フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 台東区 牛かつ あおな御徒町本店 霜降り黒毛和牛 | トップページ | 秦野市 みや古食堂 チキンカツ定食 »

2017年4月10日 (月)

台東区 刀削麺荘 唐家 麻辣刀削麺全部入り

1

Dsc_5589


Dsc_5592


Dsc_5593


Dsc_5594

1_2
Dsc_5595

1_3
Dsc_5598

1_4
Dsc_5599

ああそうか・・

ネットニュースの憶測ぶりに、辟易する。

憶測やうわさをニュースとして流す。

確定事項ではないものを、紙面にする。

それは東スポ以外、考えられない。

不確実なソースは、求めていない。

氾濫する噂や憶測、そしてデマ。

流せばいいという風潮は、ネットの大罪だと思う。








比較的牛かつが軽めだったので、もう一軒行きましょう。

それにしても、昼から飲んでいますね。

御徒町では昼から飲む、夜は寝る。w

花見酒の客も合わせ、よくぞこれだけ昼から飲める者が集まった!

その中に、混ぜてくれないか?w

刀削麺の専門店を見つけたので、話しのタネに入ってみた。

店の前にはメニューがあり、いろいろバージョンがあるようだ。

私は汁無しに興味が行ったが、店のお勧めの麻辣刀削麺の全部入り1000円にした。

全部入りとは、半熟玉子、肉、コリアンダーなどが入った物。

辛くて痺れるとあるが、そんなに辛くはなさそうだ。

中に入ると、細長い店内。

カウンター席のみかな?先客は2名。

券売機で食券を買い、店主に渡す。

すでに1時半近い時間であったが、それほど賑わっていないね。

近所に麺屋むさしの武骨があるが、行列が凄かったの比べると・・・

刀削麺であるが、説明の必要は無いであろう。

麺の玉を特殊な道具で削り、鍋の中に投入するおのである。

ところがこの店、それは無し。

すでに削ってあるものを、袋から出して茹でている。

バーミヤンで似た様なものがあったな。

すると、「パクチーは大丈夫ですか?」とスタッフが尋ねてきた。

「大丈夫」

私は即答する。

私が何故、コリアンダーと書いたかと言うと、パクチーという言葉が流行る前から、

使っていたから。

カメムシみたいな匂いだが、不味い訳ではない。

それほど待たずに刀削麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!









見た目はパクチーラーメンだな。w

パクチーがもっこり、いやこんもりと盛られている。

中から麺を引きずり出すと、ちゃんと削ったもののようですね。

バーミヤンの偽物とは、クオリティーが違います。

赤い唐辛子がまるまる一本、入っています。

まずはスープを事逗ずず・・・エスニック~!!!!

まずは酸味、辛味を感じ、香辛料の自己主張が始まる。

刀削麺は中国料理だろう?四川料理とタイ料理のハイブリッドな味わいだ。

むしろ、タイ料理のような感覚。

麺を口に入れると、ムチムチぷるん!という感触。

悪くは無いが、スープの自己主張が強いので、負け気味かな?

刺激感は適度な辛味と痺れがあるが、それに負けずに酸味やパクチーの香りが来て、

バトル状態の味わい。

個人的には、これなら汁無しの方が面白かったか?と思われるもの。

味付け玉子や角煮の様な豚も、悪くは無い。

食べ進むと、スープの下部には挽肉みたいな物も沈んでいるし、香辛料らしきも沈んでる。

全体的に悪くはないが、パクチーはいらなかったか?

やがて完食。

汗もじんわりと吹き出し、いい刺激です。

今回食べた物に関しては、好き嫌いはハッキリ出るでしょう。

結構、様々な味の自己主張が強いです。

しかし、個性的な味を好む方であれば、ウエルカムでしょうね。

 

ここで一句

     個性とは

       みんなが出せば

              癖になる?

« 台東区 牛かつ あおな御徒町本店 霜降り黒毛和牛 | トップページ | 秦野市 みや古食堂 チキンカツ定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

東京都 ラーメン」カテゴリの記事