フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 静岡市 銀ぶらマルシェ 清水もつカレー祭り もつカレーライスとコスプレもいた二十二景 | トップページ | 伊東市 椿や うま豚丼 »

2017年6月27日 (火)

静岡市 富士家系 直壱家 蒲原店 醤油豚骨全部のせラーメン

Dscn1341_1144

22_18
Dscn1354_1154


Dscn1342_1145


Dscn1343_1146


Dscn1344_1147

22_19
Dscn1345_1148


Dscn1347_1149


Dscn1348_1150


Dscn1349_1151


Dscn1351_1152

22_20
Dscn1352_1153

私がブログを始めた切っ掛け、それは坂井泉水さんの逝去。

それは何度も書いている。

しかし、ブログを始める切っ掛けが病気。

当然、闘病記になる。

変わりゆく己の姿を曝け出し語る。

凄いよね。

隠したくなるのが当たり前なのに。

今年の桜前線、見てもらいたかった。

桜は散るが、人は散らない。

それを信じていた。













知る人ぞ知る、知らない人は何も知らない店があった。

そこは、蕎麦とうどんを出していたが、いつの間にかラーメン店になっていた。

家系らしいので、立ち寄ってみました。

国道1号線を富士から清水方面に向かと、ラーメン店があるが、そこはすでに訪問済み。

反対車線の方にはコンビニと蕎麦うどんの店があったが、ラーメンだね。

清水港に行った帰り、行ってみました。

この店、朝の7時から営業をしているのか?

私としては、早朝営業の店はウエルカムである。

味はウエルカムなのか?

入店すると、券売機で食券を買うシステム。

醤油、塩、味噌とあるが、今回は醤油を選ぶ。

シンプルなラーメンなどは、ほとんど選ぶことは無いので、全部入り大盛り1060円を。

店内はカウンター席とテーブル席があり、スタッフが席を指定する。

味の好みは何じゃ?というので、味薄目の脂多めにしてみた。

何となく店内に漂う香りで、スープがライトでは?と思い、脂多めにしてみた。

当たり前だけど、綺麗な店内ですね。

卓上の入れ物類も綺麗。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!






写真ではどのように伝わっているかわからぬが、思ったよりも迫力は無い。

大盛りだけど、普通盛と同じ丼ぶりサイズのせいでしょうか?

ではまずはスープを事逗ずず・・・鶏の脂の旨みが広がる。

脂の旨みは多めのおかげで、ふわ~~んと香りと旨味が広がるが、

スープ自体はライトである。

軽い味わいのスープですね。

味が薄めなので、余計そのように感じます。

卓上には豆板醤、ニンニクなどがあるので、それらを投入します。

麺はやや太めのストレート麺。

家系にしては、表面がツルツル過ぎると思う。

麺自体の味わいは、少し弱いかな。

コシはあるが、ややくだける様な食感。

ところで、大盛りですが、麺はびっしりと入っております。

しかし、スープの量が麺に対して少ないと思われるので、麺が酸欠というか溺死かな?

大盛りと普通盛のスープの量は同じなのでしょう。

家系特有のガツンとした旨みは皆無。

どちらかといえば、誰でも食べ易い家系と言う感じでしょうか?

やがて完食。

朝の7時とか8時に食べるには、いいかもしれません。

 

ここで一句

     朝ならば

         納豆干物

             トッピング???

« 静岡市 銀ぶらマルシェ 清水もつカレー祭り もつカレーライスとコスプレもいた二十二景 | トップページ | 伊東市 椿や うま豚丼 »

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事