フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 茅野市 北八ヶ岳ロープウェイ~汗をかかなかった五十一景 | トップページ | 茅野市 蓼科湖周辺~湖周遊は暑いぜ!二十二景 »

2016年8月11日 (木)

茅野市 きよみず 鱒重定食(上)

Dsc_0417


Dsc_0415


Dsc_0419


Dsc_0420


Dsc_0421


Dsc_0422


Dsc_0423


Dsc_0425


Dsc_0426


Dsc_0427


Dsc_0428


Dsc_0429


Dsc_0430


Dsc_0431

北八ヶ岳ロープウェイにもフードコートはあったが、どれも食べたいとは思わず。

カレーライスでも記念に食べようかと思ったが、記念よりも味で勝負したい。

茅野まで来たらマタギ亭か?しかし、さすがに猪鍋を食べたいとは思わない。

ああ・・・良いところがある。

きよみずだ!

前回、鱒重が美味かったので、再訪問しましょう。

2014年7月以来だと思います。




今回は12時過ぎにお邪魔しました。

駐車場はほぼ満車状態でしたが、何とか止められました。

中に入り、一人だと告げるとカウンター席へ。

前回とほぼ同じ席だね。w

テーブル席には家族連れやおひとりさんなど、様々な御客がいます。

メニューを見ると、鮎が高いな。

前回の倍近い価格なので、諦めます。

かなり、良い鮎の様ですが、2尾で3000円近いとね・・・

信州サーモンとか、フライとか、食べてみたいな~。

しかし、鱒重が美味しかったので、もう一度注文することにした。

注文したのは鱒重定食の上、鱒が4枚入りのものです。

前回は3枚入りで足りない!と思ったので、今回は確実に満足できる4枚入りを。

2年前と比べて150円ほど価格がアップしておりますね。

鰻に比べればマシか?

少し待たされますが、店内にも時間がかかる旨は掲示してあるので、納得して待つ。

やがて鱒重登場、記念撮影をし、いただきま~す!








記念撮影ですが、2年前に「写真を撮ってもいいですか?」と訊いてあるので、

遠慮なく一眼レフで撮影をする。(イヤな性格ですね)

定食になると、豆腐とサラダが付くのね。

更に食後にデザートも付く。

まずは鱒重の蓋を開ける。

おお、これですよ、これ。

では一口、モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~~~!!!!!!!

私は鱒のピカタ風と前回表現しているのだが、今回も同じですね。

鱒の身を玉子の黄身状のものでコーティングをし、揚げ焼きをしている。

タレは甘辛いものだが、京風を謳う店なので、そのコントラストは上品である。

基本的に薄味で、鱒の繊細な味わいをじっくりと堪能できる。

鱒の身は口に入れると、解れる様に消えていく。

米の美味さと相まって、品のあるものだが、ガツガツとかき込みたくなる衝動に駆られる。

4枚入りを頼んで正解である。

たっぷりと鱒を堪能できるが、半分以上食べ終えたところで、タレをかけてみる。

今回は少し下品にしてみよう。

一部分だけタレをかけ、頬張る。

う~~~ん、濃い目もイケる!

全体にかけるとさすがに濃いだろうが、一部分だけかけて楽しむのは、お勧め。

味の変化を楽しめる。

味噌汁は信州味噌?なんか違うような・・・味噌汁も上品ですが、もっとアツアツでも?

豆の粒状感が少しありました。

豆腐はしゃくり豆腐みたいなものでしょうか?塩をかけていただきます。

豆腐、甘い。

豆の甘みを感じる。

量が少ないけど、この豆腐、美味いわ!

食べ終えると、お冷のポットと、デザートの寒天登場。

こちらも黒蜜が品よく、最後まで美味しゅうございました。

こうなると、他のメニューが食べたくなりますね。

信州サーモン、食べてみたい。

 

ここで一句

     鰻より

       鱒と岩魚で

            代用か?

« 茅野市 北八ヶ岳ロープウェイ~汗をかかなかった五十一景 | トップページ | 茅野市 蓼科湖周辺~湖周遊は暑いぜ!二十二景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

長野県 グルメ」カテゴリの記事