フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊勢原市 たんぽぽ 醤油らーめん大盛+餃子5個セット | トップページ | 静岡市 吞処 みっちゃん 富士宮やきそば大盛り、肉入り、目玉焼き »

2016年12月 5日 (月)

静岡市 桜えび茶屋 かきあげ丼とそばセット

Dscn1448


Dscn1428


Dscn1429

お土産を買いました。

Dscn1431

↓この鮪のトロ、下品に美味かった!

Dscn1434


Dscn1436


Dscn1439


Dscn1441


Dscn1442


Dscn1443


Dscn1444


Dscn1445


Dscn1447

そういえば、EXILEが紅白に出ない。

和田アキ子の落選の影に隠れ、あまり騒ぎにはならなかったが、事件である。w

何故落ちたのか?解散説が流れているが、返す返すも残念である。

何しろ天皇陛下の前で歌唱したのだ。

そんな名誉あるグループが、紅白落選の解散かも?か。

人間、集団で生きていくことは、様々な障害がある。

それを乗り越えられないのか?

ところで、薬物依存が席巻をしたが、私は酒依存である。

さすがにキッチンドランカーではないが、毎日飲まないと気が済まない。

量は缶ビール500を3本を目安にしている。

自分で自分をほめたいのは、飲むのは夜だけである。

昼は誘われても、基本的に飲まない。

朝も飲みたいとは思わない。

一日の終わりに〆として飲む、だから自分へのご褒美かな???w










桜エビの漁期もあるが、またもや由比まで来た。

何しに来たのだ?と言われれば、桜エビを食べに来た!である。

今回は遥か昔、ブログを始める前に訪れた店に来た。

何しろ、私が由比で桜エビを目的で初めて訪れた店である。

その時の印象は・・・かき揚げが油ぽかった。w

そんな記憶があるのだが、進化しているかもしれないので、再訪問した。

由比さくらえび館というのがあって、その中に併設されているのが、桜えび茶屋。

初めて来た時は、桜エビのかき揚げと蕎麦だったと思う。

今回は開店と同時にお邪魔した。

ところで、桜エビ館はお土産がメインの様で、蕎麦を食べる前に、お土産ウオッチング。

桜エビに限らず、もつカレーやシーチキンの缶詰などいろいろある。

その中で、海老とクルミの佃煮と鮪のトロという缶詰を買った。

佃煮は400円もしなかったかな?トロ缶は3個で1500円である。

シーチキンと同じ大きさの缶詰が、1個500円!これは高い!

以前、やはりお値段の高いシーチキンみたいな缶詰を買ったが、味はまあまあだった。

今回のトロ缶に関しては、美味い!!!

前回の物がお上品だとすれば、今回は下品。

しかし、下品に美味いのだ!醤油で味付けされたそれは、脂肪分も感じられ、

やや味濃い目でこれが美味い!酒を呑んで食べたのだが、酒に合う!

これは買って良かった!機会があればまた買います!

海老の佃煮だが、これはこれで甘辛で美味い。

ただ、私の勘違いで、海老は普通の小エビで、桜エビではない。

だが、酒のツマミやご飯の上にのせて食べてもいいだろう。

佃煮なので、あまり大量に食べない方がいいと思うが。(塩分、糖分過多)








話がなかなか本題に進まない。w

中に入ると、先客は1名。

カウンター席とテーブル席があるが、お客がいないので、奥のテーブル席に座る。

注文が決まったらブザーを押すシステムなので、じっくりとメニューを眺める。

本日はかき揚げ丼がお勧めらしいが、それだけでは面白くないので、セットにする。

この場合、蕎麦セットが一番無難だろうね。

かき揚げ丼とかけそばセット1134円を注文するが、大盛りにはしなかった。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!









何となく見た目は素っ気ないね。

桜エビのかき揚げは、見た目のボリューム感はあるが、揚げ方の妙で、

海老の密度はそれほど高いとは思わない。

それにしても、久々に目の前にかけそばがあるが、こんなにも高揚感が出ない

食べ物も珍しい。w

シンプル イズ ベストなどと言うが、食事に関してはある程度、脚色は欲しい。

では、最初に蕎麦をいただきましょう。

早く食べないとのびてしまいますからね。

ズルズル・・・蕎麦は本格手打ちですね。

やや粒子の荒いお蕎麦です。

そのためか、若干舌触りに特徴を感じます。

もりそばにすれば良かったかな?もっと蕎麦を堪能出来たのに。

おつゆは、ダシ加減はまあまあで、濃い目のつゆが特徴的です。

ここは静岡ですが、おつゆは関東圏と大差は無いようです。

すると、蕎麦湯が提供されました。

かけそばで蕎麦湯を提供されたの、初めてかもしれない。

まずは蕎麦だけを食べ終え、次にかき揚げ丼をいただきます。

立体的に揚げられたそれは、技術力を感じます。

まずはかき揚げを崩し、ご飯と共にいただきます。

モグモグ・・・うん、美味しい。

丼ツユの味わいは控えめながらも、とげの無い味わい。

まろやかなタレです。

このまろやかなタレのおかげで、繊細な桜エビの風味が分かります。

海老の香ばしさを感じ、同じ桜エビでもやはり、店によって味わいは変わります。

ご飯はほかほかご飯でしたが、不可の無い味わいでした。

ボリュームに関しては、個人的には物足りませんが、年配者には十分でしょう。

他に漬物も付いております。

今回のセットには味噌汁は付かないので、そばつゆを蕎麦湯で割り、汁物代わりに。

それでも全部は飲みませんでしたが。

やがて完食。

う~ん、個人的にボリューム感がいまいちかな?

丼ぶりものを選んで、大盛りにすれば良かったか?

味は悪くはなかった。

ただこの日、先述したように、鮪のトロ缶の美味さは、良かったです。

酒にもおかずに合う!

 

ここで一句

     シンプルで

         栄養不足と

              言われそう

« 伊勢原市 たんぽぽ 醤油らーめん大盛+餃子5個セット | トップページ | 静岡市 吞処 みっちゃん 富士宮やきそば大盛り、肉入り、目玉焼き »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

静岡県 海鮮」カテゴリの記事