フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 厚木市 ぎょうてん屋 特ぎ郎野菜増し | トップページ | 伊東市 わらじ庵 カツカレーそば »

2017年6月 9日 (金)

厚木市 楽食 柚子鴨つゆせいろ+ミニかき揚げ丼

Dscn1146_1053

22_6
Dscn1128_1054


Dscn1130_1055

22_7
Dscn1137_1060


Dscn1134_1059

22_8
Dscn1139_1061

22_10
Dscn1140_1062

22_11
Dscn1141_1063


Dscn1142_1064

22_9

Dscn1143_1065


Dscn1144_1066


Dscn1145_1067

卓球の躍進が素晴らしい。

若い世代が、確実に力をつけてきている。

少子化と言われながらも卓球に限らず、様々なスポーツで、日本人が頑張っている。

これは、東京五輪が楽しみであるが、その前に東京五輪のマスコットも気になる。

今までオリンピックマスコットで、記憶に残るほどのキャラはいたか?

冬季大会の長野五輪のマスコット、スノーレッツのアイテム、持っています。w

今見ると、不細工な鳥ではないか!これだけ見ると、選考落ちの作品にしか見えん!

ゆるキャラに負けないマスコット、お待ちしております。











厚木まで来たので、パチンコを久々にやってみた。

勝ちました!

先月は、ほとんどやらなかったので、小遣い稼ぎになりました。

小遣いが増えたので、もう一軒行きましょう。

適当に車を走らせると、蕎麦屋を発見。

近所には、かつやもどきのチェーン店があるが、以前訪問しているね。

気になるので入ってみましょう。

店の名前は楽食。

十割蕎麦を提供するらしいが、以前あちらこちらで十割蕎麦を出す店がありましたね。

殆ど、潰れたようですが、手打ちではなく、機械でのプッシュ式の蕎麦だったので、

その様な蕎麦で十割ではね、食べないでしょう。

ところがこの店、駐車場に結構車が止まっています。

期待出来そうです。

店の中に入ると、結構御客が入っています。

時刻は午後2時前、1人だと告げると、カウンターにどうぞと。

カウンター席と、テーブル席があるが、カウンター以外はほぼ満席。

メニューを見ると、いろいろあるようですが、カレー南蛮は無いようです。

蕎麦とミニ丼のセットがお勧めの様なので、それにしましょう。

いろいろ悩んだ末に選んだのは、柚子鴨せいろ蕎麦とミニかき揚げ丼のセット。

鴨せいろが1140円でセットで1580円。

注文後待ちます。

・・・

・・・

・・・

15分後くらいかな?私の前に注文した客の品が登場。

もうすぐか?

・・・

・・・

・・・

「お待たせしました」

約25分かな。

待ちましたよ!

後から来た客は、10分少々で提供されましたが?

何だったのでしょうか?

せいろとかき揚げ丼ですが、かき揚げ丼は、ミニと言うには、相応しくないサイズかと。

私自身、せいろよりも丼ぶりが主役かな?と思えるサイズですよ。

ところで、塩が有るけど何に使うの?提供時に説明は無し。

まあ、想像するには、蕎麦に塩をかけて食べろ!ということでしょう。

天丼に塩かける奴もいないでしょうが、天茶にすれば必要か?

私としては、待たされて説明不足なので、久々に心は曇り空ですね。

まずは蕎麦をいただきましょう。

蕎麦は太麺ですね。

極太ではないですが、割と太めの蕎麦です。

こちらも水切り後、少々時間の経過を感じますね。

つけ汁に少し浸けて啜ります。

ズルズル・・・咀嚼を要求するタイプですね。

蕎麦の香りや甘みを感じますね、コシもあります。

細切りの蕎麦を食べる事が多いですが、太めの蕎麦もいいですね。

咀嚼することで、蕎麦の主張をより、感じる気がします。

つけ汁は、鴨肉の細切れが沢山入っています。

合鴨の旨みというよりも、ベースの鰹出汁の方が、良い感じかな?

割とあっさりした鴨汁の印象。

つけ汁は濃い目ですが、蕎麦の浸け具合で調整しましょう。

鴨は細切れですが、ネギは斜め切りで沢山入っています。

鴨ねぎ蕎麦ということでもいいかもね?w

蕎麦を食べ終えたところで、天丼にいきましょう。

立ち食い蕎麦のかき揚げよりも大きいかな?やはり、ミニサイズではないね。w

揚げ立てのかき揚げは、ホクホクで美味い。

丼ツユはあっさりタイプですが、しっかりとかき揚げの味を生かしている。

ご飯もホカホカで美味い。

むしろ、私としては蕎麦よりもかき揚げ丼の方が、好印象。

このかき揚げ丼と味噌汁で、提供してもらえないでしょうか?

やがて完食だが、蕎麦湯がまだ?

蕎麦湯が来る前に、卓上にあったポットは何だ?と思い、おつゆに入れちゃった。

これ、お茶ではないですか!w

すると、気が付いたスタッフが慌てて蕎麦湯を持ってくる。

そのスタッフに、「この塩ナニ?」と質問。

「蕎麦を食べるときに・・・」

最初に言わなければ、分からないよね。

謝罪したけど。

蕎麦湯は濃厚で、それ自体でも十分旨みがある。

蕎麦湯に塩を少し投入し、飲みました。

読者も気分が悪くなるから、あまり文句は書きたくないが、

私としては、久々に相性が悪いというか、ちょっと残念ですね。

 

ここで一句

     分かるのは

         これがホントの

               塩対応

« 厚木市 ぎょうてん屋 特ぎ郎野菜増し | トップページ | 伊東市 わらじ庵 カツカレーそば »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事