フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 忍野八海~日本人が少ない二十五景 | トップページ | 南都留郡 茶処ももや 野菜かき揚げ天ぷらそば大盛り »

2017年9月20日 (水)

南都留郡 司食堂 焼肉定食

22_19

Dscn0559_2114

22_20
Dscn0545_2115


Dscn0547_2116


Dscn0548_2117

22_21
Dscn0550_2118

22_22
Dscn0551_2119


Dscn0552_2120

22_23
Dscn0553_2121


Dscn0554_2122


Dscn0557_2123

22_24
Dscn0558_2124

河口湖にはロープウェイがあり、そこからの景色がイイらしいが、

未だに行ったことが無い。

河口湖は、随分と訪問しているので、撮影する所が無い。

と、思っていたが、しかし、まだまだ行ってないところはありますね。

紅葉の時の、行ってみますか?





河口湖周辺は、良い店が多いと思う。

今回、久しぶりに司食堂に行きたくなった。

ここの名物はカツ丼なのだが天丼も有名。

それ以外の食事もカツフライやカツカレーなどはボリューム満点。

開店と同時に店に入ると、すでにフライングゲットしているジイサマ2人。

更に私と同時に、サラリーマン風が2人入店。

メニューを見て何を注文するか?少し悩む。

カツ丼のつもりでいたが、焼肉定食はどうよ?

確か、前回はカツカレーを食べたのだが、かなりなボリュームであった。

今回も、そのボリュームを期待し、焼肉定食1300円を注文する。

注文が出来るまでの間、テレビを見てボケ~っと待つ。

この店、テーブル席と座敷席があり、テーブル席よりも座敷席の方が広い。

前回は座敷席で食べたが、胡坐をかいて食べるのは苦手なので、テーブル席に座る。

厨房にはご主人がいて、この店も何回も来ているが、未だ拝見したことはない。

接客担当は娘さんか?嫁さんか?よく分からない。ww

やがて、焼肉定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










味噌汁が後から登場したが、意外と迫力を感じない。

千切りキャベツがもっとあればな、と思った。

しかし、この夏は冷夏の影響で、キャベツなどが高いと聞く。

個人経営なので、その辺は仕方が無いでしょう。

漬物がいつも多くあるのは嬉しいね。

私は普段、漬物などはあまり食べないのだが、この店は浅漬けなので、

しょっぱ過ぎる事も無いので、個人的に好みである。

味噌汁は、青菜と豆腐。

肉は薄切りではあるが、大きめの肉が何枚入っているのだ。

ご飯の量は多いとは思わない。

まずは肉をタレに浸し、白飯の上に乗せる。

そのまま食らう、モグモグ・・・甘辛いタレだが、甘さが目立つ。

味は濃いとは思わないが、何故かマヨネーズが欲しいと思った。

キャベツにマヨネーズをかけ、タレとマヨのコラボで肉を喰らう。

肉はやや歯応えを感じさせるもの。

カタイとは思わないが、この店のカツ丼もそうだが、肉に関しては、肉の食感はある。

それをやはり、ややかたいと思わせるが、かたすぎる物ではない。

健康は歯を持つのであれば、肉の繊維質を噛み切る快感も味の内。

わたしとしては、この食感はウエルカムである。

肉自体は、脂身も少なく、ジューシー感は少ない。

だが、肉の味わいは強い。

肉で飯を巻き、口の中に放り込めば、食はススム。

マヨネーズは無いが、この時、漬物がヘルパーとして一役かう。

口直しとは良く言ったものだ。

箸を休めずに食べ進む。

千切りキャベツは、糸の様に細く、ふんわりとした食感である。

やがて完食。

最初はどうかな?と思ったが、ボリュームはある。

ご飯よりもおかずが多いと思った。

しかし、カツカレーやカツフライの圧倒感は無し。

次は上天丼、これでいきましょう!

 

ここで一句

    マヨネーズ

        焼肉定には

            マストだね

« 南都留郡 忍野八海~日本人が少ない二十五景 | トップページ | 南都留郡 茶処ももや 野菜かき揚げ天ぷらそば大盛り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事