フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊勢原市 大山阿夫利神社~楽して本殿は無理な四十六景 | トップページ | 厚木市 WAIWAI アジアのごはんやさん タイラーメン&ティットヘイコー(小丼) »

2017年10月 9日 (月)

伊勢原市 山の宿ねぎし おとうふ会席

Dsc_0220_2548

22_5
Dsc_0219_2549


Dsc_0221_2550

22_6
Dsc_0222_2551


Dsc_0224_2554


Dsc_0225_2555


Dsc_0236_2552


Dsc_0235_2553


Dsc_0233_2562

22_7
Dsc_0226_2556

22_9
Dsc_0228_2557


Dsc_0229_2558


Dsc_0230_2559


Dsc_0231_2560


Dsc_0232_2561

22_8
Dsc_0237_2563

大山阿夫利神社に来たら、豆腐を食べないといけないようだ。

しかし、豆腐で有名な店が伊勢原にあったが、倒産。

今年の初めあたりに破産したらしい。

ならば、無理して豆腐を食べる必要はないのでは?と思うのだが、まあいいでしょう。

ケーブルカーを降りてから、どこで食べようか?お店を探しながら帰路を歩く。

途中、うちでお食べと、おばちゃんが声をかける。

その店は豆腐は自家製らしいのだが、奴と温豆腐と豆腐は3種類くらいで、あとは蕎麦。

蕎麦か・・・豆腐の定食は無いか、尋ねると無いと。

すると、蕎麦を大盛りにして、豆腐を食えと言う。

定食だと1500円とか2000円取られるから、蕎麦を大盛りにして豆腐を食えば、

腹が膨れるという。

蕎麦の大盛りだと、1000円くらいだという。

それに豆腐を足せば、1500円とかになっちゃうでしょう?

蕎麦の大盛りも400円増しではないですか。

冷静に店探しをするか。

すると、行きにも気になった、旅館のランチが気になる。

豆腐料理はともかく、猪鍋、鹿鍋などもある。

店の名前は「ねぎし」予備知識は何も無し。

何となく見た目も「インスタ映え」しそうなので、ここに決めた。

「すいませ~ん!」

私は何も悪いことはしていないが、声をかける。

すると、中からスタッフというか、お婆ちゃんが出てくる。

入口のセンサーの電源を切っていたから、分からなかったと、言い訳をする。

「ひとりだけど、いいですか?」

「ドウゾ、どうぞ」

中に案内されると、座敷席に通される。

畳の部屋にテーブルがいくつかあり、隣とは衝立で仕切られる。

メニューは豆腐会席、猪鍋、鹿鍋と単品料理。

猪鍋は美味しいところを知っているし、鹿鍋も面白そうだが・・・豆腐にしよう。

おとうふ会席1700円を選ぶ。

料理が出来るまでの間、他に客もいないので周りを見渡す。

庭が見えますね。

それでも10分ほど待ちましたか?

会席登場、記念撮影をし、いただきま~す!









御膳の上にずらりと並んだ料理は豪華に見えるが、冷や奴、おから、白和え、茶案蒸し、

煮物、ごま豆腐、漬物、水菓子、ご飯に味噌汁となる。

・・・精進料理か???お寺でお食事か???と突っ込みたくなるが、

名前が豆腐会席なので、肉類が無くても一切、文句は言えない。

料理をそれぞれ口に運ぶが、おからは味付けも上品でイケますね、白和えも上品、

茶碗蒸しも美味しいですね、煮物もいいですね、ごま豆腐も美味しい。

冷や奴は、さっぱりして美味しい。

う~~~~~~~~~む、、これでいいのか?

ケーブルカーの一区間だけ、歩いたとはいえ、汗びっしょりである。

体が血肉を求めるのに、それを拒否し、淡白な料理を選んだ。

正直、飯を食べているのに、飯を食べたい!と思ってしまう。

ご飯もほかほかで、味噌汁も美味い。

これが朝食であれば、私の体も満足しただろうが、ランチとしては物足りない。

店に責任はない。

猪鍋か鹿鍋を選ばなかった自分が悪い。

肉食系オヤジとして、単品の鮎の塩焼きは注文すべきだった。。。

 

ここで一句

     大豆はね

         畑の肉と

             言われてる

« 伊勢原市 大山阿夫利神社~楽して本殿は無理な四十六景 | トップページ | 厚木市 WAIWAI アジアのごはんやさん タイラーメン&ティットヘイコー(小丼) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事