フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 勝浦市 てっぱつ屋 勝浦タンタンメン  総野会場ひな祭り | トップページ | 伊勢原市 どさん子大将伊勢原店 生ビール、餃子、豚キムチ »

2017年3月 6日 (月)

勝浦市 ラーメン松野屋 定番ランチ①(タンタンチャーシュー大盛り)

22

Dscn9968

22_2
Dscn9969


Dscn9951


Dscn9952


Dscn9953


Dscn9954


Dscn9955

22_3
Dscn9956


Dscn9958


Dscn9960


Dscn9962

22_4
Dscn9964


Dscn9965


Dscn9966

カズに刺激を受けるのはいいが、食べ物で刺激を受けるとツライ。

特に辛味はツライ。

信じられないほど汗が出る。

今回は、そんな体験をいや!というほどしました。






2軒目は、絶対に定食を食べよう!と考えていたが、とある店を通過するときに、

考えが変わる。

「あれ?この店、昨年は行列が出来ていたな。今年は無い。チャンス」

短絡的な思考回路が働き、とあるラーメン店の駐車場に、車をねじ込む。

店の名前は松野屋。

この店の情報などは何もないが、昨年行列が出来ていたと言う事は、期待は出来る。

何しろ、この店の近くにある「江ざわ」がアホみたいに混んでいた。

私の人生、並ぶのはコンパニオンやモデルの撮影会だけでいい。

行列が無いので、すぐに食べられる。

私はそう信じて、中に入る。

店の中は昭和から今までやってきましたよ!と思う様な内装。

カウンター席とテーブル席、小上がり席とある。

私はカウンター席に案内される。

結構な年期を感じます。

卓上の醤油や酢の入った入れ物も、煤けた感じである。

まるで哭きの竜である。w

「あんた、背中が煤けているぜ」

しかし、接客に関しては、ファミレスに負けない様な応対である。

駐車場に車が入ってくると、「一台はいりました、2名様です」ときびきびしている。

店内の印象に比べて、その点は多いに評価をしていいと思う。

初めて入った店だが、メニューは豊富である。

必ずしも勝浦タンタンを頼まなくても、良い様なラインナップです。

その中で私が選んだのは、タンタンチャーシュー1030円。

これを大盛りで160円プラスで、餃子と半ライスのセットで350円。

合計1540円。

ラーメンと言う事を考えると、結構いい値段である。

辛さも選べるようだが、私に辛さを選ぶ資格はない。w

まずは餃子とライスが登場する。

餃子は酢にコショウを散らし、醤油を数滴のタレで食べる。

モグモグ・・・ざっくりした餡にニンニクが効いている。

これは好きな味だ。

ニンニクが効いた餃子は大好き!明日も休みだから安心して食べる事が出来る。

焼き目のカリカリ感は特にないが、ニンニクの味わいを感じることを除けば、

バランスのいい餃子だと言える。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











恐ろしいほどラー油の層が厚い。

これほど視覚で辛さを訴えてくるとは。w

大盛りだが、丼ぶりもでかくなるのかな?大きいね。

こちらもチャーシューが浮いていることを除けば、スタンダードな外見である。

よく混ぜて食べろと言うので、スープを撹拌し、まずはスープを事逗ずず・・・・

ニンニク臭くてウマ~~~~い!そしてカラ~~~い!!!

こんなに臭くて辛くて、インカ帝国!!!!

この辛さ、オレはラーメンを見事、和了れるのか?

一口食べた瞬間に、汗が噴き出す。

汗を拭うと、ニンニク臭がタオルに移る。

麺は細麺の縮れ麺で、私の考える勝浦タンタンの範疇では、一般的な麺と言える。

加水率も低めで、コシと歯応えを与えてくれる。

「ゲホゲホ、ゴホゴホ」

テーブル席で食べている女性2人がむせている。w

おろしニンニクや玉葱、挽肉などが沈殿しており、混ぜると全体にアグレッシブになる。

そのアグレッシブさにむせかえったか?

確か、このラーメンの近くに「はらだ」という、タンタンメンの店があったような?

その店も辛かったな。

あまりにも辛かったので、再訪問をする気は無いが。w

チャーシューはやわらかく美味い。

チャーシュー自体の味付けは、控えめだと思う。

ベースのスープがこれだけ刺激的だと、過度の味付けは必要ないでしょう。

半ライスは、大きな茶碗で出てくるので、多いかな?と思われるが、そうでもない。

ラーメンの沈殿物をご飯にのせて食べると、ちょっとした油飯感覚。

それにしても、汗が止まらない!

頭のてっぺんから汗が噴き出す。

店主が見るに見かね、窓を開けてくれた。

・・・寒いけど助かる。w

因みに店主は恰幅の言い方で、お母様と夫婦2人の3人で経営ですかね?

コンビネーションというか、オペレーションも含め、良いチームワークです。

本当に、ニンニクが効いて、好きな味だな。

大盛りを注文したが、麺量はそれほど多いとは思わなかった。

やがて、麺などすべて食べ終え、残るはスープ。

結局、スープは残し、ギブアップ。w

完食完飲という和了は出来なかった。w

辛い。

汗が止まらない。

辛さに関して、私としては、美味くて激辛だね、と言う感じ。

勿論、これより辛い物は食べた事がありますが、私の場合、発汗が凄いので、

そのために食べ辛い感じです。

古さを感じる店内ですが、味良し、サービス良しで、お勧めしたいが、ニンニクがね・・・w

女性も男性も食後は間違いなく、ニンニク臭を放射すると、覚悟してください。w

 

ここで一句

    ニンニクが

        タオルに移り

              余韻有り?

« 勝浦市 てっぱつ屋 勝浦タンタンメン  総野会場ひな祭り | トップページ | 伊勢原市 どさん子大将伊勢原店 生ビール、餃子、豚キムチ »

ラーメン」カテゴリの記事

千葉県 ラーメン」カテゴリの記事

餃子」カテゴリの記事