フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 たかと食堂 もつ煮定食 | トップページ | 伊東市 いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波 ひらまさかま塩焼き定食 »

2017年5月16日 (火)

富士吉田市 じゃジャ旨 サンマの煮干しラーメン

22_13
Dscn0732_892

Dscn0733_893


Dscn0734_894

22_15
Dscn0735_895


Dscn0736_896

22_16
Dscn0737_897

22_14
Dscn0738_898


Dscn0739_899


Dscn0740_900


Dscn0741_901


Dscn0742_902


Dscn0743_903

22_17
Dscn0744_904

22_18
Dscn0746_905


Dscn0747_906


Dscn0748_907


Dscn0749_908

22_19
Dscn0750_909


Dscn0751_910


Dscn0752_911

最近、酒を飲みながらブログを書くことが多い。

酒が入ると乱れるが、書く方は面白いと思っている。

本音はfacebookやインスタの方がいいだろう。

Youtubeも面白いものだ。

ところで、百合坂46.

ある意味、ものまね番組に出てもいいのでは?

気が付けば、5月も半ばである。

今月は坂井泉水さんの命日なのだが、フィルムライブが東京と大阪であるが行けない。

武道館のライブが最高だったので、あれを想い出として生きていましょう!

あれから10年経ったか。

このブログも10年経った。

坂井泉水さんが亡くなったのを切っ掛けに、始めたこのブログ。

デザインモチーフはCR平家物語を参考にしたが、今やその名残は、

プロフィール画像だけという現実。w

ブログのネタは食、旅、人の3本柱。

人?お姉さんだな。w

昨年は秋吉契里に夢中になり、今年は欅坂46が気になる。

乃木坂46って可愛い子が多いな~と思う今日この頃。

しかし、坂井さんは美しい!!!












今年は山梨に行ったか?

もしかしたら、今年初山梨?

ならばもう一軒行きますか。

何気に、河口湖から山名湖に向かう道を途中で曲がってみた。

面白そうな店があったら、予備知識無しで入ろうと思った。

すると、店前に結構車の止まっているラーメン店を発見。

「じゃジャ旨?おもしろそうじゃあ~りませんか!」

私は車を止めると、店の前に。

なんか変わった店先ですね。

サッシ戸があり、中の様子がよく分かりません。

中に入ると・・・あああ!!!ラー博みたい!!!

新横浜のラーメン博物館に行ったことがある方なら、絶対に同じ印象を持つでしょう。

ただ、規模はまったく違いますが。

券売機で食券を買うシステムです。

つけ麺がお勧めのようで、まぜそば、担々麺、ラーメンとあり、夜の部は鶏白湯を

販売しているらしい。

さて、何を食べましょうか?時差があるとはいえ、本日3軒目です。

サンマの煮干しラーメンが面白いかもしれないね。

サンマの煮干しといえば、新宿の名店、麺屋武蔵の代名詞ではあ~りませんか!

今回はこれにしましょう!

メニューは煮干しラーメンとなっているが、800円のそれを押す。

スタッフに渡すと、カウンター席を案内される。

店内はブロックごとに分かれている。

私が座った席は目の前に酒瓶がずらりと並んでおり、夜の部は、バーカウンターかな?

風呂の暖簾がかかったところにも客がいるね。

隣の駄菓子屋の様な家の2階にも客がいるね。

ラーメンを作る厨房は一カ所の様なので、運ぶのが大変かな?

全体的に中は薄暗い。

ラーメン博物館も薄暗いが、ここでは客席も薄暗い。

卓上にお酢やコショウなどがあるが、よく見ないと分からない位、暗い。

これは、撮影時、カメラをしっかり固定をしないと、ぶれるな。

少し待ったがラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












表のメニューには、レアチャーシューは煮干しラーメンのみとあったな。

見た目は濃厚豚骨魚介系。

普通盛りを注文したが、ボリューム感は一般的でしょうね。

レアチャーシューが2枚と、刻んだエシャレット、海苔、メンマ、三つ葉ですかね。

ところで、この先海苔はどんどん値段が上がるから、海苔好きは、今のうちに

海苔ラーメンを食えるだけ、食っておけ!

いや、ラーメンに限らず寿司、おにぎりなどなど、海苔は高くなるぞ~~。

海苔の生産者の激減と、不作が重なっているそうだ。

そんな事を考えながら、まずはスープを事逗ずずz・・・節~~~!!!節~~~!!!

確かにサンマですね、サンマの風味を感じます。

ただ、どちらかというと、魚粉の主張を結構強く、感じます。

スープは結構オイリー。

どちらかといえば、サッパリした味わいなのですが、油分のおかげで、

結構ボディーを感じるスープです。

麺は中太麵というか中細麺というか・・縮れの少ない麺です。

啜ってみると、コシの強さはさほど感じませんが、スルスルとのど越しがいいです。

全体的に美味いには美味いが、何かアクセントが欲しい。

卓上にはコショウ、酢となんだこれは?

黒い粒々の入ったラー油の様なものがある。

それを少し入れて、レンゲで口に入れる。

あ!ニンニクオイルだ!黒いのはニンニクの焦げたものだ。

これをラーメンに投入すると、煮干しの品の良さの中に、チョイ悪感が生まれる。

個人的にこの味は好きだな。

酢はつけ麺用だな、このスープには合わない。

チョイ悪煮干しラーメンを食べ進む。

レアチャーシューということだが、薄いな。

勿論、やわらかくて美味いのだが。

メンマは控えめな味わいで、どのスープにも合せられるようにしているみたい。

エシャレットはネギとくらべ、このスープに合わせたものでしょう。

やがて完食。

ほぼ、スープは飲みました。

美味しいと思います。

まさかの店内の雰囲気に、味の種類の多さ。

鶏白湯も気になるし、つけ麺も気になる。

次回は腹を減らして、つけ麺を食べてみたいですね。

 

ここで一句

    じゃじゃ馬も

          静かに食べる?

                 じゃジャ旨で

« 南都留郡 たかと食堂 もつ煮定食 | トップページ | 伊東市 いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波 ひらまさかま塩焼き定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

山梨県 ラーメン」カテゴリの記事