フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 すき家小田原西店 黒毛和牛ビーフカレー | トップページ | 江東区東京ビッグサイト 東京モーターサイクルショー 2年ぶりの三十四景 »

2017年3月28日 (火)

平塚市 山田うどん 日替わりセット(煮込みソースかつ丼セット、ラーメン)

Dscn0281_398

1_5

Dscn0272_391

1_6
Dscn0274_392

1_7
Dscn0276_393


Dscn0277_394


Dscn0278_395


Dscn0279_396


Dscn0280_397

この日はお出かけ、朝飯食べたら昼飯よ!

なかなか先に進まない。

どこに出掛けたのか?

その答えは明日だが、朝飯と昼飯をその前に食べた。

時系列重視のこのブログ、文章を書くのは面倒だが、書くしかない!w










じつは、目的の店があったのだが、お休み。

いったい、いつ営業しているのだ?

平日も土日も休みか?

ええ~~~い!ならばあそこだ!

と、いうことで選んだのが「山田うどん」。

この前、反対側のラーメン案山子に入りましたが、味はそこそこでボリューム満点。

少なくとも、コスパと言う事であれば、合格でしょう。

ならば山田うどんはどうよ?と言う事で入った。

決して、他に店が無いから入ったわけではない。w

そういえば、山田うどんに入るのは、何十年ぶりだろう。

私の記憶が正しければ、20年ぶりかもしれない。

小田原にあった山田うどんに入ったのだが、カレーうどんの印象が良く無かった。

あれからは、山田うどんを敬遠する日々。

しかし、山田うどんは小田原からは無くなったが、平塚にはあった。

私は、山田うどん平塚店に、ヘッドスライディングをした。(ブログの演出上の表現です)




中に入ると、割とこじんまりとしている。

テーブル席と、カウンター席とあるが、1人だからカウンターに座れと言われる。

メニューを見ると、うどん、そば、ラーメン、丼物と多岐に渡るが、日替わりもある。

日替わりメニューがお得感があるので、それを選ぶ。

この日は金曜日だったので、煮込みソースかつ丼とうどんもしくは蕎麦が付いて690円。

煮込みソースかつ丼か・・・いかにもだな。

恐らく、人生初になるであろう煮込みソースかつ丼。

私はプラス100円で、ラーメンセットにした。

つまり、煮込みソースかつ丼、醤油ラーメンである。

ラーメンは塩も選べるらしい。

やがてセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!












卓上には無料の漬物があるが、柴漬けである。

何というか、煮込みソースかつ丼のビジュアルは、ブルゾンちえみである。

微妙にブチャイクなビジュアルである。

ラーメンは一般的なビジュアルだが、チャーシューの存在がデカイね。

まずはラーメンから行きましょう。

スープを事逗ずずz・・・アッサリした中にも旨みがありますね。

どこかのパーキングエリアで食べたような味ですが、悪くは無い、美味い。

何か特徴のあるスープではないが、オーソドックスにまとめていると思う。

元々がうどん屋さんなので、和風の趣を感じる味わいです。

麺はプリンとした食感があります。

やや中太麺で縮れや捩れがあります。

踊る様な食感やのど越しと言えば、ほめ過ぎかもしれませんが、これもいいですね。

チャーシューはやわらかく美味いね。

何で、チャーシューメンが無いのだろうね、コスト削減のためだろうね。

ワカメがのっているが、ワカメラーメンではない。

しかし、ワカメ好き好き人間には、ウエルカムであろう。

メンマは味付けが薄いが、歯応えはいい。

では煮込みカツ丼を食べよう。









丼ぶりを口の近くに持ってくると、ソースの香りがするが、見た目は味噌煮込カツ?

では肉を一口、モグモグ・・・酸味が効いていて、ソースの香りと味わいが強い。

肉の味で勝負というよりも、ソースの味で食べさせる感じですね。

ソースの酸味が、好き嫌いの分岐点になると思いますが、個人的にこれは有り。

酸味がきつく感じるが、マスタードが丼ぶりの縁にあるので、それをカツに付けて食べる。

酸味と辛味が合わさり、いい塩梅。

無料柴漬けで、口中をリセット出来るので、面白い味ですね。

ご飯にもたっぷり、ソースが浸み込んでいるが、しょっぱさはさほど感じない。

やはり、ソースという調味料は醤油などに比べ、塩気は感じない。

カツはすでに揚げてあるものだろうが、冷たくは無い。

煮込んでいるのは、それを温める意味合いもあるのかもしれない。

長野でソースかつ丼を食べたりしたし、宇田川でも食べたね。

どの店のソースかつ丼よりも、酸味を感じる。

時折、ラーメンスープを啜ると、酸味が消えますね。

マスタード、柴漬け、ラーメンスープ、これらが、良い具合に酸味を消します。

ところで、ボリュームに関しては、文句なし。

ラーメンはきっちり1人前だし、煮込みカツ丼のボリュームもある。

コスパに関しては、ラーメン案山子と同じで、腹いっぱいになりますね。

やがて完食。

腹がいっぱいです。

煮込みソースかつ丼は好き嫌いが分かれそうですが、味のリセット方法を、

自分なりに工夫すると、いいかもしれません。

もっとも、この店に関しては、金曜日だけが煮込みソースかつ丼で、他の曜日は違います。

個人的には火曜か水曜日当たりのメニューがいいかな??

 

ここで一句

    煮込むなら

        味噌で煮込んで

               かつやさん

« 小田原市 すき家小田原西店 黒毛和牛ビーフカレー | トップページ | 江東区東京ビッグサイト 東京モーターサイクルショー 2年ぶりの三十四景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 とんかつ」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事