フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 北杜市 仙人小屋 キノコの天ぷら定食 | トップページ | 厚木市 厚木家 ネギチャーシューメン »

2016年10月25日 (火)

北杜市 西町食堂 焼きそば大

Dscn0944


Dscn0943


Dscn0946


Dscn0948


Dscn0949


Dscn0953


Dscn0954


Dscn0955


Dscn0956


Dscn0957


Dscn0958


Dscn0960


Dscn0961

俺は時代に取り残されている。

今、大ヒット中の映画、「君の名は」を見ていない。

配給元の東宝は、最高益を出し、大入り袋でも出そうな勢いだ。

宮崎駿が監督だったら、最高益が出たかな?

シン・ゴジラも大ヒットをし、映画業界は一発当てるとデカイ!を実感させる。

私自身、映画を観ることは好きなのだが、一回しか見ないのに、高い!

それと、以前にも書いたのだが、もっと朝早くから見たい。

やっている劇場もあるが、田舎は無理。w

インスピレーションは重要である。

「この店、もしかして・・・」というインスピレーションで中に入ると、外れることもある。w

しかし、当りの時もある。

今回は当りの話である。

毎年、仙人小屋、自然屋に行くので、北杜市というか、小渕沢、清里周辺は、

かなり、詳しくなった。

いつの間にか、大衆食堂に入る様になり、ボリュームと味に感心したりしている。

今年に入り、それが顕著になり、一般的な食堂に入る様にしている。

そんな中で、中央道長坂インターの近くにとんかつ屋があったのだが、

ある日、無くなっていた。w

「なんでこんなところにとんかつ屋があるんじゃ!」という場所にあったので、

自分としては少々、残念なことであった。

場所はインターを出て右折してすぐだった。

そして、何度か長坂インターを利用しているうちに、気になる店を見つけた。

店の前に常に車が止まってる。

つまり、人気がありそうな店である。

前回、北杜市に来た時にブックマークをしておいたが、今回、ついに寄ることにした。

店の名前は「西町食堂」。

事前情報は何もなし。

ただ、食堂の前に常に4~5台車が止まっている。

それだけを頼りに店に入る。

中に入ると・・・おや~~???

中はすべて座敷席になるのだが、仕切りがある。

つまり、テーブルが3つあるが、すべて、仕切りで仕切られている。

写真にも撮ったので、見てお分かりかと思う。

私が座った席だが、座布団は4枚あるが、4人座れる?

テーブルの大きさを考えたら2人じゃないの?

そんな感じで5卓ありますね。

通路を挟んで反対側では、オヤジ2人がパチンコ海物語の話をしながら、酒を飲んでる。

「マリンちゃんが出てこない~!出てきても外れる~!」

そりゃそうだろ、鏡で顔を見ろよ、マリンちゃんが逃げる顔をしている。w

それにしても、面白い店の造りである。

厨房が出店の様である、

大きなお世話だが、厨房狭くないですか?

狭い厨房を年配の女性が一人で切り盛りをしている。

何と言いますか、忙しそうです。

私が座った席には、前の客が食べ終えた食器が残っておりますが、暫くして片づけに。

その間、メニューを眺めて注文を決める。

肉定食ともつ煮定食だろうな。

でも、焼きそばの存在が大きな感じだな。

ラーメン、味噌ラーメン、肉うどんとあり、焼きそばがある。

焼きそばは並、中、大とあり、大でも700円である。

私の目の前にあった先客の残した食器は、肉丼か何かか?

それを考えると、ボリューム的には寂しいかな?と思った。

それより何より、焼きそばに対するインスピレーションが凄い!!!

ビビビ光線というか、電撃というか、何が何でも焼きそばを注文しろ!と運命が叫ぶ。

「焼きそば 大」

私は注文を告げた。

焼きそばが出来るまでの間、私は仕切りにもたれかかり、ぼけ~っと待つ。

目の前のオヤジどもは酒を飲みながら、相変わらずパチンコの話である。

パチンコは確率である。

確率論をオカルト的な考えで・・・ま、他人それぞれですね。

それにしても待つ。

1人で切り盛りをしているので仕方がないが、待つ。

酒を呑んでいるパチンコオヤジは、チャンネル替えろとか、レンゲをくれとかウルサイ。

それでも、店主は地道に仕事をこなす。

やがて30分経過、お待たせしましたで焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!








1st impression  Appearance

こ、これは・・・成駒屋の焼きそばぢゃあ~りませんか!

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/05/post-7.html

ケンミンショーにも出た、風変わりな焼きそばを出す店だ。

いや、でも何かが違う!

何が違う?味噌汁付だからか!いや、漬物付だからか?いやいや・・・

汁が無~~~い!汁が少ないというか、無いぞ!

しかも、成駒屋と違って、キャベツとお肉がこんにちわだ!

確か大盛りは麺を2玉使用していたぞ!これで700円なら激得ぢゃあ~りませんか!









2nd impression  Taste

では、麺をいただきます。

ずず・・・モグモグ・・・うめえええ~~~~~~~~~~!!!!!!!!

えええええ?????美味いぞ~~~~~~~~!!!!!!!!!

ぶ・ブ・部・ブラボ~~!!!!!

成駒屋でペヤングみたいに美味い!と書いたが、ペヤングを感じない。

一口目からウスターソースの味わいと、麺の味わいがコクを纏って感じられる。

この美味さはどこから来ているのだ?

私が見た限り、この焼きそばの作り方は、中華麺を茹でる。

ざるに麺をあけて、水に晒しぬめりを取る。

フライパンにはキャベツ、下茹でして味付けをしてある豚肉を入れていた。

あとは何じゃ?・・・ラードか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

このコクはラードから来ているのか?

そういえば、ラードらしきものを入れていたな。

サラダオイルではこのコクは出ないね。

何と言いますか、にゅるにゅるした食感は焼きそばらしからぬ、チュルチュル食べる、

そんな表現が相応しい。

香ばしさという物は、この焼きそばには少ない。

私は卓上にS&Bテーブルコショウがあるので、それを振りかける。

う~~ん、味変!いい意味で味変!

七味よりもコショウです。

ソースは足りない方用に提供されるが、ウスターソースである。

味わいはどこのソースメーカーか分からないが、特にこのソース美味い!という、

訳ではない。

中華麺もラーメンと共用で、こちらもどこでも売っている様な、中細縮れ麺である。

具材はキャベツと下味の付いた豚肉のみ。

このあたりは成駒屋と同じである。

先述したように、汁が多いか、無いかである。

しかし、個人的には成駒屋よりこちらの味が好きだ!

何しろ美味い!!!!!と思う。






3rd  impression General Comment

中華麺を2玉使った大盛りで、味噌汁が付き、副菜が付く。

これで税込み700円なら、お得なのは間違いない。

何より美味い!!!!!!!!!!!!!

炒めた香ばしさや、ソースの立ち込める匂いが無ければ、焼きそばではない!

そう思う方には向かない焼きそばであろう。

だが、ムニュムニュした食感と、ズルズルと啜るのど越しの快感が、クセになる。

何より、口に入れた瞬間に「美味い!」と思うコクのある味わい。

今回は、入店の順番通りに提供されたので、30分待たされたが、

タイミングが良ければ、10分ほどで提供はされると思う。

どちらにしても、この店は初老の女性が一人で切り盛りをしているので、

寛大な心が必要だ。

15分から20分待つのは覚悟をする。

それぐらいの気持ちで訪問してください。

それと、喫煙率高し。

この日は、窓を開けて換気をしていたが、これから寒くなると、窓は閉める。

つまり、煙が立ち込める。

私は、パチンコオヤジが吸っていたが、換気のおかげで直撃は避けられた。

それにしても、肉定食。

食べるまでに、どれだけの年月を要するか・・・w

 

ここで一句

     日本人

        忍耐強さ

           世界一

« 北杜市 仙人小屋 キノコの天ぷら定食 | トップページ | 厚木市 厚木家 ネギチャーシューメン »

やきそば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事