フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

秦野市 ひろよし 本日のおすすめ膳(松) いなだ刺身、豚の味噌煮、天ぷら

22_31

Dscn1066


Dscn1065


Dscn1045


Dscn1046

22_32
Dscn1047


Dscn1049


Dscn1048

22_33
Dscn1056

22_34
Dscn1052


Dscn1053

22_35
Dscn1055

22_36
Dscn1059

22_37
Dscn1060

22_39
Dscn1061

22_38
Dscn1062

大企業の怠慢が目立つ今日この頃、何故に間違った道を歩ませたのか?

神戸製鋼、日産、スバル。

ああ、形は違うが東芝もそうか。

製造業が押し上げた今の日本の地位を、その企業が引きずり降ろそうとしている。

天使は堕ちて悪魔になった。

日本は堕ちたら、何に変わるのであろうか?












食べ歩きをしていて、再度の訪問で味が落ちたと思うことは多々ある。

その逆で、こんなに美味かったか?美味くなった!と思うこともある。

出来る限り、新しい店に行こうとしているが、なかなか実現しないこともある。

今、4~5年前から気にかけていた店に、今年中に行くつもりである。

そして今回、2年前に訪問をしようとして、休みのために実現できなかった店に行く。


国道246号を走らせると、興味深い店がいくつもある。

それらを折を見ては、訪問をしているのだが、今回訪問した店は、店先に

地鶏料理、季節料理とある。

これは期待できるのでは?

そう思っての最初の訪問であったが、休みだった。

あれから2年は過ぎたな。

この日も、246号沿いにいくつかの店を見かけるが、脳裏に浮かんだ店に行くことにした。

店の名前は「ひろよし」。

看板の季節料理を思いだしての再訪問となった。

今回は、店の前を通り、営業中を確認した。

離れた場所にある駐車場に車を止め、店に行く。

店の前には、ランチメニューが2種類、ホワイトボードに書いてある。

松と竹と2種類あるが、デザート付きで1100円?

中に入ると、店主がいらっしゃいとお出迎え。

先客はおらず、1人であると告げると、どこでもドウゾとなった。

カウンター席と座敷席とある。

座敷席のキャパはどれほどか分からないが、それほど広いとは思わない。

カウンター席に座ると、奥様がお茶とメニューを差し出す。

日替わりランチと思われる松と竹以外にも、自然薯料理、カツ丼、うな重、天丼とある。

やはり、お勧めの日替わりにしよう。

私はお勧めの松を選んだ。

内容は、豚肉の味噌焼き、天ぷら、イナダの刺身が付く。

料理が出来るまでの間、店内を見渡す。

写真などが飾ってあるが、店主は釣りが好きなようだ。

釣り好き、これは刺身に関しては、期待していいだろう。

やがて料理が登場、記念撮影をし、いただきま~す!










これで税込み1100円?

夢庵の鍋焼きうどん大盛り1132円よりも安いのか?

天ぷらには海老、鱚、蓮根、丸十、鯖の切り身が揚げられ、イナダの刺身は

納豆が添えられているとはいえ、厚い切り身が3切れか?

豚肉の味噌焼きは、ゴマ味噌を使用との事。

更にこれにデザートが付くか?

豚肉の味噌焼きは、固形燃料で加熱するので、時間がかかる。

その間、揚げたての天ぷらをいただきましょう。

天ぷらは、天つゆに浸けていただくタイプ。

まずは蓮根、揚げ立てアツアツで、シャクシャクした歯触りが最高である。

キスも海老も、丁寧に揚げられ、美味い。

天ぷらはいずれも、カラッと揚げられ、店主の技を感じさせる。

次にイナダの刺身をいただく。

個人的に納豆を入れなくてもよかったと思う。

刺身は一緒に提供された刺し猪口に、醤油が入っている。

その醤油も色が濃い目で、風味の高い醤油であると思われる。

イナダの刺身は結構大き目。

それをいただく。

うん、美味い!!!さすが、釣り師!w

期待通りの鮮度と味わいである。

納豆は少し納豆をかけ、イナダとは分けて食べた。

豚肉の味噌焼きがふつふつと音を立てたので、味噌を肉を混ぜ合わせる様に焼く。

味噌の香りが鼻腔を刺激する。

一切れ、口に運ぶ。

うん、味が濃すぎず美味い!

塩気が強いかと思ったが、そうでもない。

ゴマ味噌の風味と豚肉のコクが合わさり、白い飯もどんどん進む。

蒟蒻、ニンジンなども味噌を纏い、おかずとして堪能できる。

ご飯も米が美味い!

味噌汁は、豆味噌ですかね、赤味噌かもしれないが。

こちらも美味い。

すべてを食べ終えると、デザートの登場である。

デザートは、花豆を珈琲で煮た物だと言う。

口に入れると、ほのかに珈琲の香りがする。

うん、和と洋のコラボを感じさせる。

しっとりした花豆の食感と、ほのかな甘み、わずかな苦み、そして香り。

品がある大人の味わい。

そして、お茶をすべていただき、お会計。

会計時、奥様に「この内容で1100円は凄いですね、イナダも美味かった!」と言う。

すると、「これはサービス品です。刺身は毎日釣りに行っているから」と。

店主も、客と会話を積極的にしようとし、もてなしの心は感じる。

店を後にすると、2年間の空白の間に、何回この店に来てたのか?

そんな妄想を考えた。

 

ここで一句

    看板に

        偽りなしと

             太鼓判

2017年10月30日 (月)

小田原市 夢庵 早川店 鍋焼きうどん大盛り

22_22

Dscn1042


Dscn1018

22_23
Dscn1019


Dscn1022

22_24
Dscn1023


Dscn1026

22_26
Dscn1027

22_27
Dscn1028


Dscn1029

22_28
Dscn1031


Dscn1033

22_29
Dscn1038

22_30
Dscn1039

待ってました!

BORDERの続編!

小栗旬主演のこのドラマ、最初は期待なんかまったくしていませんでした。

しかし、たまたま見たら嵌りました。

小栗旬、笑わねぇ~し!

恋愛関係ねぇ~し!

とにかく面白い!

ところが、視聴率が良かったのに、続編ナシ。

なんでなんでと思いながら、あれから3年。

ついに、続編登場。

見逃さないように、ビデオ予約をしました。

死者と話せる刑事、最初は安直と思いましたが、中身は深い!

大いに期待します。














すき家から歩いて1分以内に夢庵はある。

1分以上かかるのであれば、一度、医者に行かれたら?

今回訪れたのは、夢庵早川店。

すき家の早川店から目と鼻の先の夢庵に何故、行ったのか?

それは希望・・・私は失った希望を求め、夢庵に来た。

夢庵に入ると、先客は2名。

開店時間が10時からとはいえ、余りに少ない。

この店は、しゃぶしゃぶ食べ放題とか、お得なメニューがある。

それなのに、何故に客が少ないのか?

食べ放題をしたくない味なのか?それ以外考えられぬ。

しかし、この日は寒い。

これほど寒いのであれば、注文するのはただ一つ。

「すいません、鍋焼きうどんを所望する」

「鍋焼きうどんでござるか?」

「御意」

「水はあちらのドリンクコーナーにて所望せよ」

「ああ、麺は大盛りにて候」

「うどん大盛りに候つかまつった」

「したりしたり」

「太郎冠者、二郎冠者、饂飩を・・・・」

お待たせしましたと言って出てきたのは、カセットコンロの上に乗ったうどん。

「うどんが煮えたらお召し上がりください」

それは当たり前でしょう!

それにしても、何故にこれほど枯山水的なビジュアルなのか?

一応、鍋焼きうどんの必須アイテムはのせました。

そんなビジュアルである。

饂飩は、平たく太目。

しかし、茹で上がり時間の短縮をねらうそれは、コシと味わいをスポイルする。

海老天、かしわ、カマボコ、ネギ、玉子。

取り敢えず、3種の神器?は揃えた。

何故にこれほど、スカスカ感を感じるのか?

スカジャンでもあるまいし。

私は、まずはお出汁を事逗ず図事逗うz・・・といただいてみた。

ダシ感の薄い味わいであるが、悪くはない。

醤油の味わいも薄く、年配の客層を狙った味わいである。

うどん自体の味わいは、鍋焼きなら讃岐の方向性がいいのでは?と思う。

饂飩がぺらぺらで、鍋焼きには役不足と思う。

具材も、力を感じない。

唯一、玉子だけは好印象。

玉子があって良かった。

そんな事を感じさせる、鍋焼きうどんであった。

 

ここで一句

     早川で

        早めのランチ

              悔い残る

2017年10月29日 (日)

小田原市 すき家 早川店 カレー南蛮牛丼中盛り

22_15

Dscn1006


Dscn1017

22_16
Dscn1007

22_17
Dscn1009

22_18
Dscn1011

22_19
Dscn1012

22_20
Dscn1013


Dscn1014


Dscn1015

22_21
Dscn1016

人間、手のひら返しとよく言うが、今回の選挙はまさしくそれ!

小池都知事の神輿を担ぎたい輩が、選挙後、それを拒む。

確かに、都知事は言い過ぎた。

自滅したといえるが、選挙前に助け舟として、群がった皆さん。

芥川龍之介の蜘蛛の糸みたいですよ。

まあ、糸を切ったのは都知事ですが。

野党の手のひら返しに、お釈迦様は嘆いていることでしょう。












牛丼は食べない私だが、たまには手のひら返しで食べてもいいのでは?

何というか、たまに湧き出るジャンク愛。

牛丼がジャンクかどうかは、個人の勝手だが、すき家の牛丼はジャンクでしょう?

ハンバーガーを殆ど食べない私としては、牛丼はジャンクなんです。

もっとも、私としてはすき家はカレー屋でもある。

そうか・・・牛丼にカレーがかかっていれば、いいのか!

すると、期間限定か通年メニューか分からぬが、カレー南蛮牛丼なるものがある。

すき家のカレーは好き!を宣言している私としては、これはどんなものか興味がある。

以前、すき家のカレーと牛丼の合い掛けを食べ、ず~っとカレーにしよう!と思った。w


入店したのはすき家の早川店。

2度目か?

入店すると先客は無し。

メニューを見る。

私としては、食欲の湧かないメニューばかり。。。

おでんを売っているな。

すき家は外食チェーンのコンビニだな。

もはや何でもありだ!

この前も、麺類を食べたし。

予定通り、カレー南蛮牛丼中盛り610円を注文する。

すぐに牛丼登場、記念撮影をし、いただきま~~~・・・・・・・・・・・・・
















なんてインスタ映えしないビジュアルなんだ!

私のカメラ、撮影技術が劣っているとはいえ、このビジュアル、何とかならぬか?

むしろ、牛丼の部分いらん!カレー南蛮丼でいいのでは?

それにしても、何故に中盛りを頼んだ?

並み盛りで良かった。

とにかく、残さず食べる!

ではまずは一口、モグモグ・・・カレー南蛮の部分は、和風テイストが感じられ、悪くない。

久しぶりに食べるすき家の牛丼の部分は、相変わらずショッパイ!

味付けが濃く、塩分を感じる。

私は吉野家も久しく食べていないが、すき家のこの味の濃さが、苦手である。

勿論、牛丼に関しての事だが。

それに比べ、カレーはマイルド。

牛丼のしょっぱさをカレーがカバーしている様そう。

カレー南蛮は葱が主役か?

油揚げとかどこ?どこどこ?ドコモ?

何となく、食べていてファックだと思った。

丼物を食べていてファックに思う瞬間とは?

味噌汁が無い。

丼物に汁物が無い。

まさしく、画竜点睛!棚から牡丹餅、田中から美奈子。

バブル時代であれば、味噌汁付で1000円か?

汁物をつければ800円近くなるのか?

今の時代、その価格はファックである。

仕方がない、水で流し込む。

ここで、卓上のカスタマイズアイテムを見る。

紅生姜、七味、ドレッシングなどなど・・・

私は、紅生姜と七味に出陣を願い出た。

七味は合うが、紅生姜とカレーは、フォークダンスで指一本しか触れていない男女だな。

男女と言う表現も久しぶりだ。

森羅万象二極一対!

今気が付いたが、すき家の七味はそれほど辛くはない。

私はもしかしたら、日本を失墜させるような疑惑に首を突っ込んだのかもしれない。

これは、もしかしたら「オデッサファイル」なのか?

この七味なら、いくらかけても悲鳴を上げる辛さなど感じないのでは?

ファティマ第3の予言。

それは、すき家の七味はそれほど辛くはない。

大司教は、それを見て恐れおののいた。

グランドクロスが近づいている!!!

人類滅亡まであと365日。

さらば~地球よお~












何というか、様々な妄想を抱かせる食べ物である。

カレー南蛮のおかげでするすると米は入る。

やがて完食。

私の目から、涙が溢れていた。

食べたよ、残さずに。

610円のカルマを克服したよ。

ホラーのいない世界。

それこそ桃源郷。


すき家のカレー南蛮牛丼中盛りで、これ以上の文章を書ける方、いますか??w

 

ここで一句

   味よりも

      妄想詰め込み

           ご満悦

2017年10月28日 (土)

静岡市 そば茶屋 楽亭 野菜カレーそうめん大盛り

22_8

Dscn0992

22_9
Dscn0993


Dscn0994

22_10
Dscn0995

22_11
Dscn0996

22_12
Dscn0998

22_13
Dscn0999


Dscn1000


Dscn1001


Dscn1002

22_14
Dscn1003

そろそろ11月である。

私としては、段々エンジンが温まって来た!と言いたい。

お出かけの季節である。

さすがに雪が降る所には行かないが、寒い方が行動範囲が広くなる。

それでも、今年も北海道には行かれそうもない。

真冬の網走で、遭難騒ぎをしたいですね。w












そうめんである。

この時期、素麺である。

全国的にも珍しい、そうめんが通年で食べられる店。

夏に揚げ玉子おろしを食べたが、この時期は温かい素麺を食べたい!

そんなわけで来ちゃいましたね。

お母さんが大腿骨を骨折し、4か月休んでいたが、今は復活しこの日は営業。

到着時刻は11時半を過ぎて、12時近い。

駐車場は満車に近い状態で、一台空きがあった。

中に入ると、満席。

この店、すべて座敷席だが、いっぱいですね。

仕方が無いので、初めてこの店で順番待ちです。

すると、お母さんが「相席でね」と言って、1人で食べているおっさんの前に座らせる。

一応、4人掛けの席なので、対角線に座る。

メニューを見ると、カレーそうめんしかないでしょう!

しかし、鍋焼きうどんもあるな。

丼物も頼んでみるか?

・・・結局、野菜カレーそうめん大盛りにした。

注文後、ボケ~っと待つが、基本的に胡坐をかかなければならないのでつらい。

待ち時間が長いと、当然、胡坐をかく時間も長くなる。

右足を骨折し、ぎっくりをやり、更に右ひざを捻挫した体にはつらいわ。

すると、客はお会計時に食器を片づけてお会計をする。

ひとりの客だけではなく、みんなそうしている。

なんて、アットホームな店なのだ!

お母さんが骨折し、大変なのを分かっているから、自主的に食器を片づけている。

店も良い店だが、客も良い店だ!これで私の後ろの席の客が煙草を吸わなければ、

120満点だ!(120万点でもいいが)

何というか、愛されている店なんですね。

そして、それを実行する客。

まるで家族!家族割り!新しい家族割りの世界だ!(スマホか!)

ひとりひとりの客に私はハグをしたいほどだ!(若い女性は抱きしめる)

こんなダンケシェーンな客に恵まれ店で、胡坐はつらいと思う自分が情けない。

すると、15分ほど経過しそうめん登場、記念撮影をし、いただきま~す!












野菜カレーそうめん大盛り、2度目のご対面か。

器は非常に大きく、その中にカレー汁が表面張力の限界点まで、入っている。

野菜もモヤシ、人参、ネギ、肉が入っている。

まずはおつゆを事逗ずz・・・う~~ん、美味しい!

とろみのあるカレーのおつゆは、アツアツで美味しい。

多少辛味があるが、マイルドな味わい。

ダシも出ているので、コクがあり美味い!

次に素麺を引きずり出す。

素麺は、いつもの素麺です。

アツアツのおつゆの中でもだらけるものではなく、のど越しも良く美味い。

それにしても、見事なボリューム感。

この店は蕎麦屋さんなので、通常のイメージからすると、蕎麦屋で腹を満たすのは

カネがかかる!という先入観が私にはあるが、素麺ではあるが、

大盛りのボリュームはかなり、あります。

おつゆも美味しいので、完食、完飲したくなるし、実際初めて食べた時、腹いっぱいに。

あああ・・・でも、熱いわ。

汗が噴き出てくるわ。

別に辛い訳ではないけど、熱いし、香辛料なので、頭のてっぺんから汗が出る。

この店では、お絞りを出してくれるが、お絞りでは汗を拭いきれない。

私は外食時、いつもタオルを持参する。

ハンドタオルであるが、それが無いと、温かいメニューでは醜態をさらすことになる。

つまり、汗が出る。

汗を拭きながら食べ進む。

野菜カレーなのだが、野菜類はどれも生で投入し、余熱で加熱する?と言う具合。

シャキシャキの歯応えが残り、素麺ののど越しと共に、食感も楽しめる。

途中、卓上の七味を投入する。

この七味入れ、透明な瓶に入っていますが、かなり大盛り。w

七味好きならどれだけ入れますかね?

まあ、私としては、入れ過ぎ注意でしょう。

汗を拭くのが忙しいが、おつゆ以外は完食。

あとはどれだけ飲み干せるか?

もう、メンドクサイから丼ぶりに口を付けて飲み干すが、約3分の1は残した。

腹いっぱいです。

大満足。

私も他の客に見習い、食器を片付けようとするが、汗を拭いているうちに、

お母さんが片づけてくれた。w

お会計をし、店を後にする。

勿論、また来ます。

次回は丼物に挑戦したいが、とりてん素麺も美味そう!

 

ここで一句

    家族なら

        嫁がいないと

              不自然だ

2017年10月27日 (金)

静岡市 金とき池田店 特テキライス

22
Dscn0970

Dscn0972

22_2
Dscn0973

22_3
Dscn0974


Dscn0975


Dscn0976


Dscn0977

22_4
Dscn0979


Dscn0980


Dscn0981


Dscn0983

22_5
Dscn0985

22_6
Dscn0987


Dscn0988

22_7
Dscn0989


Dscn0990

下剋上である。

ベイスターズが、日本シリーズである。

今から19年前、横浜町田の万葉の湯で、日本シリーズ優勝を見届けた。

あれから19年、監督はダンディ坂野の持ちギャグを未だに使用?しているラミちゃん。

日本シリーズゲッツ!アンドターン!リバース!

見事、優勝をゲッツ!して欲しい。









この前、金とき池田店に初訪問を果たしたが、どうも注文する物が違っていた様だ。

この店では、特テキを食べないといけない様だ。

どこに行く宛も無い休日だったので、金ときリベンジをしてみた。

開店と同時に入店すると、先客は数名。

前回、順番待ちだったのだが、平日と休日では集客率が違うね。

平日は余裕もいいところ。

カウンター席に座り、メニューを眺める。

ステーキ目的で入店したが、グラタンとかカレーとか興味がありますね。

ランチで100円ほど価格が安くなっていたので、予定通り特テキランチを頼む。

税込みで1450円だが、ランチタイムの時だけ、ライスの大盛りがタダらしい。

私は普通盛で頼む。

ナポリタンと同じように、千切りキャベツだけのサラダが提供される。

そして、特テキライス登場、記念撮影をし、いただきま~す!








上方から見ると、ボリュームがある様に見えるが、横から見ると横隔膜だな。

特テキとは、ハラミステーキの事で有って、このハラミステーキが売りだという。

焼肉屋でハラミはメジャーであるが、洋食店でハラミ提供は珍しい?

表面積はあるが、厚さは無い。

しかし、ハラミステーキは2枚提供で、それでボリューム感を演出している。

ステーキには味付けがされているが、ステーキソースが別に付く。

だが、ステーキソースは掛けずに、肉を浸けて食べろと言う。

まずはフォークとナイフで肉を切り、そのまま食べてみる。

モグモグ・・・間違いなく輸入肉だと分かる味と香り。

メニューにも輸入肉を謳っているので、そのへんは何の問題も無い。

味付けは、醤油ベースのタレに浸けこんで焼いているのかね?

肉はやわらかく、噛み切るのに何の苦もない。

ステーキソースに浸けて食べると、味が濃くなり、これはこれで美味い!

むしろ、ソースの味をライスに浸み込ませ食べると、飯がススム。

ライスはツヤツヤの米で、なかなか美味しい。

味噌汁を口に含むと、更に感動が!

なんてことはない、ワカメの味噌汁だと思ったら、非常にコクのある味です。

最初、ワカメの味噌汁なのに、脂が浮いている!と思ったら、挽肉の様な肉片が

味噌汁の底にいくつか沈んでおります。

成程ね、肉で出汁を取っているんだ!

それで、このコクが出ているわけね。

ステーキよりも、味噌汁の方が輝いているわ。w

添え物に、マカロニのケチャップ炒め、インゲン、ポテトが付きます。

やがて完食。

う~~ん、肉自体の味わいは、牛角あたりと大差が無いと思います。

ハラミなので、多少肉のクセもあると思います。

後はコスパですね。

この価格であれば、静岡には「さわやか」があるので、そっちに行くかな?

看板メニューでありますが、本店で食べてみたかった。

それに尽きると思います。

ナポリタンは美味かった!

他にメニューも豊富だし、他の客は焼肉定食などを注文してたから、

次回はフライとか頼んでみますか?

 

ここで一句

      ステーキに

         カネを惜しまぬ

               ステキだわ

2017年10月25日 (水)

北杜市 かざみどり ネギ味噌ラーメン

Dscn0945_2827

22_19
Dscn0946_2828

22_20
Dscn0947_2829

22_21
Dscn0948_2830


Dscn0949_2831

22_22
Dscn0951_2833


Dscn0954_2835


Dscn0953_2834


Dscn0955_2836

22_23
Dscn0957_2837


Dscn0958_2838


Dscn0959_2839

そろそろイルミネーションでしょうか?

我がブログの名物コンテンツと言えますかね?

今まで行った中で、お勧めなのは「なばなの里」、「さがみ湖イルミリオン」などですが、

つま恋の「サウンドイルミネーション」も良かったですね。

何しろ、音が良かった。

そんな素晴らしいイルミネーションも、つま恋の破たんにより昨年は無し。

しかし、今年は復活!使用するLEDは200万球。

大いに期待します。

勿論、何とかして行きますよ!掛川に泊まります。

また、あの店で餃子とビールでも・・・w











山梨に来て、3軒目。

良く食べますね。

今回は、観光らしい観光は何も無し。

天気は良く無いし、時間も余裕がない。

本当に、こんなに余裕の無い旅も珍しいかな?

何もかも、出発時間の遅さと、渋滞、高速回避による遠回りが原因か?

とにかく、仙人小屋に1時間もいたからね。w

まあ仕方がない、過ぎたるは猶及ばざるが如し、と言うがな!w

帰路は、須玉インターから帰りましょう。

すると、いつもと違うルートをナビが案内する。

その道沿いには、当然未だ訪問のしたことの無い店が、ザクザク?と現れる。

すると、何故か体が麺を求める。

うん、麺が食べたいね。

すると、背脂チャッチャッの看板が目に入る。

コッテリ系ラーメン?面白そうなので入ってみましょう。

店の名前は「かざみどり」。

当然、予備知識などは何も無い。

店の中に入ると、ニンニク一押しの様な店である。

一瞬、ヤバい!と思った。

余りにもニンニクがガンガン効いていると、明日の仕事に差し障りがある。

臭いを消すために、ブレスケアの大量摂取で、逆に体臭がブレスケア臭くなる。w

それにしても、黒ニンニクラーメン、食べてみたい!

男なら黒ニンニクでしょう!

激辛ラーメンは暫く遠慮をしたいが、黒ニンニクラーメンは体が求める。

あ~~、ネタ的には絶対、黒ニンニクだよな~。

ところで、背脂チャッチャッてどこに書いてあるのよ?

目の前の骨壺を小さくしたような入れ物には、自家製ラー油が入っている。

これも真っ黒だな。w

うん、あった!背脂ちゃっちゃっはプラス50円。

100円ならちゃっちゃっちゃっ、150円ならちゃっちゃっちゃっちゃっ、1万円なら加藤茶?

定食も柔術、いや充実をしているな。

いや~、マジでニンニク大量摂取をしたい!

すると、店の中には大きく、ニンニクの食べ過ぎ注意みたいな文言が。w

結局、注文したのはネギ味噌ラーメン。

写真を見ると、ネギは煮てない!!!w

ネギは煮ちゃダメよ~ダメダメ。

ネギも煮どめなら 少しはジョーズに喰われたい~~♪

ネギ、煮ちゃいました!って、甘栗むいちゃいましたではな~い!

しかし、私は後日判明するのだが、このネギ味噌の特徴を見落としていた。

店内は、厨房に店主、接客は奥様ですかね。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ネギは煮てなかった。w

そうです!これこそが王道ネギラーメンのスタイル!

ではまずはスープを事逗ずずz・・・少しニンニクが効いていて美味い!

濃厚味噌ラーメン、と言う印象でしょうか。

美味しいですよ。

どちらかと言うと、ガツンと来るタイプの味噌ラーメンでしょうか?

次に麺をいただきます。

ズルズル・・・麺は中太麺で捩れや縮れがあるもの。

少しやわらかいかな?と思うが、麺の茹で加減などは聞かれなかった。

次にネギを麺と絡め、いただきます。

シャキシャキ食感のネギは美味いね~~、味付けは豆板醤かな?

モグモグ・・・ズルズル・・・カラ~~~~~~い!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんだこのネギ、めちゃくちゃ辛いぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何と言いましょうか、生ニンニクの様な辛さ!

間違いなくネギの辛味で、この辛味、舌を攻撃して、ヒリヒリする。

うへぇ~~~~~~~~!!!!!辛い!!!!!!!!!

この辛味、地獄に流します・・・・流せない!!!!辛い!!!!

なんでこんなに辛いんだ!!!

俺はドSだけど、ドMではない!

最初は好印象だった味噌ラーメンが、突然、嫌々ラーメンに変貌した。

ネギの辛味で舌が麻痺し、味が分からなくなってきた。

なんだろう、大根にもネズミ大根みたいに辛味の強い物があるが、ネギも同じような

種類のものがあるのかね?

ネギをスープに溶かしこみ、辛味を和らげようとしたが、ダメ。

このネギ、地獄に流します・・・・流せない。

地獄少女 閻魔愛も流せないこの辛味。

人を呪わば穴二つ、ウラミ恨まれ、辛味絡まれ。。。

唐辛子と違うこの辛味、いっぺん食べてみる???

そして吹き出す汗。

加齢臭を含んだ汗。(食事中の方、ごめんなさい)

何とか具と麺は食べ切る。

胃の中でも何か対応しきれないらしく、胃の中で刺激物到来の警報がなっている。

スープは残した。

私は汗を拭き終えると、会計をする。

会計時、店主が出てきたので、ネギが凄く辛かった事を伝える。

「あ、そう・・・」

そして今、ブログを書きながら画像を検証をしていると、ネギラーメンは辛口とあった。

ああ・・・自分は辛いのを知らずに注文をしていたのか?

辛いのにクレームを付けたか?

店主のそっけない態度、それは正当であったか。w

だが、大辛も存在する。

もう、暫く辛い物は勘弁してくれ。

私の唯一の弱点だ。w

 

ここで一句

     ニンニクが

        黒いと何故か

             美味そうね

2017年10月24日 (火)

北杜市 グラタン専門 アミ 甲州鶏のマカロニグラタン、パン

22_10

Dsc_0498


Dsc_0503

22_11
Dsc_0514


Dsc_0505

22_12
Dsc_0508


Dsc_0509

Dsc_0510


Dsc_0511

22_13
Dscn0926

22_14
Dscn0931


Dscn0933

22_15
Dscn0935

22_16
Dscn0939

22_17
Dscn0941


Dscn0942

22_18
Dscn0944

このブログを書いている時点では、選挙の結果は分からない。w

以前も書いたが、鮮度の悪いブログなので、仕方がない。

時事を書きたいのだが、どうしても少し前の話になってしまう。

私としては、希望の党の急降下ぶりを書きたいのだが、あれは小池党首の

女王様発言以外、何物でもない。

言い過ぎである。

エリカ様状態での発言は、好感を持たれるわけがない。

よって、希望の党は衰退。

枝野さんの「立憲民主党」。

いかにも政党らしい名前で、尚且つ分かり易い。

何より、硬派なイメージがある。

政治の世界に、硬派は好印象でしょう。

指示が上がるのも分かる。

まあ、自民党が勝つのは間違いないだろう。












もう、何回清里駅に来たのであろうか?

軽井沢は私としては遠いが、清里であれば、日帰り旅行の範疇である。

その清里であるが、寂れた雰囲気はいつ来ても、駅周辺にはある。

いつまで経ってもテナント募集の物件などが点在し、寂れた感はぬぐえない。

そんな清里駅周辺だが、何の思考もなくここまで来て、新たなる店でもと思った時、

ビビビと来た!

グラタン専門店?ビビビ!と来ましたね、何より駅前にあるのに、何年も見過ごしていた。

看板がやや控えめなので、見落としていたか?

そして、このブログでグラタンを紹介したことがあったか?

無いぞ!

外食でグラタンと食べた事が無かった!

ならば、このブログ初となるグラタン専門店に潜入取材じゃ!

駐車場は店の横にある。

店の横にはパン屋があるね。

このパン屋も見落としていたな。

次回、清里に来たら寄ってみますか?

中に入ると、1回は待合スペース?

2階がメインであって、ヴィラ・アフガンみたいなスタイルかな?

2階に行ってみると、女子が好きそうな空間だね。

ウッドなテーブルと、白い内装、窓が大きくて開放的。

逆にオヤジには似合わないか?と思いつつも、ジイ様ばあ様がいるね。w

1人だと告げると、テーブル席を案内される。

この店はテーブル席だけで、私が座ったのは2人掛け用。

店内は、ほぼ満席ですね。

メニューを眺めてみると、当たり前だがグラタンやドリアがメイン。

しかし、カレーライスなどもありますね。

何にしようか?

清里らしいな~と思ったのは、グラタンのほうとう。

当然、マカロニの代わりにほうとうなのでしょうね。

しかし、定番的な甲州鶏のマカロニグラタンを選ぶ。

グラタンは、どこにも大盛りの文字が無い。

1030円のグラタンであるが、隣の客が食べている物を見ると、足りそうもない。w

しかし、パンとライスが追加であるので、当然パンを選びましょう。

パンは200円でバターが追加で50円か。

ライスを選ぶのであれば、ドリアを食えよ!と思いました。

さらに追加で、珈琲やケーキなどのデザートもある。

あれもこれも追加すると、2000円近い価格になるね。

ファミレスのドリアやグラタンが当たり前だと思う方々には、予算オーバーですか?

注文後、ボケ~っと待つ。

このお店、予備知識がなくて入ったのだが、結構人気があり、待合室に待ち人発生。

もう少し行くと、萌木の村もあり、あちらは結構人気のある場所ですね。

15分ほど待ちましたでしょうか?まずはサービスサラダが登場します。

濃厚なチーズの風味を感じるドレッシングがかけられ、それをいただくとグラタン登場。

記念撮影をし、いただきま~す!












パンを頼んで正解だね。

普通に食事として考えると、ボリューム的には私としては少ない。

もっとも、グラタンを2つ食べると言うのも有りかな?

私は2度ほどピッツァ専門店に行ったことがあるが、いずれも2種類注文している。

グラタンもピッツァと同格だと思えば・・・

何はともあれ、グラタンをいただきましょう。

私自身、若かりし頃、スーパーでハウスグラタンの元を買ってきて、自分で作る。

なんて日々が多々ありました。

その時必ず、チキングラタンを作っていました。

あれからん十年、自分でグラタンを作るなんて、一切しておりません。

では一口、アフアフ・・・美味い!!!!!

当然の事ながら、ホワイトソースが美味い!!!

滑らかな舌触り、小麦とバターから生まれるコク。

丁寧な仕事を感じさせる、品のある味わい。

成程、待ち人発生も分かります。

マカロニはペンネですね、筒状の物を使用しています。

ホワイトソースを纏ったペンネは美味いね。

ペンネ自体は、ある程度の歯応えと言うか、弾力を残した物。

甲州鶏を使用と言う事ですが、脂身を排除した肉質は、美味い!

肉の旨みを感じさせ、食感も多少残したそれは、コクを感じさせる。

グラタンと言えば、天火で焦げた部分がご馳走でもある。

これも、その部分が美味いね。

卓上にはカスタムアイテムとして、ソルトとブラックペッパーがある。

私は、ブラックペッパーをグラインドして、かけてみた。

ペッパーの香りが追加され、大人の階段を一段上がった味になった。

まろやかさを堪能するのもいいが、多少刺激を追加するのもいいかもしれない。

パンは市販のバターロールとおもわれるが、軽くトーストしてある。

そのパンにホワイトソースをディップし、いただく。

うん、美味しい!そして、バターを追加すれば良かったか?

パンにバターを塗り、それからホワイトソースを付ければ、また印象は変わったでしょう。

飲み物を頼まなかったので、水を時々口に含む。

因みに水はセルフサービスである。

厨房に店主がいて、1人で調理を担当し、サービスは奥様ですか?

やはり、1人でサービスを担当するが、配膳は店主が厨房から持ってくる事もある。

出来立てアツアツを食べてもらいたいという、店主の気持ちであろうか?

やがて完食。

皿に残ったホワイトソースを残さない様に、スプーンで綺麗に取る。

美味しいと思います。

期間限定メニューもあるし、なかなか魅力的なお店だと思います。

再訪問は有りですね。

 

ここで一句

    アツアツは

        オヤジ一人で

              楽しめる

2017年10月23日 (月)

北杜市 仙人小屋 きのこの天ぷら定食

22
Dsc_0493

Dsc_0458

22_2
Dsc_0464


Dsc_0465

22_3
Dsc_0466


Dsc_0467

22_4
Dsc_0470


Dsc_0471


Dsc_0473


Dsc_0474


Dsc_0475

22_6
Dsc_0476


Dsc_0478

22_7
Dsc_0479


Dsc_0487

22_9
Dsc_0488

22_8
Dsc_0490


Dsc_0491

さあ、ハロウィンだ。

私の場合、ハロウィンはヘビーメタルバンドしか思い浮かばないが、

日本の場合、ハロウィンは仮装パーティーである。

思うに、日本人は仮装好きだと思う。

ハロウィンの本来持つ意味合いなど無視し、独自の文化として発展させる。

これは、ラーメン、餃子に通じるものがあると思う。

そんな焼き餃子文化の最終形態と言える、日本でのハロウィン。

ナポリターナがナポリタンになり、タバスコが無いと物足りない味。

ならばオヤジは、どのようにすれば、ジャパンハロウィンを楽しめるのか?

仮装?女装?変装?・・・火葬?

・・・ほうれん草のカレーは美味かった。















日本には四季がある。

しかし、ここ数年の日本の四季は、いきなり寒くなり、いきなり暑くなる傾向があると思う。

いきなりステーキでもあるまいし、移行期間である春と秋の存在が、地球環境の変化で、

微妙な存在になりつつある。

それはいけません!

春は桜を追い求め、秋は紅葉を追いかける私としては、それは困る。

桜を撮影に行き、汗まみれになるのは嫌だし、紅葉を追いかけて、雪が降ったら困る。

まあ、何が言いたいのか、自分でもよく分からないが、せめて食事は、

しっかりと四季を感じる物を食べたい。

そこで仙人小屋である。

毎年、春と秋にお邪魔している。

春は山菜、秋はキノコ、それが食べたくて来ている。

お弟子さんの自然屋は、今年は行ってないな。

筍を食べに行こうと思っていたが、忙しくてタイミングを逸した。

来年は筍を求め、行きます!

この日は、開店ギリギリに到着した。

名前を書くと、10人以上先客がいるな。

いつも、1時間前くらいに到着をし、ポールポジションが多いのだが、今回は渋滞などで、

遅れてしまった。

待たされるのは仕方がないが、仙人小屋も調理や配膳スタッフが増え、待たされる時間が

かなり、減った。

仙人ひとりしかいない時もあったのに。

先客が注文を決めるのに時間がかかり、入口で待たされる。

私は、いろいろあったがきのこ天ぷら定食2000円を選ぶ。

注文後、ボケ~っと待つ。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!









隣のオババ4人組か?一人やかましいのがいるな。

たまたま通りかかって入ったら、こんなに凄いとは思わなかった。

注文した物が出てくるたびに歓声をあげ、悲鳴をあげる。

見て見て見て~~!凄~い!

他の客にも聞こえる様に叫ぶが、他の客は物の見事にスルー。

今日のオーディエンスは、ジェントルマン&レディースが多い様だ。

食べる前から、タッパーは無いか?アルミホイルは無いか?と騒ぎ立てる。

本当に、七年殺しでもしたろか?w

私は聞こえないふりをして、自分の食事を食べる。

毎度の事ながら、舞茸以外は何という名前か分からないが、椎茸があるね。

椎茸?天然の椎茸?仙人牧場の椎茸?

椎茸に関しては、栽培でしょう?天然で椎茸は松茸より珍しいのでは?

まあ、いい食べましょう。

キノコのホイル焼きや、焼きキノコ定食などがありますが、やはり天ぷら!

ホイル焼きも以前食べて、確かに美味いが、天ぷらですよ。

油を吸ったキノコは最高です。

副菜は、サツマイモ、ひじき、サラダ、漬物が付きます。

何よりキノコ汁ですね。

仙人小屋に来たら、定食に付いてくるキノコ汁を食べないと!

以前に比べ、今回はアレンジが多少変わったかな?

ベースの味付けは、仙人監修で味付けは変わってないが。

天つゆにつけて食べますが、塩で食べても良い。

それにしても、隣のオババのオババ頭みたいなのが、ウルサイ。

若ければ、相手にしてやるが、オババでは話しかける気にもならん。

そう思いつつも、やがて完食。

大変満足いたしました。

自分では毒キノコを食べられると思い、食べてしまいそうですが、ここなら安心。

名前も分からぬキノコ、今年も存分に味わいました。

熊の毛皮40万円?

買おうと思えば買えますが。w

久々にマタギ汁が食べたくなったね。

 

ここで一句

    歓声は

      若い声なら

           萌えますね

2017年10月22日 (日)

伊東市 こうや みそちゃーしゅーめん大盛り

22_9

Dscn0909_2817

22_10
Dscn0910_2818


Dscn0911_2819


Dscn0912_2820


Dscn0913_2821

22_11
Dscn0914_2822

22_12
Dscn0916_2823

22_14
Dscn0917_2824


Dscn0918_2825

22_13
Dscn0919_2826

この日は寒かった。

やはり、ラーメンが食べたいね。

先日、ラーメン店を2軒ハシゴしたが、正直2軒目はつらかった。

腹がいっぱいでつらいのではなく、ラーメンを2杯食べる事がつらい。

体が、ラーメンを食べたら違う物を食べろ!と訴えている。

正直、年齢を感じる近頃の食生活であった。











丁度、店の開店時間だったので、3年ぶりに再訪問をしてみた。

この界隈では人気のあるラーメン店、「こうや」である。

前回はつけ麺を食べたが、さすがに温かいラーメンが食べたい。

それにこの前、つけ麺を選ばなくなった、と書いたばかりでもある。w

駐車場は店からほんの少し離れた場所にある。

中に入ると、カウンター席に3人の客が居るだけ。

私もカウンター席に座る。

他は座敷席になるが、そちらがメインになりますかね。

メニューを見ると、醤油、味噌、魚介の3種類があるが、汁無し坦々麺もあるね。

う~~ん、汁無し坦々麺もいいな~。

でもこの日は寒いし、やはり、ラーメンにしますか!

選んだのは味噌チャーシューメン大盛り1150円。

3年前は行列が出来ており、待たされたが、この日はさほど待たずに登場。

記念撮影をし、いただきま~す!









見た目は一瞬、家系かな?と思わせるキャベツの存在。

チャーシューは厚みがあり、ボリューム感がある。

ではまずはスープを事逗ず図事・・・微かだが、酸味を感じる。

ほんのわずかな酸味だが、この酸味の由来はどこからであろうか?

味噌ダレの酸味かな?

スープの味わいは、味噌の芳醇な味わいを感じながらも、まろやかである。

ガツンと来る塩気なども感じず、いい塩梅です。

上品さを感じる味わいですが、私としては多少アグレッシブな面が欲しい。

そこで卓上の豆板醤とニンニクを投入します。

これで、個人的に好きな味になりました。

麺は中太麺ですが、表面がツルツルのストレート麺。

啜ってみると、のど越しは非常にいいですね。

表面がツルツルなので、スープとの絡みはどうかな?と思いますが、

食べてみると、特に気になりませんね。

加水率はやや高めと思いますが、弾力というか、コシはあると思います。

チャーシューは、厚みがありますが、ホロホロと崩れるほどやわらかい。

ただ、提供時はチャーシューは冷たいもの。

崩れるほどやわらかいので、チャーシューを冷やしてカタメにして、切る時に

切り易い様にするためにしたと思われます。

多分、温かいまま切ると、ボロボロになったのでしょうが、食べるときに冷たいと、

ちょっと残念かな?と思いますね。

メンマは少々業務用の香りというか、味が残る物。

キャベツは、軽く茹でてあるので、食べ易い。

大盛りを注文しましたが、ボリューム的には妥当でしょうか?

結局、スープは完飲。

最後まで、微かな酸味は感じました。

スープもしっかりとダシの旨みを感じ、美味しいと思います。

前回のつけ麺はかなり、高評価をしていますね。

今回も美味しいと思います。

接客もいいと思います。

 

ここで一句

     汁無しは

        辛さで汗が

              吹き出そう

2017年10月21日 (土)

伊東市 桂林 焼肉定食

22_2

Dscn0908_2802

22
Dscn0907_2803

22_3
Dscn0889_2804


Dscn0892_2806


Dscn0893_2805


Dscn0894_2807

22_4
Dscn0895_2808


Dscn0896_2809


Dscn0897_2810


Dscn0899_2811

22_5
Dscn0901_2812

22_6
Dscn0903_2813

22_7
Dscn0904_2814


Dscn0905_2815

22_8
Dscn0906_2816

車で煽る。

いけないことです。

しかし、高齢者の運転が多い昨今、その車の後ろにいたら、イライラしない訳がない?

制限速度が40キロ、50キロの道路で、それ以下の速度で走られたら、

そりゃ~イライラしますよ!

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?なんてのが昔ありましたね。

しかし、時はカネ成りって、いうではあ~りませんか!

料理の世界も時間節約レシピが好評と聞きました。

まあ、カルシュームを沢山取って、イライラしない体質にしましょう。













赤のれんのもつ煮定食狙いで、2度ふられた私。

またも、赤のれんに行くか?と思ったが、近くにボリュームがありそうな店がある。

焼肉定食が有名らしいが、そこに行ってみますか?

定休日とか営業開始時間がよく分からないが、行けばなんとかなる。

為せば成る!なさねばならぬ何事も!

行ってみたら店は開いていた。

11時開店のようだ。

駐車場は店の回りに何台か止められる。

店の前には手書きのメニューなどもあり、本日のお勧めの様である。

やはり、焼肉定食がお勧めの様だが、ニンニク入りや肉の大盛りもある。

中に入ると、先客は無し。

カウンター席とテーブル席、小上がり席がある。

私は3人程座れるカウンター席に座る。

目の前には灰皿がありますね。

それほど広くない店内なので、煙草を吸う客がいたら最悪だな。

私は大体開店直後を狙って入店する。

それは例え、店内が喫煙可であっても、他に客がいなければ、煙害は無い。

それを見越して入店している。

一応、メニューを見るがセットメニューがお勧めみたいね。

それにどのメニューもボリュームがありそう。

一通り、目を通すがやはり焼肉定食にしましょう。

焼肉定食を注文し、ボケ~っと待つ。

やがて焼肉定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










綺麗な表現ではないが、肉にタレがべったりと纏わりついている。

濃厚な味わいが、見た目からもビシビシ伝わってくる。

おや?と思ったのが、千切りキャベツにマヨネーズがない。

別に私はマヨラーではないし、川崎麻世にも興味は無いのだが、この濃厚そうなタレに、

マヨは合うのでは?と思ったし、卓上も一応、マヨ探しをしてみた。

・・・無いね。

しかし、レモンが添えられていたので、それで酸味をプラスせよ!と言う事かな?

では、まずは肉を一切れ、いただきます。

モグモグ・・・う~~ん、やや甘辛いタレがイイね~~~!美味い!!!

肉はやわらかく、十分に噛み切れる。

タレの味わいだが、見た目ほどしょっぱくはない。

レモンを絞り酸味を足すと、コッテリの中に爽やかさを感じる。

白い飯と共に口に入れれば、血沸き肉躍る楽しさがある。

肉は特にブランド豚を使用しているわけではないが、肉は美味いね。

千切りキャベツにタレが浸み込み、それと共に飯を食べても美味い。

定食にはサラダが他に付き、漬物も付く。

汁物は、玉子スープであった。

ご飯の量は多いでしょう。

しかし、おかずのボリュームもあるので、ご飯とおかずのバランスは良いと思います。

スープの味わいは上品で、この店で提供される麺類も、期待が出来そう。

肉はバラ肉で4枚ですね。

価格は980円ですが、内容は価格を上回っているとおもいますが、私としては、

肉の大盛りを注文すれば良かったか?

1280円でどれほどのボリュームか?検証したかった。w

やがて完食。

もう、ガテン系は大喜びの味と内容でしょう。

麺類もおおいに気になるお店でした。

ギャンブルが好きな方は、すぐ近くに伊東競輪があります。

私は、競輪はやりません。

 

ここで一句

    焼肉で

      白飯染めて

           喰らい付く

2017年10月20日 (金)

南足柄市 味の源八郎 ねぎ味噌ラーメン

Dscn0880_2788

22_10
Dscn0887_2789

22_11
Dscn0886_2790

22_12
Dscn0881_2791

22_13
Dscn0883_2792

22_14
Dscn0884_2793

22_15
Dscn0885_2794

以前、どこかに書いたが、つけ麺を食べなくなった。

人間、年齢と共に嗜好が変わるが、つけ麺を選ばなくなった。

それでも、今年だけでも何軒かつけ麺を食べているが、昔はラーメンよりも

つけ麺ばかり食べていた。

昔、つけ麺ばかり食べていた私は、何故あれほど執着していたのか?

・・・不明。








南足柄市内を適当に車を走らせていると、一軒のラーメン店を見つける。

周辺に特に民家などは少なく、田んぼと言うか、畑などが多い。

南足柄で、本場札幌ラーメン?面白そうね。

ええ、連食です。

食べます。

休日は、ブログのネタ探しです。

のんびりと、パチンコなんてやっている暇はあるけど、食べないと!

ああ、そういえば、来年の2月にパチンコの出玉規制が始まりますね。

もう、完全にパチンコの世界から足を洗う日が、来るようです。

どれだけ、パチンコ店が潰れるか分かりません。

5号機規制なんかより、惨事になるでしょう。





ああ・・・ラーメン店に行かなくては・・・w




店の名前は源八郎。

予備知識は何も無し。

駐車場は店の奥に、空き地があるのでそこに止めます。

店に入ると、店主とスタッフが「いらっしゃい」のご挨拶。

入口横に券売機があるので、そこで選びます。

味の種類は、味噌、塩、醤油ですが・・・ネギ味噌にしましょう。

ねぎ味噌ラーメン800円を選び、カウンター席に座ります。

他にもテーブル席があります。

この日は、雨天。

そのためか、店内はやや暗い印象だが、店内の装飾も黒を基調にしているみたい。

厨房内は、私より年上の店主と若いスタッフ、息子さんかな?

店主は、仕事人オーラをビシバシと発してますね。

頑固じゃないかもしれないけど、頑固かもしれませんね。

すいませんね、第一印象です。

仕事も着実、誠実さが伝わりますね。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








こ、これがネギラーメン?

ネギはどこ?

何と!ネギはスープと共に煮てあります。

煮込みネギラーメン?

生の白髪ねぎが麺の上にのっているのを、当然のように想像していました。

何とも意表を付くというか、ラーメンの仏壇返しと言うか・・・

正直、見た目はネギラーメンに見えません。

う~む、ネギを持ってこい!と言って、禰宜を連れてきた様なものだ。

なんか、品川だかに合った「アリアリナシナシラーメン」みたいだな。

(※分かる方だけ分かるが、分かる方はラーメン通というよりラヲタオヤジ世代?)

ねぎ、ナシナシでしょう?ネギアリアリです。

ナシナシにしか見えないが、確かにアリアリだな。

まあいい。

まずはスープを事逗ず図事・・・味濃い目の味噌スープは美味しいね。

味噌の風味が来ますね、味は濃い目だけど美味しい。

麺は俗にいう西山ラーメンみたいな、縮れて捩れた札幌ラーメン特有のもの。

しっかりと茹でられていますが、コシもあって美味しい。

ネギは縦切りのざく切りに近いかな?

ネギの食感は程よく残り、別にこれはこれで悪くはない。

スープと一体化しているので、ネギのボリューム感は無いが、

具としてはちゃんと存在を感じる。

具には他に海苔とチャーシュー。

チャーシューは味がかなり濃いと思った。

もし、チャーシューメンを注文していたら、ショッパイ!と間違いなく思っただろう。

卓上にはニンニクや七味、コショウがあるので、ニンニクと七味を投入した。

やはり、味噌ラーメンにはニンニクは必需品だね。

麺を全部食べ終え、スープを一口、二口飲んで終了。

やはり、スープは少々ショッパイ。

ちゃんとネギが入っているので、ネギラーメンとして成立しておりますが、

煮ちゃうとインスタ映えしませんよ。

 

ここで一句

     ビジュアルは

          地味より派手が

                ウケますよ

2017年10月19日 (木)

南足柄市 桂山 ランチセット(バラ肉丼+ワンタンメン大盛り

22

Dscn0859_2774

22_2
Dscn0860_2775

22_3
Dscn0862_2776


Dscn0863_2777

22_4
Dscn0864_2778


Dscn0865_2779


Dscn0866_2780

22_5
Dscn0868_2781

22_6
Dscn0870_2782

22_7
Dscn0871_2783

22_8
Dscn0873_2784


Dscn0875_2785

22_9
Dscn0878_2786

今回の店の訪問に関して、とあるサラリーマンのつぶやきから始まった。

・・・この店のセットメニューを食べると、腹が一杯になり、身動きが取れず、

午後の仕事のヤル気が起きない。

身動きが取れず、ヤル気が無くなる程腹が一杯になり、尚且つ安い!

ならば、麺大盛りで注文したらどうなるか?

自分で勝手に密命を作り、この店に訪問した。

店の名前は「桂山」。

手打ちラーメンを食べさせる店として、私の中ではいつか、訪問しようと思っていた。

店の前も2~3度通り過ぎている。

もっとも、私としてはこの店の近所にある、もう一軒の店の方が、ネタ的に注目なのだが。

しかし、いざ訪問をしてみると、どこに車を止めればいいのだ?

取り敢えず、とある場所に車を止め、店に入ると、年配の店主が登場。

「すいません、駐車場はどこですか?」

「駐車場?店の前に止めて」

店の前?1台止めたらいっぱいだな。w

中に入ると、客は自分一人。

メニューを見ると、セットメニューがあり、それとは別にレギュラーメニューがある。

レギュラーメニューがなかなか興味深い物がある。

モヤシ坦々麺・・・坦々麺の上にモヤシがてんこ盛り?

焼きそばがあって、炒めやきそばって・・・

スープチャーハンがあって、鶏肉黒味噌丼、エビチリ丼も面白そう。

まだ食べていないけど、リピートを約束されたようなものだな。

それでも、最初の密命通り、セットメニューにする。

中華丼、麻婆丼、チャーハン、レバニラ炒めライス、バラ肉丼が選べる。

それにラーメン、味噌ラーメン、サンラータンつけ麺、ワンタンメンが選べる。

これ、どう考えてもレバニラ炒めライスかバラ肉丼、つけ麺かワンタンメンが

価格的に優位に感じますよね?

注文したのはバラ肉丼プラス、ワンタンメン大盛り800円。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!









確かにボリュームがあるが、定食を連食する自分としては、悲観する物ではない。

むしろ、この内容で800円!しかも税込!

貧乏人の味方と言うか、原価率、利益率を考えない内容は、大拍手である。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街では、あり得ないことである。w

もう、このセットに背負い投げ~!店主も背負い投げ~!というところだろうか?

ワンタンメンなど、ワンタンがゴロゴロ入っており、大西系なら1000円取るでしょ!

では、まずはスープを事逗ずず・・・アッサリだな。

鶏ガラベースと思われるが、アッサリした味わいである。

醤油ダレが濃い目で、味も濃いか?と思われたが、そうでもない。

麺を引きずり出すと、平たいものである。

きし麺が縮んだような見た目である。

平打ちパスタに似ている!と、言った方がいいか?

手打ちを謳っているが、間違いなく手打ち麺である。

ところどころ、不揃いの部分がある。

啜ってみると、加水率が高く、やややわらかめ。

ぴろぴろしたのど越しと言うか、食感。

大盛りを注文したので、丼ぶりの中は麺だらけ!と言っても言い過ぎではない。

とにかく、この麺を一気に減らすか!と言う事で、啜りに啜る。

途中、ワンタンを食べる。

ワンタンの皮は薄目で、餡の色合いまで分かる。

ワンタンは肉ワンタンで、口に入れると、ワンタンののど越しよりも食感を楽しむもの。

軟骨であろうか?たまに小さな粒が「コリッ!」という食感を感じさせる。

メンマ、チャーシューもある。

チャーシューはやわらかく美味い!メンマはややしなしなした食感。

全体的に優しい味わい。

店主の人柄を感じさせるような、味わいである。


バラ肉丼は炒めたバラ肉と野菜を醤油ベースの味付けをし、片栗粉でまとめたもの。

中華丼の餡に似ているが、主役が肉だと見た目で分かる。

それを一口、口に入れる。

モグモグ・・・美味いわ~~~!

味付けはややコッテリした物。

これはガテン系は好きな味だろうね。

餡の味も濃すぎる物ではなく、白飯と一緒に口に入れれば、踊りたくなる味わい。w

むしろ、飯の量が足りないかも?と思ってしまうほど、餡はたっぷり。

コッテリした中でも、しょっぱいわけではなく、突出した味は無い。

こちらも濃厚ではあるが、優しい味わい。

途中、ラーメンスープを口に含むが、スープの方が塩気を弱く感じるかな?

一人前の丼ぶりとしてみた場合、少し物足りなかな?と思うが、セットでは十分。

一応、漬物も付きますね。

やがて完食。

スープは残しましたが、あとは綺麗に食べました。

800円と言う価格を考えると、十分すぎる内容です。

いいお店に出会えました!

さあ、次の店に行くか!

満腹でやる気が出ない?

ま・さ・かw





やる気満々!w

 

ここで一句

    儲けより

       満たしてあげる

              御客の胃

2017年10月18日 (水)

富士市 たつみ庵 きのこせいろ大盛り

Dscn0844_2762

22_11
Dscn0858_2763

22_12
Dscn0857_2765


Dscn0846_2764

22_13
Dscn0847_2766


Dscn0848_2767


Dscn0849_2768

22_14
Dscn0851_2769

22_15
Dscn0852_2770

22_16
Dscn0854_2772

22_17
Dscn0856_2771


Dscn0855_2773

山梨の南部方面を攻める旅が続いている。

こうなれば、沿線各駅停車で片っ端に店を訪問しよう。

そこで、選んだというか、大きな店があるから入るか?みたいな気持ちで入ったのだが、

本当はラーメン狙いであった。

富士川SAのスマートETCを降りて、南部に向かうのだが、ラーメン店がいろいろある。

しかし、客が少ない。

祝日なのに客が少ない。

これは・・・

さらに、途中には金メダルだか、金賞を取ったというハム屋もある。

そのうち訪問するでしょうが、このブログの猶予期間が無いのでどうなることやら?











店の名前は「たつみ庵」。

通り過ぎるだけなら10回以上は通り過ぎている。

本当は筍長者の店の裏に富士宮焼きそばの店があり、そこにするか!と思ったが、

焼きそばは、この前のお婆ちゃんの店で、満足したじゃない。

隣にラーメン屋があったが休み。

そこで、たつみ庵にした。

店構えはかなり立派でございます。

駐車場も広々としており、かなりのキャパシティーがあると思われます。

では、入店いたします。

「いらっしゃいませ~」

女性スタッフが声をかける。

私は人差し指を突き出し、1人であることを告げます。

因みに、イベントでコンパニオンを撮影するときも、人差し指を突き出し、

「一枚撮らせて!」とお願いします。

何かにつけて、人差し指を突き出すのが、習慣になりそうです。

カウンターでもいいかと言うので、かまへんかまへんと答える。

店内はテーブル席がメインで、座敷席もある。

小宴会なども出来そうである。

メニューを見ると、この日は祝日だったためか、それとも違う意味での店の都合か、

今日は出来ません!というメニューが2~3ある。

その中で、フライの盛り合わせみたいなメニューがあり、それ、食べたかったよな!

と思った。

丼ぶりものとか定食とか、定番メニューが多いなかで、期間限定のキノコにしましょう。

きのこせいろ蕎麦大盛りを注文しました。

余談であるが、大盛りでなければ1080円であるが、大盛りではいくら支払ったか失念。w

情けない話だが、1200円前後だったか?それとも1500円か?

レシートも無い。w

ネットで調べたら380円増し?ならば1460円か。

価格って、結構お店を紹介するのに大事なのに、物の見事に忘れてしまった。

世間はこれを「ボケ」と言うかもしれないが、困ったものだ。w

料理が出来るまでの間、店内観察。

広々しているが、カウンターの前にはいろいろ置いてある。

カウンターの向こうは調理場なので目隠しですかね。

若旦那みたいな方が、司令塔の様です。

ビシバシと指示を出しています。

やがて蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!









大盛りだが、足りないな。

確かに大盛りなのだろうが、個人的には今一、いまに、くらいである。

つけ汁にはキノコがたっぷりと浮いている。

鶏肉も浮いており、何となく肉汁うどんのつけ汁を想像させる。

キノコもエリンギが主役かな?

好みでブラックペッパーをかけろ、一緒に付いて来た。

そばは細目だが、見た瞬間から少し疲れた感じ。

コシが弱そうに見える。

まずはつけ汁tの器を持ち、、、、あち~~~~い!!!

器が熱くてひろみGOだぜ!(若い世代は分かるかな?)

GOLDフィンガーではなく、耐熱性の高い私の指でも熱い。

まあ、熱いつけ汁と、冷たい蕎麦のコントラスト楽しんでもらおうという、店の考え。

これは、もろ手をあげて歓迎すべきだろう。

蕎麦を浸し、啜る!ズルズル・・・キノコの旨み、鶏のコク、つけ汁自体の美味さ、

そしてつけ汁と、蕎麦の冷温のコントラスト。

美味いと思う。

だが、蕎麦にコシが弱いな。

それほどパワーのあるつけ汁ではないのだが、蕎麦の風味が、つけ汁に消える。

ここで、ブラックペッパーを投入する。

うん、七味よりもいいかもしれない。

抑えた刺激よりも、香りがいい。

キノコの風味に、この香りはいいね。

この時点で、蕎麦湯が提供される。

キノコの食感、鶏肉を味わう。

シャキとした食感と、むにゅんとした食感。

やがて完食。

蕎麦湯でつけ汁をすべて、いただきました。

スタッフ、特に若旦那らしき方の、注意力というかもてなしの気持ち、

そして、気配り、心配りは、感心する。

蕎麦もそれくらいのグレードが欲しいと思った。

ただ、丼物、定食もあるので、再訪は不可欠か?

 

ここで一句

    手打ちより

       足で踏みたい

             時もある?

2017年10月17日 (火)

静岡市 まぐろ王国 大ちゃん 特上本まぐろ中トロ丼(生シラス、黒ハンペンフライ、付き)

22

Dsc_0413_2748

22_2
Dsc_0430_2749


Dsc_0432_2750


Dsc_0416_2751


Dsc_0417_2752

22_3
Dsc_0418_2753

22_4
Dsc_0419_2754

22_5
Dsc_0420_2755

22_6
Dsc_0421_2756

22_7
Dsc_0424_2758

22_8
Dsc_0423_2757


Dsc_0425_2759

22_9
Dsc_0427_2760

22_10
Dsc_0428_2761

休日、行く宛が無い時は清水港。

清水河岸の市の飲食店全店制覇が見えて来たが、大きな声では言えないが、

特に入りたいと思わない店もある。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街もそうだが、この店最後でいいかな?

いや、入らないかもしれないな、と思う店もある。

それらは、全店制覇達成した時、最後の店になるであろう。

だが、こんなことを書くと、クレームが来るかもしれない。

「うちは入りたくない店なのか!」と。

全店制覇の野望はやめた方がいいかな???

そうは言っても、入ってみたい店もある。

今回訪問した「大ちゃん」であるが、店の外に貼ってあるメニューを見て、興味を持った。

マグロ丼に、アラ汁が付くのは当然として、生シラス、黒ハンペンフライが付き、

尚且つマグロカツ食べ放題と来た。

マグロカツ食べ放題!!!

世の中に食べ放題は数あれど、マグロカツと言うレアな食べ放題!

まるでピアノ売ってちょうだい みんなま~るくタケモトピアノ~♪

世の中、そんなにピアノを売る奴がいるのか?と突っ込みたくなるような気分。

マグロカツたべてちょう~だい♪

そんなタケモトピアノ的なサービス、受けてたちましょう!

丁度開店直後なので、スムーズに着席。

メニューを見ると、蕎麦がある。

お蕎麦たべてちょう~だい♪

メニューには元鮨職人のプライドにかけて!とある。

店主は金田一少年の事件簿が好きなのか?

いや、違う!

鮨職人なのに、蕎麦!しかも手打ち蕎麦!さらにうどんに変更もできる。

つまり、店主は鮨も蕎麦も出来る、マルチプレーヤー?

野球で言ったら、二刀流大谷翔平?

それとも、笑福亭笑瓶?

ならば、ヨシ子ちゃんお勧めの特上本マグロ中トロ丼を選びましょう。

サリーちゃんは、スタッフにそれを注文しました。

すると、マグロカツはあそこにあるから、セルフで食え!となりました。

店内は、河岸の市としては狭い方かもしれない。

食べ放題スペースは、厨房側のカウンターにあった。

客が少ない時はいいが、混雑時はいろいろ大変だな。

私も早速、マグロカツを求め、そちらに行く。

カツは常に揚げ立て提供の様だ。

無くなればすぐに揚げて、提供するシステム。

マグロカツの大きさは、一口サイズ。

調味料は卓上にソースがあるが、食べ放題コーナーには、塩、ケチャップ、マヨ、

スパイス各種があり、様々な味が楽しめる。

これは好印象!ケチケチしていない印象が伺える。

私はケジャンスパイスを一つにかけてみる。

残りはケチャップ。

席に戻り食べてみる。

間違いなく、マグロ。w

マグロのカツです。

チキンカツの様な食感の肉から、マグロの味と香りがします。

何となく、クセを感じますが、それは調味料で何とかなります。

ケジャンスパイスとマヨのコンビネーションが面白い味だと思いました。

すると、マグロ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!













申し訳ないが、丼ぶりはご飯茶わんの大きな物。

ボリューム感ということでは、少し寂しい。

しかし、マグロのボリューム感は間違いなく感じる。

後は味である。

ワサビは卓上の壺の中にあるので、それと醤油を足し、回しかけるが、微かにかける。

ところで、丼ぶりからはみ出す鮪の演出、マグロからドリップ液が滴り落ちる。

それは容赦なく、テーブルに落ちる。

これはいけません。

非常に汚く感じます。

滴る鮪汁を無くすには、マグロをすべて丼ぶりの内側に収める必要がある。




では鮪を一口、モグモグ・・・美味いな~~~~!!!!

中トロの旨みを感じます!

河岸の市では鮪と言えば宮本ですが、この店の鮪もイイね。

ただ、車で数分のところに魚福もある。

あそこの中トロも、逸品であることは間違いない。

中トロは濃厚な味わいを感じさせ、大トロの愉悦を与えてくれる。

しかし、香りというかヘモグロビンの存在は薄い。

中トロであるならば、大トロのコクと赤身の香りのバランスが大事だと思う。

その点で、香りに関しては、弱いと思った。

ただ、濃厚な味わいは至福である。

シャリは酢飯。

ほんのりと酢が効いたものである。

単純に鮪であるならば、この酢加減は弱い。

しかし、他にもサーモンなどもあるため、この酢加減なのでしょう。

鮨職人であったならば、酢加減の多少を選べるのも、プライドを表現する物かと思う。

シャリは少ないが、先述の通りマグロカツが胃を埋めてくれる。

だが、マグロカツを食べていると、シャリではなく、白飯が欲しいと思う。

半ライスでいい、それがあればマグロカツも昇天できるだろう???w






セットのアラ汁は、血合いがど~~んとあるが、クセは抑え目。

アラ汁は間違いなく美味いが、提供方法によっては、低評価の元である。

答えは簡単。

アラ汁は、クセがある。

そのクセこそが味なのだが、万人受けするクセではない。

私自身、アラ汁に求めるのは「ウロコは勘弁」である。

様々な魚の部位を投入し仕上げるアラ汁。

小骨、皮、ウロコとあるが、一番ウザいのがウロコ。

アラ汁提供が売りであるならば、提供時にアラ汁を漉せ!といいたい。

汁であるならば、飲みやすい、食べ易いは不可欠。

このアラ汁は、食べ易く飲みやすい方だと思うが、七味が欲しい。

卓上に七味は無く、食べ放題コーナーに七味はある。

むしろ、アラ汁には「すりだね」か?

一度、試してみたいものよ。

とにかく、アラ汁と言う事であれば、こちらは食べ易いほうだといいたい。




黒ハンペンのフライは、ちくわ天の方向性かな?

個人的には、黒ハンペンにはワサビ漬け。

それにしても、量が少ない丼ぶりだと思ったが、結構ヘビー。

中トロが濃厚なのに加え、マグロカツ。

さすがの私もマグロカツ9切れで満腹が近い。

やがて完食。

すくなくとも今回の限定サービス、満足です。

何より鮪カツ食べ放題は、2000円オーバーの商品を注文しても、納得。

税込みで2500円近くなりますが、この店で本気で満たそうと思えばそれが出来る!

優良店だと思います。

 

ここで一句

     生よりも

       カツが求める

            白飯を

2017年10月16日 (月)

厚木市 ぎょうてん屋 鶏そば極GOLD、半ライス

22

Dscn0830_2739


Dscn0832_2740
22_2
Dscn0833_2741


Dscn0834_2742

22_3
Dscn0835_2743


Dscn0837_2744

22_4
Dscn0838_2745


Dscn0839_2746

22_5
Dscn0840_2747

帰国をすると、味噌汁などが無性に欲しいと思うらしい。

しかし、長く滞在し過ぎると、懐かしいどころか、何これ?と思うらしい。

所謂日本人基準として、納豆が頭角であろう。

海外出張で、納豆が食べたく無くなれば、アナタは立派な外国人。w

ふと、体重計の表示を見ると、減っていた。

なんと!26年ぶりの70㎏台である。

これは、フェスティバル&カーニバルである。

最近、筋肉が減ったよな?と思っていたが、全部体重に出たか。

痩せたか?

これはブラボーな事である。

ならば、夜食を食ええええええ!!!

ということで、ぎょうてん屋に来た。

場所は厚木インターの近くのあそこよ!

まずは、店の外のメニューで注文を決める。

ぎ郎?食べるわけあ~りませんか!

選んだのは鶏そばGOLD950円!

なにが黄金か分からぬが、食ってやる!

味薄目で注文だ!

半ライス???????????食うに決まってるだろう!

何しろ、四半世紀ぶりの体重である。

半ライスでお祝いじゃ!w

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












味は薄目だが、脂が多めだな。

デフォルトでこの油膜でございますか?

ではまずはスープを事逗ずず・・・鶏。

チキンのお味は、確かにします。

でも、そんなにインパクトのあるものではない。

むしろ、味のベースが醤油ダレなので、その味わいが先にきますね。

何より、脂が多いので、油膜で味が分かり難いと思えるでしょうか?

しかし、脂が多いですが、クドイ!とは思わないですね。

脂はサラリとしています。

この辺は、さすがにGOLDなのでしょう。

脂のおかげで、金色に見えなくもありません。

牙狼の金色になれ!というのがありますが、だから何?と言われそうですね。w

チャーシュー2枚で普通盛で税込み950円は、少々お高いですね。

何となく、普通のラーメンを注文すれば良かったか?と思いました。

麺の上には、何か味を変化させるタレみたいなものがありますが、

混ぜたら、魚介系の風味が強くなった気がします。

卓上にはカスタムアイテムが充実しているので、刻んだ唐辛子とニンニクを少し入れた。

豆板醤よりも唐辛子の方が良いようですね、シンプルに辛味が来る。

麺は中細麺でしょうか?

捩れ、縮れがあります。

普通の茹で加減で注文しましたが、のど越しも良く美味しいと思います。

半ライスはスープを口に運びながら、いただきました。

やがて完食。

なんだかんで、スープまで完飲。

後半は少々ショッパイと思ったので、普通で注文したら、スープは飲めなかったかな?

久々に夕食にラーメンを食べましたが、翌日しっかりと体重はリバウンドしました。

やはり、高カロリーであったか。w

 

ここで一句

     黄金色

        スープが輝く

              油膜かな

2017年10月15日 (日)

千葉市 ミ・カシータ 幕張新都心 鶏肉とポルチーニ茸のクリームパスタ(サラダ&タパス、パン食べ放題)

22_28

Dscn0809_2725


Dscn0810_2726


Dscn0811_2727


Dscn0812_2728

22_29
Dscn0828_2737

22_30
Dscn0814_2729


Dscn0816_2730


Dscn0817_2731


Dscn0818_2732


Dscn0820_2733

22_31
Dscn0822_2734


Dscn0823_2735


Dscn0825_2736

22_32
Dscn0829_2738

10月の番組改編で、郡司恭子アナはoha!4に移動になった。

ZIPの時は約30分、郡司アナを見る事が出来たが、今度は15分である。

毎日朝の5時半に起きている私だが、正確には5時35分である。

これは事件である。

「郡司恭子接見短縮事件」である。

郡司アナが見たくてZIPを見ていたのに、いなくなった今、誰を見ろと言うのだ?

しかも郡司アナは月と火を担当する。

一週間に2回しか見られない!

凹む。w








CEATECのコンパニオン、今年は良かったよな。

いろいろ楽しんで、撮影をしなくても3時間半か?

ほんと、このイベント好きだよな。w

さあ、時間は2時近くか?飯を食うか。

飯と言ったら、イオンモールだよ。

レストラン街、気が付けば半分以上行ったのか?

今回はどこにしようかね?スペイン料理?パエリア?面白そうじゃん、入る!!!

店の名前は「ミ・カシータ」。

何度もここには来ていますからね、どんな店かは知っています。

メニューの看板を見ると、パスタかパエリアを頼めば、サラダにタパスが付き、

パンが食べ放題だと。

私は食べ放題が好きではない。

所詮、元など取れるわけがない。

そんな食べ方もしたくない。

だが、食べ放題はパンだけなので、様子を見て食べましょう。

パエリアもいいか?と思ったが、選んだのはパスタ。

鶏肉とポルチーニ茸のくりーうパスタである。

税込1490円であるが、単純に考えて高い。

しかし、サラダとかパン食べ放題が付き、どうなのでしょうか?

注文を済ませると、スタッフは「パンはあっちにあるからセルフで行け」と。(実際は丁寧)

皿を持って行ってみると、ベーグルだな。

ベーグルをクォーターカットにして、食べ放題としている。

しかし、種類は多種多彩で、尚且つバターも様々な種類がある。

パンは、セサミ、ガーリック、ハラペーニョ、とまだまだある。

バターは、マーブル、プレーン、かぼちゃ、などなど多いね。

これならいろいろ試せそうだ。

私はブルーベリーにガーリックなど4つ取り、バターも黒ごま、プレーンを選んだ。

それにしても、盛り付けが下手だな、インスタ映え、しないぢゃないですか!

テーブルに戻ると、すでに何かが置いてある。

サラダとタパスか。

タパスとは一品料理のことらしい。

つまり、ポテトサラダ、ローストビーフ、スペインオムレツみたいな物、全部タパス。

では一回目の記念撮影をし、いただきま~す!












まずはパンからいただこう。

プレーンにプレーンバターでモグモグ・・・パサパサ感がある。

美味いか不味いか聞かれたら、不味くはない。

所謂食べ放題なので、この辺が限界でしょうか?

むしろ、バターのバリエーションとパンのバリエーションを楽しむ方がいいかも?

プレートですが、どれも無難に美味い。

そして真打のパスタ登場、記念撮影2度目でいただきま~す!










やはり、そう来たから。

メニューのディスプレイを見て、皿がデカく、メインが少ないと思ったが、

その通りに持ってきた。

この店に、偽りなし!!!!!!!!!!!w

メニューサンプルのボリューム感の無さが、今まで訪問をしなかった要因と言えよう。

しかし、問題は味である。

因みに卓上にはカスタムアイテムは一切無し。

では、パスタを口に運びます。

モグモグ・・・鶏肉の勝ち。

鶏肉の味わいが、第一に来る。

それは濃厚であるが、チーズなどの味わいは、チキンの風合いにかき消される。

様々な味わいがあるのだが、味の喧騒をチキンが力で抑え込む。

そんな印象である。

ポルチーニ茸であるが、マッシュルームより存在を感じない。

脂身を纏ったチキンを使用している弊害と思われる。

鶏肉は基本淡白であろうと思う。

だが、鶏肉は脂身を纏うと、豹変する。

このパスタは後者である。

パスタの分野に於いて、鶏肉の脂身とはこれほど自己主著を放つか?

そう考えると、古民家カフェ鍵屋でのパスタ、脂身を感じなかった。

しかし、味に関しては、何も破綻していない。

パスタは細麺だよね。

濃厚な味わいに負けている気がした。

茹でたて提供だろうが、この細さなら、これを選んだ客が悪いとなる。

トマト系を選ばなかった、客の私の失敗である。

だが、パスタ自体はアルデンテで、パスタ自体は悪くない。

やがて完食。

しかし、まだ食える。

私はパンコーナーに行き、セサミとハラペーニョを選択。

ハラペーニョ、汗が出ました。

マジ、辛いけど・・・・

辛くない香具師って・・・・

 

ここで一句

   食べ放題

       あなたの胃には

              ツメ放題

2017年10月14日 (土)

千葉市 CEATEC2017~興味がない方にはどうでもいい四十九景

22_5

Dsc_0239_2668


Dsc_0240_2669


Dsc_0241_2670

22_6
Dsc_0242_2671

22_7
Dsc_0246_2672


Dsc_0248_2673


Dsc_0250_2674


Dsc_0253_2675


Dsc_0256_2676

22_8
Dsc_0268_2678


Dsc_0275_2679


Dsc_0287_2680


Dsc_0289_2681


Dsc_0292_2682

22_9
Dsc_0294_2683


Dsc_0295_2684


Dsc_0298_2685

22_10
Dsc_0299_2686

22_11
Dsc_0302_2687


Dsc_0308_2688

22_12
Dsc_0310_2689

22_13
Dsc_0313_2690


Dsc_0316_2691


Dsc_0322_2692


Dsc_0323_2693

22_14
Dsc_0324_2694

22_15
Dsc_0326_2695

22_17
Dsc_0330_2696

22_16
Dsc_0335_2697

22_18
Dsc_0341_2698


Dsc_0344_2699

22_19
Dsc_0346_2700

22_20
Dsc_0363_2701


Dsc_0364_2702


Dsc_0367_2703

22_21
Dsc_0369_2704

22_22
Dsc_0372_2705

22_23
Dsc_0376_2706

22_25
Dsc_0377_2708


Dsc_0379_2707


Dsc_0380_2709


Dsc_0383_2710

22_24
Dsc_0384_2711


Dsc_0391_2712


Dsc_0393_2713


Dsc_0398_2714

22_27
Dsc_0404_2715

22_26
Dsc_0407_2716


Dsc_0410_2717

今日のブログは、お酒が入っていました。

そのせいか、荒れています。w

書き直そうか考えましたが、それは大変な労力になるのでこのままに。

酒を飲んでブログを書いたり、SNSに投稿したり、ひとさまのブログにコメントしたり、

リツイートをするのはやめましょう!

信頼関係にひびが入るし、迷惑をかけるし、バカと思われます。

飲み屋なら出入り禁止です。

それにしても、藤原竜也軍団は面白い。w















10日間の間に、幕張メッセに2回訪問。

疲れる。w

完全に私の趣味の世界。

随分前から、このイベントには来ています。

ほぼ毎年来ていますかな?

電気が好きなんですね、常にビビビですから。

そんなイベントで、コンパニオンを撮影?

ばかぢゃないですか?

お姉さん目当てで来ているわけではありません。

あなた、藤原 竜也ですか?

「何で撮らね~~んだよおおおおお!!!」と言わないでください。

昨年、初めて本気でCEATECでコンパニオン撮影をしましたが、凄く緊張しました。

そういう雰囲気ではないのです。

私が一番先頭で、お姉さんを激写すると、うしろの優秀なブレーンをお持ちの皆さんは、

ドン引きして後ずさりするのです。w





ところで今年、NHKはありましたか?

無かった気がします。

それとも見逃しましたか?

今年は、規模が縮小された気がします。

大きなブースも無くなった気がします。

来年、間違いなく行くと思いますが、このイベントが縮小されるのは悲しい。

話は違いますが、このイベントのコンパニオン、特にステージでプレゼンをする方は、

皆さん、とても知的で美しい。

どちらかというと、お姉さんタイプですかね?

ニコニコ笑うだけではなく、プレゼンも出来る、その場を仕切れる。

そして美しい。

だったら撮れよか?

成程。w

 

ここで一句

    電気より

       ビビビとしたい

             お姉さん

2017年10月13日 (金)

中郡 大磯PA上り 天ざるそば

22

Dscn0808_2724

22_2
Dscn0799_2718


Dscn0803_2719

22_3
Dscn0804_2720


Dscn0805_2721


Dscn0806_2722

22_4


Dscn0807_2723

10月もそろそろ半ばである。

しかし、書いているのは、10月初旬である。

前も書いたが、このブログの悪いところは、鮮度が悪いところである。

今まで最大の時差はどれほどあったか?

1か月遅れか?

余りの時差に、1日2回更新したこともある。

鮮度重視であるなら、SNSである。

だが、食べ物の世界でも、エイジングビーフなるものがある。

熟成肉のことであるが、画像の品質を求めると、やはり一眼レフである。

今や、webを見るのにスマホが7割近いという。

実際、私のブログもスマホで見ている方が非常に多い。

機種まで分かる時代なので、ふむふむ成程と思いながら、アクセスをチェックしている。

時代は、特に電子機器は常に進化している。

IоTの時代なのだ!AIの時代なのだ!

そうだ!CEATECに行こう!

幕張に行き、電子機器の最新トレンドを見届けるのじゃ!

私は、朝5時半に起きると、幕張に向かった。







さあ、大磯だ。

何かを食べよう。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街全店制覇の偉業がかかる私だが、

やはり、朝はキチンと何かを食べたい。

選んだのは天ざるそば。

天ぷらは揚げたての如く、温かかった。

本当に揚げ立てなのか?レンジでチン!かは分からない。

天ざるよりも、天そばをお勧めします。

先は長い。w

かき揚げ、食べにくい。

2017年10月12日 (木)

富士宮市 お好み焼き ふじ 焼きそばミックス大盛り

22_21

Dscn0797_2656

22_22
Dscn0783_2657


Dscn0785_2659

22_24
Dscn0786_2660

22_23
Dscn0787_2661


Dscn0789_2662

22_25
Dscn0791_2663


Dscn0792_2664


Dscn0794_2665

22_26
Dscn0795_2666


Dscn0798_2667

車を運転していたら、おばあちゃんが鉄板の上で大量のキャベツをコテで豪快に

炒めていたのが見えたのよ。

それを見た瞬間にビビビ!と来たのよ。

久々のビビビ婚ね、結婚はしないけど。

車をUターンさせ、お店に行ったのよ。

この道、何度も通っているけど、殆どノーマークだった。

店の名前は「お好み焼き ふじ」。

もう、ビビビで食べるしかないわ。









店の中に入ると、先客は無し。

一応厨房らしきものがあるが、おばあちゃまは客席兼用の鉄板で調理するみたい。

中はレトロだわ。

ごちゃごちゃしてるともいえるけど、100万円貰っても綺麗とは言えないわ。

でもね、そんな雰囲気が好きなのよ。

アタシがガキの頃、近所にお好み焼き屋があって、小遣い持ってキャベツとちくわだけの

お好み焼きや、焼きそばを食べたわ。

ガキの頃でもそんなに美味しいと思わなかった、焼きそばやお好み焼きだけど、

このお店はどうなのかしら?

何しろ、予約と思われるお好み焼きかな?焼きそばかな?ドン!と積んである。

すると、どこかのオヤジが車で来て、それを持って行ったわ。

アタシはメニューを見て、何を注文しようか迷う、迷う。

焼きそばは何となく想像できるから、お好み焼きにしようかしら?

いろいろ悩んだ末に、焼きそばにしたわ。

ミックスの大盛りよ。

ミックスって安倍総理とは関係無いのよ。

なんか今更みたいな、ネタを使っているけど、気にしないでね。

ミックスの中身は、肉、イカ、エビ、玉子ですって。

普通盛りが600円で、大盛りは700円。

どんなのが出てくるかしら?

おばあちゃんが、鉄板の上でチャカチャカコテを使って、焼きそばを焼き始めたわ。

そうね、これは一種のライブ会場ね。

でもね、熱いのよ、鉄板の回り。

もう一台、使ってない鉄板があるので、そちらに座るわ。

一応、テーブルということで考えると、いろいろ物を置き過ぎね。

奥には小上がりの席もあるのね。

でもこの雰囲気、いいわ。

伊東市の里美で似た様な経験しているし、多少の事ではへこたれないわ。w

やがて焼きそばが出来たけど、おばあちゃん、鉄板で食べる?と聞くけど、

熱くて汗が出て、化粧が落ちるから皿に盛ってくれと言ったの。

青海苔と削り粉は後掛けタイプで、紅生姜も後乗せ。

では記念撮影をし、いただきま~す!












大盛りだけど、確かに大盛りね、ボリュームがあるわ。

作っている時は、イカの匂いがぷ~んとしてたけど、完成品はそうでもないわ。

では一口、モグモグ・・・美味しい!!!!!

今まで富士宮焼きそばをいろいろと食べてきたけど、この味が一番好きかもしれない。

まずはコッテリ濃厚なのよ。

コッテリ感はラードの為だと思うけど、なかなかいいコッテリ感ね。

食べていて、ずしりと来る味わいだわ。

ソースは甘目かしら?キレがあるとは思わないけど、ヘビー過ぎない味わいね。

一応、削り粉と青海苔、紅生姜をのせるわ。

具の海老って桜エビの干した物ね。

キャベツと豚肉も多い方ね、嬉しいわ。

麺は確かに弾力というか、歯応えを感じるわ。

でも、コシのある麺だと思えば、これ位は普通ではないかしら?

お江戸では行列の出来る焼きそば屋があるらしいから、むしろこのコシはスタンダードよ。

ああでも美味しいわ。

ソースを足したいと思わない味わいで、アタシとしてはいい塩梅。

おばあちゃん、予約の電話やらで忙しそうね。

愛されているのね。

アタシも愛されたいわ。

焼きそばが美味しいから、お好み焼きもチョー気になるわ。

それにしても、ボリュームがあるのは勿論だけど、コッテリなのでお腹に溜まるわ。

ポイントが貯まると嬉しいけど、お腹が溜まると苦しいわ。

でも本当に、美味しい焼きそばだわ。

やがて完食。

お腹いっぱいだけど、いつの間にか店もいっぱいよ。

おじいちゃんも焼きそばとか材料を買ってきて、お客さんと話をしている。

ほんと、いいお店ね。

インスタ映えばかり気にする女子連には、この良さは分からないかもね。

私みたいなバブルを経験したイケイケ系は、この良さを分かると思う。

絶対、また行くわ!次はお好み焼きよ!!!

 

ここで一句

    おばあちゃん

         コテを持たせりゃ

                 現役よ!

2017年10月11日 (水)

富士宮市 CoCo壱番屋 富士宮バイパス店 チャーシューカレーらーめん

Dscn0765_2646

22_16
Dscn0766_2647

22_17
Dscn0767_2648

22_18
Dscn0770_2649

22_19
Dscn0771_2650


Dscn0775_2651


Dscn0777_2652

22_20
Dscn0778_2653


Dscn0779_2654


Dscn0781_2655

何故か、カレーが食べたいと思い、ラーメンが食べたいと思った。

駒門PAに行けば食べられるか?愛鷹PAでも。

ああ・・・ココイチがあった。

ココイチはカレーライスしかないと思っているアナタ!

ラーメンが食べられる店があるんです!

ラーメンを提供する店は非常に少ないが、どこかにあるのです。

それも静岡の富士宮にあるのです。

桜前線などで、本栖湖周辺をお邪魔した時、何度も通り過ぎ、近所のココイチで

ラーメンを食べようとしてもやってないのです。

私の中では富士宮が一番近いので、カレーラーメンを食べに行きました。

丁度開店時刻にお店にお邪魔すると、ポールポジションをゲット!

ココイチでポールを取って、何が楽しいのか?と思われるだろうが、まさしくその通り!w

なんも楽しくはない。w

一番乗りで入ると、好きなところに座れというので、テーブル席に座る。

カウンター席もあるが、写真を撮るので恥ずかしいので、テーブルに座る。

メニューを見ると、ラーメンの限定メニューが充実しておりますね。

タレカツカレーラーメンとかつけ麺とかありますね。

ああ・・・でもチャーシューメンがありますね、これにしましょう。

うまこくチャーシューカレーラーメンを注文しますが、濃厚うまこくラーメンに変更出来るか

訊いてみました。

出来ませんと。

何ででしょうか?濃厚うまこくラーメンの上に、チャーシューを乗せるだけですよ。

おかしくないですか?

私の訊き方が悪かったのでしょうか?

海は死にますか?山は死にますか?

面倒なので、うまこくで注文します。

辛さはどうするか尋ねれるが、中辛まで無料でそれ以上は有料だと。

しかし、卓上のとび辛スパイスを使えば、無料だと。

教えてくください。

ならば、最初から無料でいいのでは?

海は死にますか?山は死にますか?

注文後、暫し待つ。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










何となく丼ぶりからパワーが伝わってこない。

濃厚うまこくよりも、スープにパワーが無いのが、視覚から伝わってくる。

まずはスープを事逗ず・・・うん、美味い。

カレーとスープが一体化し、ありきたりなカレーのルーのせとは一線を画す。

ややピリッとした刺激があり、カレーの風味は香りなども突出したものは感じない。

万人受けするカレーの味わいである。

見た目はオイリーな印象だが、この油分が味の要かもね。

具にはキャベツ、味付けされたひき肉などがのる。

チャーシューは5枚だが、3枚も選べるらしい。

価格は税込み1058円だが、チャーシューが5枚乗っている事を考えると妥当かな?

ただ、ボリューム感と言う事でいえば、もう少し頑張って欲しい。

大盛り可能であるが、普通サイズだと物足りない。

ライスを追加したりできるが、そうすると価格がどんどん跳ね上がる。

トッピングであれこれ乗せると、価格が上がる。(当たり前だが)

チャーシューは脂身も適度にあり、やわらかく美味い。

小さい感じのするチャーシューだが、ペラペラではないので、これで良しとしましょう。

刺激感が物足りないので、スパイスを追加する。

香りと刺激がアップするが、ガンガン来るものではない。

麺は太麺をチョイスした。

ややよじれた感じの麺は、コシもありスープに負けず存在感がある。

やがて完食。

スープは全部飲み干しました。

美味しいけど、濃厚うまこくを知っているので、やや物足りない。

次回は濃厚うまこくですね。

 

ここで一句

    出来ないと

        発言前に

              考える

2017年10月10日 (火)

厚木市 WAIWAI アジアのごはんやさん タイラーメン&ティットヘイコー(小丼)

22_10

Inkeddscn0763_2498_li


Dscn0761_2497


Dscn0745_2485

22_11
Dscn0746_2486


Dscn0747_2487

22_14
Dscn0749_2488


Dscn0750_2489

22_13
Dscn0751_2490

22_12
Dscn0754_2491


Dscn0755_2492


Dscn0757_2493


Dscn0758_2494

22_15
Dscn0759_2495


Dscn0760_2496

衆院選挙。

安倍の勝ちだな。

今なら絶対に野党に勝てる!

森友も加計も、不倫問題にはかすむ。

そして、民進の弱体化。

本当の勝負氏は小池ではなく、安倍。










アジアンテイストより、欧米が好きな私だが、たまにアジアンテイストな物も食べる。

しかし、アジアンテイストとは、日本も亜細亜なのだから、和食もアジアンテイストと

いうことで宜しいのでは?

そんな事を考えながら到着したのは、七沢のアジアンテイストお店、WIWI。

ワイワイと読むのは間違いないだろうが、何故にここに?と思われる場所。

店側にしてみれば、どこに店を出そうが勝手であろうが、もう少し走らせると宮ケ瀬湖。

そうです、この周辺は最近何度か訪れていて、飲食店全店制覇したろか?と思ってます。

その中でこの店は、非常に気になります。









店の隣に車を止められるが、離れたところに駐車場もある。

私は店の隣に車を止めると、店内へ。

何となく店内はアジアを感じるが、ここは七沢である。

スタッフも拝見したところ、バリバリのジャパンである。

またもやバリバリという表現を使用してしまった。

まあ、バリバリ伝説の初期の頃をよく読んでいたので。w

先客は2組ほど、先客もフロムジャパンである。

店内はテーブル席がメインであるが、カウンター席も4席ほどある。

小上がり席もあり、キャパはほどほどあるようだ。

好きなところに座れというので、窓際に座る。

窓際に座ると落ち着くのだ。

会社もレストランも、窓際が一番、落ち着く。

メニューを見ると、ワードはジャパンであった。

店先にもメニューがあったが、セットメニューがお得の様だ。

注文したのは、タイラーメン&ティットヘイコーのセット税込1058円。

ティットヘイコーって、ちゃきちゃきのフロムジャパンな私からすると、発音がし難い。

メニューの説明を読むと、角煮丼らしい。

タイラーメンにパクチーと唐辛子は入れるか?と言われたが、ドウゾドウゾとお願い。

パクチーは好き!とは言わないが、あの香りや味に抵抗感は全くない。

個人的には、ミントがバリバリ効いているのは好ましくない。

・・・またバリバリと言う表現を使ってしまった。

まあ、昔はパチンコ店ではジャンジャンバリバリと言って言っていたのでね。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ああ・・・タイラーメンだった・・・グリーンカレーラーメンを妄想していた。

何故か、タイラーメンをグリーンカレーと思い込んでしまった。

秦野のバーンタイ台所の影響だろうか?

出て来た物は、風変わりな塩ラーメンと野菜スティック丼みたいな印象。

最初はやはりラーメンですな、まずはスープを事逗ず・・・うほ!美味い!!!!!

ダシが良く出ていますね、旨み十分で美味しい!!!!!

具にはモヤシ、パクチー、ネギ、唐辛子、せんべい?みたいなものがのる。

見た目はアッサリサッパリ系だが、しっかりと旨味を感じるスープは、好印象。

次に麺をいただきます。

麺は俗に言う「フォー」ですね。

昔、レイザーラモンHGが吠えてましたね、フォー!と。

米粉の麺なので、クイッティアというのが、タイラーメンと言うのであれば正しいかな?

麺はコシよりものど越し重視かな?スルスルとのどを伝っていきます。

すると、スタッフのお姉ちゃんが、カスタムする?ということで、香辛料などを持ってきた。

ナンプラーかニョクマムか分からない魚醤と唐辛子、酢、砂糖が入っています。

それらをちょい足ししながら、自分好みの味に仕上げます。

私はナンプラーちょい足し~の、酢を足し~のがツボの味になりました。

ある程度、麺をたべたところで、丼ぶりをいただきます。

さて、この丼ぶり、どのように食べましょうか?

野菜が大きいので、ビビンバみたいに、混ぜ混ぜは難しいかな?

それでも、無理やり混ぜ混ぜすると、全体的に刺激がすくないかな?

角煮丼ということで、肉に味はあるが、野菜類には味付けは無い。

野菜と肉のバランスを考えると、カスタムアイテムの出番だ!

こちらもニョクマムと酢で調整する。

するとこちらも自分好みの味になる。

肉の味付けは、突出した味わいは感じない。

むしろ、野菜類の主張が強いかもしれない。

ご飯は、普通の国産米とお見受けしました。

小付けはズッキーニですかね、丼ぶりを完食し、ラーメンも完飲完食。

最後にデザートですが、ココナッツプリンかな?

杏仁豆腐みたいだけど、それでは絶対にない。

甘さ控えめで美味しかった。

先入観でタイ料理専門店と思ってしまいましたが、アジアの多国籍料理店?

そんな印象です。

私が食べ終えるころ、サイクリング愛好者の皆さんや、常連さんらしき方が訪れ、

店内はほぼ満席状態。

この日は、日曜日ですが、人気があるようですね。

私も是非とも、再訪問をしたいものです。

 

ここで一句

    思い込み

       ボケた頭に

            タイキック

2017年10月 9日 (月)

伊勢原市 山の宿ねぎし おとうふ会席

Dsc_0220_2548

22_5
Dsc_0219_2549


Dsc_0221_2550

22_6
Dsc_0222_2551


Dsc_0224_2554


Dsc_0225_2555


Dsc_0236_2552


Dsc_0235_2553


Dsc_0233_2562

22_7
Dsc_0226_2556

22_9
Dsc_0228_2557


Dsc_0229_2558


Dsc_0230_2559


Dsc_0231_2560


Dsc_0232_2561

22_8
Dsc_0237_2563

大山阿夫利神社に来たら、豆腐を食べないといけないようだ。

しかし、豆腐で有名な店が伊勢原にあったが、倒産。

今年の初めあたりに破産したらしい。

ならば、無理して豆腐を食べる必要はないのでは?と思うのだが、まあいいでしょう。

ケーブルカーを降りてから、どこで食べようか?お店を探しながら帰路を歩く。

途中、うちでお食べと、おばちゃんが声をかける。

その店は豆腐は自家製らしいのだが、奴と温豆腐と豆腐は3種類くらいで、あとは蕎麦。

蕎麦か・・・豆腐の定食は無いか、尋ねると無いと。

すると、蕎麦を大盛りにして、豆腐を食えと言う。

定食だと1500円とか2000円取られるから、蕎麦を大盛りにして豆腐を食えば、

腹が膨れるという。

蕎麦の大盛りだと、1000円くらいだという。

それに豆腐を足せば、1500円とかになっちゃうでしょう?

蕎麦の大盛りも400円増しではないですか。

冷静に店探しをするか。

すると、行きにも気になった、旅館のランチが気になる。

豆腐料理はともかく、猪鍋、鹿鍋などもある。

店の名前は「ねぎし」予備知識は何も無し。

何となく見た目も「インスタ映え」しそうなので、ここに決めた。

「すいませ~ん!」

私は何も悪いことはしていないが、声をかける。

すると、中からスタッフというか、お婆ちゃんが出てくる。

入口のセンサーの電源を切っていたから、分からなかったと、言い訳をする。

「ひとりだけど、いいですか?」

「ドウゾ、どうぞ」

中に案内されると、座敷席に通される。

畳の部屋にテーブルがいくつかあり、隣とは衝立で仕切られる。

メニューは豆腐会席、猪鍋、鹿鍋と単品料理。

猪鍋は美味しいところを知っているし、鹿鍋も面白そうだが・・・豆腐にしよう。

おとうふ会席1700円を選ぶ。

料理が出来るまでの間、他に客もいないので周りを見渡す。

庭が見えますね。

それでも10分ほど待ちましたか?

会席登場、記念撮影をし、いただきま~す!









御膳の上にずらりと並んだ料理は豪華に見えるが、冷や奴、おから、白和え、茶案蒸し、

煮物、ごま豆腐、漬物、水菓子、ご飯に味噌汁となる。

・・・精進料理か???お寺でお食事か???と突っ込みたくなるが、

名前が豆腐会席なので、肉類が無くても一切、文句は言えない。

料理をそれぞれ口に運ぶが、おからは味付けも上品でイケますね、白和えも上品、

茶碗蒸しも美味しいですね、煮物もいいですね、ごま豆腐も美味しい。

冷や奴は、さっぱりして美味しい。

う~~~~~~~~~む、、これでいいのか?

ケーブルカーの一区間だけ、歩いたとはいえ、汗びっしょりである。

体が血肉を求めるのに、それを拒否し、淡白な料理を選んだ。

正直、飯を食べているのに、飯を食べたい!と思ってしまう。

ご飯もほかほかで、味噌汁も美味い。

これが朝食であれば、私の体も満足しただろうが、ランチとしては物足りない。

店に責任はない。

猪鍋か鹿鍋を選ばなかった自分が悪い。

肉食系オヤジとして、単品の鮎の塩焼きは注文すべきだった。。。

 

ここで一句

     大豆はね

         畑の肉と

             言われてる

2017年10月 8日 (日)

伊勢原市 大山阿夫利神社~楽して本殿は無理な四十六景

22_7

Dsc_0130_2499


Dsc_0131_2500

22_8
Dsc_0132_2501


Dsc_0133_2502


Dsc_0135_2503

22_9
Dsc_0137_2504


Dsc_0139_2505


Dsc_0140_2506


Dsc_0143_2507


Dsc_0144_2508


Dsc_0146_2509


Dsc_0148_2510

22_10
Dsc_0149_2511

22_11
Dsc_0153_2522


Dsc_0157_2512


Dsc_0161_2513


Dsc_0163_2514

22_12
Dsc_0164_2515


Dsc_0165_2516


Dsc_0166_2517


Dsc_0167_2518

22_14
Dsc_0168_2519

22_13
Dsc_0170_2520


Dsc_0172_2521


Dsc_0173_2523


Dsc_0174_2524


Dsc_0177_2525


Dsc_0179_2526


Dsc_0180_2527

Dsc_0181_2528


Dsc_0182_2529


Dsc_0183_2530

22
Dsc_0184_2531


Dsc_0185_2532


Dsc_0186_2533


Dsc_0187_2534


Dsc_0189_2535


Dsc_0192_2536


Dsc_0193_2537


Dsc_0194_2538


Dsc_0195_2539

Dsc_0196_2540

Dsc_0197_2541

Dsc_0200_2542

Dsc_0201_2543


Dsc_0202_2544

22_2
Dsc_0203_2545

Dsc_0212_2546

草なぎがシートベルトをしないで運転で炎上。

このいきさつ、重々承知しております。

草薙に非は無し。

むしろ、炎上した方に当然、責任がある。

無知を土壌とした荒探しを露呈した。

クレーマーは、知識と注意力が浅いな。w

人生に不可欠なのは、観察力。

読みが浅い奴は、もがき苦しむ。



大山阿夫利神社に行ってみたのね。

駐車場が1回1000円で高いわね、と思ったの。

ケーブルカーでお参りをして、帰るか?と思ったのね。

ケーブルカーに乗るまで、割と歩くのよ。

私は結構、機動力のある奴だと思っているけど、歩くわね。

ケーブルカーに乗って頂上に着いた!と思ったら、本殿は歩いて90分だと。

時間的に無理だから諦めたわ。

でも、私は負けないわ。

必ずリベンジをして、本殿を写真に撮るわ。

このブログが終了するまでに行かないとね。w

 

ここで一句

     楽をして

        お参りしても

              利益無し

2017年10月 7日 (土)

伊勢原市 利しり №3極オロチョン味噌、ネギ つまみチャーシュー、ビール

1

Dscn0723_2471

22
Dscn0724_2472

1_2


Dscn0725_2473

22_2
Dscn0727_2474


Dscn0729_2475


Dscn0731_2476

22_3
Dscn0732_2477


Dscn0734_2478


Dscn0735_2479

22_4
Dscn0736_2480


Dscn0739_2481

22_5
Dscn0740_2482

この辛味、覚醒します。

覚醒モード!!!


Dscn0742_2483

22_6
Dscn0743_2484

たんぽぽで酒を飲んだが、もう少し飲みたい。

どこか無いか?と探すが、いまだ入ったことの無い店もある。

そこに行こうかと思ったが、利しりがあったな。

夜の6時から開店という、我がブログにしてみれば、通常は訪問不可能な店である。

しかし、以前伊勢原に宿泊をしたとき、訪問をしたことがある。

次の日も休みなので、たまには夜にラーメンを食べるのもいいでしょう。

時刻は8時を過ぎていた。

徒歩で向かうと、店の前は車で満車状態。

中に入ると満席だったが、丁度座敷席のテーブルが空いた。

そこに案内されるが、着席する前に瓶ビールとつまみチャーシューを注文する。

ビールが550円、つまみチャーシューが320円。

すぐにビールとツマミは来た、記念撮影をし、かんぱ~い!








ぶつ切りのチャーシューにネギとおろしニンニクがのっている。

これで320円なら、お安いのでは?そんな気がします。

ビールはアサヒとキリンが選べるようです。

私はキリンを選びました。

チャーシューは少々タレがかかったものです。

おろしニンニクは良いですね。

翌日臭うでしょうが、この様なワイルドなつまみもいいものです。

チャーシューをつまみながら、ビールを空けると、追加は無しでラーメンを注文。

前回は№4の味噌オロチョンを注文しましたが、記憶の中では結構辛いものでした。

今回は酒の力を借りて、その上に挑戦します。

生ビール3杯、瓶ビール1本でほぼ麻酔をしたような状態。

酒で麻痺しているので、辛くても分からないかもしれません。

№3の極オロチョンのネギトッピングを注文しました。

名前は凄いけど、まだまだ上には4段階の辛さがある。

まあ、一生それらを注文することは無いでしょう。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










この店、普通盛でも大盛りで通用するボリューム感があります。

丼ぶりが大きいので、かなりボリューム感があります。

ネギは別皿で提供されます。

では、まずはスープを事逗ずz・・・ぐは!!!!!!辛い!!!!

直撃型ではありませんが、一口含んだだけで、辛いと分かる。

酒で麻痺をしているはずだが、麻酔が効かないね。w

だめだわ!!!w

そういいつつも、味が良いのは確か。

味噌の風味とニンニクが少々効いている。

辛味噌ラーメンと考えても、十分納得できる美味さである。

炒めた野菜やメンマの上にネギを散らす。

ネギラーメンと言うほど、ネギがたっぷりとは思わないな。

麺のボリューム感もあるので、さすがの私も腹が膨れてきた。

もっとも、野菜炒めを食べているけどね。w

麺はややパツンとした食感で、中太麺で美味い。

しかし、つらい。

辛い。

辛く、からい。

つらい、からい・・・からいぢゃないかああああああああああああああああああああ!!!

俺を殺す気か??????????????????

段々食べていて、ガッディムになってきた。

あまりの辛さにガッディムである!

何しろ、汗が噴き出て止まらない。

隣に女性3人が座っているので、ジェントルマン的に汗を拭う。

あ~~~辛い!!ファックなラーメンだ!

「ママ~、あのオジサン、泣いているよ」

「指をさすんじゃありません!」

と、軽い過剰演出を入れる。

とにかく、タオルを離すとすぐに汗が滴るので、タオルを離せない。

何とか麺は完食する。

スープが美味いから飲みたいのだが、辛くて飲めない。

たっぷりのスープを残して、お会計。

ビールが550円、ツマミが320円、ネギ100円、ラーメンは・・・870円かな?

前回とほぼ同じパターンだが、辛さはとてもじゃないが、勘弁して!

また機会があったら行きましょう!

  

ここで一句

    悶絶も

       何度かすると

             快感に

2017年10月 6日 (金)

伊勢原市 たんぽぽ 野菜炒め、生ビール

Dscn0709_2461

22_2
Dscn0710_2462


Dscn0712_2463


Dscn0713_2464


Dscn0714_2465


Dscn0715_2466


Dscn0717_2468

22_3
Dscn0719_2469

22_4
Dscn0720_2470

千葉からの帰り、遅くなることが予想されていたので、伊勢原にホテルを借りた。

何故伊勢原か?

他にホテルが取れなかった。

それだけである。

それに、明日はまた別の観光に行く予定がある。

ホテルにチェックインをすると、すでに7時を過ぎていた。

軽く飲むか?

私はホテルを出ると、国道246号を東京方面に歩く。

この界隈、なんだかんだで、これで4回目?3回目?

私としては、何の縁もゆかりもないこの地で夜を楽しんでいます。

前回はどさん子でちょい飲みをしたが、今回はお隣のたんぽぽで飲んでみよう。

たんぽぽはらーめん店で、昼間の利用は2回ほどした。

一度目はチャーシュー定食、二度目はセットを食べた。

夜も営業をしているので、ここでちょい飲みをしてみましょう。

階段を上り、中に入るとママが一人でテレビを見ている。

私を確認すると、いらっしゃい!と声をかけると、店の明かりを点ける。

すでに営業時間を過ぎているが、夜はお暇な様ですね?

メニューを見ると、ビールと日本酒、チューハイ類か?ハイボールは無し。

まずは生ビールを注文し、野菜炒めが単品であるのでそれを注文、

すぐに生ビールが先に来て、記念撮影をし、いただきま~す!









お通しがマカロニサラダだね。

生ビールが500円で野菜炒めが550円。

テレビがあるので、見ながら生ビールを飲む。

マカロニサラダは、可もなく不可もなく。

やがて野菜炒めが来る。

ソース味のそれをつまみながら、生ビールを追加。

口を休めることもなく、ひたすら食べ続ける。

野菜炒めとして考えると、野菜はしなしなかな?

もう少しシャキシャキ感が欲しい様な気がする。

でも、キャベツがシャキシャキしているので、それでいいか?

3杯目の生ビールを追加し、野菜炒めも完食。

他に客もいないし、お勘定をする。

合計2050円のはずだが、いくら支払った覚えてない。w

レシート?無い。w

ハイボールがメニューに掲載された、また行きたいと思います。

 

ここで一句

     〆に麺

       ビールだけでは

              無理ですね

2017年10月 5日 (木)

千葉市 ペッシェドーロ幕張新都心店 モッツァレラチーズのトマトソースのパスタセット

22_5

Dsc_0128_2453

22_6
Dsc_0129_2454

22_7
Dscn0699_2455


Dscn0700_2456

22_8
Dscn0703_2457


Dscn0704_2458

22_9
Dscn0706_2459


Dscn0707_2460

今回、幕張に到着をしたのが11時半前。

毎度の事だが、ゲームショウは並び、待つ!一日の入場者が10万人を超えるので、

どうしても時間がかかる。

更に、手荷物チェックもあるので、朝一で行っても待たされるのであれば、

時間をずらして行ってみると、それほど待たずに入場出来たが、それでも15分から

20分ほど待たされた。

日本人は素晴らしいね、列を乱す奴もいないし、我慢強いよ。

その後、3時頃までウロウロし、帰るか?となるが、やはり食べるか。

もう、全店制覇が見えて来た、イオンモール幕張新都心店のレストラン街へ向かう。

どこへ行こうか?

まだ行ったことの無い店はあるか?

あるな。

まだ数軒、行ったことの無い店がある中で、パンケーキを扱っている店がある。

パンケーキもたまにはいいかな?

いや、ちゃんとした食事をしたいね。

パスタセットの設定があるので、それにしましょう。

それにしても、時刻は3時半にそろそろなろうかとしているが、店内はほぼ満席。

この日は休日なので、それも勿論あるだろうが、それにしても良く入っている。

メニューを見ると、パスタセットのメニューもいろいろあるようだが、シンプルがいいか?

私が選んだのは、モッツァレラチーズとトマトのパスタ。

サラダとドリンクが付いて、税込みで1598円。

結構いい値段である。

パスタだけにしようかと思ったが、少しリッチな気分でいきますか?

ドリンクはアイスコーヒーにした。

注文後、店内を見渡す。

家族連れが多いね、あと女性同士。

お洒落な空間なので、オヤジ一人は少し片身が狭いか?

すると、サラダとドリンクが先に出てくる。

まさかの先出しかよ!

どうも、こちらのお店は、注文されたらどんどん持ってくるシステムらしい。

やがてパスタ登場、記念撮影をし、いただきま~す!







トマトソースの海の中に、モッツァレラチーズがところどころに浮かぶ。

ボリューム的にはまあまあかな?

女性には十分だろうね。

卓上にはタバスコ、粉チーズなどは無い。

パルメザンチーズはある程度、かけられている。

では食べてみましょう。

モグモグ・・・チーズがフォークに絡むな。

少し、ニンニクの香りがし、美味しいですね。

ジョリーパスタみたいな感じかな?

サラダも葉物が中心だが、それなりにいける。

パスタは細麺ですが、冷凍なのか乾麺なのかは不明。

生パスタではないね。

ソースの味わいが濃厚なので、細いパスタだとパスタ自体の味わいが消えますね。

パスタを食べ終えると、コーヒーをいただきます。

氷が溶けて、少し味わいが薄いかな?

やがて完食。

税込みで1600円近い価格ですが、正直コスパ的に厳しいかな。

ショバ代があるので、この手の施設の中のレストランの宿命かもしれませんが。

味は悪くはありません。

子供連れが多いので、飲み物を先に出すのが当たり前なのかな?

今年中に全店制覇出来そうだ!(フードコート除く)

 

ここで一句

    もう少し

      駅まで歩け

                       店がある

2017年10月 4日 (水)

千葉市 2017年東京ゲームショウ~3年ぶりの復活!厳選七十一景

1

Dsc_9607_2584

22
Dsc_0018_2572

Dsc_0024_2573

22_13
Dsc_0027_2574

22_14
Dsc_0031_2575


Dsc_0045_2576

22_15
Dsc_0053_2577

22_16
Dsc_0064_2578


Dsc_0078_2579


Dsc_0093_2580


Dsc_0086_2645


Dsc_0106_2582


Dsc_0112_2583


Dsc_9628_2585


Dsc_9651_2586

22_17
Dsc_9666_2587


Dsc_9668_2588


Dsc_9672_2589


Dsc_9673_2590


Dsc_9684_2591


Dsc_9693_2592


Dsc_9699_2593


Dsc_9702_2594


Dsc_9712_2595


Dsc_9720_2596


Dsc_9722_2598


Dsc_9729_2597


Dsc_9742_2599


Dsc_9749_2600

22_18
Dsc_9758_2601


Dsc_9765_2602


Dsc_9769_2603


Dsc_9775_2606


Dsc_9778_2605


Dsc_9783_2607


Dsc_9800_2608


Dsc_9808_2609


Dsc_9815_2610


Dsc_9822_2611


Dsc_9826_2612


Dsc_9827_2613


Dsc_9836_2614


Dsc_9844_2615


Dsc_9847_2616


Dsc_9849_2617


Dsc_9851_2618

22_19
Dsc_9855_2619


Dsc_9860_2620


Dsc_9884_2621


Dsc_9887_2622


Dsc_9890_2623


Dsc_9905_2624


Dsc_9910_2625


Dsc_9914_2626


Dsc_9917_2627


Dsc_9921_2628


Dsc_9926_2629


Dsc_9933_2630


Dsc_9935_2631


Dsc_9939_2632


Dsc_9942_2633


Dsc_9945_2634


Dsc_9949_2635


Dsc_9953_2636


Dsc_9957_2637


Dsc_9960_2638


Dsc_9964_2639


Dsc_9978_2640


Dsc_9986_2641


Dsc_9987_2642

22_20
Dsc_9995

我がブログの読者様。

テレビ局関係の皆様、著名ブロガ‐の皆様、大学関係者、著名企業の方、官公庁の皆様、

そしてコアな皆様。

お待たせしました。

一度は引退を宣言をしたゲームショウに、行ってきました。

私のテーマはただ一つ、過去最高!

ゲームショウの画像に於いて、今年が最高であり、最強。

それしかない!

多くを語る必要はないでしょう!

本道コンテンツ、イベントコンパニオン!

400枚を超える画像が、日の目を見ないのか?

酷である。www








ところで、撮影をしてから10日ほどお待たせしましたが、

一部の方は、私が撮影した翌日に、とある場所で撮影画像を見る機会がありました。

このブログの時系列を乱したくないので、こちらの公開が遅くなりましたが、

速報的な要素も必要だよな、とインスタなどを見ると、思うわけであります。

まあ、この先いろいろ後継候補を考えております。

その分、文章も画像もずぼらになりそうですが。w

ここで一句

    綺麗より

       エロを求める

             オヤジかな?

2017年10月 3日 (火)

中郡 大磯PA上り 天ぷらそば、ミニカレーセット

22_7

Dscn0698_2390

22_8
Dscn0693_2391

22_9
Dscn0694_2392


Dscn0695_2393

22_10
Dscn0696_2394


Dscn0697_2395

アムロ、来年引退。

恐らく同時期にデー家滅亡。

本音を言えば、桜前線で滅亡したい。

桜の開花を求め、そしてブログも散る。

散る美学、求めたい。












我がブログのディープな読者様であれば、私がここに立ち寄り、食べる!

と言う事実がどういうことであるか、察しであろう。

そうです。

その通りです。

このセット、結構腹が膨れるな。

 

一句省略。

その代り、過去3年のデータをもとに、我がブログの人気ランキングを発表。

前回1位から10位だったので、今回は11位から30位までどうぞ。

第11位

厚木市 ごはん処かつ庵厚木長谷店 えび+ロースかつ定食
zard.air-nifty.com/blog/2017/01/post-2.html

順位に変動あり

第12位

沼津市 北口亭 餃子12個
zard.air-nifty.com/blog/2014/05/post-1.html

第13位

静岡市 NEOPASA 静岡 上り イップウドウヌードルエキスプレス
zard.air-nifty.com/blog/2012/05/saippudo-noodle.html

何ででしょうか?

第14位

沼津市 千楽 北口店 カツハヤシ
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-5.html

日系人みたいな名前

第15位

南足柄市 力太商店 辛ネギ味噌ラーメン大盛り+炙りチャーシュー二枚
zard.air-nifty.com/blog/2015/04/post-17.html

第16位

静岡市 山女の里 見月茶屋 野生猪鍋、やまめ塩焼き、野生猪串焼き
zard.air-nifty.com/blog/2012/01/post-3.html

第17位

伊東市 万里食堂 唐揚げ定
zard.air-nifty.com/blog/2015/02/post-23.html

第18位

伊東市 めしの駅 山田食堂 ミックスフライ定食
zard.air-nifty.com/blog/2016/05/post-6.html

第19位

諏訪市 炭火と地酒のたつじん 生ビール、モツ煮、とろしろ、まるちょう他:...
zard.air-nifty.com/blog/2014/07/post-11.html

第20位

中郡 肉の清水 メンチカツ、ローストビーフ、餃子
zard.air-nifty.com/blog/2013/08/post-1c2f.html

第21位

藤沢市 星乃珈琲店 片瀬店 フレンチモーニングセット、窯焼きスフレパンケーキ
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-3.html

第22位

静岡市 とんかつ宇田川 ロースカツ定食B
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-6.html

第23位

三島市 味の終着駅 次郎長 みそチャーシューラーメン
zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-34f9.html

第24位

銚子市 犬若食堂 サル海老のかき揚げ定食
zard.air-nifty.com/blog/2013/06/post-8.html

第25位

甲府市 どてやき下條 生ビール、レバー塩焼き、どてたまご
zard.air-nifty.com/blog/2014/08/post-592f.html

第26位

足柄上郡 大井商店マックス ネギラーメン大盛り
zard.air-nifty.com/blog/2016/05/post-1.html

第27位

沼津市 にし与 まぐろ丼(あじフライ付)
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-10.html

第28位

北杜市 仙人小屋 焼き松茸定食、キノコの天ぷら
zard.air-nifty.com/blog/2012/10/post-4.html

第29位

銚子市 丼ぶり、定食屋 久六 きんめ鯛づけ丼
zard.air-nifty.com/blog/2012/02/post-5.html

第30位

秦野市 たぬきち本店 カツカレー
zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-7b4d.html

正直、我が読者様の傾向と対策が分からん。w

イベントコンパニオンは求められていないようです。w

観光も。

どちらにしても、今まで通り、更新していきます。

2017年10月 2日 (月)

愛甲郡 宮ケ瀬ダム~結構楽しめる二十六景

22

Dsc_9541_2362


Dsc_9542_2363


Dsc_9544_2364

Dsc_9546_2365


Dsc_9547_2366


Dsc_9548_2367


Dsc_9549_2368

22_2
Dsc_9550_2369


Dsc_9552_2370

22_3
Dsc_9554_2371


Dsc_9555_2372


Dsc_9557_2373


Dsc_9558_2374


Dsc_9560_2375

22_3
Dsc_9562_2376


Dsc_9564_2377

22_4
Dsc_9565_2378

22_5
Dsc_9566_2379


Dsc_9584_2385


Dsc_9575_2382


Dsc_9579_2383


Dsc_9580_2384


Dsc_9585_2386


Dsc_9592_2387


Dsc_9593_2388

22_6
Dsc_9594_2389

宮ケ瀬ダム、いいですよ。

ダムの貯水率が気になりますが。

今までいくつかのダムを見に行きましたが、ダムを下から見上げるのは、

なかなかないと思います。

エレベーターは無料です。

ケーブルカーみたいなものは、有料です。

弁当持参で家族で来れば、お父さんの財布も大助かり。

もっともここに来るまでガソリン代がかかりますが。w

 

ここで一句

    ダムとはね

        カラオケだとは

               思わない

2017年10月 1日 (日)

平塚市 三幸苑 サンマーメン大盛り

Dscn0692_2361

22_9
Dscn0684_2355

22_10
Dscn0686_2354


Dscn0687_2356

22_11
Dscn0688_2357

22_12
Dscn0689_2358


Dscn0690_2359

22_13
Dscn0691_2360

平塚まで来たのであれば、いつも気になっていた店があるので、そこに行ってみた。

店の名前は「三幸苑」。

横浜に同じ名前の店があったよね。

確かあの店でチャーメンを食べたね。

ニンニクが凄く効いていたね。

平塚の三幸苑もニンニクバリバリらしいね。

この時代、バリバリという表現を使う自分もなんだが・・・

中に入ると、「相席でお願いします」といきなり言われる。

カウンター席とテーブル席があるが、なるほど、相席で無いと無理そうです。

適当に座るとメニューを眺める。

サンマーメンが筆頭で、タンメン、ラーメン、餃子、チャーハンといろいろある。

店内のニンニク臭から推測すると、タンメン、味噌ラーメン、炒め物、餃子は

回避した方がいいようだ。

サンマーメンならニンニクは使わないだろう。

本当はニンニクが効いたものが食べたいが、我慢しよう。

サンマーメン大盛り770円を注文する。

ラーメンが出来るまでの間、店内を観察する。

結構、年期を感じる店内である。

50年くらい営業をしているのですかね?

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












まさかの塩味、まさかのニンニク臭。

何と、醤油スープにモヤシ餡と思っていたら、想像と違う物が出て来た!

これがサンマーメン?タンメンではないの?

確かにとろみがある。

ところで、この手のサンマーメン、どこかで食べた気がする。

伊東市の阿於喜食堂で食べたね。

あそこのサンマーメンもタンメンか?と思ったが、ニンニク臭は無かった。w

まあいい、まずはスープを事逗ずず・・・美味いね~~~~~!!!!!

ニンニクが効いています!香り、味とニンニクが効いているが、美味い!!!!!

野菜、肉がゴロゴロしている。

白菜や韮、玉ねぎなどが目立ち、もやしは控えめ。

サンマーメンの概念からすれば、邪道中の邪道である。

麺を引き上げると、黄色がやや強い。

中太麺の範疇ですね、玉子麺ではないでしょうか?

食べてみると、コシもあり美味い!

加水率がやや低いと思われるが、ニンニク臭の漂うスープに負けない麺ですね。

塩加減に関しては、個人的に好みの範囲。

味が濃いとは思いません。

スープ自体も美味いのでしょうが、大量の野菜と肉が炒められた餡からも旨味を感じる。

卓上に酢があるので、それを少し投入し、コショウも投入する。

大盛りを注文したけど、ボリューム感は十分ですね。

麺も野菜も食べ応えがある。

やがて完食。

スープは泣く泣く半分ほど残しました。

完飲すれば、口からガーリックスメルが放出されるであろう。

いや~、美味しかった!!!

ハッキリ言って、クセになる味!

クセ~けど、クセになる味!

もう、また食べたい!再訪問したい!スープを全部飲みたい!

餃子も食べたい!味噌ラーメンも食べたい!!!


ああ・・・息が少しクサイ。w

 

ここで一句

    クセになる

       クサイ奴ほど

             クセになる

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »