フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 袋井市 可睡斎~遠州三山風鈴まつり 癒しを求めて三十四景 | トップページ | 袋井市 わしょく亭 高尾 和牛ステーキ丼 »

2017年8月19日 (土)

袋井市 油山寺 遠州三山風鈴まつり~本堂までは歩くよ三十四景

1

Dsc_8786_1710

1_2
Dsc_8787_1711



Dsc_8788_1712


Dsc_8789_1713


Dsc_8790_1714
1_3
Dsc_8794_1715



Dsc_8796_1716


Dsc_8800_1718
1_4
Dsc_8798_1717



Dsc_8801_1719


Dsc_8802_1720


Dsc_8803_1721


Dsc_8810_1722
1_5
Dsc_8812_1723

1_6
Dsc_8814_1724

1_7
Dsc_8815_1725

1_8
Dsc_8816_1726



Dsc_8820_1728


Dsc_8821_1727

1_9
Dsc_8825_1729



Dsc_8828_1730


Dsc_8829_1731


Dsc_8830_1732


Dsc_8831_1733
1_11
Dsc_8832_1734



Dsc_8834_1735


Dsc_8835_1736


Dsc_8836_1737


Dsc_8838_1738


Dsc_8841_1739


Dsc_8844_1741
1_10
Dsc_8843_1740



Dsc_8845_1742


Dsc_8847_1743

可睡斎から車で5分くらいかな?風鈴まつりを求め油山寺に来ました。

油山寺は{ゆさんじ)と読むそうですが、観光案内所の方によれば、あぶらやまでも

いいらしいが、本当かよ?w

こちらは近所に無料駐車場があるので、そちらに車を止める。

山門がなんじゃらかんじゃららしいが、確かに城の様な山門。

確かになんじゃらかんじゃららしいな。w

歩き進むと、御祈祷所と本堂は別棟で、本堂まではかなり、歩かないといけないらしい。

まずは風鈴祭りなので、御祈祷所で風鈴を探す。

すると、こちらは南部鉄でも使用した鉄の風鈴がぽつりぽつりとある。

可睡斎と比較すると、圧倒的に少ないが、風情はある。

ああ・・・こちらでも浴衣姿の若く、美しいモデルさんが欲しい。

庭園、風鈴、そして縁側で涼む浴衣姿の女性。。。

激しく妄想が膨らむ世界観が、そこにはあった。w

その後、宝生殿という300円を払わないと入れない中に入る。

なかなかおもしろいものがあるが、撮影禁止なので諦める。

ごりやくめぐりという、薄暗い中をヒノキの香りが広がる中を、仏像を眺めながら

歩くところがある。

これは神秘的でなかなかいいですね。

さあ、本堂に行きますか。

本堂は山中のハイキングコースの様なところを歩く。

すると、途中でるりの滝という場所がある。

どんなところかと思ったら、これが滝?というくらい細い。

正直な話、上には小便小僧がいて、そこから出ているのでは?と思った。

むしろ、滝の前にある休憩所みたいなところの、天井画が凄い!

どこかで見た「鳴き龍」みたいな画ですよ。

そして歩く。

いつのまにか、階段になっている。

歩くな~~~。

私の旅は、いつも徒歩で歩くことが前提だな。w

この日は曇り空で、気温も低く、やや蒸し暑い感じだったが、汗まみれ。w

上半身は雨でも降られたみたいになった。w

そして到着。

三重の塔があり、薬師本堂がある。

中はどこにも撮影禁止と書いてないので、遠慮なく撮影をする。

さざれ石に願いを込め、戻る。

まだ公園やらなんやらあるが、そちらはパス。

さあ、次だ!

 

ここで一句

     避暑に来て

        着替えが欲しい

              寺巡り

« 袋井市 可睡斎~遠州三山風鈴まつり 癒しを求めて三十四景 | トップページ | 袋井市 わしょく亭 高尾 和牛ステーキ丼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

静岡県 旅行 観光」カテゴリの記事