フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

«  静岡市 宮本商店 本鮪大トロ丼、自家製焼き豚 | トップページ | 小田原市 魚市場食堂 日替わり、カンパチカマ焼き »

2017年3月18日 (土)

静岡市 戸隠エスパルスプラザ店 カレー丼セット(おろし)

22

Dsc_4714


Dsc_4715


Dsc_4716

22_2
Dsc_4717


Dsc_4718


Dsc_4720

22_3
Dscn0129


Dscn0131


Dscn0132


Dscn0133


Dscn0134


Dscn0135


Dscn0136

22_4
Dsc_4723


Dsc_4724

清水河岸の市からエスパルスドリームプラザまで、何度歩いた事であろうか?

思えば清水という地に、良く来るようになった切っ掛けは、平家物語である。

勿論、CR平家物語である。

設置店が減り、とにかく平家物語を打ちたい!それだけで清水まで来たこともある。

今は、その店も無くなっている。

まさしく、諸行無常。

あの当時は、パチンコをするだけで、どこかで食事をした記憶が無い。

どこかで食べたと思うが、思いだせない。

食べていない可能性の方が高いかもしれない。

そして今、清水まで来てパチンコなどすることは無く、何かを食べて帰る。





この日は、遊歩道にフリーマーケットが出ていた。

「小遣い稼ぎになるのでは?」

そんな気持ちでの出店であろう。

しかし、小遣い稼ぎになるには、需要と供給が必要である。

需要がかなり少ないと思われるその場を離れ、ドリームプラザへ行く。

わざわざここまで来たのは目的があり、ホワイトデーのお返しである。

話は変わるが、ホワイトデーの当日、コンビニでコーヒーを買った。

セブンカフェなので、セルフで落とす方式のコーヒーなのだが、横に同じくコーヒーを買った

見も知らぬおばはんが、「今日はあれね、関係無いけどホワイトデーね」。

なんか知らんが、ヒトの顔を見ながらニヤニヤしている。

「ああ・・・」私は適当に流した。

何を言いたいのか分からないが、見知らぬアンタに、何か渡せ!と言うのか?

それとも何か?ホワイトデーのお返しを買ったのか?とでも言いたかったのか?

ちゃんと、当日の前に買っておいたわ!w

お返しやら、土産やらこの日はいろいろ買い込み、もう一軒行くか!ということで、

未訪問の店を探す。

すると、ドリームプラザ内の蕎麦屋に興味がいく。

店の名前は「戸隠そば」。

確か、静岡市内に本店があり、人気のある店だという情報は得ていた。

その支店らしいので、入ってみることに。

行列も無く、中に入ると、席に案内される。

カウンター席は無いようで、テーブル席のみになる。

私の隣は女性2人で、近いよ。w

テーブルの隣席との間隔は、広かったり、狭かったりする。

出入りの関係であろう。

注文する物は決まっていた。

セットメニューである。

丼ぶりものと蕎麦の組み合わせだが、この店の売りは冷たいおろし蕎麦の様なので、

それとカレー丼のセットにした。

税込みで1080円である。

注文を済ますと、刻みねぎの入った入れ物が出てきた。

少なくとも、出てきたネギは全部使っても、文句は言われそうは無い様だ。w

やがてセットが登場、記念撮影をし、いただきま~す!












大きなグラスにたっぷりの水が入っている。

最初はお茶であったが、メニューによっては、水も提供されるようだ。

カレー丼を食べれば、水が欲しくなるからね。

見た目のボリューム感は、価格相応という感じです。

おろし蕎麦であるが、最近似た様な景色を見た。

静岡駅前の三久である。

あの店は茶蕎麦での提供であったが、この店は普通のお蕎麦。

普通のお蕎麦と言う表現は、正しくないかもしれないが、普通である。

恐らく、この店のおろし蕎麦が人気なのであろう。

それをマネされているとも言えなくもないが、根拠も無いので断定は避ける。

そばつゆはすでにかけられているので、美しきビジュアルを崩し、混ぜ混ぜする。

絹さや、海苔、天かす、大根おろし、おろし生姜の具材を蕎麦と共に混ぜ合わせる。

ところで、この蕎麦は手打ち?違うようね。

では一口、ズルズル・・・おつゆは甘さも辛さもやや控えめ。

一口食べて、凄くワサビが欲しいと思ったのですが。

しかし、ワサビは無いようです。

仕方がないので、ネギと七味を投入し、少し刺激を求めました。

これ、ネズミ大根みたいな大根おろしだと、面白い味になるだろうね。

その分、価格も上がるだろうが。

蕎麦はしっかりしたコシを感じます。

俗にいう二八蕎麦なんだろうけど、結構しっかり感のある蕎麦です。

私はやや刺激が欲しいと思ったけど、大根おろしと生姜でさっぱりと、

いただくける味ですね。

人気があるのも分かる様な気がします。

次にカレー丼をいただきます。

カレー丼は、カレー南蛮に使う様な、透明感のあるもの。

カレールーではなく、カレー餡ですね。

玉ねぎとかしわ肉が見えます。

レンゲが付いてきたので、それでいただきます。

モグモグ・・・うん、美味しい。

まさしく蕎麦屋のカレーです。

ダシが効いていて、これは美味い。

辛さは控えめで、これなら私も発汗をしなくて済みそう。w

すると、ここで蕎麦湯が出てきた。

ウソ!皿のお蕎麦で蕎麦湯?






セットには味噌汁が付いてきますが、こちらも美味しい。

先に蕎麦を食べ終え、カレー丼も完食。

蕎麦湯をお皿に残ったおつゆに足します。

大きな杯で飲むように、蕎麦湯を飲み干す。

ボリューム的は大食いの方には物足りないでしょうが、年配者には十分でしょう。

次回は本店に入ってみたいと思いました。






帰り道、ぬこ達に癒されました。w

 

ここで一句

     御蕎麦屋で

        傍にいたのは

              お姉さん

«  静岡市 宮本商店 本鮪大トロ丼、自家製焼き豚 | トップページ | 小田原市 魚市場食堂 日替わり、カンパチカマ焼き »

そば」カテゴリの記事

カレー」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事