フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 ばってんラーメン ばってん盛りラーメン餃子セット、替え玉 | トップページ | 秦野市 濃厚家 つけ麺大盛り、半ライス »

2017年2月25日 (土)

平塚市 味噌一 そば焼き大盛り、餃子

Dscn0050_237

22
Dscn0035_238


Dscn0036_239

22_2
Dscn0037_240


Dscn0039_241

22_3
Dscn0041_242

1

Dscn0042_243


Dscn0045_244

1_2
Dscn0046_245


Dscn0047_246


Dscn0049_247

B-1グランプリでは圧倒的強さを見せる「焼きそば」。

自分自身において、カップ焼きそばを食べる方が、多いと思われるが、

カップ焼きそばなど、1年に1回食べるかどうかである。

外食で焼きそばを食べる事も珍しいが、何故に焼きそばを食べないのか?

やはり、汁気が欲しい。

焼きそば単体だと、水かお茶しかない。

スープ付きの焼きそばこそ、完成系ではないのか?

そんな折り、東京では焼きそば専門店が人気だと言う。

食べに行きたいが、行くチャンスがなかなか無い。

もっとも、チャンスなど自分自身でどうにもでなるが。

そして、何故か急にコッテリした焼きそばが食べたくなった。

朝も早くから、コッテリ焼きそばを求め、平塚に行った。










味噌一であるが、これで3回目の訪問になります。

元々は餃子が美味い!と言うことで、訪問しましたが、そば焼きが気になり、

2度目でそば焼きを食べ、なかなか美味い!と思っての再訪問です。

朝の9時に到着しました。

途中、なか卯の誘惑に負けそうになりましたが。w

それにしても、あり難いことです。

この店、朝の7時から営業をしているのです。

朝7時からラーメンやそば焼きが食べられるのです。

餃子も食べられるのです。

中に入ると誰もおらん。

一応、限定のご飯を確認する。

1日20食限定でご飯があるのだが、今日は鶏そぼろ。

カレーだったら注文しようとしたが、やめにし、そば焼き大650円と餃子350円を注文。

店内は昭和のイメージを演出しているが、あまり3度目となると、レトロ感は感じない。

むしろ、どうでもいいような・・・w

餃子が焼けるまで暫し待たされるが、そば焼きと共に登場、記念撮影をし、いただきます。





そば焼きのビジュアルはいいね。

見た目は千切りキャベツが大量にのり、ヘルシーな印象ですね。

しかし、食べると濃厚なんだよね。w

ラーメンと同じ麺を茹でて、濃厚ソースに絡める。

そして千切りキャベツをのせ、温玉をのせ、マヨネーズで仕上げる。

では早速一口、すべてを絡め捲るように食べる。

う~~ん、やはり濃厚で美味い!

実に複雑で様々な味がする。

揚げ玉がたっぷり入っていて、カレーの様な香りと味わい、イカ天の様な香ばしさ。

濃厚ソースの旨味、マヨネーズのコク、キャベツのサッパリ感、玉子の旨味。

絶賛するような味ではないが、普段食べなれた焼きそばとは、明らかに違う物。

だが、さすがに濃厚過ぎる気がする。

しかし、これにはスープが付くのである。

たまにスープを口に運ぶと、リセットされる。

麺は太目の捩れ、縮れ麺であるが、自分も焼きそばを作る時、同じような麺を

使って焼きそばを作ってみたいと思う。

コシがしっかりあり、弾力のある麺はモグモグと噛み締めると、小麦の味も出てくる。

次に餃子をいただく。

餃子は特製のタレがカウンターに置いてあり、それで食べるが、ラー油も勿論ある

この店のラー油は沈殿物が多いタイプである。

私はタレに沈殿物を混ぜ込み、それで餃子を食べる。

この店餃子は普通の餃子の2~3倍近い大きさがある。

タレに付けて食べると、焼き目のパリパリ感は無いが、濃い旨みが口に広がる。

う~~ん、美味い!!!

この店の餃子もなかなか美味い!

肉餃子の様なコクが売り物の様である。

それにタレとラー油の沈殿物が、更に味を変化させる。

ややもっちりとして、食べ応えのある餃子であるが、味がいいのでバクバクいける。

そば焼きは大盛りであるが、ボリューム感はあるとは思わない。

しかし、味が濃厚コッテリなので、十分腹は膨れる。

やがて完食。

合計1000円であるが、腹は十分に満たされた。

女性にはハーフサイズの小もあるので、話しのタネにどうでしょう?

また食べに行くと思います。

 

ここで一句

     カップでは

         この味なんか

               出せないよ?

« 小田原市 ばってんラーメン ばってん盛りラーメン餃子セット、替え玉 | トップページ | 秦野市 濃厚家 つけ麺大盛り、半ライス »

やきそば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

餃子」カテゴリの記事