フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 田方郡 天一 肉炒めライス | トップページ | 静岡市 大道芸ワールドカップin静岡~なにはともあれご覧あれ! »

2016年11月 3日 (木)

伊豆の国市 中華亭 みそラーメン大盛り、餃子5個

Dscn1078


Dscn1079


Dscn1081


Dscn1084


Dscn1085


Dscn1086


Dscn1087


Dscn1089


Dscn1090


Dscn1092

久しぶりに秋吉契里さんの事を書きましょう。

当初、私が知る限り、彼女が残した物はCDアルバム2枚、シングル7枚だけで、

他にはないと思っていましたが、彼女は短編小説を残しておりまして、

それを拝見する機会を得ました。

俗に言う私小説なのでしょうが、そこから何となく彼女の家族構成や、住居地が推測出来、

書いてあることが事実でないにしても、プライベートを妄想するには十分な題材でした。

もっと、彼女の事を知りたいと思っても、すでに故人。

しかし、知りたい。

未発表の曲、未完成の詞、秘蔵映像。

もう、完全にファンになった。










段々忘年会のシーズンが近づいてくるが、今年は忙しかった。

そして、今年ほど「お久しぶり」という出会いが多い年も珍しい。

まだ、2か月近く残してはあるが、12年ぶりの出会いが2人。

それ以外にも、知ってはいるが、もう、出会うことは無いだろう、という者が3人。

他にも、「久しぶり~!」と言う者が多かった。

2度と会えないのなら、死んだ人と同じ、と秋吉契里は歌ったが、生きていたのか?と、

思わず言いたくなるような出会いだった。w

昔、同じ職場の女性で、彼女が結婚した時、結婚式に行った。

22歳から会わなくなり、河津桜を見に行った時、彼女は34歳で子供を連れていた。

子連れはとは言え、昔のままの姿だった。

彼女の方から声をかけてきて、その偶然に驚いたものだった。

携帯の番号などを交換し、何度かメールのやりとりをしたが、今は音沙汰無し。

私も、メールなどは面倒でしない方なので、気にはしない。

恐らく、次に出会うのは12年後か?w









なかなか話が本題に進まないが、今回は、店の存在を知ってから、今回の初訪問まで、

実に32年の時の年月を経ての訪問である。

恐らく、初めて見たのは、オヤジの運転する車からだと思う。

そして、遂に初訪問である。

何故、訪問する気になったか?

手打ち餃子を出す店だと分かったからだ。

皮から餃子を作る店は珍しいと思うので、訪問することにしました。

個人的にも餃子は好きで、メニューに書いてあれば、注文しちゃうね。

カテゴリーでも「餃子」を設定しているし。

まあ、それにしても、韮山の反射炉に行った時や、河津桜を見に行った時、

この店の情報を得ていれば、32年もかからなかったのに。w

ただ、32年という数字も、私の記憶違いかもしれない。

第一、この店がいつから創業しているか分からない。w

22年かもしれない。

とにかく不確実ではあるが、とにかく年月が過ぎています。

何気なく通り過ぎていた景色の中に、きらりと光るものがあったか。

店の名前は中華亭。

中華という看板は目立っていたが、中華亭という名前であったか?

店の前に駐車場があるが、私は別な場所に止める。w

中に入ると、いらっしゃいの声が響く。

厨房内は4人か?接客担当も含め、家族経営のようですね。

席はカウンター席と小上がり席と分かれる。

私はカウンター席に座る。左側に大きなテレビがあるが、テレビ以外はレトロである。

この場合、レトロというクラシカルな雰囲気とは別に、随分長い間、この地にいるのだな。

そんな事を考えさせる。

メニューを見ると悩む。

餃子を注文するは当たり前として、シューマイもある。

餃子とシューマイのセットもあり、それがいいかもしれない。

餃子は最低3個から注文が出来、己の好きな数で注文が出来る。

1人前5個で550円なので、やはりそれにした。

次にメインディッシュを何にするかだが、麺が良いな。

ラーメンは極力注文はしない主義なので、値の張るものを選ぶ。w

ホイコーメンってなに?韮もやしラーメンも美味そうだな。

この店、麺はプラス50円で手打ちになる。

いろいろ悩んだが、味噌ラーメンを選ぶことにした。

味噌ラーメン大盛りで800円、餃子が550円で1350円か。

なかなか1000円以内に収めるのが困難である。w

注文後、暫し待つ。

この店、注文を受けてから皮を伸ばし、餃子を包んでいる。

包んでから焼くので、少し時間がかかる。

やがてラーメン、餃子登場、記念撮影をし、いただきま~す!










餃子は大きい!デカイとまではいかないが、価格に見合う大きさかな?

タレは卓上に専用のタレがある。

味噌ラーメンはひき肉とキャベツを炒めた物で、ニラとモヤシが少量入っている。

この時期、葉物野菜が高騰していたが、キャベツメインの内容は好感が持ている。

まずはスープを事逗ずz・・・何かどこかで食べたような味噌の味わい。

味噌ダレは業務用でございますが、スープのダシがしっかり出ているので、美味い。

味噌の風味はややキレが良く感じます。

塩気は個人的には好印象、しょっぱくは感じないです。

野菜類はクタクタな感じですが、シャキシャキ感は残っており、美味しいと思います。

麺は大盛りですが、かなり、詰まっております。

もしかして2玉使用ですかね?丼ぶりの中にびっちり麺が詰まっている。

手打ちは頼みませんでしたが、麺は細麺のやや捩れあり。

麺を啜るとややダルさはあるものの、スープに絡んでのど越しは良い。

小麦の美味さは弱いが、逆に手打ちはどんな麺を食べさせてくれるのか?

そんな期待を抱かせます。

次に餃子をいただきます。

一粒一粒が大きな餃子です。

餃子の皮は、白さを感じる皮だな、と第一印象。

専用のタレは醤油多めの酢が少なめ、ラー油少々と言う感じです。

タレにつけて食べてみます。

モグモグ・・・皮のパリパリ感は弱いですが、張りのある美味しい皮です。

中の餡は野菜多目でニンニクの香りがやや、強調されています。

これと似た様なアレンジの餃子、食べたことがあるな。

沼津の高千穂の餡に似ていますね、皮は全然違いますけど。

肉汁感というか、ギョウ汁感は少なく、軽めの食感でパクパク食べる感じですね。

しかし、食べ終えると「ニンニクが香るかな???」と思います。

営業職はご注意。w

そして、シューマイが食べてみたくなりました。

餃子とシューマイ、ライスという選択肢もアリかもしれません。

麺の量が多く、やや苦戦気味になってきました。

普通盛で十分だった。w

餃子が大きいのは覚悟をしていたが、大盛りがこれほどとは。w

しかし、なんとか完食。

スープは残しました。

新しく入った客は2人続けて、韮もやしラーメンを注文しておりました。

それ、私も気になっていたんだよね。w

セットメニューなどもあるので、再訪問決定でございます。

シューマイと韮もやしラーメンを食べるのじゃ!w

 

ここで一句

     手打ちより

       拍手をしたい

            大盛りに

« 田方郡 天一 肉炒めライス | トップページ | 静岡市 大道芸ワールドカップin静岡~なにはともあれご覧あれ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 餃子」カテゴリの記事

餃子」カテゴリの記事