フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊勢原市 山の宿ねぎし おとうふ会席 | トップページ | 富士宮市 CoCo壱番屋 富士宮バイパス店 チャーシューカレーらーめん »

2017年10月10日 (火)

厚木市 WAIWAI アジアのごはんやさん タイラーメン&ティットヘイコー(小丼)

22_10

Inkeddscn0763_2498_li


Dscn0761_2497


Dscn0745_2485

22_11
Dscn0746_2486


Dscn0747_2487

22_14
Dscn0749_2488


Dscn0750_2489

22_13
Dscn0751_2490

22_12
Dscn0754_2491


Dscn0755_2492


Dscn0757_2493


Dscn0758_2494

22_15
Dscn0759_2495


Dscn0760_2496

衆院選挙。

安倍の勝ちだな。

今なら絶対に野党に勝てる!

森友も加計も、不倫問題にはかすむ。

そして、民進の弱体化。

本当の勝負氏は小池ではなく、安倍。










アジアンテイストより、欧米が好きな私だが、たまにアジアンテイストな物も食べる。

しかし、アジアンテイストとは、日本も亜細亜なのだから、和食もアジアンテイストと

いうことで宜しいのでは?

そんな事を考えながら到着したのは、七沢のアジアンテイストお店、WIWI。

ワイワイと読むのは間違いないだろうが、何故にここに?と思われる場所。

店側にしてみれば、どこに店を出そうが勝手であろうが、もう少し走らせると宮ケ瀬湖。

そうです、この周辺は最近何度か訪れていて、飲食店全店制覇したろか?と思ってます。

その中でこの店は、非常に気になります。









店の隣に車を止められるが、離れたところに駐車場もある。

私は店の隣に車を止めると、店内へ。

何となく店内はアジアを感じるが、ここは七沢である。

スタッフも拝見したところ、バリバリのジャパンである。

またもやバリバリという表現を使用してしまった。

まあ、バリバリ伝説の初期の頃をよく読んでいたので。w

先客は2組ほど、先客もフロムジャパンである。

店内はテーブル席がメインであるが、カウンター席も4席ほどある。

小上がり席もあり、キャパはほどほどあるようだ。

好きなところに座れというので、窓際に座る。

窓際に座ると落ち着くのだ。

会社もレストランも、窓際が一番、落ち着く。

メニューを見ると、ワードはジャパンであった。

店先にもメニューがあったが、セットメニューがお得の様だ。

注文したのは、タイラーメン&ティットヘイコーのセット税込1058円。

ティットヘイコーって、ちゃきちゃきのフロムジャパンな私からすると、発音がし難い。

メニューの説明を読むと、角煮丼らしい。

タイラーメンにパクチーと唐辛子は入れるか?と言われたが、ドウゾドウゾとお願い。

パクチーは好き!とは言わないが、あの香りや味に抵抗感は全くない。

個人的には、ミントがバリバリ効いているのは好ましくない。

・・・またバリバリと言う表現を使ってしまった。

まあ、昔はパチンコ店ではジャンジャンバリバリと言って言っていたのでね。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ああ・・・タイラーメンだった・・・グリーンカレーラーメンを妄想していた。

何故か、タイラーメンをグリーンカレーと思い込んでしまった。

秦野のバーンタイ台所の影響だろうか?

出て来た物は、風変わりな塩ラーメンと野菜スティック丼みたいな印象。

最初はやはりラーメンですな、まずはスープを事逗ず・・・うほ!美味い!!!!!

ダシが良く出ていますね、旨み十分で美味しい!!!!!

具にはモヤシ、パクチー、ネギ、唐辛子、せんべい?みたいなものがのる。

見た目はアッサリサッパリ系だが、しっかりと旨味を感じるスープは、好印象。

次に麺をいただきます。

麺は俗に言う「フォー」ですね。

昔、レイザーラモンHGが吠えてましたね、フォー!と。

米粉の麺なので、クイッティアというのが、タイラーメンと言うのであれば正しいかな?

麺はコシよりものど越し重視かな?スルスルとのどを伝っていきます。

すると、スタッフのお姉ちゃんが、カスタムする?ということで、香辛料などを持ってきた。

ナンプラーかニョクマムか分からない魚醤と唐辛子、酢、砂糖が入っています。

それらをちょい足ししながら、自分好みの味に仕上げます。

私はナンプラーちょい足し~の、酢を足し~のがツボの味になりました。

ある程度、麺をたべたところで、丼ぶりをいただきます。

さて、この丼ぶり、どのように食べましょうか?

野菜が大きいので、ビビンバみたいに、混ぜ混ぜは難しいかな?

それでも、無理やり混ぜ混ぜすると、全体的に刺激がすくないかな?

角煮丼ということで、肉に味はあるが、野菜類には味付けは無い。

野菜と肉のバランスを考えると、カスタムアイテムの出番だ!

こちらもニョクマムと酢で調整する。

するとこちらも自分好みの味になる。

肉の味付けは、突出した味わいは感じない。

むしろ、野菜類の主張が強いかもしれない。

ご飯は、普通の国産米とお見受けしました。

小付けはズッキーニですかね、丼ぶりを完食し、ラーメンも完飲完食。

最後にデザートですが、ココナッツプリンかな?

杏仁豆腐みたいだけど、それでは絶対にない。

甘さ控えめで美味しかった。

先入観でタイ料理専門店と思ってしまいましたが、アジアの多国籍料理店?

そんな印象です。

私が食べ終えるころ、サイクリング愛好者の皆さんや、常連さんらしき方が訪れ、

店内はほぼ満席状態。

この日は、日曜日ですが、人気があるようですね。

私も是非とも、再訪問をしたいものです。

 

ここで一句

    思い込み

       ボケた頭に

            タイキック

« 伊勢原市 山の宿ねぎし おとうふ会席 | トップページ | 富士宮市 CoCo壱番屋 富士宮バイパス店 チャーシューカレーらーめん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事