フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 日光市 日光東照宮~スクロールする手が疲れる九十三景 | トップページ | 小田原市 麺処 誠 ねぎラーメン »

2017年5月 8日 (月)

日光市 ゆばとそば処 いづみや ゆばそば

22
Dsc_6756

Dsc_6757


Dsc_6758


Dsc_6759

22_2
Dsc_6761

22_3
Dsc_6762


Dsc_6763

日光で食べ物と言うと、湯葉。

それしか思いつかない。

勿論、周辺にはラーメン店やレストランなどがあるが、この日、胃の状態は良く無い。

ホテルで朝飯もしっかり食べたので、腹が空かない、

胃に負担の少ない蕎麦を選ぶことにしたが、どこで食べるか?

車を止めた駐車場周辺を歩くと、湯葉を使用したトマトラーメンやハンバーガーだと。

湯葉も新しい波が来ているね。w

湯葉自体、インパクトのある味ではないので、インパクトを求めると、そうなるか?

すると、元祖湯葉蕎麦を名乗る店がある。

ここでいいか・・・









店の名前はいづみや。

泉美を連想させますね。w

外観は新し目で、綺麗ですね。

店の予備知識などは当然の事ながら、まったくありません。

中に入ると先客は2名ほど、寂しいですね。

テーブル席オンリーの店内は、外観と同じで、新し目で綺麗。

メニューを見ると、湯葉蕎麦か五目湯葉蕎麦以外、選択肢が無いように思える。w

少し迷うが、湯葉蕎麦にした。

税込1000円であるが、内容を考えると少し高めかな?

いつもは大盛りにするが、もたれ気味の胃だったので、普通盛に。

それほど待たずに蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目はカマボコの様な湯葉が目立つ。

内容は巻き湯葉、佃煮湯葉、揚げ湯葉の3種が入っている。

ではまずは蕎麦をズルズルと・・・手打ちではないですね、でも自家製麺ぽい印象。

不揃いの蕎麦がそれを証明している気がする。

コシはまあまあある方だと思うが、蕎麦としての印象は弱い気がする。

次にお出汁をいただく。

事逗ずずz・・・意外と薄味ね。

ショッパサが来るかと思ったら、意外や意外、まろやか。

湯葉という食材を使用しているので、味が濃いと湯葉の風味が飛ぶ、とお考えですかね?

ところで、普通盛を注文したが、意外とボリュームがある。

丼ぶり一杯に蕎麦が入っており、大盛りを注文しなかったが、満足できる。

次に湯葉をそれぞれ頂くが、揚げ湯葉と佃煮湯葉が、ダシにコクと言うか味を加える。

巻き湯葉は、う~~ん湯葉ね~~と言う感じです。

あっさりした蕎麦に、薄味のお出汁、それに湯葉。

お腹はいっぱいになるが、味の印象は薄いですね。

完食はしましたが、天ぷらそばが食べたくなりました。w

あ~、華厳の滝とかいろいろ行きたかったな~。

那須も近いし、悔いの残る今回の旅だ。






ところで、今回の旅行はこれでフィニッシュです。

いろいろ食べ歩きたかったのですが、車の移動距離が多く、あまり歩かず、

腹がそれほど減らず、苦労しました。

中日が雨だったのも残念ですね。

私自身、初めての秋田旅行でしたが、出来れば、もう一泊したかった。

それと、車で行くのは疲れる。w

ドライブが大好きな私ですが、暫く、長距離ドライブはいいや!w

そして、今回の旅行で沢山写真を掲載したので、公開スペースをかなり、消費しました。

ブログを再開し、1年と半年経っていませんが、2.5GBと消費しました。

つまり、あと2.5GBしか残っていません。

今のペースだと、来年の12月まで持つかどうか?

私自身は、東京オリンピックまで書きたいと思っていましたが、無理。w

とにかく、いつまで書けるか分かりませんが、見てくださる方のために、頑張ります!

 

ここで一句

    湯葉よりも

        豆腐を食えと

              思ったよ

« 日光市 日光東照宮~スクロールする手が疲れる九十三景 | トップページ | 小田原市 麺処 誠 ねぎラーメン »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

栃木県 グルメ」カテゴリの記事