フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 静岡市 望月商店 サシミ定食 | トップページ | 茅野市 北八ヶ岳ロープウェイ~汗をかかなかった五十一景 »

2016年8月 9日 (火)

静岡市 とんかつ宇田川 カツカレー

1

Dscn0045


Dscn0054


Dscn0047


Dscn0049


Dscn0051


Dscn0052


Dscn0053

約1年3か月ぶりの宇田川である。

今回は宇田川劇場と言うより、単純にここのカツが食べたくなった。

いや、カツカレーが食べたくなった。

もう、3年前の話になるのか?

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/10/post-8.html

この店のカツカレーを食べたとき、かなり、美味いと思ったのだが、

その後は味噌カツなど、別メニューを注文する日々。

注文する日々と書きながら、およそ1年に1度のペースでの訪問では、

同じものを注文するまで時間がかかる。

美味くて気に行っている店なのだが、何故にこんなにも間隔が空くのか?

分かりません。w

言える事は、私が普段からカツなどは好んで食べないから、というのが正解。

そんな訳でありまして、カツカレーをもう一度食べるのに3年かかりました。w

この日は11時を15分ほど過ぎていました。

店内に入るとカウンター席にお客が3人、それと店主のお孫さんが一人。

私もカウンター席に座ると、ランチメニューのカツカレーを注文する。

ところで本日の店主、ご機嫌である。

最初は夫婦で切り盛りをしていたが、その後息子登場。

何と言うか、息子とお袋さんの親子の会話が中心だね。

もう、宇田川劇場ではないね、宇田川ファミリー劇場だ。w

カツ丼の注文があっても、ガンコオヤジはびくともしなくなった。w

少なくとも、いつも開店とほぼ同時に店に侵入し、食べて帰る私の時間帯では、

オヤジはキレてな~い。

PTAも安心して食べに行ける、アットホームなとんかつ屋だ。

宇田川劇場第4幕、第5幕、そして今回の6幕となるのだが、次回からは、

「宇田川ファミリー劇場」に改名しよう。

まあ、もっとも12時過ぎてからのランチラッシュの賑わいを知らないので、

その時はオヤジの秘技「ちゃぶ台返し」や「仏壇返し」があるかもしれないが。(妄想)

どちらにしても、これで3回連続ファミリー劇場なので、ほんわかした空気である。w

やがてカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!



カツカレーに具沢山の味噌汁が付いて、税込み800円。

安いよね、以前より値上がったけど。

では一口、モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~!!!!!

3年ぶりにカツカレーを食べたのだが、以前よりも印象がいいぞ!

ええええ???こんなに美味かった???美味いぜオヤジ!!!!!

何と言うか、カレーが滋味深い。

刺激や香りなどは抑え目なのだが、コク深く、様々な味わいを感じさせる。

ああ、最近これに近い味のカレーを食べたような気がする。

山梨のヴィラ・アフガンか?あれに近い味わいだよね?

コスパに関しては宇田川だが。

カツは揚げ立てなのは当然として、カツ自体も美味い!

揚げたてのカツは、口の中で火傷をしそうなほどである。

それに具沢山の味噌汁が標準装備である。

味噌汁も相変わらず美味い!

何と言うか、至福である。

久々に宇田川に来たのだが、こんなにも美味かったか?と再認識する。

カツ丼の注文も次々と入るが、ガンコ親父はホイホイホイと仕事をこなす。

まったくぼやかない、怒らない。

平和である。

花王 愛の劇場のおどろおどろしさはない。w

やがて完食。

いや~~~美味かった!宇田川のカツカレーは最高である!

ところでカレーライスと言うメニューは無いようですね。

つまり、カツカレー専用のカレーと言うことですか?

さあ、次はいつ、宇田川に訪問しようか?

そんな次回訪問時の予告を告知しよう。w

1_2


ここで一句

    オヤジから

        ガンコ取ったら

              マスオさん?

« 静岡市 望月商店 サシミ定食 | トップページ | 茅野市 北八ヶ岳ロープウェイ~汗をかかなかった五十一景 »

カレー」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トンカツ」カテゴリの記事

静岡県 とんかつ」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事