょうか?

甘さも辛さもさらさらと流れるような味わいです。

ご飯も拘りがあるらしく、産地を明記してありました。

個人的にも米粒一粒一粒にタレが絡みながらも、米の美味さを堪能でき、

同じ山梨の井筒屋よりも、個人的にはこちらの方が好印象です。

肝吸いは美味しくいただきましたが、塩加減なども個人的に好みです。

しかし、肝の焼け焦げったような焼き方はどうでしょうか?

焦げ臭い訳ではわりませんでしたが。

そして途中で鮎の塩焼きが出てきました。

鰻をすべて食べ終えてから鮎をいただきます。











大きいけど、大型と言うにはイマイチですか?

20cmあるか、ないかの大きさです。

背びれを取り、パクつきます。

んんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!

うめえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!

味の濃いうな重の後に食べましたが、うな重の味を押しのけ、淡白な鮎の旨みが!

なんと、子持ち鮎でした!

腹の部分には卵がびっしり詰まっています!

いや~、産卵期で栄養を十分貯えた鮎って、美味いですね~~~~~~!!!!!!

淡白な川魚の旨みが、濃厚な味付けのうな重よりも光りますよ!!!

私自身、子持ち鮎の塩焼きはもう、10年以上食べていませんでした。

初夏のころの若い鮎を食べることが多く、熟成された大人の鮎は久しぶりです。

卵も格別な味わいです。

身の芳醇さ、卵の濃厚さ、これは美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかしその分、ワタの美味さは楽しめませんでした。

骨のエキスを抽出する位、骨をしゃぶり完食。

うな重も美味しかったけど、久々に鮎を堪能出来た。

また来てもいいかもしれません。

ヤマメの定食もあるし。

これは良い御縁をいただきました。

店を出ると、トイレを借りる。

トイレは店の横だが・・・水洗ではない。

汚れたら、ホースで流せとある。

因みに、男性用の小用は背中丸見えである。w

駐車場に戻ると、先ほどの右折した車の運転手、まだ寝ている。

アンタは、休みたくて右折したのか?

しかし、アンタのおかげで良い店を知ったよ。

サンキュー!

 

ここで一句

     ししゃもより

       もっと嬉しい

             子持ち鮎

« 沼津市 愛鷹PA下り こだわりのひやし中華大盛り | トップページ | 南巨摩郡 身延山ロープウェイ~雲が邪魔だよ五十五景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事