フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 茅野市 三駒 ざるとろろ大盛り | トップページ | 笛吹市 おごっそう家~芦川町周辺の十八景 »

2016年8月14日 (日)

甲府市 雨三屋 生ビール、おまかせ5種、もつ煮、ハイボール他

我がブログ初!

バスでの移動。

Dscn0075

いや~緊張するな~。

バスに乗るなんて、何十年ぶりだろう。

料金を支払うときに、めちゃくちゃ緊張したぜ!w

Dscn0077

やってきたのは雨三屋。

2度目の訪問ですよ!

Dscn0078

刺身三種。

Dscn0080

Dscn0081


Dscn0082

定番のもつ煮。

Dscn0084

茹でレバーのごま油かけ。

Dscn0086


Dscn0087

おまかせ5種。

Dscn0090


Dscn0091


Dscn0094


Dscn0095


Dscn0096

牛レアステーキ。

Dscn0098

また行きたいね!

Dscn0101

今回、長野まで観光に行ったのだが、日帰りはきついので、甲府に1泊することに。

しかし、土曜日だったので、ホテルの確保に苦労する。

何とか空室を見つけ、甲府駅近くに泊まることに。(近くと言っても3km離れている)

目的はひとつ!甲府駅周辺は居酒屋の名店が多い!(個人的感想)

我がブログ内でも山梨での居酒屋は多く、紹介している。(たまたまだと思う)

高野山の旅以来、居酒屋はご無沙汰だったので、体が居酒屋を求めている。(アホか)

とにかく居酒屋で飲みたい!(魂の叫び)

甲府と言えば、どてやきと雨三屋が個人的に高評価である。(お勧めします!)

ホテルで一風呂浴びると、フロントで甲府駅方面に歩いて行きたいというと、

バスに乗れと言われる。(バスがいいですよと言われる)

ホテルの近くにバス停があり、それに乗れば、お前みたいな方向音痴でも、

甲府駅まで行けると言われる。(すべて甲府駅に行きますと言われた)

ホテルを出ると、丁度バスが来た。

何と言うタイミングの良さ、普段から真面目に仕事をし、ウソをつかず、掃除をまめにし、

ゴミがたまる前に捨てている、日頃の行いの良さが出たな。(結構、マメです)

私は整理券を手に取ると、バスの天井を見つめた。

(バスに乗るのは何年ぶりだろう?)

私の記憶の中では、バスは学生時代か、イベントのシャトルバスの記憶しかない。

路線バスに乗った記憶が思いだせない位、乗っていない。(思いだせない位、ボケた)

車内には客は一人だが、それはこのバスに関連するものらしい。

運転手と話をしている。

ああ・・・緊張する。

私はルイヴィトンの財布の中を確認する。

小銭は多少入っている。

途中、一人の乗客が乗っただけで、甲府駅まで無事に到着する。

私は慎重に小銭を投入し、無事に下車をする。(大袈裟だなw)

見覚えのある信玄像を通り過ぎると、雨三屋に行く。

どてやきに行きたかったが、駅からは遠い。

雨三屋なら徒歩5分ほどだ。

土曜なので混んでいるのは覚悟の上だが、オヤジ一人くらい、何とかなるだろう。

店内に入り、スタッフに人差し指を立てて、一人だと告げる。

すると、カウンター席の横に補助席があり、そこへどうぞだと。w

ちなみにこの店、来た客すべてに席料100円をいただくシステム。

前回は気にしなかったが、この席だと50円にしてもらいたいな。w

なんか一段低く、地位が低くなった気がするが、そんなの気にしない年齢になったな。w

接客担当のアンちゃんは、前回と違っていた。

生ビールを注文し、刺身三種ともつ煮を注文する。

やがて生ビール登場、記念撮影をし、かんぱ~い!!!!!!!












とてつもない長い前置きを書いて、やっと生ビールにありつけた。w

やがて刺身三種も登場、コブクロ、軟骨、センマイであるが、前回と同じものを注文した。w

センマイは前回、辛かった記憶があるが、今回はピリ辛レベルである。

コリコリした食感がいいね。

コブクロも弾力があり、思わずコブクロの歌でも歌いたくなる。(完全なるオヤジギャグ)

ナンコツはコリコリした食感がいいね。

ここで生ビールを追加すると、もつ煮が登場。

もつ煮に七味をぶっかけて、口に運ぶ。

コラーゲンの多いもつ煮は美味いね。

もつ自体の鮮度と言うか、質も良いし、味付けもブラボーです。

味噌味なのですが、味も濃すぎず、白飯があれば定食になりそうだ。

ここでおまかせ5種を注文すると、まずはレバゴマが提供される。

前回は食品衛生法の改正前だったので、炙りレバーであったが、改正後は

完全に中まで加熱した茹でレバーですね。

それにごま油とネギが散らしてある。

炙りレバーは半生だったが、完全に加熱してあっても、これはこれで美味い!

マネしたいですね。(面倒くさくてやらないと思う)

やがて串4種が登場する。

チレ、タン・・・カシラとハツだったかな?(メモれ!)

それらをハイボールを追加し、胃に流し込む。

人気店ゆえに、客の入れ替わりも激しいね。

ところでこの店、焼き鳥屋ではありません、焼き豚です。

今までの素材はすべて、豚ちゃんです。

珍しいでしょう?だからわざわざ甲府まで来たのです。(本当にそうか?)

次に牛レアステーキを注文し、ハイボールを追加する。

ステーキはすぐに来たが、タレが付いている。

付けて食べてみると、どこかの焼肉のタレだね、エバラかな?

ワサビ醤油か塩胡椒の方が、いいと思いますけどね。

肉は軟らかく美味いが、アメリカンのお肉ですかね?

やがて完食&完飲。

生ビール2杯、ハイボール2杯で3280円。

もう少し飲めそうだが、1時間ほどで切り上げましょう。

補助席で飲んでも、胃も心も満足。

チャンスがあればまた来たいが、その前にどてやきに再訪問したいですね。

因みに禁煙ではありません。

当たり前かもしれませんが。

 

ここで一句

    補助席は

       割引サービス

           どうですか?

« 茅野市 三駒 ざるとろろ大盛り | トップページ | 笛吹市 おごっそう家~芦川町周辺の十八景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

酒、アルコール」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事

山梨県 居酒屋」カテゴリの記事