フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 沼津市 にし与 あじたたき丼 | トップページ | 静岡市 赤から清水インター店 極の逸品3種、生ビール、ハイボール、赤きゅう »

2016年9月15日 (木)

沼津市 ボルカノ ミラネーゼ大盛り

Dscn0429


Dscn0430


Dscn0432


Dscn0434


Dscn0435


Dscn0436


Dscn0437


Dscn0439

世の中にはまだ食べたことのない料理が、沢山存在する。

有名な回転寿司に行ったのが、ここ2~3年で初めての経験の私。

そんな私が、未食なものを求めるとしたら、ある意味、フェイクが存在しても仕方がない。

最近流行りの、ローストビーフ丼など、私が食べるとしたら、真似しました!

みたいな店で食べるしかない。

所詮、私はフェイク。

フェイクがフェイクを食べる。

マイナスとマイナスはプラス?



アンカケスパ、私は未食であった。

名古屋名物のアンカケスパだが、名古屋まで行きながら食べていない。

きしめんを食べている。

きしめんで腹がいっぱいになり、名古屋を後にしている。

昔の私なら、何が何でも食べてやる!みたいなものはあったが、今は無い。

加齢と共に、確実に衰える食欲と意地。w

そんな私が、沼津でアンカケスパに出会った。












「ボルカノ?」

何か聞き覚えというか、見覚えがある。

ああ、某サイトで私のフォロワーの方が行かれた店だ。

この道路、時々というか、結構な頻度で通るのだが、初めて知った。w

いつも何を見ているのだろう?わき見は危険だが、姉ちゃんの尻ばかり目で追っていた。

そんな姉ちゃん(綺麗でスタイルがいい)を追い続ける私だが、

店の看板などには興味はない。

何年もかかり、やっとアンカケスパの店を見つけたか?w

私は急きょ、駐車場に車を止め、ボルカノに行ってみた。

「これでは、スパ屋だとは分からんな。」

緑色の看板にボルカノと書いてあるが、店の入口は、ブティックの様だ。

どこかの町の信用金庫の入口に見えなくもない。

外観からは、スパ屋(パスタ屋ぢゃね~のか?)の趣は感じられない。

中に侵入すると、あら~~~綺麗~~~~!!!!

白い壁とアイボリーのテーブルが整然と並ぶ店内は、お洒落と言うか、綺麗ね。

そして、オヤジ人種系はちょっと気が引けるというか。

どこでもいいから座れというので、入口近くの2人用のテーブルに座る。

早速、良く来たな、メニューだ!とメニューを渡される。(過剰な演出が入っています)

メニューを眺めると、ありましたね、アンカケスパ。

いろいろメニューがあるのですが、アンスパバージンとして、何を選べばいいのか?

「決まった?」お姉さんが速攻で注文を取りに来た。(本当です)

比較的低価格が多いアンスパであったが、700円のミラネーゼを注文する。

「大盛りは出来まっか?」

「100円でOK牧場よ」(笑いを取るための演出です)

やがてアンスパ登場、記念撮影をし、いただきま~す!





提供されたものは、炒めたハムにウインナー、玉葱にピーマンがのり、

アンカケがスパの下に敷かれている。

では、アンカケとスパを混ぜて食べてみる。

モグモグ・・・まったり。

本来、名古屋の有名店のアンスパは結構胡椒でスパイシーらしい。

勿論、そうで無い店もあるのだが、大体の店が刺激系らしい。

そんな事前情報を得ていたのだが・・・刺激は無い。

う~~む、沼津では本場名古屋の刺激は受けないのか?かなり、大人しい味わい。

トマトベースと思われる中華餡的な物は、油のコクや旨味などがあるが、

刺激が少ないため、アンスパバージンの私でも、何かが欲しいと思わせる。

卓上には粉チーズ、オレガノ、タバスコとある。

まずは粉チーズを・・・一振り、二振りしてみる。

うん、合わない!この餡にチーズは邪魔。

次にオレガノを試す。

オレガノはピザには最適だが、アンスパではどうだ?

強い香りで悪くはない。

むしろ、香りを感じさせない物だったので、オレガノは少量であれば、いいと思う。

最後にタバスコ。

これ、一番いいわ!タバスコの刺激と香りが強いが、まったり感が消える。

私の場合、入れすぎ注意だが、この刺激感がたまりません。

なるほど、アンスパには刺激か。

パスタは中太パスタ、というところでしょうが?ナポリタンなどに使用するものと比べると、

細い方でしょう。

パスタ自体は特段、小麦の主張などは感じませんでした。

パスタの表面がボソボソしていると思いましたが、アンとの絡みを重視しましたか?

具はハムやウインナーなどなので、特別美味い!と思う物ではありません。

しかし、タバスコを加えたアンと絡めると、良い感じです。

大盛りにしましたが、ボリューム感もあります。

やがて完食。

本場のアンスパを知らない私が言える事は、この店ではタバスコが欲しいですね。

それこそ、ホワイトペッパーか、ブラックペッパーぶっかけて食べてみたい。

何はともあれ、本場のアンスパを食べてみるべきですね。

アンスコも歓迎だが・・・(アンダースコートの略、ほぼ死語)

まだ、沼津にはアンスパを提供する店があるらしい。w

 

ここで一句

     名古屋より

        うみゃ~アンスパ

              どこにある?

« 沼津市 にし与 あじたたき丼 | トップページ | 静岡市 赤から清水インター店 極の逸品3種、生ビール、ハイボール、赤きゅう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

パスタ」カテゴリの記事