フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

小田原市 ロイヤルホスト小田原店 ブランチプレートセットwithドリンクバー

22

Dscn1408_1184

22_2
Dscn1393_1185

22_4
Dscn1394_1186

22_3
Dscn1397_1187


Dscn1398_1188


Dscn1399_1189


Dscn1401_1190


Dscn1402_1191


Dscn1404_1192


Dscn1405_1193


Dscn1406_1194

ねえ、豊田議員って自分の事を「豊田真由子様!」って言っているよ。

女王様系だったのね。

ええ、エリカ様を思い出しました。

ドSの中のドSだったのですね。

恐らく、ムチやローソクがお好みでは?

そんな事を考えました。

ダウンタウンの浜ちゃんもドSで有名ですが、あの2人が対面したらどうなるのか?

しばきあいですか?

豊田議員に出川哲郎という獲物を与えたら・・・

・・・すいません、今日の私はおかしい。















小田原方面では朝飯に苦労するが、高望みをせずにファミレスなどで済ませばいい事。

しかし、ファミレスで高望みが出来る店を忘れていた。

そうだ!ロイヤルホストがあった!

何でロイホの存在を忘れていたのだろう?

私は車をすっ飛ばし(安全運転)、ロイヤルホスト小田原店へ。

まだやってねえ~し!

8時40分にロイホに着いたが、営業時間は朝の9時から。w

う~~む、さすがロイヤルホスト!(意味不明)

仕方がないので、小田原駅周辺を車でうろうろし、時間を潰す。

やがて開店時間になったので、店に向かう。

店内にはいると、スタッフのお姉さんがお出迎え。

1人だと告げると、ここに座れとテーブル席へ。

早速メニューを見ると・・・エッグベネディクトは終了???

ええええ!!!!ロイホと言ったらえっぐべんrふぇぃぢでしょう!!!???

あれを食べに来たのに!!!!

えっぐべねおでくとがないのであれば、何を食べればいいのだ?

パンケーキ?朝からホットケーキ?

そんなのほっとけーき!!!w

仕方が無いので、ブランチプレートなるものを注文。

単品とドリンクバー付きがあるが、何故かドリンクバー付きを選ぶ。

私は、ドリンクバーなんか必要ないのだけど、やはりコーヒーが飲みたいので選んだ。

ブランチプレートは速攻で提供された。

記念撮影をし、いただきま~す!












ロイホにしては、チープな見た目ではあ~りませんか?

ベーコンが何故か、チープな印象。

すでに作り置きをしてあった、というのが分かります。

ベーコンは厚切りで無いと、豪華さが伝わりませんよ。

しかもこれで1000円前後デスカ?

何となく、コスパ面でもやや不満。

小さなトーストが2枚、チーズとウインナーの入ったオムレツ、ポテトをカリカリに焼いた物。

まずはトーストから。

食べてみると、バターがすでに塗ってある。

食べてみると、至って普通のバタートースト。

厚さが無いのでカリカリ感が際立つ。

次にオムレツをいただく。

オムレツには別途ケチャップがあるが、こちらは小分けの袋に入ったもの。

昔は、ハインツのビンに入ったケチャップが出てきたと思うが、ロスなどを

極力少なくするための対策ですか?

オムレツ自体はチーズがトロリとし、美味いには美味い。

これをトーストに乗せるのもアリかな?と思ったが、トーストはすでに食べ切った。w

葉物中心のサラダがあるが、ドレッシングはすでにかかっている。

それとは別に、オリーブオイルも気持ち、かかっているようだ。

ドリンクバーでミックスジュースを入れる。

こちらのドリンクバーのサーバー、ネカフェなどのサーバーと一緒。

かなり、コストはお安いでしょう。

味も勿論、ネカフェと一緒。

カリカリのポテトをいただき、最後はコーヒーでフィニッシュ。

全体的に味は悪くは無いが、ロイホとしての格の高さは感じなかった。

むしろ、前回来た時よりも店の雰囲気は変わらないが、コストを意識し、

その辺のファミレスと変わらないと思った。

手厳しい感想ではあるが、やはりロイホには味を求めています。

その意味でも価格と味のバランスに関して、今回のメニューは残念。

それでも、次回はランチ利用をしてみましょう。

 

ここで一句

    ロイヤルは

         ブランド王の

               ことですよ

2017年6月29日 (木)

伊東市 Cafe 童里夢 ナポリタン大盛り(2人前)

Dscn1386_1173

22_8
Dscn1375_1172

22_9
Dscn1374_1171


Dscn1387_1170

22_10
Dscn1376_1176


Dscn1378_1175


Dscn1379_1174

22_11
Dscn1381_1177


Dscn1382_1178

22_12
Dscn1383_1179


Dscn1384_1180


Dscn1385_1181

22_13
Dscn1390_1182


Dscn1391_1183

今、将棋界は完全にバブルである。

バブルと言う表現が正しいとかそうではなく、バブルにしか見えない。

恐るべき14歳!中学3年!

私も将棋は指せるのだが、今はリバーシである。

リバーシは結構強く、ゲームソフトのリバーシで勝てる!

オンラインでも何度かよその国の方と勝負したことがある。

勝つこともあるが、負ける事もある。

しかし、負けない!!!!

これは凄い!まさしく・・・・「負けないで!!!!!!」

そう、これが言いたいがために、将棋の話をしてみた。

将棋界の皆さんは、「藤井君、負けないで!負けないで!」と願っているでしょう。

藤井君の入場曲は「負けないで」に決まりですね。

それにしても、ひふみんアイか。

そのうち、北斗神拳みたいな必殺技が出てくるのであろうな。

秘技、王将仏壇返し!!!(なんじゃそりゃ???)




7月と言えば・・・七夕。

昨年は平塚七夕祭りの開催1日前を取材した。w

本番の日に行けないので、仕方がない。

仙台の七夕もいいだろうが、行くのが大変。

茂原の七夕も有名みたいね。

でも、きっと暑いよな~。

日焼けをするだろうな~。

近頃、目立たぬ喫茶店に入ることが多い。

温泉街の喫茶店、結構面白いかも!熱海、湯河原、伊東といろいろ巡ってみますか?

私としては、伊東市内にそのような店が多いと思う。

今回も、通りを歩いていて「あれ?ここ店だった?」と思った店である。

トミヤコーヒーの看板がなければ、店だと分からなかったかもしれない。

それくらい、控えめな外観である。

店の外にメニューが出ているが、そちらも地味である。

喫茶メニューもいろいろあるようだが、私は食事が目的なのでランチを見る。

いろいろありますね。

しかし、ここは王道のナポリタンを食べてみますか?

女性読者の気を惹くために、パフェなどを頼んでもいいかもしれないが、

私がパフェ?????w

中にはいると、縦長の店内。

椅子とテーブルが3卓分あり、奥にカウンター席が2席ある。

割と落ち着いた店内だと思う。

ごちゃごちゃした印象も無く、私としては落ち着ける区間である。

先客が無いので、適当に座る。

目の前にはテレビがある。

マスターがメニューを持ってきたので、それを一応見る。

「ナポリタンの大盛りってできますか?」

初老のマスターに声をかける。

「大盛り?どれくらい食べる?」

何と、自己申告制か?!

「1.5人前くらいかな・・・」

「2人前、作ろうか?」

「では2人前でお願いします」

この時点で大盛りの追加料金が幾らになるかは不明。

テレビを見ながらボケ~っと待つ。

やがてナポリタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!


伊東市内でナポリタンなどを注文するときに、決まってパスタは細麺である。

もしかしたら、冷製パスタなどに使用されるような、細さのパスタである。

これに関しては、大体予測が付く。

太麺を茹で置きで取っておくよりも、注文を受けてから茹でて、作った方が味も良いし、

パスタのロスなども少ない。

今回も、注文を受けてからパスタを茹でて、作り上げている。

それにしても、やはり2人前!ボリュームがある。

更に、パスタが細くパスタ同士が密着をしているので、パスタ同士の空間が狭く、

重量感も感じる。

具は王道の赤いウインナー、玉ねぎ、ピーマン。

パセリの粉がかけられいる。

サラダが付くのだが、かかっているのはクリームチーズをベースにしたドレッシング。

このドレッシング、当然自家製ですね?

やや塩気の強いドレッシングは、濃厚で美味い!

ではパスタをいただきましょう。

モグモグ・・・やや酸味の残る味である。

ケチャップの酸味が飛んでいないので、仕上げ段階でケチャップを投入ですか?

卓上には定番の、粉チーズ、タバスコが提供される。

酸味が強いので、粉チーズはたっぷりかける。

タバスコもやや多めである。

うん、濃厚で美味い!酸味もタバスコとシンクロし、馴染んでくる。

細麺のパスタは、やわらか過ぎず、かたすぎず、ちゅるちゅるといける。

う~~ん、それにしてもやはり、ボリュームがある。

すると、マスターはウーロン茶らしきものを出してきた。

恐らく、食後の口の中をさっぱりさせるものであろう。

やがて完食。

さすがにボリュームがあった!腹が一杯!

会計をすると、「足りました?」と聞かれたが、「ええ、十分でした!」と答える。

会計は丁度1000円、大盛りは250円追加であったが、2人前が250円増しで

食べられると思えば、十分なコスパと言えます。

オムライスを求めて、再訪問をしたくなりました。

 

ここで一句

    大盛りを

        人数分で

            申告だ!

2017年6月28日 (水)

伊東市 椿や うま豚丼

22
Dscn1355_1155

22_2
Dscn1357_1156

22_3
Dscn1358_1157


Dscn1359_1158

22_4
Dscn1363_1160

22_5
Dscn1361_1159

22_6
Dscn1365_1161

22_7
Dscn1366_1162


Dscn1367_1163


Dscn1368_1164


Dscn1370_1165


Dscn1371_1166


Dscn1372_1167

もうじき7月ですね。

一番、嫌な季節の足音が聞こえてきます。

しかし、今年こそはビヤガーデンに行きたい!

我がブログでは北海道に行った時に、ビヤガーデンに行っている。

やかましいのは好きではないが、ビヤガーデンの喧騒は許せる!

ちょっと、ビヤガーデンを検索しておくか?w









伊東市のあの店に行ってからかなり、度胸が付いた。w

もう、多少怪しい店など、私にしてみればまったく気にならない。

そして、敷居が高そうだな~という店も、気にせずに入ることが出来る様になった。

地下であろうが、2階であろうが・・・

うん?2階に店があるね。

ランチをやっているようだ。

店の名前は椿や。

予備知識などは何も無し。

ランチメニューを見ると、選択肢が多いので入ってみることに。

中に入ると、先客は無し。

ご夫婦で切り盛りをしているようです。

店に入る前は、割烹の様な店かな?と思ったのですが、中は意外とモダン。

何と言うのでしょうか、Cafeスタイルとも言えます。

カウンター席があるが、テーブル席に着席。

目の前がガラスエリアで、開放的な印象はありますが、アーケードの屋根かな?邪魔。w

改めてメニューを見ると、う~~ん、悩むな~。

海鮮とか揚げ物、肉物、どれを選んでいいか悩む。

それでも、豚丼が気になるので、豚丼に決めるか?と考える。

単品で刺身の盛り合わせが600円の外税で食べられるという。

豚丼と刺身か???悩むな~~、ミックスフライもいいな~~~。

それでも、うま豚丼970円(内税の2円サービス)を選ぶ。

それほど待たずに豚丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!













ビジュアル系豚丼だな。

帯広の豚丼を何度か食べた自分としては、肉だけではない豚丼は、歓迎。

飯と肉だけ、というのも何となくヘルシーではないでしょう?

やはり、野菜ですよ。

玉ねぎが主役で吉野家で言ったら、ネギダクダク状態なのでしょうが、

これならヘルシーな豚丼と思いますね。

他に味噌汁と、漬物が付きます。

では豚丼を一口、モグモグ・・・美味い!!!!!

ガツンと来る味かな?と思いましたが、意外や意外、実に品のある味わい。

逆に味濃い目が好きな方は、物足りないかも?

ゴマはすりごまではないので、香りは弱いです。

玉ねぎは微かにシャキシャキを感じる食感で、しっとりした味わい。

豚肉はよくある豚バラスライスなのですが、味付けのおかげか美味しいね。

具は勿論アツアツなのですが、ご飯もアツアツ。

あふあふ言いながら食べ進みます。

途中で玉子の黄身を崩し、絡めながら食べます。

マイルドで美味しいのですが、ここで少しアクセントが欲しいな~と思いました。

ブラックペッパーなどを少し散らせば面白いかな?と思いました。

もしくはおろしワサビも面白いかもね。

上品な味わいゆえに、後半変化が欲しいと思いました。

味噌汁はワカメでしたが、ダシがでて美味い。

漬物は一度、冷凍したものかな?

やがて完食。

確かに美味い豚丼でした。

玉ねぎが多いので、食後もヘルシー感を感じました。

個人的には、卓上に何かコショウなどがあれば、いいかな?と思いました。

キーマカレー、気になります。

 

ここで一句

     豚丼に

        野菜が有れば

              気休めに

2017年6月27日 (火)

静岡市 富士家系 直壱家 蒲原店 醤油豚骨全部のせラーメン

Dscn1341_1144

22_18
Dscn1354_1154


Dscn1342_1145


Dscn1343_1146


Dscn1344_1147

22_19
Dscn1345_1148


Dscn1347_1149


Dscn1348_1150


Dscn1349_1151


Dscn1351_1152

22_20
Dscn1352_1153

私がブログを始めた切っ掛け、それは坂井泉水さんの逝去。

それは何度も書いている。

しかし、ブログを始める切っ掛けが病気。

当然、闘病記になる。

変わりゆく己の姿を曝け出し語る。

凄いよね。

隠したくなるのが当たり前なのに。

今年の桜前線、見てもらいたかった。

桜は散るが、人は散らない。

それを信じていた。













知る人ぞ知る、知らない人は何も知らない店があった。

そこは、蕎麦とうどんを出していたが、いつの間にかラーメン店になっていた。

家系らしいので、立ち寄ってみました。

国道1号線を富士から清水方面に向かと、ラーメン店があるが、そこはすでに訪問済み。

反対車線の方にはコンビニと蕎麦うどんの店があったが、ラーメンだね。

清水港に行った帰り、行ってみました。

この店、朝の7時から営業をしているのか?

私としては、早朝営業の店はウエルカムである。

味はウエルカムなのか?

入店すると、券売機で食券を買うシステム。

醤油、塩、味噌とあるが、今回は醤油を選ぶ。

シンプルなラーメンなどは、ほとんど選ぶことは無いので、全部入り大盛り1060円を。

店内はカウンター席とテーブル席があり、スタッフが席を指定する。

味の好みは何じゃ?というので、味薄目の脂多めにしてみた。

何となく店内に漂う香りで、スープがライトでは?と思い、脂多めにしてみた。

当たり前だけど、綺麗な店内ですね。

卓上の入れ物類も綺麗。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!






写真ではどのように伝わっているかわからぬが、思ったよりも迫力は無い。

大盛りだけど、普通盛と同じ丼ぶりサイズのせいでしょうか?

ではまずはスープを事逗ずず・・・鶏の脂の旨みが広がる。

脂の旨みは多めのおかげで、ふわ~~んと香りと旨味が広がるが、

スープ自体はライトである。

軽い味わいのスープですね。

味が薄めなので、余計そのように感じます。

卓上には豆板醤、ニンニクなどがあるので、それらを投入します。

麺はやや太めのストレート麺。

家系にしては、表面がツルツル過ぎると思う。

麺自体の味わいは、少し弱いかな。

コシはあるが、ややくだける様な食感。

ところで、大盛りですが、麺はびっしりと入っております。

しかし、スープの量が麺に対して少ないと思われるので、麺が酸欠というか溺死かな?

大盛りと普通盛のスープの量は同じなのでしょう。

家系特有のガツンとした旨みは皆無。

どちらかといえば、誰でも食べ易い家系と言う感じでしょうか?

やがて完食。

朝の7時とか8時に食べるには、いいかもしれません。

 

ここで一句

     朝ならば

         納豆干物

             トッピング???

2017年6月26日 (月)

静岡市 銀ぶらマルシェ 清水もつカレー祭り もつカレーライスとコスプレもいた二十二景

22_11

Dsc_7819_1140

22_12
Dsc_7820_1141

22_13
Dsc_7818_1139


Dsc_7794_1123


Dsc_7795_1124


Dsc_7796_1125


Dsc_7797_1126

22_14
Dsc_7798_1127

22_15
Dsc_7800_1128


Dsc_7801_1129


Dsc_7803_1130


Dsc_7805_1131


Dsc_7806_1132


Dsc_7807_1133


Dsc_7809_1134


Dsc_7812_1135


Dsc_7814_1136


Dsc_7815_1137

22_16
Dsc_7817_1138

22_17
Dsc_7824_1142


Dsc_7825_1143


Dsc_7793_1122

我々は、豊田議員という、新しいダークサイドのヒロインを得た。

学歴、経歴に関しては、キラ星の様な方であるが、性根だけは、泥酔状態の

クソオヤジと変わらないものであった。

さて、今後このダークヒロインはどうなるのか?














毎度の事なのだが、河岸の市やマグロ館で食事をすると、2時間半駐車場が無料。

勿体無いので、いつもエスパルスドリームプラザ訪面に散歩に行く。

しかし、何度行ったか数え切れないほど行ったので、飽きてきた。

清水の次郎長関連も行った。

そこで、清水駅周辺にシフトした。

以前、八木春でトンテキを食べたのだが、あの時、アーケード街など歩いてみた。

はっきり言って閑散としたアーケード街だが、この日は日曜日、何かあるか?

行ってみると、銀ぶらなどと言うイベント?をやっていた。

このアーケード街、清水駅前銀座というらしい。

初めて知った。w

もつカレーがなんちゃらかんちゃらと書いてあったが、風のせいでよくわからん!w

とにかく行ってみるか。


行ってみると、真っ先目に入ってきたのが、コスプレーヤー。

コスプレのお姉ちゃんが5人ほど?

さて、この場合どうしましょう?

声をかけて撮影をするべきか?

一眼レフも持っているし、綺麗な写真が撮れるでしょう。

しかし、東京ゲームショウで筋金入りのレイヤーを見て来た私。

今回は遠慮しましょう。

本当は撮影をしたいのだが、女子高生みたいだし、私のブログで拡散するのは

やめましょう。

遠巻きで撮影をし、更に奥へ行くともつカレー祭り開催中。

歩道の中心にテーブルとイスを置いて、もつカレーで生ビール一杯、

そんなシチュエーションが楽しめる。

もつカレー、この清水ではもつ煮の味がカレーなんですよ。

よく分からないけど。

私自身、もつカレーは何度か食べた気がしますが、やはり缶詰の味が記憶に残る。

缶詰のもつカレー、味がうんぬんよりももつのクセが丸出しで、美味くは無かった。

それ以来、もつカレーは食べた記憶が無いが、八木春にもつカレーライスがあるので、

それを食べる為に再訪問もいいだろうと、考えていた。

しかし、今目の前にもつカレーライスが500円とある。

もつカレーのチヂミとかコロッケ、餃子などいろいろアレンジメニューもある。

居酒屋こさむの前にあった店で、もつカレーライスを注文する。

「静岡新聞の取材が来たよ~」

ん?と思ったら、それらしき女性が一人、カメラを持って撮影しているが、

もしかして、私もその関係と思われました???w

確かに、この場で一眼レフを持っているのは目立つ。w

ま、そんなのは気にせず、もつカレーの撮影を済ます。

さっそくいただきましょう。

もつカレーの中は、もつしかないね。

当たり前かもしれないが、じゃが芋ニンジンなどは無し。

500円などでカレーのサイズは半カレーサイズかな?福神漬けなどは無し。

では一口、モグモグ・・・美味しい。w

自慢するほどもつカレーを食べてはいないが、このもつカレー美味い。

まず、もつのクセがまったく感じられない。

カレー自体はとろみがあり、ご飯によく絡む。

メインのもつは非常にやわらかい。

これ、もつが苦手な方でも大丈夫でしょう。

ムニムニ食感がダメだ!という方以外は、美味しいと思うでしょう。

辛さは子供でも大丈夫な辛さです。


「はい、パパとお嬢ちゃん、一緒に並んで撮りましょう」

静岡新聞のお姉さん、隣で忙しいな。w

何枚撮影をしているのだ?w何だったら俺が撮ってやろうか???w

やがて完食。

空いた器は、買ったところが引き取ってくれました。

その後、アーケードをぶらぶらして帰るのだが、アーケード周辺を3周くらいした。w

おかげで無料駐車場代の2時間半、有意義に使いました。

ワニの串焼き?食べたかった。w

 

ここで一句

     もつカレー

         美味い店なら

               ハズレ無し?

2017年6月25日 (日)

静岡市 新栄丸 Aランチ ちらし丼

22_5

Dsc_7776_1111

22_6
Dsc_7778_1112

22_7
Dsc_7779_1113

22_8
Dsc_7780_1114

22_9
Dsc_7784_1115

22_10
Dsc_7786_1116


Dsc_7788_1117


Dsc_7789_1118


Dsc_7790_1119


Dsc_7791_1120


Dsc_7792_1121

また、清水港に来てしまった。

休日、どこかに行く宛が無いと、清水港。

別にどこかのレビュアーみたいに、奢るからうちで食べて、ブログに書いてよ!と、

言われたわけではない。

ただ、行く所が無いから行く!みたいな部分はある。

来ないで!と言われても行くような気がする。w

そんな私の休日の拠り所、清水港河岸の市にまた来てしまった。








今回は違う店に入りましょう。

マグロ館の2階に行くと、10時から営業をしている新栄丸の前で立ち止まる。

鮪のステーキとかあるけど、チラシが美味そうだな。

ああ、でもチラシは平日限定だ、諦めるか。

すると、呼び込みのおばちゃまが、平日限定のランチをやっているという。

今日は天気が悪く、客足が鈍いので、平日のランチを今日、やっちゃうよ~ん!と言った。

この日は日曜日、日帰り温泉などは割増料金になることが多いが、平日限定を

休日にやるという、心意気に惚れ(おばちゃまに惚れたわけではない)入店。

話は逸れるがウド鈴木、熟女マニアらしいが、熟女というより、ババアマニアでは?

ウド鈴木は熟女を見ると、明らかに目の色が変わるのだが、私から見て、

私より遥かに上の年齢、65歳~75歳くらいのばあ様を対象にしている。

う~む、ウド鈴木はおばあちゃん子であったか?そうとしか考えられない。

私は熟女と言えば・・・う~~んと・・・出てこない。w

注文したのはちらし丼1100円の内税。

休日は1300円だが、200円安くなる。

店内はテーブル席だけで、大漁旗などが飾ってある。

何より、ここ新栄丸は大間の鮪釣り漁船を所有しているらしく、築地の初セリで、

7000万円オーバーの価格を付けた鮪を釣った船だという。

すんごいですね~、すんごいですね~、奢って欲しいよ。w

窓側の席に座ったのだが、遊覧船が見えますね。

やがてちらし丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!






うわ~海の宝石箱や~~!

もう何が入っているかは、画像をよ~く見て頂戴。

てっぺんにワサビがのっているので、醤油でワサビを溶かし、かけ過ぎない様に

廻しかける。

では一口、モグモグ・・・非常に軽い味わいの酢飯で、そこにから様々な具の旨味が

口に広がる。

海鮮類はそれぞれコンディションはいい、でも甘海老は冷凍ですね。

味噌汁はワカメの味噌汁、漬物が付きます。

ボリュームに関しては、一般的でしょうか?

女性ならこれで十分に、お腹がいっぱいになるでしょう。

鮪の剥き身や、イクラ、シラス、蛸などなど万華鏡の様な食感と味が広がります。

やがて完食。

個人的には酢を効かせたものが好きですが、これはこれでいいでしょう。

少し、醤油の量を増やせばいいのかもしれません。

メニューのバリエーションも豊富なので、定食+一品追加もいいかもしれません。

 

ここで一句

    宝石は

      お金が無いと

            買えません

2017年6月24日 (土)

秦野市 横浜家系ラーメン藤之家 醤油豚骨キャベもや

22

Dscn1339_1110


Dscn1338_1109

22_2
Dscn1331_1103


Dscn1332_1104

22_3
Dscn1333_1105


Dscn1335_1106

22_4
Dscn1336_1107


Dscn1337_1108

今更だが、AKB総選挙での、荻野由佳のスピーチはイイね~~!

なんか、オジサン泣けちゃったよ、涙は出なかったけど。

彼女にしてみれば、アイドルになりたい!AKBに入りたい!ということで、

オーディションを受けたのだが、3回も落選。

NGT48にグループドラフトで指名され、ようやくAKBグループの傘下に入った。

昨年の総選挙では95位。

しかし、今年は5位。

彼女にしてみれば、盆と正月が一緒に来た様だね。

盆踊り会場で餅つきと初詣をしている様なものか?(どんな様相じゃ!)

司法試験合格と、国会議員当選が一緒に決まった様なものか?

個人的には秋田のホルモン幸楽の3代目が母親では?と思う位似ているが、

人間って面白いもので、ここ数週間で顔が変わったね。

ところで、5位になったスピーチ、いいですね。

努力をしても報われないかも?夢は諦めた方がいいかも?

うん、うん、うん、って頷いたよ。

頷きトリオかよ!ってくらい頷いたよ。

でも、これからだよね。

本当の意味でスタートだ!(なんて青春をしている言葉だ!)












以前、さとうという名のラーメン店ではなかったか?更にその前は、食堂だった。

今度は家系のラーメン店になったが、さとうも家系みたいなラーメンを出してなかったか?

何というか、家系愛が前面に出ている店構え。

店主の家系にかける愛情を感じる。

(このラーメンに愛はあるのかい?)

店構えに愛があっても、ラーメンに愛が無ければ、愛は生まれない。

そんな愛が生まれる瞬間を感じることが出来るのか?

私は訪問してみた。

店の前が駐車場なので、そこに車を止める。

時刻は3時過ぎ。

こちらの店は3時半まで昼は営業をしているので、昼飯難民になりかかった私には、

まさしく、開いててよかったですし、店内は空いててよかった。

良かった!良かった!と思うと、目の前に券売機がある。

醤油、塩、味噌と味の種類が選べる。

店のレイアウトは、以前と特に変化はなし。

ご飯食べ放題!無料とある。

これだけ食べて店をゲットアウトしようと思ったが、それはillegal!

ラーメンを選ぶのだが、キャベもやなるメニューを発見。

「キャベもや?キャベジンと萌やし?」

1人で券売機の前でノリツッコミを繰り返す。

なんでやねん!ということで醤油豚骨キャベもや820円を選ぶ。

味は勿論薄目。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







王道みたいな見た目ですね。

チャーシューは王道では無い様だが。

それにしても、海苔がやはり、不漁なのでしょうか?

海苔の色合いが薄いよね。

海苔の養殖業者も減ってきているようだし、日本人にとって、必要不可欠な海苔が、

将来、プラチナペーパー並みになるかもしれない。

海苔の将来を危惧しながらも、スープを事逗ずず・・・うん、ダシが出ている。

良い感じに旨みが出ていますね。

臭みなども感じず、美味しいスープだと思います。

次に麺をいただきます。

麺は太目です。

小麦の旨みを感じ、コシもしっかりと感じ、美味しいと思います。

チャーシューは煮豚ですが、やわらくこちらも美味い。

キャベもやはスープに浸し、麺と共にいただきます。

茹で加減はシャキシャキ感が残る茹で加減です。

ほうれん草も多めで、何となくヘルシーな感じになります。

ライスは半ライス程度いただきましたので、ふりかけのゆかりをかけ、

ラーメンと共にいただきます。

米の旨みは少々物足りないが、ラーメンとのコラボでさほど気にならず。

卓上にカスタムアイテムがあるので、ラーメンをそれらで調教します。w

やがて完食。

美味しいと思います。

王道の様な味わいと言うか、スタイルは感じます。

ただ、ライス食べ放題とはいえ、今回のメニューはコスパ的に物足りない。

珍しく、普通盛でした。

大盛りで820円なら・・・

 

ここで一句

    前置きが

      長くて読むの

           つらいかな?

2017年6月23日 (金)

平塚市 味噌一 そば焼き(大)

Dscn1329

22_10
Dscn1330

22_11
Dscn1320

22_12
Dscn1321


Dscn1324

22_13
Dscn1325


Dscn1322


Dscn1326

22_14
Dscn1327

若手が頑張っている。

特に中学生世代。

その中で、将棋の藤井くんは凄いよね。

14歳でプロになり、連戦連勝。

グッズも売れている。

そうなると、オジサンはお金の心配をしてしまうのだ。

当然、賞金やロイヤリティーなどが入ってくるだろう。

そのうち、CMも出る様になり、お金がサラリーマンなんか、あほくさくなる程、

入ってくるだろう。

オジサンに任せなさい。

運用とは言わない、貯金しましょう。

金(GOLD)に変えましょう。

堅実な貯金をしましょう。

そして、いつの日か、貯まった金で遊びましょう。

その時は声をかけてください。w










休日に、特に行く宛の無い時は、如何に朝飯を早く食べるか?

そんな事を追い求めている気がする。

毎度の言葉ながら、休日に食べないとブログを更新する事が出来ない。

その様な目的の中、早朝営業はあり難い。

一時、藤枝の朝ラーを食べ歩こうと思ったが、挫折。w

藤枝に行くまでに昼になってしまう。w

そして見つけたのが平塚の味噌一。

ラーメンも餃子も美味しいが、そば焼きがいいですね。

それと、一日限定30食のご飯。

朝定もあるようだが、限定のカレーご飯を食べてみたい。

そんな事を考えながら、9時過ぎに到着。

先客は誰も居らず。

注文したのはそば焼きの大650円。

この日のご飯はトンポーローの為、回避。w

餃子を注文しようか考えたが、連食予定なのでそば焼きだけにする。

注文後、ちゃっちゃっとフライパンをあおり、完成。

では記念撮影をし、いただきま~す!











今まで2回は同じ方が作っていたが、今回は違う方だね。

完成品はいつもと一緒だが、何となく香りが違うな。

麺を見ると、やや麺の色合いが明るい。

ソースの量が微妙に違うようだ。

それは、食べてみるとすぐにわかった。

ややあっさりしている。

食感もややカリカリ感が少ない気がする。

ラーメンだとそれほど大差は無いだろうが、そば焼きだと、作り手の僅かなさじ加減が

味や見た目に出てきますね。

個人的には前回2回の、濃厚な味が好きですね。

それでも、ちゃんと美味しくいただきました。

次回は東京ラーメンとか食べてみますかね?

 

ここで一句

    お好みを

        伝えてみたい

             そば焼きに

2017年6月22日 (木)

伊豆市 あまご茶屋 紅姫あまごのづけ丼

22
Dscn1292

Dscn1293

22_2
Dscn1294


Dscn1295


Dscn1296


Dscn1297


Dscn1298


Dscn1299


Dscn1300

22_3
Dscn1303

22_4
Dscn1305


Dscn1306


Dscn1307


Dscn1308

22_5
Dscn1309

22_6
Dscn1310


Dscn1311

22_7
Dscn1312


Dscn1314


Dscn1315


Dscn1316

22_8
Dscn1317

22_9
Dscn1319

1万6千キロを超えたか。

昨年の11月21日に今の車を納車したのだが、現時点で1万6千キロを走破した。

どこに行った?w

その答えはこのブログか?

確かに秋田に行ったが、個人的には「今年は乗ってねぇ~な~」と思っていた。

・・・乗ってたな。w

自分でも信じられない位。w

たった7か月ですよ。

私、サラリーマンですよ。

ガソリンの為に働いている。w

ああ・・・タイヤ替えてる。www










白浜神社の御利益は果たしてあるのか?

そんな事を考えながら、天城越えで帰ることに。

遠回りになるが、行ってみたい店があった。

その行ってみたい店は2店舗。

1店舗は、ループ橋を超えて暫くしたところにあるのだが、休み。

桜前線の時も休み。

くそ~~~~!!!!w

第2候補に向かう。

やってた!

店の名前はあまご茶屋。

何度か近くを通り過ぎ、気になってはいた。

それに川魚はこれからが旬、美味しくいただけるでしょう!

店の前が駐車場なので、止める。

少し離れたところに東京ラスクの文字が!

ああ・・・伊豆に東京ラスクの支店が出来たとか聞いたが、ここにあったか。

ラスクも美味いのは美味いが、水分が欲しくなるよね。

そんな事を考えながら、入店。

中は綺麗ね。

テーブル席のみでしょうか?

どれも新し目で、清掃も行き届き綺麗です。

お土産物などもありますが、綺麗に整列をしております。

先客は2名の老夫婦。

スタッフの姿が見えないので、そのおばあちゃまが「お客さんだよ!」と声をかける。

すると、スタッフのオバサマが現れ、ご案内。

窓側の席に座ると、目の前にはテレビがある。

テレビは何かの番組を放送するのではなく、伊豆の観光案内ビデオをひたすら、

ローテーション。

音声は聞こえなかった。

店に入る前に、メニューが置いてあり、あまごの蒲焼みたいなものが、お勧めだった。

しかし、テーブルの写真付きのメニューを見て、食べたいものが決まった!

あまごのヅケ丼である。

紅姫あまごというあまごを使用している。

甘辛いタレで食べるよりも、そちらの方が、あまごの味が良くわかるでしょう!

私はあまごのヅケ丼1620円(税込)とあまごの塩焼き648円を注文する。

この日の昼飯も、合計4000円近いか・・・w

注文後ぼけ~っと待つ。

箸とおしぼりで出てきたが、箸置きはワサビだね、お洒落だね。

それほど待たずにヅケ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ビジュアル的には良いでしょう。

てっぺんには、いくらがのっている。

他にポテトサラダとプチトマト、漬物、厚焼き玉子、餡子と白玉が付きます。

さらに味噌汁が付き、おろしワサビが添えられる。

価格が価格なので、これ位は当たり前~かな?

ではあまごのヅケをいただきましょう。

モグモグ・・・サーモン、海の匂いのしない上品なサーモン。

長野あたりで、信州サーモンなるものがあるが、そんな感じかな?

サーモンよりも遥かに上品で、品のある脂の旨み。

味に関して、攻撃的な部分は微塵も感じません。

味付けは醤油ベースのこちらも上品な味。

ショッパイと感じる方は、それほどいないのでは?

そのヅケのタレがご飯に浸みこみ、これが美味い!

う~~ん、美味い!!!ヅケ丼を選んで正解!!!

川魚特有のクセなどもありません!

逆にガキんちょや、ガテン系の方には物足りないかな?

特に回転寿司のサーモン大好き派には、あっさりしてるではあ~りませんか!

と思われるかもしれません。

私はこの味わいは、大歓迎。

美味しい!!!!!!!

小鉢類もいただくと、あまごの塩焼き登場。

これを見た目で、鮎と間違える方はいないでしょう!

口元が鮎と全然違う。

むしろ、ヤマメやイワナと間違えるかな???

では食べてみます。

ヒレなどを外しますが、鮎の様に身離れというか、骨離れは良く無いが、

綺麗に取れるには取れます。

では一口、モグモグ・・・鮎みたいだな。w

ハラワタは入っていませんでしたが、身の食感は鮎みたい。

あ!そうだ!見月茶屋でヤマメを食べたな!あの時の様な感動は無し。

淡白です。

ヤマメよりも鮎よりも淡白な印象です。

皮は一緒にいただきましょう!

皮の美味さも味の内です。

私としては、ヤマメ、鮎よりは軽い味わいかな?

ヅケの美味さが際立ったと思いました。

やがて完食。

ヅケ丼の美味さは、是非とも味わっていただきたいものです。

塩焼きを食べたら、久しぶりにヤマメが食べたくなりました。

見月茶屋に何年かぶりに行ってみるか?

食後のコーヒーもいただき、サービスも料理も満足。

ラスク?買いませんでした。w

 

ここで一句

   川魚

     焼くよりヅケが

           お勧めか?

2017年6月21日 (水)

下田市 白浜神社~縁結びの御祈祷が10分1000円の十七景

22_13
Dsc_7775

Dsc_7757


Dsc_7758


Dsc_7759


Dsc_7760

22_14
Dsc_7762


Dsc_7761


Dsc_7764


Dsc_7765


Dsc_7766


Dsc_7767

22_15
Dsc_7768


Dsc_7769


Dsc_7770

22_16
Dsc_7771

22_17
Dsc_7772


Dsc_7773

下田の帰路、白浜神社に立ち寄りました。

私、ここに来るのは初めて。

じつはここの噂、昔からいろいろ聞いておりますが、私が体験したお話をしましょう。

今から約20年前かな?

会社の先輩が、彼女が出来なくて悩んでいました。

その当時、30代半ばの先輩は、毎日毎日彼女が欲しいと願っていました。

先輩は、見た目はイケてないのですが、性格はいい奴なんです。

一緒に飲みに行けば、斎藤清六のマネをしたり、仮面ノリダーのレンタルビデオ男を

したりして、そこのスタッフのお姉ちゃんが、腹抱えて笑い転げるほど面白い。

「甘栗坊やがお送りする 村のぉ~~ 時間のぉ~ ジカンです!!」

「レンタル れんたる~~!」

お姉ちゃん、笑い過ぎて悶絶をしていた。w

とにかく、良い奴なんです。

そんな良い先輩は、徐々に仕事よりも彼女を作る方に、専念しました。

そしてある日、私に興奮気味に言いました。

「下田の白浜に、最高の縁結びの祈禱師がいるらしい」

確か、内容はそうだったと思います。

それが神社だったのか、祈祷師だったのか、霊能者だったのか?失念しましたが、

白浜なのは間違いないです。

先輩は、祈祷してもらい、見事彼女が出来ました。

しかし、祈祷師に言われたらしいです。

「今、彼女を作ると、アナタは失うものがある」と。

だが、女性大好きな先輩は、とにかく彼女が欲しい!ということで、祈祷してもらいました。

見事、彼女は出来たのですが、その後、先輩は転勤をし、会社を辞めました。

彼女が出来て、毎日デートみたな生活だったと思います。

それからの消息は不明です。

どこかに再就職はしたらしいが、それ以降は・・・

因みに、私はちゃんと先輩を名前で呼んでいましたが、一部では「キョンシー」と

呼ばれていました。

この話、実話です。






今思うに、白浜の祈祷師の所に行ったと思われますが、その当時、白浜神社が

縁結びだということは聞いていた。

南の桜など、下田市方面に来ると白浜神社の事、先輩の事を思い出していたのですが、

未だかつて、一度たりとも行ったことはありませんでした。

しかし今回、ついに白浜神社に訪問です。

いざ、訪れてみると、小さな神社だと思います。

小さな神社ですが、いろいろありますね。

特に、目の前に社があるのですが、その裏に本殿があるという。

私は本殿参拝をしました。

さすがに神域です、と書いてあったので、そこから先の撮影は遠慮をしました。

本殿参拝後、縁結びの社に行きましたが、小さいね。

そこには、御祈祷10分1000円と書いてある。

つまり、お参りもいいが、1000円でちゃんと御祓いもしますよ、ということ。

しかも所要時間10分。

私が訪問時、誰も10分のそれをやっている方はいませんでした。

私はお賽銭を入れて、礼拝をしました。

今まで、数数の縁結びの場所を訪れましたが、縁無しをその度に感じる始末。

果たして今回、どうでしょうか?w

因みに、特派員はこちらにお参りをし、見事、結婚したそうです。

期待できるか???

 

ここで一句

      期待より

         合コンすれば

                早いかな?

2017年6月20日 (火)

下田市 とんかつ錦 金目コロッケフライ定食

22_4
Dsc_7737

22_5
Dsc_7738


Dsc_7739

22_6
Dsc_7740


Dsc_7741


Dsc_7742

22_7
Dsc_7743

22_12
Dsc_7744


Dsc_7746


Dsc_7747


Dsc_7748

22_8
Dsc_7749

22_9
Dsc_7751

22_10
Dsc_7752

22_11
Dsc_7753

下田には、名の知れた鰻屋があるのだが、飛び込みで入ったら、50分待ちだと。w

予約制らしく、店内に入ったら客がいないのでオカシイ?と思ったら、予約優先だと。

50分あれば、下田から沼津まで行けそうなので、どこか店が無いか探す。

この時期、下田市は金目祭をやっていて、金目鯛を使った料理をあちらこちらで、

提供をしている。

金目鯛はね、煮つけもいいが、しゃぶしゃぶですよ。

しゃぶしゃぶは次回にし、選んだのは下田公園近くのとんかつ錦。

下田市でとんかつと言えば、とんかつ一(はじめ)であるが、あのオヤジさんとお替り

無限バトルをするつもりは無い。

読者の皆様は私の事を「良く食うオヤジだ!」と思っているだろうが、ここ数年、

本当に食えなくなった。w

全盛期であれば、回転寿司で40皿、80貫の鮨を食べたが、今は無理。

今は回転寿司で10皿食べればいい方だが、10皿食べて、ラーメンとかカレーを

食べているね。w

そんな少食の私には、とんかつ一に行きたいのだが、フードバトルはしたくない。

品よく食べたい。w

そこで錦さんを選んでみた。

何となく、店の名前は知ってはしるが、予備知識などは全くない。

中に入ると、広々とした店内で、小上がり席とカウンター席に分かれる。

私はカウンター席に座る。

この時点で先客は無し。

メニューを見ると、ロースカツ定食が、1945円。

う~~む、割といい値段だな。

2000円近く出すのであれば、盛り合わせがいいかな?

すると、金目コロッケの定食がある。

こちらも1620円と割といい値段だが、面白いかもしれない。

私は金目コロッケフライ定食1620円を注文する。

料理が出来るまでの間、テレビを見ながらぼけ~っと待つ。

15分ほどで料理が登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ご飯はお替りが自由だというが、ご飯の盛りはいいと思う。

味噌汁は豚汁で具沢山、こちらもボリューム感がある。

メインのコロッケはコースターと同じ位か?それが3個。

サラダなども充実しているが、見た目としてはコロッケのボリュームが欲しいと思った。

ドレッシングは掛けられているが、別にドレッシングのボトルが出された。

コロッケにはタルタルソースが付けられている。

ではコロッケを半分に割って一口、モグモグ・・・金目のクセというか、間違いなく金目鯛。

金目鯛の風味がコロッケ全体から味わえます。

衣はサクサクで中はクリームコロッケの様なトロリ感があります。

金目のコロッケと言えば、今年、青木サザエ店で食べたね。

あちらのコロッケは、揚げ方は上手と思わないが、中からは金目の身がたっぷりあり、

自己主張の強い金目鯛コロッケだと思ったが、あれはあれで美味かった。

それと比較すると、こちらの店では品よくまとめたな、という印象。

1個目はソースは掛けずに、タルタルでいただきます。

すると、奥様が突然現れて、「好きな色は何?」と尋ねてきた。

好きな色?青を選ぶことが多いが、色自体で好きな色か?

「黄色です」

すると、奥様は折り紙を折り始めた。

あっという間に、兜の折り紙を2つ作った。

どちらも小さいが、豆粒みたいな兜が。








何というか、奥様はフロントプレーヤーか?w

豚汁は、味噌の味わいは薄めだが、肉や野菜の旨みが良く出ている。

2個目のコロッケは、卓上のソースをかけ、マスタードをつける。

かけ過ぎない様に注意をし、いただく。

ソースをかけると、金目の風味が薄れるかな?

3個目はキャベツにドレッシングをかけ、それと一緒にいただく。

この食べ方も悪くないかもしれない。

やがて完食・・・すると、アイスクリームが出てきた。

すると奥様が、「箸袋で箸置きが出来るのよ、簡単よ」と。

折り方を見ていると、確かに簡単だ!あっという間に箸置きが出来る。

仕上げは、私の手に奥様が手を添えて、教えてくれた。

「おおお!!!本当だ!箸置きだ!」

私はアイスを食べ終えると、兜も箸置きもいただいた。

会計をすると、バレリーナの折り紙をいただく。

何と言いますか、折り紙何て何十年ぶりでしょうか?

箸袋の箸置き、しっかりと記憶をし、その後自分でチャレンジ。

出来ん。w

 

ここで一句

    折り紙も

       価格の中に

            有りますか?

2017年6月19日 (月)

下田市 下田公園あじさい祭~唐人お吉のお墓まで五十九景

22_4

Dsc_7695


Dsc_7566

22_5
Dsc_7567


Dsc_7569


Dsc_7570


Dsc_7572


Dsc_7573


Dsc_7576


Dsc_7577


Dsc_7580


Dsc_7581

22
Dsc_7584


Dsc_7585


Dsc_7592


Dsc_7598


Dsc_7614


Dsc_7617


Dsc_7618


Dsc_7620


Dsc_7621


Dsc_7623

22_6
Dsc_7628


Dsc_7629


Dsc_7635


Dsc_7642


Dsc_7645


Dsc_7653

22_7
Dsc_7657

22_2
Dsc_7660


Dsc_7661


Dsc_7662

22_8
Dsc_7667


Dsc_7671


Dsc_7670


Dsc_7674


Dsc_7676


Dsc_7679
22_9
Dsc_7680


Dsc_7681

22_3
Dsc_7689


Dsc_7694


Dsc_7697


Dsc_7701


Dsc_7702

22_10
Dsc_7735


Dsc_7706


Dsc_7710

22_13
Dsc_7711


Dsc_7712

22_11
Dsc_7707


Dsc_7714

22_12
Dsc_7713


Dsc_7716


Dsc_7718


Dsc_7719


Dsc_7721


Dsc_7727


Dsc_7732


Dsc_7734

下田公園は2度目なのですが、その時は紫陽花は咲いて無かった。

過去ログを見ても、下田公園単体では紹介していない。

道の駅やら何やらと一緒に紹介をした記憶があるので、爪木崎の水仙を見に行った時、

少し、紹介をしています。

今回はじっくりと、紫陽花をご紹介しましょう。

この日の開花状況は5分咲き。

だが、ところどころで大輪の紫陽花が咲きほこり、十分見ごたえがあります。

当然、撮影をするのですが、撮影を重ねると、似た様なアングルばかり。

そこで、他の写真を求めて、市内に赴く。

いろいろと撮影をし、最後に訪れたのが、唐人お吉さんのお墓のある「宝福寺」。

こちらは、坂本龍馬飛翔の地とかあり、ああ・・昔、福山が・・・と思った。

看板の画像、似てますよね?

お墓を見ますか?と思ったが、お墓を見る為には、400円を払わないといけない。

「おカネ払わないと見られないの?」

思わず、受付のおばちゃんに言ってしまいました。

記念館の中の料金も入っていて、記念館の中の展示物は撮影が可だという。

ならば、初訪問の敬意も含め、入場。

・・・お吉さん、哀れで悲しい人生ですね・・・

亡くなった後も悲惨です。

そんな非情な人生に、400円なら・・・

 

ここで一句

     紫陽花も

        霞んでしまう

            お吉かな

2017年6月18日 (日)

静岡市 魚福 本マグロ中とろ大盛り定食

Dscn1280

22

Dscn1291


Dscn1281

22_2
Dscn1282


Dscn1284


Dscn1286

22_3
Dscn1287


Dscn1288


Dscn1289


Dscn1290

卒業

いったい何から卒業するのか?

卒業、卒業と言うけれど、失業と卒業の垣根は曖昧だ。

失うのか?超えるのか?

超えなければ卒業と言えない。

今こそ、超える。





清水港といえば、河岸の市であるが、そこはそこでいいのだが、清水インターの近くに

いいお店があるのです。

鮪専門店といってもいいが、鮪は刺身のみ。

鮪のフライとか、炙りとか、煮たり焼いたり揚げたりというのは無し。

本当に鮪の刺身のみ。

盛り合わせで、甘海老らしきものがのっているのを見たことがあるが、

それでもあくまでも、主役は鮪の刺身のみ。

初めて行った時、クオリティーの高さに驚き、その後何度か行っています。

注文するのは、本鮪の大トロか中トロ、それ以外は注文したことがありません!

そんな魚福に、久々に再訪問をしました。





駐車場の場所が、パチンコ店の敷地内になりましたね。

しかし、ちゃんと専用区画として確保されています。

そこに車を止めると、中へ。

いらっしゃ~い!とマダムらしき方が歓迎する。

この日は店内は、割と空いていましたね。

席はテーブル席のみ。

混雑時は相席お願いしますとあるが、今まで相席をしたことが無いね。

本日は、大トロは無いようです。

無いと言っても、本鮪の大トロです。

本鮪ではない鮪のトロはあるようですが、この店に来たら本鮪です。

中トロはあるので、本鮪の中トロ大盛り定食3000円を注文しました。

ところでこの店、大盛りの大盛りが出来るようなのだが・・・

刺身の大盛りね。

よく分からないけど、裏メニューなのか?常連用なのか?その辺は定かではないが、

刺身の大盛りの大盛りが出来るらしい。

大トロがあったら、やってみようかと思ったが、大トロが無いのでやめ。

もっとも、大トロの場合、大盛りは無いと思った。

つまり、大トロの大盛り定食が出来るのでは?ということ。(ややこしいかな?)

まあ、どちらにしてもそれは次回、やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!












もう、誰が見ても美味そうな中トロ、コンデジで撮ったが、美しさを伝える為、

一眼レフで撮影をしたいと思った。

では早速中トロをいただきましょう。

モグモグ・・・うめえええええええええええええええええええ!!!!!!

鮪は中トロが最高だというが、仰る通り!!!!

むは~~~~うめええええ!!!!!!

まずは脂の旨みが口に広がる。

濃厚過ぎないコクだが、ずしりとした旨みがある。

そして、咀嚼をすると、赤身の鉄分とヘモグロビンの香りが広がる。

これが赤身の美味さだよな~と、再認識させる。

そして、最後に微風の様な清涼感がある。

刺身は厚みもあるので、満足感が高いね。

この中トロ、鮨屋で食べたら一貫いくらじゃ?w

この美味い中トロの刺身が、15切れか?

これで3000円なら、最高のコスパではないでしょうか?

更に、小付けの鮪のフレークが美味い!

これで飯が進みます。

味噌汁は大根の味噌汁でした。

う~~ん、飯、中トロ、フレークでバクバク行きます。

さすがに腹が膨れてきたな。

しかし、最後まで中トロの美味さは変わらず。

そして完食。

鮪の刺身しかないけど、大満足。

皆さんも、ここに来たら是非とも、本鮪のメニューをお選びください。

赤身、中トロ、大トロの盛り合わせなどもありますよ。

 

ここで一句

     本鮪

       高い訳だね

            美味いもん!

2017年6月17日 (土)

静岡市 みやもと 穴子天丼、大トロ握り2貫

1_13

Dscn1265


Dscn1266


Dscn1267


Dscn1268


Dscn1272
1_14
Dscn1273



Dscn1274


Dscn1275


Dscn1276
1_15
Dscn1277

この時期、山菜も筍も終わりかな?

早いところでは、とうもろこしでしょうか?

ウニの時期でもありますが、北海道でゲップが出るほどウニを食べたので、

ウニはもう、いいか?

穴子がそろそろ旬かな?

そうだ!穴子丼を食べよう!

穴子丼というと、千葉県富津の秤目丼である。

あと、広島県厳島神社周辺の穴子ですかね?

いずれも食べましたが、特に有名店で食べたわけではないので、また行かないと。w

しかし、割と行き易く、価格も手ごろな店もある。

私は清水港に行った。











清水港で穴子といえば、みやもとしかないでしょう?

この店の穴子天丼はボリュームもあるし、味もいいのでお勧めです。

もう、何度も食べに行っているので、それだけ気に入っている、といことです。

この日は、休日でしたが運良くテーブルが空いていて、座れました。

選んだのは当然穴子天丼、それと大トロ2貫で700円税別なので、それを選ぶ。

それほど待たずに両方登場、記念札遺影をし、いただきま~す!















卓上に辛味噌があるので、小皿に取り分ける。

ではまずは大トロから、モグモグ・・・ぐはああああ!うめええええ!!!!!!!

濃厚な大トロの脂の旨みが口に溢れます。

回らない寿司屋で食べたら、いくら取られるのだ?

次に穴子をいただきます。

この日は、茄子と丸十、明日葉が一緒に揚げられていました。

穴子はサクサクの衣と、中はふわっととろっとした穴子の淡白な旨味が溢れる。

う~~~ん、美味しい!

丼ツユは少々醤油が立つ感じ。

甘さは抑え目かな?

毎度の事ながら、もう少し熟成された感じがあれば、最高なのですが、これはこれでいい。

そして、食べ進むうちに徐々に飽きてくるので、ここで辛味噌登場。

天婦羅に味噌を擦り付け、いただきます。

ピリッとした辛味と、味噌の味わいが刺激になります。

すると、くどさが和らぎます。

丸十はほくほくで、2枚もあるのでボリュームがあります。

茄子はジューシーで、茄子汁たっぷり。

明日葉は香りが良い感じです。

味噌汁を飲み干し、天丼を完食。

そして、大トロの最後の1貫をいただく。

残ったワサビをすべてのせて食べる。

う~ん、辛くな~い!

北海道の東寿司に行った時に教えて貰った、大トロのワサビたっぷり!

本当に脂ののったトロは、ワサビの辛さを封じ込め、香りだけが口に広がる。

う~~む、満足!!!

天丼はボリュームがあるので、小食の方や女性にはヘビーかもね。

その様な方には、貝柱のかき揚げ丼がお勧めです。

宮本商店の方では、土日限定のチャーシューですね。

それにしても、いつになったら全店制覇できるのか?w

 

ここで一句

 

           大トロは

         いつも気になる

               お値段が

2017年6月16日 (金)

袋井市 中国四川料理 松乃木飯店 チャーシュー入り担々麺大盛り 九条ネギ小盛り

Dscn1264

1_5
Dscn1246



Dscn1247

1_6
Dscn1248

1_7
Dscn1249

1_8
Dscn1252

1_9
Dscn1254

1_10
Dscn1256



Dscn1257


Dscn1258

1_11
Dscn1260



Dscn1262
1_12
Dscn1263

さあ、もう一軒行きましょう!

インターの近くに担々麺が売りの店があります。

この店、第2駐車場まであるから人気なのでしょうか?

ならば、自分の舌で確認じゃ!





店の名前は松乃木飯店というらしいな、何の予備知識も内蔵、いや無いぞ。

中に入ると「イラッシャイマセ~!」と中国の方だと思うが、出迎えてくれたアルヨ。

一人だと告げると、テーブルに案内されたアルヨ。

この店は、テーブル席がメインの様アルヨ。

おしぼりと水を出され、注文決まったら呼んでね、と言われたアルヨ。

メニューを見ると、確かに担々麺が売りの様で、メニューの上の方に有るアルヨ。

チャーシュー入りでも830円って安いね。

高いと思う方もいるかもしれないが、私は安いと思うネ。

半チャーハンもあるらしいが、それは数量限定で、聞いたらもう無いアルヨと。

そこで、チャーシュー入り黒ゴマ担々麺大盛りのネギ増しにしたヨ。

九条ネギの大盛りが200円でできるらしいが、小盛もあるらしい。

お会計が1010円だったので、小盛は80円かな?

辛さも選べるが、普通にしたね。

白ゴマと黒ゴマを選べるらしいが、腹黒いので黒ゴマにしたよ。

すると、すぐに担々麺登場したネ。

記念撮影をし、いただきま~す!アルヨ。






もし、ネギとチャーシューが無かったら、基本の具はワカメか?

細かいワカメがスープに沈んでいるだけで、他に具は見当たらない。

では、まずはスープをズ図図z・・・う~~む、黒ゴマの香りが鼻に抜ける。

スープも黒ゴマ特有のコクがあり美味い!

辛さはほどほどの辛さ。

次に麺をいただく。

麺は中細の縮れ麺。

すすってみると、ほどほどの腰がある。

のど越しもいい。

チャーシューは価格相応のボリューム感でしょうか?やや小ぶりのものが3枚ですが、

やわらかくて美味い!

ネギはシャキシャキ感のある九条ネギですが、美味しいね。

少し、酢を垂らしてみました。

う~~ん、酢を入れると、酢リル満点だ!

担々麺に切れのいい味わいが追加されました。

大盛りを注文しましたが、ほどほどのボリューム感だと思います。

ああ、でもスープが美味しいね、一押しなのもわかる。

ところで、平日はラーメンの替え玉が1玉まで無料だと。

この日は土曜日、残念!

やがて完食。

安いし、平日はお得だし、人気はあるのでは?

白ゴマ担々麺も試してみたいが、とんかつ入り担々麺って・・・

 

ここで一句

    黒ゴマに

       何かを期待

           そんな齢w

2017年6月15日 (木)

袋井市 餃子の丸福 久能店 肉ぎょうざ定食(大)

1
Dscn1227

Dscn1245
1_2
Dscn1230



Dscn1231


Dscn1232


Dscn1233


Dscn1234
1_3
Dscn1236



Dscn1238

1_4
Dscn1240



Dscn1242


Dscn1243


Dscn1244

わきが甘いという言葉を聞く。

わきが甘いがゆえに、己の身を滅ぼすというか、破滅というか・・・

しかし、わきが辛い!という言葉は聞かない。w

あいつはわきが辛くてよ!なんて事は聞かない。

わきを締めるというのが、通説であろう。

わきが辛い!なんとなく刺激臭がありそうだ。w










さあ、ゆり園を見た後は食事である。

当然、袋井市内での食事をするわけであが、袋井で食事をするのも久しぶりである。

このブログでは随分と前に、袋井で食事をしている。

今回はその時の記憶というか、印象を頼りに餃子の丸福を選んだ。

今回訪れたのは久能店であるが、2010年に本店に訪れている。

その時は餃子とチャーシューメンを食べているが、ラーメンは普通で、餃子は美味いと

書いてある。

ならば、今回は餃子のみにしましょう。

店の前に駐車場があるので、そこに止め、店内へ。

店内はテーブル席、カウンター席、小上がり席となる。

私は当然、カウンター席へ。

メニューを見ると、セットメニューなどお得なものもあるが、ここは餃子定食を!

餃子の種類も変わってますね。

グリーン餃子はお茶の葉入り?エビ餃子にウコン入り餃子だと!

何と言いますか、肉餃子以外は頼む気が殆ど起きないね。w

肉餃子定食の大20個入り900円を注文する。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ラーメンとチャーハンのセットが美味そうだな。w

ていうか、ここのチャーハンは見た目が王道で美味そう!

目の前の餃子は、浜松餃子にありがちな円盤タイプではない。

ん?ここは袋井市か?浜松ではないので、円盤でなくてもいいのか!これでいいのだ!

それにしても、2010年の本店のレビュー、頭の悪い奴が書いてますね。

自分でもこれが同一人物である俺の文章?と思ってしまう。w

さあ、まずはタレを作りますが、この店は醤油と酢を独自の配合でブレンド済み。

個人的には酢が効いたものが好きなのだが、アレンジできないね。

卓上にラー油があるが、この界隈ではラー油の沈殿物を是非とも、投入してほしい。

沈殿物があるか無いかでは、味わいが違ってくる。

では餃子を一口、モグモグ・・・軽い味わいの業務用餃子だな。

工場生産による画一化された餃子なのだが、本店で食べた時のような感動がない。

美味いには美味いが、7年前の日記を読むと、美味い!美味いを連呼している。

餡は野菜中心であるが、ジューシー感はない。

あまり書きたくない表現であるが、普通に美味い。

焼き加減も悪くないし、皮も薄目で食べやすい。

ニンニク?とても入っているように思えない。

入っていたとしても、ほんのりと香りづけ?その程度でしょう。

あとは、タレにべったりと餃子を着け、ラー油の味わいを効かせます。

それを白飯の上に乗せ、パクつきます。

味噌汁はこちらも、普通に美味しい。

丸福のあと、浜松餃子の名店をいろいろ食べ歩き、舌が肥えましたか?w

確かに、浜松餃子ではむつ菊のオヤジさんの焼いたあの味、あの感動、忘れられない。

ああ・・・ここは袋井であったな。w

やがて完食。

普通に餃子定食を食べました、そんな印象です。

もしかして本店と支店では味が違う?そんなバカな???

 

ここで一句

    思い出は

        同じ店にて

             確認だ

2017年6月14日 (水)

袋井市 可睡ゆりの園~フォトコンテストに挑むぜ七十二景

1

Dsc_7557

1_2
Dsc_7556



Dsc_7554
1_3
Dsc_7221

1_4
Dsc_7230



Dsc_7242
1_5
Dsc_7253



Dsc_7257


Dsc_7261
1_6
Dsc_7262



Dsc_7265


Dsc_7269
1_7
Dsc_7273



Dsc_7276


Dsc_7280


Dsc_7284


Dsc_7285


Dsc_7292


Dsc_7293
1_8
Dsc_7298



Dsc_7325
1_10
Dsc_7329



Dsc_7331


Dsc_7349


Dsc_7351


Dsc_7352


Dsc_7353


Dsc_7354


Dsc_7357


Dsc_7370


Dsc_7371
1_9
Dsc_7376



Dsc_7377


Dsc_7378

Dsc_7379


Dsc_7381


Dsc_7382
1_11
Dsc_7384



Dsc_7386
1_14
Dsc_7387



Dsc_7398



Dsc_7390


Dsc_7392


Dsc_7393

1_12
Dsc_7399



Dsc_7402


Dsc_7403


Dsc_7406


Dsc_7429


Dsc_7419


Dsc_7436



Dsc_7445


Dsc_7448

Dsc_7455


Dsc_7459


Dsc_7460


Dsc_7469


Dsc_7470


Dsc_7487


Dsc_7501


Dsc_7512


Dsc_7515


Dsc_7517


Dsc_7522


Dsc_7523
1_13
Dsc_7530


Dsc_7538


Dsc_7552

Dsc_7453


Dsc_7456


Dsc_7498

Dsc_7486

ブログを再開後、現時点では1年と半年を過ぎてはいないが、

ブログの残り容量は2.4GBを切りました。

早い!早すぎる!

そして、私の車、購入後1年と7カ月。

1万6千を超えた。w

ええええ???どこにいった????www

最終回がどんどん近付く。







桜前線を終えた後、静岡ホビーショー、富士川クラフトパークと行ったが、

正直、ゲームショウまで怠惰な日々が続く。

そんなある日、可睡ゆりの園の存在を知る。

フォトコンテストを開催しているらしい。

私のカメラは10年前のデジカメ。

面白い、挑戦してみましょう!

道具として、カメラの性能、レンズの種類は重要。

劣るからこその挑戦。

誰も見た事の無い、ゆりの園の画像を!

己の存在、それしかない!



しかし、実際に行ってその光景に言葉を失う。

ゆりとは可憐である。

だが、密生すると、これ程の感動を生むのか?

北海道の富良野を彷彿させる様な光景。

ラベンダーでは無く、ゆりが描く花の絨毯。

私の求めるアングルを撮影しまくる。

この中の何枚かを、フォトコンテストに応募します。

入選すると、本名が出るか?

ま、いいか!www

 

ここで一句

    ゆりの花

      重ねて見たは

         コンパさん

2017年6月12日 (月)

伊豆の国市 伊豆之助 伊豆之助ランチ

22

Dscn1187_1092

22_2
Dscn1179_1093

22_3
Dscn1180_1094

22_4
Dscn1182_1095


Dscn1183_1096

22_5
Dscn1184_1097

22_6
Dscn1185_1098

今回のオープニングトークは何にしようか?

行きたいところでも書くか。

北海道。

以上。

いや、ハウステンボス(イルミネーション)。

スカイツリー、東京タワー。

海外旅行をしたことが無いので、カナダ。

あ!新宿2丁目!行きたい!w









なるべく行ったことの無い店に行こうとしているが、何でも無い様な店を何度か訪問する。

そんなことがよくある。

答えは簡単、メンドクサイ。w

しかし、面倒くさいだけではなく、味を気に入っている店はリピートしたい。

今回は、そんなリピートをしたい店、伊豆之助に行きました。

前回、あじ・アジ定食を食べて、何て鯵に関して、お得な店なのでしょう!と思った。

鯵3匹分を1100円で食べられるなんて、なかなかありませんよ!

そういえば、千葉の富津のサスケ食堂もご無沙汰だな。

あそこの黄金アジ、最高ですよ!

3回訪問しましたが、あそこ以上のアジフライはなかなかお目にかかれない。

今は、大行列を覚悟しないと食べられない。

並ばなくても食べた事を考えると、口コミは怖いね~。w

話がずれたか。

今回もあじ・アジのつもりで来たが、アジフライと刺身のセットがある。

価格も1000円以下なので、食べてみましょう。

中に入ると先客無し。

土日は混雑するが、平日だと割と少ないのね?

まあ、開店直後と言うのもあるが。

いつものご夫婦がいるので、伊豆之助定食を注文する。

注文後、改めて店内のメニューを見渡す。

う~~ん、面白そうなメニューがあるな。

チキンカツもあるし、メニューを変更しようかな?

しかし、それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











アジフライが1枚、刺身は太刀魚、鯛、鯵のタタキかな?

切干大根の煮物、厚焼き玉子、香の物、桜エビの入った味噌汁。

やはり、にし与の魚河岸定食に似ているが、揚げ物の比重が違うね。

価格もにし与の方が高いし。

1000円以内でこの内容なら、いいのではないでしょうか?

まずはフライから行きましょう!

ソースをかけていただきます。

モグモグ・・・衣はサクサク、中はふわふわ。

う~~ん、美味しいね~~!!!

千切りキャベツもたっぷりあるので、嬉しいですね。

次に刺身をいただきましょう。

まずは太刀魚、シルバーに輝く表面が特徴的です。

モグモグ・・・あああああ・・・あぶらが・・・脂がのって美味い!

何でもそうだが、旬の時期の海鮮は何でも美味いね。

次に鯛をいただく。

あああ・・・これも美味い。

店主も海鮮に関しては、良い物を仕入れているではあ~りませんか!

初訪問時は、鰯のフライだったかな?あれも美味かった!

いや~、ご飯がススムね。

ご飯が進むけど、このお店、私としてはご飯が足りない。

大盛りか、お替りをすればいいではあ~りませんか?と思うだろうが、それだと多い。w

微妙なんですよ。w

厚焼き玉子もあるし、煮物もあるし、ご飯が進んでしまいます。

因みに、刺身には必ず生海苔が添えられるようなので、私は味噌汁に投入します。

海苔の風味が際立ちますよ。

やがて完食。

う~~む、満足!

にし与もトンカツがあるが、この店もトンカツがある。

海鮮が売りの店のトンカツ、いつか食べてみたい。

お客で賑わっていても、店主の料理提供スピードは速いですよ。

 

ここで一句

    鯵よりも

      味わいたいな

            トンカツを

2017年6月11日 (日)

伊東市 喫茶&食事 コロンビア ナポリタン

Dscn1178_1080

22_18
Dscn1162_1081

22_19
Dscn1163_1082


Dscn1165_1083


Dscn1167_1084


Dscn1169_1085


Dscn1170_1086

22_20
Dscn1172_1087


Dscn1173_1088


Dscn1174_1089


Dscn1175_1090


Dscn1176_1091

朝の楽しみ。

郡司アナの顔を見る事。

昼の楽しみ。

無し。

夜の楽しみ。

酒を飲むこと。

おは4に畑下アナが出てた時は、畑下アナが楽しみだったが、今は郡司アナ。

しかし、郡司アナは平日限定。

土曜日の朝は・・・ズムサタのあーみんか?

日曜日の朝は・・・時事放談の出水アナ?

土曜と日曜の朝、爽やかに目覚める女子アナ募集!www









この頃、訪問する店がマニア的でしょうか?

何がマニア的かよくわからないが、私自身、掘り出し物を見つける感覚です。

そんな嗅覚で、今回の店に訪問しました。

正直言いまして、外観からはお店?とは少々分かり難い物があります。

白い外観なのですが、周囲も似た様な感じで、看板が無いと分からないと思います。

その看板も地味めだし。

ランチなどをやっているようなので、思い切って入ることに。

すると、初老のご夫婦が厨房内から、いらっしゃいと。

1人である事を告げると、どこでもどうぞと。

店内はテーブル席のみになりますかね?

その椅子もテーブルも、かなり年期が入っていますね。

店内は昭和のスナック。

カラオケの機械もあるので、夜がメインなのでしょうか?

椅子はふかふかなのですが、くたびれた感は否めず。

メニューをマスターらしきご主人が持ってきた。

メニューには、ピラフ、カレー、スパゲッティと書いてあるが、ピラフやスパゲッティは

何の種類があるのかよく分からない。

日替わり定食もあるので、それもいいかな?

ただ、レトロ感の強いお店なので、ナポリタンを注文しました。

「ナポリタンあります?」

「あります」

次回はペスカトーレとか言ってみましょうか?

接客担当のオヤジさんは、人当たりもやわらかく、物腰の低いお方。

ところで先客は無し。

静かな店内でテレビを見ながら待つ。

そのうち一人の客が入ってきて、日替わりを頼む。

15分ほどでナポリタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












細麺のナポリタンはサラダ付き。

これで税込み800円なら、いいのでは?

タバスコは提供されたが、粉チーズは無し。

粉チーズのかわりに、スライスチーズを千切った様なものが、上にのる。

では一口、モグモグ・・・う~ん、まろやかで美味しい。

酸味が完全に消えたケチャップは、甘みをほんのりと感じ、コクもある。

パスタは、注文を受けてから茹でてますね。

コシもあるし、細麺なのでのど越しもいい。

具には、シャウエッセンみたいな、パリッとした食感のウインナーがはいる。

それから出る旨みやコクが、このナポリタンの味の要ですかね?

タバスコをかけて、味の変化を楽しみます。

粉チーズが無いのが残念だけど、チーズが無い訳ではない。

先ほどのチーズは余熱でトロリパスタに絡む。

う~~ん、でも美味しいな~。

味付けが優しいというか、ケチャップの味わいが良いね。

サラダは、パプリカやトマトなどが入っている。

グリーンに統一されていないのがいいですね。


玉ねぎやピーマンなどもたっぷりと入り、具沢山ナポリタンと言う印象。

ボリュームもなかなかいいかもしれません。

やがて完食。

美味しかったです!

この味ならまた食べたいと思えますね。

目立たないお店ですが、ご夫婦も味も温かいものでした。

 

ここで一句

     控えめは

         日本の美学

              心意気

2017年6月10日 (土)

伊東市 わらじ庵 カツカレーそば

22_12
Dscn1148_1068

22_13
Dscn1161_1069


Dscn1149_1070

22_14
Dscn1150_1071


Dscn1151_1072


Dscn1152_1073


Dscn1154_1074

22_15
Dscn1155_1075


Dscn1156_1076

22_16
Dscn1158_1077


Dscn1159_1078

22_17
Dscn1160_1079

天網恢恢疎にして漏らさず、という諺があるが、淫行恢恢疎にして漏らさず、だな。

小出はJINでいい役者だな~と思っていたが、もう、復活はありえないな。

酒癖が悪いらしいが、まあ、人間誰しも酔えばおかしくなる。

私もそうです。w

しかし、ねえ~未成年の淫行はまずいよ。

それと食べログね。

あれもまずいよ、主食がうどんの人。

あちらからフォロワー申請が来たんだよね。

こちらもフォローしたけど。

何で、一緒に過剰接待の席に誘ってくれないのか?w

奢るのはよくあるけど、奢られたことが無いぞ!

奢って!ww










どこのイベントか忘れたが、岩手県の駅-1とかいうパンフレットを貰った。

それを最近になって、中身を熟読しているのだが、カツカレーそばというのがある。

カツカレーそばか・・・試しに検索してみる。

提供している店があるが、福岡とか遠いわ!w

う~む、カツカレーそばを食べる為に、岩手まで行くのか???

そんな時、私の記憶の片隅で、どこかでカツカレーうどんの看板を見たような・・・

最近、老化の激しい我が脳味噌だが、食い物に対する執着心は衰えてなかったか?

伊東市にあったわ!

よし、行ってみよう!









よし、着いた。

車は有料駐車場に止めた。

店の名前は「わらじ庵」。

初訪問になるが、この界隈の店は何軒か食べ歩いている。

何より、福福亭まで歩いて数分の距離である。

恐らく、通り過ぎた時にカツカレーうどん?と思ったと思う。

思ったと思うので、その様に思ったのである。

食べる事に関しては、サスーンクオリティーな記憶力を誇るな。w

丁度開店したところであった。

店内には先客が5名ほどいた。

一応、メニューを見るが、カツうどんって何よ?

カツカレー蕎麦を目当てに来たが、カツうどんとは何じゃい?

普通に考えれば、かけうどんの上にカツがのる。

いや~、気になりますね。

ところで、カツカレー蕎麦は1700円か。

税込とはいえ、いい値段だな。

私としては、大盛りにしたいところだが、大盛りだと2000円近くになりそうだ。

取り敢えず、カツカレー蕎麦1700円を注文する。

私は、カレー南蛮に関して、蕎麦とうどんと選べるのであれば、蕎麦を選ぶ。

うどんは何となく味が分かる様な気がしましてね。

蕎麦だと、何かイレギュラーな味わいがあるかもしれない。

「ここは煙草は吸えるのですね」

先の客がスタッフのお姉さんに尋ねる。

「ええ、うちは煙草は大丈夫なんですよ」

蕎麦屋で煙草が吸えるのも珍しいね。

すると、吸い始める。

まだ食べていないからいいけど、食べている最中だったら最悪だな。

それにしても待つ。

自分一人が待っているわけではなく、先客の爺様、婆様の4人も待っている。

やがて、ジイサマ、バアサマに天ざるが出され、次の爺様に蕎麦が出る。

そして私の番、

20分ほど待ったか?

最近、待たされることが多いような気がする。

今回は、ちゃんと順番通りの提供だが、満席になったらどうなるやら?

では、記念撮影をし、いただきま~す!










ビジュアル的にはなかなか宜しいのでは?

普通盛りを注文したが、ボリューム感がありますね。

まずはお出汁を事逗ずずz・・・ややあっさり目かな?

ダシは出ていますが、カレー南蛮と言うことを考えると、個人的にもっとガツンと

来た方が好みでございます。

蕎麦は細切りです。

大盛りを注文しなかったが、蕎麦の量はケチケチせずに、たっぷり入っています。

では、カツをいただきましょう。

カツは厚みは特にありませんが、カラリと揚がっています。

では一口、モグモグ・・・カツのサクサク感はありませんが、肉から衣が剥がれる事も無く、

カレーの浸みこんだカツは美味いですね~。

先ほど、ダシはあっさり目かな?と書きましたが、カツの旨みとの相乗効果で、

コクが出ますね。

肉自体は筋などを感じることもなく、普通に噛み切れるやわらかさ。

入れ歯でも大丈夫かな?勿論、肉自体も美味い。

う~~~ん、これは美味い!!!

生玉子がのっているので、玉子を崩し、蕎麦に絡める。

蕎麦は細切りだがブツブツ切れることもなく、汁をたっぷりとその身に纏う。

アツアツなので、火傷に注意しながら蕎麦を啜る。

蕎麦のややざらっとした食感と、カレー南蛮が合うね。

具にはスライスした玉葱が少々ですか。

味は濃いとは思いません。

卓上に七味があるが、一切のカスタムアイテムを使用せずに、食べ続けます。

先述したように普通盛りですが、ボリューム感はあります。

お出汁もたっぷりで、半ライスがあってもいいかもしれません。

やがて完食。

お出汁も完飲です。

カツのコクがお出汁に浸み出て、食べ進むうちに美味いよな~、と感じました。

後は価格かな?税込み1700円は天ざるそばの並みより50円安いだけ。

ああ・・・でも食べてみる価値はあるかな?

味とボリュームには満足しました!

あと、昼時は禁煙にしてくれ~!

 

ここで一句

     カツカレー

        お米だけでは

              勿体無い?

2017年6月 9日 (金)

厚木市 楽食 柚子鴨つゆせいろ+ミニかき揚げ丼

Dscn1146_1053

22_6
Dscn1128_1054


Dscn1130_1055

22_7
Dscn1137_1060


Dscn1134_1059

22_8
Dscn1139_1061

22_10
Dscn1140_1062

22_11
Dscn1141_1063


Dscn1142_1064

22_9

Dscn1143_1065


Dscn1144_1066


Dscn1145_1067

卓球の躍進が素晴らしい。

若い世代が、確実に力をつけてきている。

少子化と言われながらも卓球に限らず、様々なスポーツで、日本人が頑張っている。

これは、東京五輪が楽しみであるが、その前に東京五輪のマスコットも気になる。

今までオリンピックマスコットで、記憶に残るほどのキャラはいたか?

冬季大会の長野五輪のマスコット、スノーレッツのアイテム、持っています。w

今見ると、不細工な鳥ではないか!これだけ見ると、選考落ちの作品にしか見えん!

ゆるキャラに負けないマスコット、お待ちしております。











厚木まで来たので、パチンコを久々にやってみた。

勝ちました!

先月は、ほとんどやらなかったので、小遣い稼ぎになりました。

小遣いが増えたので、もう一軒行きましょう。

適当に車を走らせると、蕎麦屋を発見。

近所には、かつやもどきのチェーン店があるが、以前訪問しているね。

気になるので入ってみましょう。

店の名前は楽食。

十割蕎麦を提供するらしいが、以前あちらこちらで十割蕎麦を出す店がありましたね。

殆ど、潰れたようですが、手打ちではなく、機械でのプッシュ式の蕎麦だったので、

その様な蕎麦で十割ではね、食べないでしょう。

ところがこの店、駐車場に結構車が止まっています。

期待出来そうです。

店の中に入ると、結構御客が入っています。

時刻は午後2時前、1人だと告げると、カウンターにどうぞと。

カウンター席と、テーブル席があるが、カウンター以外はほぼ満席。

メニューを見ると、いろいろあるようですが、カレー南蛮は無いようです。

蕎麦とミニ丼のセットがお勧めの様なので、それにしましょう。

いろいろ悩んだ末に選んだのは、柚子鴨せいろ蕎麦とミニかき揚げ丼のセット。

鴨せいろが1140円でセットで1580円。

注文後待ちます。

・・・

・・・

・・・

15分後くらいかな?私の前に注文した客の品が登場。

もうすぐか?

・・・

・・・

・・・

「お待たせしました」

約25分かな。

待ちましたよ!

後から来た客は、10分少々で提供されましたが?

何だったのでしょうか?

せいろとかき揚げ丼ですが、かき揚げ丼は、ミニと言うには、相応しくないサイズかと。

私自身、せいろよりも丼ぶりが主役かな?と思えるサイズですよ。

ところで、塩が有るけど何に使うの?提供時に説明は無し。

まあ、想像するには、蕎麦に塩をかけて食べろ!ということでしょう。

天丼に塩かける奴もいないでしょうが、天茶にすれば必要か?

私としては、待たされて説明不足なので、久々に心は曇り空ですね。

まずは蕎麦をいただきましょう。

蕎麦は太麺ですね。

極太ではないですが、割と太めの蕎麦です。

こちらも水切り後、少々時間の経過を感じますね。

つけ汁に少し浸けて啜ります。

ズルズル・・・咀嚼を要求するタイプですね。

蕎麦の香りや甘みを感じますね、コシもあります。

細切りの蕎麦を食べる事が多いですが、太めの蕎麦もいいですね。

咀嚼することで、蕎麦の主張をより、感じる気がします。

つけ汁は、鴨肉の細切れが沢山入っています。

合鴨の旨みというよりも、ベースの鰹出汁の方が、良い感じかな?

割とあっさりした鴨汁の印象。

つけ汁は濃い目ですが、蕎麦の浸け具合で調整しましょう。

鴨は細切れですが、ネギは斜め切りで沢山入っています。

鴨ねぎ蕎麦ということでもいいかもね?w

蕎麦を食べ終えたところで、天丼にいきましょう。

立ち食い蕎麦のかき揚げよりも大きいかな?やはり、ミニサイズではないね。w

揚げ立てのかき揚げは、ホクホクで美味い。

丼ツユはあっさりタイプですが、しっかりとかき揚げの味を生かしている。

ご飯もホカホカで美味い。

むしろ、私としては蕎麦よりもかき揚げ丼の方が、好印象。

このかき揚げ丼と味噌汁で、提供してもらえないでしょうか?

やがて完食だが、蕎麦湯がまだ?

蕎麦湯が来る前に、卓上にあったポットは何だ?と思い、おつゆに入れちゃった。

これ、お茶ではないですか!w

すると、気が付いたスタッフが慌てて蕎麦湯を持ってくる。

そのスタッフに、「この塩ナニ?」と質問。

「蕎麦を食べるときに・・・」

最初に言わなければ、分からないよね。

謝罪したけど。

蕎麦湯は濃厚で、それ自体でも十分旨みがある。

蕎麦湯に塩を少し投入し、飲みました。

読者も気分が悪くなるから、あまり文句は書きたくないが、

私としては、久々に相性が悪いというか、ちょっと残念ですね。

 

ここで一句

     分かるのは

         これがホントの

               塩対応

2017年6月 8日 (木)

厚木市 ぎょうてん屋 特ぎ郎野菜増し

22
Dscn1127_1046

Dscn1120_1047

22_2
Dscn1121_1048

22_3
Dscn1123_1049

22_4
Dscn1124_1050
1
Dscn1125_1051

22_5
Dscn1126_1052

6月に入り、アクセスが落ちてきた。

G・Wが過ぎるまでは、アクセスはひたすら右肩が上がりだったが、桜前線終了と共に、

閲覧者も減った。

何となく、アイドルや芸人の人気の翳りが、分かる様な気がした。

そう言えば、AKBの総選挙であるが、中間報告で大波乱が起きているらしい。

NGT48の荻野由佳が暫定1位だということだが、確かに波乱というか異常事態。

早速、検索をかけて顔を拝見。

うむ、誰だおまえは?

ファンには申し訳ないが、知らん!まったく知らん!何となく、ホルモン幸楽の3代目の

娘の様な印象である。(相当な方で無いと、分からないだろうな)

目元が腫れぼったい印象だが、この娘が、新たなるムーブメントになるのか?

それよりも、乃木坂と欅坂はどうするのだ?

私のハートは、欅坂の曲に傾いている。

乃木坂も、美人ぞろいでいいよね~、とオヤジ心がつぶやいている。

あくまでも、オヤジのつぶやきだが・・・w










久々にぎ郎が食べたくなった。

本当は二郎に行きたいのだが、味がお気に入りの関内は、早食いを要求されるし、

スモジは、移転してから行ったことが無いし、湘南は行きたいような、行きたく無い様な・・・

三田本店もいいが、この時期、着替えが無いと汗まみれになり、いろいろ大変である。

ならば、のんびり冷房の効いた店内で、食べられるぎょうてん屋がいいよね。

最初の頃に比べて、味も良くなったと思うし、ぎょうてん屋に行きましょう。

そして、ぎ郎を食べる為に、わざわざ厚木まで来ましたよ。

少し早く着いたので、どこか他所の店に行こうかと、浮気心満載で、周辺を散策。

一カ所だけ気になる店があるが、店が開いているのを1回しか見たことが無い。

タイミングが悪いのか?それとも・・・

やがてぎょうてん屋の開店時間になり、店に直行。

ぎ郎を食べるのを決めていたが、汁無しも食べてみたいね。

関内の汁無しも私は好きなのだが、ぎ郎はどうなんだろう?

う~~ん、でも選んだのは、特ぎ郎1000円。

チャーシューと味付け玉子、ネギが普通と違うのかな?

「ニンニク入れる?好みはどうよ?」とスタッフが聞くので、普通でお願いし、

ニンニク追加の野菜増しにした。

5分少々でぎ郎登場、記念撮影をし、いただきま~す!









ニンニクが結構多いかもしれない。w

ところでこの店、家系ラーメンが主流なので、卓上にはカスタムアイテムがいろいろある。

ニンニクは行者ニンニクが置いてあるが、ぎ郎に使っても差し支え無し。

私としては、鷹の爪みたいなものが、一番合うような気がする。

まずはスープを事逗ずずz・・・って出来んがな。

二郎系の基本として、天地返しが必要である。

天地返しとは、野菜の量が多いので、それらをまんべんなく食べる為に、

麺と野菜を混ぜ混ぜし、全体的にまぜそば状態にすることである。

刻んだニンニク、スープ、脂、それらを馴染ませ、食べる。

では一口、もしゃもしゃ・・・ああ・・・コシのある極太麺が美味いね。

私の記憶の中では、池袋二郎とか小滝橋二郎の麺に似ていると思うが、

その記憶自体、10年以上経過した記憶なので、現在の池袋や小滝橋が、

麺を変更しているのであれば、この評価は正しくは無い。

小麦の美味さがもっと欲しいが、これはこれでいいでしょう!美味い。

スープは、独特のカエシを使用しているようで、これがぎ郎だよね、というものがある。

甘さよりもキレ重視かな?食べているときはそれほど感じないが、塩分濃度は高いね。

肉はやわらかく美味い!脂身も美味しい。

半熟玉子も美味しいですね。

野菜はモヤシが主役ですが、ボリュームもあり食べ応えあり。

茹ですぎず、シャキシャキ感もあります。

途中で鷹の爪のような物を投入し、適度な刺激感を感じます。

少量でも割と効きますね、入れ過ぎ注意です。w

私が食べていると、先に来た客が帰る。

後から来た客も帰る。

しかし、私は気にせず、もしゃもしゃとマイペースで食べる。

私は、早食いが苦手である。

量が多ければ、時間がかかるのは当たり前、ゆっくり食べます。

やがて完食。

スープは残しました。

刻んだニンニクなどが少々沈んでいるが、まあ、仕方がないでしょう。

何と言いましょうか、二郎が食べたい時、代替えとはいえ、満足出来ます。

そうなると、いよいよ汁無しを食べたいね。

満足して店を後にし何気に財布の中を見ると、以前貰ったサービス券が未使用で登場。

有効期限がないようなので、また来た時に使えばいいが、そういえば前夜、

サービス券があるから、ぎ郎を食べるか?と思ったのだ。

脳の老化は、確実に来ていた。w

 

ここで一句

     サービス券

         使わなければ

               ただの紙

2017年6月 7日 (水)

南足柄市 大幸 上しなちくちゃーしゅーめん大盛り

22_8

Dscn1118

22_9
Dscn1109

22_10
Dscn1110

22_11
Dscn1112

22_12
Dscn1113

22_13
Dscn1114

22_14
Dscn1116


Dscn1117

我がブログ、平均で1週間程度の遅延が生じる。

インスタやツイッターなら、リアルタイムは可能。

ニュース速報は必要だが、それ以外は・・・

まあ、私のつぶやきやインスタは必要かな?

facebookでは、うざくて困ったが。w












6月といえば、紫陽花かな?

紫陽花撮影も面白いかもしれませんね。

ところで、今月またもや齢を取ります。w

複雑でございます。w

正直、嬉しくないです。w

このところ、インスタで言ったら、フォロワーが減る様な店が多かったかな?

フォロワーが多いのは、やはり、美しい画像やら、楽しい画像である。

少し、女性フォロワーが増えるよな画像を撮らないと!

そこで今回私が選んだのは、大幸さんである。

南足柄市というか、大雄山近郊の有名店です。

以前も何度か訪問したことがあるのですが、この店の名物、上しなちく狙いで行きました。

店の前が駐車場なのですが、軽自動車で無いと止めにくいですね。

駐車場の奥の方に止めるのもいいけど、少々出難いですね。

中に入ると、丁度先客が帰るところでした。

小上がり席と、カウンター席とありますが、10人も入ればいっぱいですね。

店内には、ゴルフ関連と思われる色紙などが飾っております。

色褪せた飯島直子のパネルが印象的だな。

注文するのは決まっていました。

上しなちくラーメンなのですが、選んだのは上しなちくチャーシューメン1000円。

大盛りだと100円増しになるが、大盛りで注文。

ところで、このブログでは3度目の訪問になるのですが、自分でも少ないな?と思う。

一度目はしなちくチャーシューメンで、2度目は特製スタミナメン。

美味いと思っている割には、3度目か?自分でも意外でした。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










素晴らしいビジュアルである。w

これぞ、サスーンクオリティーである。

極太のしなちくが黄金の様に輝いている。

横浜の奇珍楼を思い出しますね。

その金の延べ棒の如く並ぶしなちくの前に、スープを事逗ずず・・・う~~~ん、美味い!

ダシが良く出ております。

醤油タレの主張を感じる、ややオイリーなスープなのですが、スープの底に沈む

魚粉の味わいなどもあり、実に奥深く美味しいスープです。

味わいとしては、味が濃い目のスープなのですが、全部飲みたくなる味ですね。

次の麺をいただきます。

麺は縮れ捩れ細麺です。

ややカタメに茹で上げられた麺は、どことなく粉っぽさも感じますが、スープを纏い、

美味しい、

では、メインのしなちくをいただきましょう。

以前、この店ではしなちく麺をいただきましたが、太さが倍以上です。

では、一口、シャクシャク・・・美味い!!!!

繊維を感じますが、リンゴや梨などを噛み切る食感に似ていると思いました。

そして味わいなのですが、何というか、フルーティーな味わい。

しなちくから、ジューシーな味わいを感じるのです。

これは、意外でした。

極太メンマといえば、大西系で太目のメンマを出す店がありますが、全く方向性が違う。

シャクシャクした歯触り、ジューシーな味わい、濃すぎない上品な味付け。

この店に来たら、これを食べなくてどうする?それほどの逸品ですね。

私もお土産で買いたくなるほどでした。

それとこれを食べるまでに、初訪問から何年過ぎた事やら。w

しなちくも美味かったが、上しなちくは別物です。

美味しい。

チャーシューは軟らかく煮こまれ、こちらも美味い。

大盛りを注文しましたが、普通盛だと足りないよね?

大盛りですが、それほどボリューム感は感じません。

途中、卓上のコショウをかけましたが、無くてもいいね。

やがて完食。

スープは8割方飲み干しました。

ところで、隣の夫婦が、ワンタントッピングをしていました。

次回は上しなちくチャーシューメン、ワンタントッピングプラス餃子、それもいいかも?

とにかく、お勧めの店です。

 

ここで一句

     メンマより

        しなやかなのだ

               味わいが

2017年6月 6日 (火)

小田原市 好水 海老天重ミニざるそばセット

22_4

Dscn1107


Dscn1106


Dscn1096


Dscn1099

22_5
Dscn1100

22_6
Dscn1103

22_7
Dscn1104


Dscn1105

何か話題は無いのか?

無い!w

足掛け10年もブログを書いていると、日々のニュースからネタを拾うにしても、

面白いネタが無いな、と思うときもある。

何しろ、お笑いのネタの賞味期限が短くて、私が使う頃には、古い!と思われる。

ならば、お笑いのリサイクルをするしかないでは、あ~りませんか!w











我がブログ初登場の店であるが、この店の前を何年間で何回通り過ぎたか・・・

いつかは入ろう!と思っていたが、近所にはかつやもあるし。

蕎麦だったら、箱根そばか富士そばでしょう!

ん?富士そば?富士そばに行ったことがあったか?

このブログで紹介をしたことがあったか?

何と!富士そばに行ったことが無い???

これは事件です。

富士そば未訪問事件です。

そんな事件性を含みながら、店の前の駐車場に車を止める。


この店の屋根は、スキージャンプの練習が出来そうだな。w

何故に、こんなに傾斜のある屋根なのか?

正面から入ろうとすると、大人は間違いなくかがみこまないと無理である。

かがみこまなくても、入れる方はいるだろうが、ミニモニでも当たるな。

横からお邪魔すると、入口がある。

入口には手書きのメニューボードがあり、本日の日替わりがある。

中に入ると、テーブル席とカウンター席があるが、テーブルがメイン。

先客は4名ほどで、意外と静かね。

私は勿論、カウンター席に座る。

メニューを見るが、ランチメニューがお得感がありそうなので、ランチメニューから選ぶ。

海老天重とミニざるそばのセットが980円か?それにしよう!

通常なら、蕎麦を大盛りにするのだが、蕎麦の大盛りはラーメンと違い、

高く付く場合が多いので、大盛りにはしなかった。

注文が出来るまでの間、店内を見渡す。

夜は、居酒屋みたいな事をしているのでしょうか?

目の前には、キープされた焼酎のボトル類がある。

演歌歌手のサイン色紙などもあり、昭和の香りが漂う店内である。

やがてセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!









ほほお~~、海老天は3本でしたか?

ランチなので2本かと思っていましたが、いいのでは?

海老天重はそこそこボリューム感を感じます。

小鉢が付き、香の物が付き、ミニざるそばが付くそれは、一般人なら十分でしょう。

まずは蕎麦を行きましょう。

そばつゆは甘味を感じない、辛口タイプですね。

キレのいいものです。

蕎麦は手打ち感無し。

二八というより、三七みたいな印象でしょうか?

それでも、コシはあり、のど越しもいい。

次に天重をいただきます。

海老天を引き出し、口に入れます。

モグモグ・・・こちらも甘さなどは控えめで、タレで食べさせるというよりも、素材の味を

生かす方にシフトをしていると、思われます。

海老の鮮度は文句なし。

鮮度が良いので、尻尾までカリカリと行きたくなります。

ご飯はややカタメ、丼ツユの浸みこみ分も考慮しているのでしょうか?

ああ、蕎麦が有るから、味噌汁が無いか?

何となく物足りないと思ったら、味噌汁が無い。

それでも、食べ進み、やがて完食。

内容を考えたら、満足できると思います。

海老天も大きめなものだし、次回も利用するか?と言われれば、行きます!

 

ここで一句

     蕎麦よりも

        揚げ物好きは

              行くべきか?

2017年6月 5日 (月)

小田原市 魚市場食堂 ホッケ焼き定食

22
Dscn1080

Dscn1081

22_2
Dscn1083


Dscn1084


Dscn1085

22_3
Dscn1086


Dscn1087


Dscn1088


Dscn1090


Dscn1092


Dscn1093

何と言いましょうか。

桜前線も終了し、特にどこかに行きたいわけでも無い。

そう、これからはひたすら暑いだけの季節。

海水浴も、中学生までは良く行ったが、それ以降はいつ海水浴をしたか、思いだせない。

それほど海に行っていない。

5月後半から、気温30度を超える日があり、6月はそこへきて、ジメジメ感が増す。

エアコンの無いラーメン店でラーメンを食べれば、タオルが絞れるくらい汗をかく。

エアコンの無いラーメン店に行かなければ、いいのだが。w








朝の9時頃、小田原方面。

もう、魚市場食堂のお世話になるしかない。

この日、港のごはんやを覗くが、鯵だな。

アジは美味いが、アジを食べたい気分ではない。

この界隈、いろいろ新しい店も出来ているのだが、何しろ私が早すぎて、店がやってない。

従って、開店している店を選ぶしかない。

魚市場食堂に行くと、少し賑わっていた。

平日なのに、何だろうね?

券売機のメニューは一切、見ない。

手書きのメニューを見る。

本日の日替わりは・・・いらない。w

おお!ホッケ焼きがあるね。

ホッケ焼き定食910円とあるので、それを選ぶ。

焼き時間に15分ほどかかると言うが、それは焼き立てが食べられると言う事。

テレビを見ながら、ぼけ~っと待つ。

先に来た客、後から来た客にはどんどん料理が提供される。

やがて、私の番が来た。

きっちり、15分待たされたな。

では、記念撮影をし、いただきま~す!








半身ではあるが、大きなホッケである。

ボリューム的には十分な大きさである。

では骨を外し、いただきましょう。

ところで、提供時に私の顔を見たスタッフが、「ご飯足りる?」と問いかけた。

「う~~ん、もう少し欲しいね」

そうすると、ご飯を大盛りにしてくれたが、この店はご飯大盛り無料である。

大食漢は、遠慮なくご飯大盛りを注文しよう!

ではホッケをいただきましょう。

ホッケを食べるのも久しぶりだね。

モグモグ・・・少しあっさり目のホッケかな。

時期的に脂がのりのりとは思えないので、少しダイエット気味の味わい。

でも、大きいので、ホッケの味もしっかりしており美味い。

ご飯の上にのせて食べると、ご飯が進みますね。

珍味として、蓮根のキンピラと、鮪の角煮が付くが、それでもご飯がススム。

ご飯大盛りで正解だが、米がもっと美味ければ最高だ!

ホッケを食べるのに夢中で、ご飯は後回し。w

大根おろしに醤油をかけ、さっぱりといただく。

味噌汁はワカメだが、毎度毎度の味わいですね。

やがて完食。

うん、お腹がいっぱい。

久々に満足できる量のホッケを食べた。

何やら、ホッケも大衆魚の範疇から、はみ出そうとしているので、食える時に食え!か?

皆さんも、ここに来たら、券売機の前で悩まずに、手書きメニューをチェックしてください。

日替わりは、大当たりの時がありますよ。

 

ここで一句

     日帰りで

       食べに来たなら

              日替わりで

2017年6月 4日 (日)

小田原市 バーミヤン小田原堀之内店 ネギラーメン大盛り、餃子

22

Dscn1076


Dscn1055

22_2
Dscn1056


Dscn1057


Dscn1058


Dscn1059


Dscn1060


Dscn1061


Dscn1062


Dscn1063


Dscn1065

22_3
Dscn1066

22_4
Dscn1069

22_5
Dscn1071

22_6
Dscn1074


Dscn1075

梅雨の時期である。

ジメジメした日が続き、7月、8月と車に乗るのもイヤな時期が来る。

たまには船もいいだろうが、どこへ行く?

電車なら東京圏だね。



バーミヤンに来るのは何年ぶりであろうか?

以前、刀削麺もどきを食べてがっかりし、それ以来足が遠のいていたが、

午前10時から営業をしているので、通りかかった店に入ることにした。

入店時刻は午前10時15分ほど。

店内は広々としている。

全席テーブル席のようですね。

スタッフが煙草を吸いますか?と尋ねたので、ノースモークと答える。

先客は5人ほど、店長らしき方とその上司らしき2人が片隅で、打ち合わせをしている。

私は窓側のテーブル席に座り、メニューを見る。

ランチメニューもあるが、ランチはご飯ものだったので、却下。

期間限定の麺類などもあり、選ぶのに苦労する。

大きなメニューに大きな料理写真が載り、どれも美味そうだ。

どれも美味そうだが、実際に食べるとそうでもない、と言うのをバーミヤンでは

2度ほど経験している。w

バーミヤンでは冒険したり、限定メニューは外すと、自分は考える。

いろいろ考えたが、ネギラーメン大盛りと、焼き餃子にした。

暫し待ったのちに、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










思ったよりもネギの盛りが良い、

白髪ねぎと青いネギが混在している。

ではスープを事逗ずz・・・少しぬるいかな?

ダシの旨みはそれほど感じない。

あっさり、さっぱりしたスープだと思う、

スープには、ネギを和えたタレなども入っているので、ややアグレッシブな印象。

次に麺をいただく。

麺はやや細麺のストレート。

啜ってみると、土俵際の粘りが少し足りない印象。

コシはあるが、もっとコシを出せ!という印象。

やわらかいのであろうが、個人的にパツンとした食感が欲しい。

ネギの部分は、食感がカタイと思う。

青い部分も混在しているので、その部分の食感が、かたさを感じる。

大盛りを注文したが、ボリューム的にはいいと思う。

次に餃子をいただく。

見た目は何の変哲もない、普通の焼き餃子である。

餃子のタレを入れるには、大きな小皿がある。

そこに酢と醤油、コショウを入れた。

食べてみる、モグモグ・・・ジューシーで美味しいじゃあ~りませんか!

意外と言っては失礼か?この焼き餃子、肉汁感があり、美味い。

肉と野菜のバランスの良い餡から、じゅわ~っとコク旨な味が口に広がる。

ハッキリ言って、ラーメンは大盛りにしないで、餃子ダブルにすれば良かったか?

価格も安いので、是非ともバーミヤンでは餃子をどうぞ。

やがて完食。

ネギラーメンと餃子を注文したが、ネギラーメンの印象を餃子が消したと言えるかな?

逆に、麺類もっと頑張れよ!とも言えるが。

今回の訪問で、少しバーミヤンに対する印象が変わったので、

次回も訪問したいと思います。

 

ここで一句

   ライバルに

       勝てそうなのは

              餃子かな?

2017年6月 3日 (土)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 5種野菜の冷やし坦々うどん並

Dscn1053

22
Dscn1044


Dscn1045


Dscn1046


Dscn1047


Dscn1048


Dscn1050


Dscn1051

22_2
Dscn1052

俺はこの日、なか卯で5色の野菜入り担々うどんを食べた。

肉味噌の濃厚さがなかなか良いと思うが、野菜が無くてもいいから大盛りが欲しいな。

食べ終えて、表に出る。







おじさん。

女子高生が話しかけてきた。

「おじさん、おカネ持ってる?」

俺は無言でいた。

「ねえ、遊ばない?デートしようよ」

「アンタとデートをしたら、援助交際で捕まるからな、無理だな」

「ぜったいに誰にもいわないから、デートをしようよ」

その瞬間、俺の眼光が鋭くなった。

元ヒットマンとしての、冷酷な眼光を見せた。

すると、その迫力にさすがに女子高性は後ずさりをする。

俺は立ちすくむ女子高生を後にし、その場を立ち去る。

・・・久々にストーリーを書こうと思ったが、プロットの練が足らなく、諦める。www








久々に戯言を書きましょうか!

よく、〇〇出来たら、どうする?とかありますよね。

有りがちなのが、もしも透明人間になったらどうする?

男の場合、高確率で女湯潜入ですよね。

どちらにしても、下ネタ関連の事ばかりで、犯罪行為ばかりでしょう?w

しかし、女性の場合、どうなのでしょうか?

もしも、透明人間になったらどうする?と女性が聞かれて、

「男湯潜入じゃああ!!!」なんていう方はいるのか?

勿論、新潮社出版部部長、中瀬ゆかり親方なら、その様に即答するだろう。

久本雅美も混浴露天風呂と答えるだろう。w

だが、中瀬ゆかり親方の様な方は少ないと思う。w

そこで、私は考えた。

もしも、〇〇が出来たらどうする?と聞かれて、下ネタに走る女性は少ない。

その様な統計を、きっと日テレやTBS、フジテレビがやってくれるでしょう。

多分、ブログをご覧になっていると、思われますから。w





あと、1億円あったらどうする?というには良く聴きますよね。

しかし、毎日小遣いが5000円だったらどうする?というはどうでしょう?

これは、部長職以下のサラリーマンにしてみたら、結構妄想が膨らむと思います。

1万円でも面白いけど、毎日1000円前後で頑張っているサラリーマンにしたら、

小遣いが毎日5000円と言うのは、ドリームなのでは?

単純に、小遣いが1か月15万円前後ですよ。

女房子持ちのサラリーマンにしたら、ドリームでしょう!

そんな妄想を是非、日テレにやって欲しいですね。w

TBSのモニタリングでは、実際に小遣いを5000円にして、使わせるというのも面白い。

貯金をするのか?使い切るのか?それとも・・・








酒を飲んでダウンタウンがトークをするのがあったが、あれはいらないね。

本音トークとか言うけど、素面で話せない話なんか、どうでもいい。

むしろ、美女がべろべろになるのを見たい。

それこそ、もしも美人女優、美女タレントが酔っ払ったら?

和田アキ子みたいに、破壊活動をするのか?

う~~ん、見てみたい。





今回は、いつものブログの流れを変えてみました。

本当だったら、アメブロ支店に書くようなことですけどね。

 

ここで一句

     企画なら

          買ってください

                 テレビ局w

2017年6月 2日 (金)

逗子市 ゆうき食堂 豚ロースうす切りカツとさしみ1点付き定食(〆サバ)

22_9

Dscn1043

Dscn1041

22_10
Dscn1040

22_11

Dscn1038

22_12

Dscn1027

22_13
Dscn1029


Dscn1031


Dscn1032


Dscn1033


Dscn1034

22_14
Dscn1037

特に話題の無いこの頃。

何かネタは無い物か?

・・・無い。w

ところで、車のタイヤをミシュランのエコタイヤに変えたら、高速で燃費が1~2km伸びた。

もしかした、2~3km伸びたかもしれない。

タイヤは減らないし、燃費は伸びるし、いいことだらけのエコタイヤ。

しかし、スポーツ走行などはさすがに苦手の様で、調子にのってカーブを曲がると、

少し怖いね。

やはり、踏ん張りが弱いと思う。

それと静粛性。

それでも、エコタイヤはお勧めだね、タイヤ交換の期間が大幅に伸びるからね。






ネットで知り合った方に、教えていただいた「ゆうき食堂」。

私自身気に入り、何度か訪問をしているが、今回は是非とも揚げ物か、麺を食べたい。

刺身が勿論、売りの店なのだが、揚げ物やラーメンもある。

他の客がそれらを食べているのを、なかなか見た事が無いので、自分で食べるしかない。

そこで、久々にゆうき食堂に訪問した。

この店、専用の駐車場は無い。

近くに有料駐車場があるので、そこに止めるしかない。

もしくは路駐だが、道路が狭いのでお勧めは出来ない。

ところで、この界隈、いろいろと食事の出来る店が多い。

私はいつも、ゆうき食堂だけに行っているが、3~4軒歩いて行ける範囲にあるので、

次回は他店狙いで行ってみますか。

店の前に行くと、本日のメニューが載っている。

揚げ物系を見て見ると、薄切りロースカツの入ったメニューがあるね。

ロースカツと中華そばと言うのもあるな。

いろいろ悩んだが、薄切りロースカツと刺身1点盛り定食1100円にした。

いざ注文をすると、好きな刺身をこの中から選べと言うので、〆鯖を選ぶ。

今の時期、カツオがいいだろうが、万が一にもアニサキスのお世話になりたくない。

テレビであれだけで放送されれば、気にならない方はいないだろう。

余計なお世話であるが、〆鯖を選ぶ。

この日、割と席は空いていた。

店内は狭く、食べにくい環境であるが、今の時期なら表の席で食べるのもいいだろう。

私はしないが。w

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











薄切りロースカツとはいえ、それが2枚か?

更に〆鯖がてんこ盛り状態である。

毎度の事だが、飯もてんこ盛り状態。

本当に、コスパに関しては良い店を教えていただいたものである。

ただ今回は、カツと刺身でまるで罰ゲームの様な内容である。

一緒に食べて美味いのか?

そんな印象である。

しかし、もう遅い。w

これを食うしかない。

まずは・・・揚げたてのカツを食べてみるか?

卓上にはソースと醤油が置いてあるが、マスタードは無い。

マスタードは小分けの袋入りの物が付いてきた。

ではパクリと・・・モグモグ・・・揚げ立てサクサクで美味い!

確かに薄いが、味はいい。

ところで、この店は定食を頼むと、半熟玉子が付いてくる。

私は飯の上にカツをのせて、更に半熟玉子を乗せる。

亜流のソースかつ丼の出来上がりである。

「やべ、腹がいっぱい。食えないかも」

私の隣のガテン系の一人が相方にぼやく。

おまえら、俺より若いだろう!この程度食べ切れないでどうする?大きくならないぞ!w

と、心の中で叫ぶ。

次に〆鯖を食べる。

〆具合はしっかり〆ました、シメシメと言う感じ。

このシメシメルックの〆鯖であるが、食べてみると酢のディープさを感じるが美味い!

むしろ、カツの濃厚さを鯖がリセットする感じ。

脂ののりはそれほども無いが、この時期の美味い鯖だよね、と感じる。

最初は罰ゲームかと思ったが、我ながら良い選択をしたと、自画自賛する。

やがて、カツを1枚食べ終えると、同じ大きさのカツがまだある。w

お椀は御吸物であるが、アラで出汁を取っていますね。

以前は、アラが入っていましたが、今回はワカメだけ。

恐らく、客の要望で、アラを入れなくしたのでしょう。

ソースの浸みた千切りキャベツをカツの上に乗せ、サクサクカツをいただく。

飯を口に放り込む、鯖を食べる。

やがて完食。

本当に腹が一杯です。

我ながら、良く食べた。w

それと共にこの界隈、食べ歩きをしたくなりました。

駐車場に苦労しますが、小坪トンネルの心霊ツアーを兼ねて、食べ歩きはいかが?

 

ここで一句

     カツと鯖

        勇気を出して

              食べてみた

2017年6月 1日 (木)

三浦市 まるい食堂 カタヤキそば

22_5

Dscn1025


Dscn1024


Dscn1000

22_6
Dscn1002


Dscn1010


Dscn1011

22_7
Dscn1012


Dscn1014


Dscn1015


Dscn1017


Dscn1018

22_8
Dscn1022


Dscn1023

モーニング、ランチは存在するが、ディナーが存在しない我が人生。

ディナーはすでに酒盛りになる。

つまみがディナーであるが、これでも結構気をつけている。

おひたし、筑前煮、タケノコの土佐煮などをツマミにしている。

だから何だ?と思われるだろうが、から揚げとか串カツは極力排除。

一応、健康には気を使っているのだ!というアピールです。w











休日は尚更、ディナーは無い。

休日の夜、何かを食べた!というのはほとんど無い。

もっとも外泊時は別だが。

その様なわけで、休日はランチが重要である。

重要なランチを充実させてくれる店、今回はそのような店に行った。

江ノ島を通り過ぎ、鎌倉を通り過ぎ、逗子を通り過ぎて三浦市まで来た。

じつは、三浦半島には以前から注目していた店があったのだが、やっと訪問で来た。

店の名前は「まるい食堂」。

三浦半島にコスパの良い店がある!ということで、3年ほど前から注目していたのだが、

今年、桜前線で訪れながらも、行かなかった。w

今日こそは!と思って、ドライブがてらに行きました。

到着時刻は11時を少し過ぎたところ。

駐車場は店の前にあるので、適当に止めるが、駐車台数を確保するため、

少々すり抜けるスペースが厳しいですね。

それでも中に入ると、厨房内にはおばちゃまがたが。

いらっしゃいも無いので、奥の座敷席に行く。

この店、テーブル席と座敷席があるが、カウンター席も2席ある。

私は、座敷席の一番奥の席に座る。

反対側の奥にテレビがあり、退屈はしなくて済みそうだ。

メニューを眺めるが、それど同時にメニューを激写する。w

隣にジイサマが一人で座っていたが、奇妙な目で私を見る。

一通りメニュー撮影をし、何を食べるか考える。

候補として、ミックスフライ、ソースかつ丼、麺類とあるが、どれも魅力的である。

本当に、どれにするか迷う。

迷った末に選んだのは、カタ焼きそば。

普通盛りが950円で、大盛りが1350円だという。

何となく想像できる。

しかし、いつまで経っても注文を取りにこないな?

そんな時は自分から行けばいい。

すると、接客担当の方がいて、入店時にいなかったね。

「すいません、カタ焼きそばください。ところで大盛りってかなりありますか?」

「まるまる2人前あります」

「・・・普通盛でいいです」

カタ焼きそばの2人前くらい、食べられると思う。

しかし、ブログのネタ収集の意味もあるので、普通盛で我慢する。

ここまで来て、連食出来ないのはツライ。w

席に戻ると目の前のオヤジが煙草を吸い始めた。

この店、喫煙可か?つらいな。

やがてカタ焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!










う~~~ん、デカイ!!!しかし、食べ切れない訳ではない。

見た目は凄いが、カタ焼きそばである。

空洞部分を考慮すると、余裕で食べ切れる。

一応、割り箸を並べて大きさの目安にしたが、それほど大きくないかな?w

遅れて味噌汁も来たな。

味噌汁付のカタ焼きそばか?満足だな。w

酢と辛子も付いてくるが、まずはそのままいってみよう。

パリパリの麺と餡を絡ませ、口に入れる。

モグモグ・・・おおお!!!美味い!!!!!

昔、長万部で食べたアンカケ焼きそばを思い出すね、美味い!!!

餡に旨みが十分に出ており、じつに美味しいカタ焼きそばである。

勿論、麺はパリパリだが、徐々にしっとりしてくる。

これがジョジョの・・・ではない!(分かる方だけ分かる)

味付けもなかなか宜しいですね、塩味ベースの餡ですが野菜の旨味、そしてコクがある。

カタ焼きには酢をたっぷり入れたくなるのが常ですが、これは元が良いので、

マスタードだけでも十分かも?

酢でもコショウでも入れるのは自由だが、しっかりとベースの味を味わって欲しい。

それほど、このカタ焼きは美味いと思う。

すると、徐々に客が来て、相席をお願いされる。

この店、基本的に相席上等です。

私はあまり気にしないけどね。w

すると、店が混雑してくると、さすがに煙草を吸う方はいないようで、クリーンな空気が。

それにしても、ジョジョ・・・いや徐々に汗が出てきた。

アツアツだし、ボリュームあるし、汗が出るわ。

味噌汁はキャベツが入っていた。

やがて完食。

しかし、残ったスープを皿を持って少し啜る。

美味い!!!

さすがに完飲はしなかったが、美味しいカタ焼きであった。

味もいいし、ボリュームもあるので、お勧めですね。

鮪など海鮮を求めて来るのもいいですが、こちらのお店で腹も心も満たされてください。

 

ここで一句

    お勧めは

       ハズレが無いと

            思いたい

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »