フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 日高屋 五目あんかけセット大盛り | トップページ | 小田原市 喫茶すなっく 藤もと 懐かしのナポリタン »

2017年8月13日 (日)

小田原市 ようげつ ローストビーフ丼

22_8
Dscn0081

Dscn0083


Dscn0099

22
Dscn0086


Dscn0087


Dscn0084


Dscn0085


Dscn0088


Dscn0089

22_2
Dscn0091


Dscn0092


Dscn0093


Dscn0094

井咲アキさん、モーターショーでお待ちしております。









帰省ラッシュ。

帰るところがある方々はいい。

私などは寄生ラッシュである。

パラサイトである。

世の中、お盆休みの真っただ中。

帰省の予定のない寄生虫は、仕事!





今まで、何十年と通り過ぎながら、一度たりとも入ったことの無い店。

そんな店は沢山ある。

今回、何故に今まで行かなかったのか?

店の名前は「ようげつ」。

地下にあるレストランであるが、地下にあるが故に、行きづらい。

多分、そのような印象だったのかもしれない。

今回、期間限定のローストビーフ丼を見て、入ってみようと思った。

階段を降りると、そこには昭和のファミレス風な店内があった。

中に入ると、私服姿の男性が一人。

接客担当であるようだ。

1人だと告げると、好きなところへ座れと。

地下の為か、明かり窓が無く、閉塞感を感じるが、明るい色調がそれをカバーする。

当然、テーブル席がメインだが、こちらも白っぽい色調である。

メニューを見ると、オムライスとパスタに興味を惹かれる。

オムライスもいいよね!

パスタも!

しかし、ローストビーフ丼が税込み1080円ならお得なのでは?

私はローストビーフ丼を注文した。

接客担当の男性は、私より年配であるだろうが、スリムである。

ヘアースタイルも決めている。

厨房内の様子はうかがえなかったが、もしかしたら家族経営?もしくは同族経営?

店内は広い。

客の入りは3分くらいかな?

少々寂しいが、客はぼちぼちと入ってくる。

やがて、ローストビーフ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!










こじんまりとしているが、肉の量はケチケチしていませんね。

コーンポタージュがついてくる。

ビーフの上には、薬味の茗荷などがのっている。

特に後がけのソースなどは無い。

では一口、モグモグ・・・肉はやわらかく美味い。

価格的に国産和牛は厳しいでしょうから、輸入肉でありましょうが、やわらかく、

サシもある。

癖も特に感じず、美味しいと思います。

味付けは醤油ベースのやや甘目のタレ。

味付けは濃すぎることもなく、品よくいただけます。

薬味類がいいですね。

茗荷やネギなどが、和風のテイストを感じさせます。

シャキっとした食感もいいです。

ポタージュはやや、サラリとした印象。

トロミは強いのですが、コクはそれほどでも無い。

でも、美味しい。

ご飯にタレが浸み込み、ご飯も美味しい。

ややカタメの炊きあがりでしょうか。

ボリュームはやはり、軽いですね。

ガテン系の方は、大盛りを注文をした方がいいかもしれません。

やがて完食。

気軽に洋食を楽しむと言う事で、いいかもしれません。

私自身、オムライスやパスタを食べてみたいと思いました。

あ、でもまだ近所に2軒、未訪問の店がりますね。w

 

ここで一句

    地下に行く

        勇気を持って

             地下に行く

« 小田原市 日高屋 五目あんかけセット大盛り | トップページ | 小田原市 喫茶すなっく 藤もと 懐かしのナポリタン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事