フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南足柄市 きよ竹食堂 ハヤシライス大盛り | トップページ | 伊東市 楽味家まるげん うずわ定食 »

2016年12月21日 (水)

小田原市 ちかいち ねぎラーメン大盛り(味噌)

1_2

Dscn1704

Dscn1703


Dscn1705


Dscn1706


Dscn1708

1_3

Dscn1709


Dscn1710


Dscn1712


Dscn1714


Dscn1715


Dscn1716

人間とは、上には希望があると信じ、下には絶望しかないと思っている。(個人的主観)

しかし、下ではなく、それが地下だった場合、盛り土が無く空洞だった。w

そう、地下には空洞がある。

空洞があれば、生命体が生存している可能性がある。

そして地下。

地下とはアンダーグランドな文化が生存している可能性がある。

地下アイドルなどはその象徴かもしれない。

そして、地下から這い上がり、日の目を見る。

まるで、種子が発芽をし、花を咲かせるように。

時代は、地下からである!

地下に新しい文化が眠っている!










小田原駅近くを昼飯を求め、私は彷徨う。

菜こんたん、いつの間にか無くなっていたわ。

小田原丼でも食べようかと思ったが、目当ての店が無くなっていた。

非常事態である。

どこに行けばいいのだ!

私は旧職安通りを頭を抱えて彷徨う。

他にも店があるので、そこに行けばいいのだろうが、気がのらない。

守谷のアンパンでも買うかと思ったら休み。

ガッディムである。

シェークスピアの悲劇である。

不幸のズンドコである。(それが言いたいのか?)

そんな時、ラーメン店を発見する。

新しく出来たばかりの様である。

店名は「ちかいち」。

何と、地階に店舗があるようである。

こ、これは怪しい。

この通りに地下まで行く店舗があるとは!

私はこの時、藤岡弘とフュージョンした気になった。

そうだ!探検だ!新しい店を探検するのだ!

私は迷彩服に着替えると、店に侵入した。(分かっていると思うが、軽く流すように)

入口にはランチの存在を表すものがあるが、AとBだけで、内容は分からない。

なんと!中に入らないとメニューが分からないのか?

何しろ、入口だけではどんなラーメンがあるのかも分からない。

私は階段を一歩一歩慎重に進む。

「いらっしゃいませ~」

たまたま地下から出てきたスタッフと遭遇する。w

スタッフは痴底人ではなかった。

そのまま店内に案内される。

中に入ると、テーブル席、カウンター席とあるが、変則的である。

カウンター席は壁を正面に据えたものだが、別に赤い椅子のあるカウンター席があり、

そこは、テレビが真正面にある。

テーブル席も変則的で、ちゃんとしたテーブル席と何かでっぱりを利用した様な席がある。

メニューを見ると、味噌、塩、醤油とラーメンがあり、壁にはカレーライスや鯨ベーコン?

鍋焼きうどん?ナンコツ揚げ?スパイスキュウリ?と多種多彩。

つまり、お酒が飲めるラーメン店、ということで宜しいでしょうか?

電車から降りてきた客、もしくはこれから電車を利用する客をターゲットにして、

お酒も昼間からOKな空間です。

そのためか、全席喫煙可ですね、これはツライ。

ランチの内容は日替わりの様で、その都度スタッフが説明していた。

私はラーメンが目的だったので、ネギラーメン大盛りの味噌800円を注文する。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!









見た目のボリューム感やビジュアルはいいのでは?

半熟玉子も、半分ながら付いています。

ではスープを事逗ずずz・・・うん、美味しい。

業務用の味噌ダレだと思いますが、アレンジはしているようです。

スープ自体は何となく甘目の味付けかな?と思いつつもピリリとした刺激も感じます。

ところで、卓上には醤油とソースだけ?コショウ、一味類は無し。

こ、これは・・・刺激系愛好家にはショックな出来事かも?

以前も卓上に何も置かない店があったが、この店はバリエーションが豊富ながら無しか。

麺を引きずり出すと、細麺の縮れ、捩れ麺ですね。

啜ってみると、カタメに茹で上げられ、コシを感じます。

食感も若干プリンとした食感で、口で麺が踊る様な気がします。

スープはしっかりとダシが出ているようですが、割とアッサリ系かな?

ネギはスープに沈め、麺と共に啜ります。

ネギは辛さを感じることもなく、スムーズに胃まで流れます。

半熟玉子をいただくと、見た目よりも味わいをしっかり感じます。

玉子も甘目の味付けかな?美味しい。

メンマは若干業務用の匂いがしますね。

チャーシューは薄いけど、やわらかく美味しい。

やがて完食。

スープは残しました。

全体的にまとまっていると思いますが、この店の特徴的なものがあればと思いました。

インパクトが弱いのですが、店の方針としては酒も主力商品なので、

飲んだ後の〆のラーメン的意味合いもあると思います。

ならば、カレーライスやランチを注文するのが宜しいかと。

何より、ツマミメニューが豊富なので、むしろ酒を飲まない方が、おかしいかな?

ええ、私も酒が飲めれば飲みたかったですよ。

タコの唐揚げをつまみに・・・w

それにしても、スタッフが着ていた「ちかいち」Tシャツ、気合入ってますね。

それと、支払いは後払いなのですが、レジが分かり難いですね。

次回訪問時は、大丈夫だけど。w

 

ここで一句

     店を出て

        眩しく感じ

           また戻る?

« 南足柄市 きよ竹食堂 ハヤシライス大盛り | トップページ | 伊東市 楽味家まるげん うずわ定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事