フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月18日 (土)

静岡市 明月 天丼

22
Dscn1217_2973

Dscn1218_2974

22_2
Dscn1223_2977

22_3
Dscn1220_2975


Dscn1221_2976

22_4
Dscn1224_2978


Dscn1226_2979


Dscn1228_2980

22_12
Dscn1229_2981

22_6
Dscn1230_2982

静岡のイベントで、今までオートスタイルやホビーショーなど訪問したが、

大道芸が一番、イベントとしていいのではないかい?

やはり、規模が違うね。

広い駿府城公園だけではなく、街中もイベント会場。

おかげで、幕張メッセやビッグサイトよりも歩いたわ。w

歩き回ったので、もう一軒行きましょう。

同じく、青葉通りを歩き回ると、老舗感のある店を発見。

少し破れかけた暖簾、錆びて穴の開いた看板。

どうやら天ぷら専門店らしい。

静岡に住んでたこともある私だが、知りませんでしたね。

気になるので入ってみましょう。



店の名前は「明月」、何となく焼肉屋ぽい店名でしょうか?

勿論、予備知識などは無し。

ガラスのショーケースには、天丼がディスプレイされていますが、天丼がメインですか?

かき揚げ丼が2000円?天丼よりもかき揚げ丼の方が高い?

う~~ん、気になるな~。

中に入ると、やや広い店内。

カウンター席は横に長く、小上がり席がある。

先客は無し。

この日は日曜日なのだが、先客無しは少し、寂しい。

一応メニューを見るが、かき揚げ丼にしましょうかね?

すると、お勧めとして1200円の天丼がある。

それにしましょうか?

1200円の天丼を注文する。

スタッフはおばあちゃまと奥様ですか?

天ぷらはおばあちゃんが揚げる様ね。

テレビがあるので、テレビを見ながらボケ~っと待つ。

今日は18日だが、テレビではトランプ大統領訪日を報じていた。(何日経った?)

やがて天丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!










店の内外は、老舗の様な雰囲気だが、天丼は至って普通。

てんやなどのチェーン店で天丼が食べられることを考えると、海老、鱚、野菜と

この内容で1200円だと、申し訳ないがコスパ的に不利ですね。

野菜は、ピーマンと茄子。

まずはピーマンから、モグモグ・・・丼ツユが意外と若い印象。

熟成感を感じず、サラリとした丼ツユだと思う。

更に意外だなと思ったのは、香りを感じない。

つまり、ゴマ油ですね。

専門店だから、ゴマ油をブレンドしたものでしょうが、鼻に抜ける香りが乏しい。

ご飯は丼ツユが浸みていますが、それほどホカホカ感は無し。

味噌汁は豆腐とワカメです。

茄子は大きめの物で、口に入れると茄子汁がビュワー!と出て来て熱かったが、

これはこれで勿論良し、美味しい。

海老はブラックタイガーですね、プリプリした食感です。

鱚はやや小さめ、これも揚げ上がりがカラッとして美味しい。

やがて完食。

何と言いましょうか、家庭的な味わいの天丼だと思いました。

揚げる技は勿論、冴えていると思いますが、油や味わいなどは、特徴的な物は

感じませんでした。

会計時、かき揚げ丼の事を質問してみました。

「天丼より高いかき揚げって、サイズが大きいのですか?」

「いいえ、丼ぶりを覆う様な大きさで、特に大きくはないです」

誰かが、この謎を解明してくれるだろう。w

 

ここで一句

    気になるが

        惜しく感じる

             二千円

2017年11月17日 (金)

静岡市 喰海 ローストビーフ丼

22_41
Dscn1215_2964

Dscn1214_2965


Dscn1202_2963

22_42
Dscn1216_2966

22_43
Dscn1204_2967

22_44
Dscn1206_2968

22_45
Dscn1207_2969

22_46
Dscn1209_2970


Dscn1210_2971

22_47
Dscn1211_2972

大道芸、一番早い物でも11時からだった。

10時前に到着をし、駿府城公園内をうろうろし、ベーコンを食べたりしたが、

先に昼飯を食べようか?と思っても、それらも11時から。

順番的には大道芸は、ランチの後からなのですが、駿府城公園が先だったので、

大道芸を先に公開しました。

前日のモーターショーと合わせると、画像枚数100枚を軽々と突破。

スクロールをするのが面倒かもしれませんが、宜しくお願いします。

青葉通りのパフォーマンスをチラッと見て、本日第1回目のランチをする事に。

どこにしようか探すと、ランチメニューの大きな看板を見つける。

店の入口は見えなかったが、地下にランチをやっている店がある。

メニューにはローストビーフ丼、グリーンカレー、ねこまんま、網焼き豚丼、日替わり、

静岡おでんと無国籍風?

ねこまんま丼って何よ?w面白そう!

店の名前は「喰海」、予備知識は無い。

ここにしましょう!

細い階段を降りると、店の入口がある。

中に入ると、スナックというかカラオケバー。

メインは夜であろうが、ランチ営業もしているようですね。

席はカウンター席がメインのようですね。

ランチメニューは、ボードに書いてありましたが、内容は表と一緒。

ローストビーフ丼が美味そうに見えたので、それにします。

税込みで1000円になります。

スタッフは店主とマダムが2人だな。

男一人、女二人ですね。

因みに、この時点で先客はゼロだが、注文後二人入店してきた。

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!










丼ぶりはやや小さめだが、はみ出したローストビーフはGoodですね。

薬味と玉子の黄身、タレなどがかけられており、ビジュアル的に食欲が増します。

ではビーフを一口、モグモグ・・・ニンニクが効いたタレで、美味い!!!

ニンニクの効き具合が、すこ~し気になるが、このややワイルドな味付けがいいですね。

肉は勿論輸入肉でしょうが、輸入肉特有のクセや匂いも感じず、やわらかい赤身です。

もっとも、ニンニク風味のタレが、クセを消していると言えるかもしれませんが。

タレの味付けは、強調し過ぎない甘辛さ。

ご飯はほかほかご飯、タレが浸み込み、美味いですね。

今まで何度かローストビーフ丼を食べて来たけど、美味しいね。

スープは玉子スープ。

アツアツのスープで、旨みもあります。

漬物は、白菜漬け。

ひたすら食べ続けると、隣の客には網焼き豚丼が登場。

それも美味そうですね。

う~~ん、誰かねこまんま丼を注文しないか?w

やがて完食。

ご飯よりも、肉が多い気がした。

内容的に満足ですが、女性や営業マンは、ニンニクが効いているので、

ブレスケアを忘れずに。w

 

ここで一句

    ビーフより

      やはり気になる

            ねこまんま

2017年11月16日 (木)

静岡市 大道芸ワールドカップin静岡 ~芸人ばかりの五十四景

22_12

Dsc_1206_2909


Dsc_1205_2910


Dsc_1209_2911

22_11
Dsc_1224_2908


Dsc_1214_2913

22_13
Dsc_1217_2914

22_14
Dsc_1218_2915

22_15
Dsc_1220_2916


Dsc_1223_2917

22_16
Dsc_1227_2918

22_17
Dsc_1229_2919

22_18
Dsc_1233_2920

22_19
Dsc_1235_2921


Dsc_1236_2922

22_20
Dsc_1238_2923


Dsc_1245_2924

22_21
Dsc_1263_2925

22_31
Dsc_1266_2926


Dsc_1271_2927

22_22
Dsc_1275_2928


Dsc_1277_2929


Dsc_1283_2930

22_23
Dsc_1284_2931

22_24
Dsc_1285_2932

22_25
Dsc_1286_2933

22_26
Dsc_1292_2934

22_27
Dsc_1295_2935

22_28
Dsc_1300_2936

22_29
Dsc_1305_2937

22_30
Dsc_1309_2938


Dsc_1311_2939

22_32
Dsc_1314_2940


Dsc_1320_2941


Dsc_1331_2942


Dsc_1336_2943

Dsc_1348_2945


Dsc_1343_2944

Dsc_1351_2946

22_33
Dsc_1353_2947


Dsc_1360_2948

22_34
Dsc_1366_2949


Dsc_1372_2950


Dsc_1374_2951


Dsc_1377_2952

22_35
Dsc_1383_2953

22_36
Dsc_1388_2955

22_37
Dsc_1392_2954


Dsc_1396_2956


Dsc_1401_2957

22_38
Dsc_1418_2958

22_39
Dsc_1426_2959

22_40
Dsc_1429_2960


Dsc_1430_2961


Dsc_1446_2962

今年も静岡で行われた、大道芸に行ってきました。

規模がかなり大きいと思うので、撮影ポイントも多く、ブログネタとして重宝します。

大道芸は基本として、2種類だと思います。

ステージパフォーマンスとストリートパフォーマンス。

ステージパフォーマンスは面白いのですが、一カ所でず~っと見ていると、

時間的に勿体無い。

私の場合、撮影目的もあるので、ステージに関しては、要所要所撮影し、

ストリートパフォーマンスを追いかけます。

やはり、撮影をするのであれば、ストリートパフォーマンスですね。

実際、撮影をしていても、ストリートの方が楽しい。

今回は、大道芸以外も多少盛り込んで、いろいろ情報提供出来たかな?と思います。

今年は東京モーターショーと開催が重なり、休日のやりくりが大変でした。w

来年の大道芸、行けたら行きますが、このブログで紹介できるかな?

微妙です。

 

ここで一句

      おひねりを

           沢山上げて

                財布カラ

2017年11月15日 (水)

東京ビッグサイト 2017年東京モーターショー ~FINAL更新 さらばモーターショーの六十景

Dsc_1202_2886


Dsc_1203_2887

22_13
Dsc_1204_2888

22_14
Dsc_0992_2840

22_15
Dsc_1004_2841


Dsc_1006_2842

22_141
Dsc_1008_2843


Dsc_1014_2844

22_16
Dsc_1015_2845

Dsc_1016


Dsc_1018_2846


Dsc_1020_2847


Dsc_1021_2848

22_17
Dsc_1028_2849

Dsc_1032


Dsc_1039_2850


Dsc_1050_2851

22_18
Dsc_1076_2852


Dsc_1078_2853

Dsc_1081

Dsc_1087


Dsc_1093_2854


Dsc_1098_2855

22_19
Dsc_1101_28561

Dsc_1102


Dsc_1103_2857


Dsc_1105_2858


Dsc_1109_2859

22_22
Dsc_1113_2861

22_21
Dsc_1112_2860

Dsc_1115_2862

Dsc_1119_2991

Dsc_1126_2864

Dsc_1125

Dsc_1137_2865


Dsc_1138_2866


Dsc_1142_2867


Dsc_1146_2868

22_23
Dsc_1190_2882

Dsc_1148_2869

22_20
Dsc_1152_2870


Dsc_1155_2871

Dsc_1156

Dsc_1157


Dsc_1158_2872

Dsc_1182_2881

Dsc_1183

Dsc_1195

Dsc_1196_2884

Dsc_1161_2873


Dsc_1164_2874


Dsc_1166_2875


Dsc_1168_2876

Dsc_1173


Dsc_1176_2878


Dsc_1177_2879


Dsc_1180_2880


Dsc_1186_2889


Dsc_1193_2883


Dsc_1198_2885

東京モーターショーに初めて行ったのは、1991年。

それからは、必ず開催されれば、訪れています。

昔から、何かしらカメラがあったので、俗にいう「バカチョンカメラ」で撮影をしていました。

勿論、コンパニオンもその当時から撮影はしていましたが、フィルムカメラなので、

せいぜい多くても10枚くらい。

フィルムの現像やプリントアウトにおカネがかかる時代、今の様にバシャバシャ

撮影するなんて、考えられません。

2003年、仕事でデジカメを初めて手にしました。

カメラで撮影したものが、パソコンで見られる。

これは、私としては画期的なことでした。

デジカメでいろいろ撮影をするうちに、モーターショーに持ち込んでみよう!ということで、

2003年のモーターショーに、フィルムカメラとデジカメと2種類を持って行きました。

戻って来て、それらを比べ、これからはデジカメの時代である!ということと、

気が付けば、コンパニオンのお姉さんを多く撮影していました。

そして2005年、モーターショーにデジカメだけで行きました。

その時、三菱のブースに、一際輝くお姉さんを発見。

それが汐見吏沙さんでした。

私は汐見吏沙さんばかりを撮影しました。

初めて、1人のモデルさんばかりを撮影しました。

そして、それが原点です。

その後、一眼レフカメラを購入し、モーターショーだけではなく、様々なイベントに行く様に。

気が付けば、コンパニオンのお姉さんをばかり撮影する、スケベオヤジになっていました。

何より、綺麗な方を綺麗に撮る。

それは2003年当時の写真と比べると、比較にならない位、自分でも向上したと。

そんな現在の自分ですが、すべての原点は東京モーターショー。

その更新が今回を持って終了します。

2年後、このブログはもう更新できません。

感慨深いモーターショーですが、生きている間はモーターショーに行きます。

だが、ここでお見せできるのはこれで最後。

モーターショーの栄枯盛衰を見てきましたが、これからも日本の自動車産業は

進化し続けて欲しい。(えらそうに)

多分、来年の桜前線も第壱拾陣あたりで、同じような感慨を得ると思う。

我がブログの大黒柱、東京モーターショー。

77

22_331

2017年11月14日 (火)

江東区 鮒忠 チキン南蛮定食

22_4

Dscn1185_2894

22_5

Dscn1183_2895

22_6

Dscn1184_2896

22_8
Dscn1186_2898


Dscn1187_2897


Dscn1190_2899


Dscn1191_2900

22_7
Dscn1192_2901


Dscn1194_2902

22_9
Dscn1195_2903

22_10
Dscn1196_2904


Dscn1197_2905


Dscn1198_2906


Dscn1199_2907

気が付けば、約40日の間に、幕張メッセ2回、東京ビッグサイト3回。

更に静岡でのイベント撮影。

これ、仕事ではなく、道楽。w

なんなんだろうね?ww










このブログでモーターショーを紹介するのも最後。

ならば自己最多タイ、モーターショー三度参りをしましょう!

朝の6時半に出発をし、いつも用に大磯に寄ると、渋滞情報。

東京方面は20キロの断続渋滞。

原因は交通集中だと!

ええ??どうしましょう?引き返して、静岡に行って大道芸という選択肢もあるが、

ここまで来たら、厚木でUターンをしなければなるまい。

どうする?

ええ~~~い!!!!強行突破じゃ!!!





ビッグサイトに到着したのは、11時であった。

通常なら、9時か9時半に到着をしている。

もう、人間として人格が崩壊しそうであった。

どうする?

いつもは14時頃に飯を食べるが、先に飯を食べて、15時頃まで撮影をするか?

・・・そうすることにした。w

TFTビルに行く。

ところで、前回と今回、初めてゆりかもめに乗った。

駐車場が青海という駅の近くにあるので、いつもは歩くが、時間短縮のために、

ゆりかもめを利用した。

まあ、乗ったところで電車だけどね。w

TFTビルのレストラン街で、どこにしようか迷うが、土日は無かったランチが、

鮒忠では平日限定で実施していた。

ここにしましょう!

中に入ると、テーブル席オンリーの店内。

照明は落ち着いた電球色ですな、料理の撮影時、ホワイトバランスを考えないと。

メニューを見ると、鰻とひつまぶしが一押し???ちょっと気が引けるな。

しかし、名物チキン南蛮定食とある。

税込みで1000円、それにしましょう。

注文後、15分ほど待ちましたかな?

チキンステーキの方が後から来た客に、出されていたな。

やがて、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










コスパを考えた場合、場所的に妥当であると思える。

何より、美味そうに見える。

これは重要である。

カリカリに揚げられた、山賊揚げ状のチキンの横に、タルタルソースが付いている。

かかっているものかと思ったが、違っていたな。

野菜サラダもそれなりにあり、これはいいかも。

ではチキンを一口、モグモグ・・・衣カリカリ、肉汁じゅわ~~ん。

下味は多少ついているが、揚げ立てで美味しいですね。

左にタルタル、右にマスタードがある。

タルタルもいいが、マスタードで食べるのもいいかも。

ご飯はほかほかで美味しい、ゆかりがかかっていますね。

サラダにドレッシングがかかっているが、ドレッシング、タルタルが混ざり、

それをチキンと共に食べると、複雑な味わいで美味しいね。

これはご飯がすすむわ!

味噌汁は、野菜が少々浮かんでいる。

そういえば、チキン南蛮って、食べた事があったか?

もしかして、人生初のチキン南蛮?

南原バンバンバン?w(分かる方だけ分かる、懐かしいギャグ)

正直なところ、チキン南蛮は敬遠していた部分があった。

なんで、鶏の唐揚げにタルタルソースをかけるのだ?マヨだろ?

などと言う、個人的妄想があった。

美味い店で食べれば、美味い!これは確実だが、私のランチの選択肢に

チキン南蛮が加わったのは、間違えない。

やがて、完食。

ボリューム的に、もっとご飯が欲しいと思ったが、ご飯お替り無料ではありません。

先日の韓国料理の店と同様に、このレストラン街ではお勧めできるでしょう。

さあ、ビッグサイトに行くか!

 

ここで一句

     タルタルを

        トンカツかけて

              どうなるか?

2017年11月13日 (月)

中郡 大磯PA上り 天玉そば

22_24

Dscn1179_2890

22_3
Dscn1180_2891

22
Dscn1181_2892

22_2
Dscn1182_2893

我がブログの読者様。

大変申し訳ございません。

私はテレビの取材を受けました。

取材というか、私が訪れた店にテレビ局が、取材に訪れていました。

私はインタビューを受け、食事風景も撮影され、確信しました。


俺は絶対テレビに出る!!!!!!!!!!!!!!!

その時のカメラマンに、テレビ局と番組名を確認しました。

尺が50分くらいある。

これ、マジでテレビデビューじゃん!

私の周辺の者たちに、番組名を伝え、録画を強要しました。






ものの見事にカットでした。w

このブログで告知しなくてよかった!と思う反面、私の周辺では「出てねえじゃん!」と

批判の嵐。w

インスタ映えしない強面は却下ですか?フジテレビさん???w

おたくには、もしもツアーズでお世話してますよ!











基本的に、大磯パーキングエリアはトイレ休憩である。

人間、自然の摂理として、出せば食べたくなる。

それだけである。

この先、どれほどの渋滞が待っているかもしれぬ。

出すものは出し、食べる物は食べる。

そこで今回は、天玉そばである。

思うに、天玉そばの玉子の白身が、完全に白くなるほどの熱いおつゆはあるのか?

私は、生玉子を投入するのであれば、白身は加熱された状態で食べたい。

そこで、温玉そばがあればいいと思うのだが。

天ぷら温玉そば。

どうにも、おつゆに混ざり切らない白身が邪魔である。

撹拌も出来ない。

この場合、蕎麦を食べ終えてから、おつゆを白身事すべて飲み干す。

その方がいいかもしれない。

さあ、出掛けよう。

一句、省略。

2017年11月12日 (日)

開成町 千家 開成町店 中ネギラーメン、ほうれん草増し

Dscn1167

22_8
Dscn1168

22_9
Dscn1169


Dscn1170


Dscn1171

22_10
Dscn1172


Dscn1174

22_11
Dscn1175

22_12
Dscn1176


Dscn1177


Dscn1178

今回のアジア歴訪で、トランプ大統領のおもてなしで、一番愚策なのは韓国。

国賓を宣伝媒体として利用した。

何より、それをトランプ大統領は見抜いた。

私はこれを、寄り道と表現したい。

日本、中国というバイパスの間の寄り道。

人のご機嫌をうかがうのが下手な民族。

南北統一、無理。









ネギラーメンのネギを煮てはダメだよ。

どうにもあれ以来、王道のネギラーメンを体が欲してしょうがない。

そこで、王道と思われるネギラーメンを求め、開成町まで来た。

私の脳内にいくつか存在する、王道ネギラーメンの提供店として選んだのは、千家。

何度かこの店には訪れているが、この店で食べる物はほぼネギラーメンである。

しかもほうれん草増しにして注文する。



この店の場合、道路を挟んでパチンコ店があるのだが、そこに車を止める。

勿論、違法駐車ではない。

店にも、車はパチンコ店に止めてくれと、書いてある。

車を止めると、横断歩道に行き、信号が青に変わったら、手を挙げて渡る。w

千家の隣にはヤマダ電機があるが、欲しい物は特に無いので、素通りする。

店に入ると、券売機で食券を購入する。

この店は基本的に味は一種類なのだが、トロロというトッピングの選択肢がある。

一度は食べてみたいと思うのだが、思うだけで実行したことはない。

今回も選んだのは、中ネギラーメンほうれん草増しの味薄目。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










1030円と言う価格であるが、満足である。

見た目、安全安心である。

まるで、ロリエセーフティーガードの様に、夜も安心である。

自分でも何が書きたいのか、よく分からないにゃんこスターのネタみたいだが、

ネギの山を見て、久々に見た目で満足出来た。

ほうれん草はネギの下になるが、確かに多い。

では、まずはスープを事逗ずずz・・・うん、確かに薄味である。

豚骨の嫌みの無いスープは、相変わらず安心安全な美味さであるが、この日は随分と

店内が暖かいね。

暖房が効いてますのかな?

こうなると、嫌な汗が出てきますね。

卓上にニンニクと豆板醤があるので、遠慮なく投入するが、翌日に持ち越さない量にする。

私もサラリーマン、エチケットですな。w

ネギは辛味で和えられ、ピリ辛だが、この時期、ネギは辛くなるのかな?

ネギの辛味も感じられます。

ところでこの店のチャーシュー、バラ巻きタイプでしたかな?

厚みが感じられるバラ巻きタイプのチャーシューは、チャーシューメンにすれば良かった!

と後悔するするほど、やわらかく、ボリュームもあり美味い。

知らないうちに、グレードアップをしている?それとも自分が忘れていただけ?

中太麺も相変わらず美味い。

そのうち、汗の量が増えて来た。

汗が泊まりません。

汗を拭き拭き、麺をズルズル。。。ああ・・・忙しい。w

メニューを何気に見ると、トロロチャーシュー飯350円とある。

ラーメンが680円なので、セットで注文すると今回のメニューと同じ価格になる。

次回はそれでもいいかもしれない。

それにしてもこの店は、小遣いの少ないサラリーマンや、多少カネがあっても、

心の満たされないサラリーマンの、心の拠り所な気がする。

何故かこの店に来てしまう。


ネギはシャキシャキの食感だな。

やはり、ネギラーメンはこうでなくてはいけない!

ほうれん草もくた~っとしているが、麺と共に胃に流し込む。

やがて完食。

スープは残しました。

安心安全なネギラーメンを堪能させていただきました。

また寄らせていただきます。

 

ここで一句

      トラウマが

          消えた気がする

                 ネギの山

2017年11月11日 (土)

小田原市 魚市場食堂 イナダの漬けどん

Dscn1165


Dscn1166

22
Dscn1150

22_2
Dscn1151

22_3
Dscn1152

22_4
Dscn1153

22_5
Dscn1155


Dscn1156

22_6
Dscn1158


Dscn1159


Dscn1160


Dscn1162

22_7
Dscn1163

人間、朝から始まる。

朝飯を食べないと、一日のエネルギーを得ないまま、生活や仕事をする事になる。

イケません。

これはイケマセン。

小田原方面で、柔術、いや、充実した朝食を食べるには、小田原港の魚市場食堂!

時に文句をいい、時にコスパが悪いと書き、時にため息が出るのだが、

時に注文して良かった!時に美味いと思い、時にさすがだなと思う。

飴とムチを兼ね備えた店であると、私は勝手に思っている。

この日も、特に宛の無い休みだったので、小田原港で食事をしようと思った。







時刻は9時前。

店内に入る前に、入口横にある「本日のお勧め」を見る。

ううう!!!カマ焼きがある。

私はおかまではないが、カマ焼きが大好きである。

ブリカマなんか、最高ですよ。

その他にもブリと鮪、イクラとサーモン丼とか今日は、良いんではないかい?

その中で、気を惹いたのは、イナダのヅケ丼。

イナダのヅケ丼だけなら大したことは無いが、それにカマスのフライが付き、

尚且つアラ汁が付いて1020円。

カマ焼き定食は1000円以下であったが、イナダのづけ丼、いいですね。

私はそれを券売機で購入し、スタッフに渡す。

今更であるが、この店はセルフサービスである。

配膳片付けお冷にお茶、すべてセルフである。

食券と引き換えに、番号札を渡させるので、番号が呼ばれるまで待つ。

テレビを見ながらぼけ~っと待つと、それほど時間はかからなかった。

では記念撮影をし、いただきま~す!










斜め前のテーブルのオヤジ、注文したのはカレーライスとフライ盛りか。

そのスタイル、俺のスタイルだな。w

もしかして、私のブログの読者様か?w

さて、目の前の御膳にはイナダのヅケ丼、カマスのフライ、アラ汁がのる。

アラ汁のお椀は大きくてボリュームがあるもの。

カマスは標準的と思われるサイズの物が、1匹。

半身づつ揚げてある。

イナダのヅケ丼は、丼ぶり表面を覆いつくすボリューム感がある。

これ、見た目だけでもいいじゃない!

魚市場食堂で、この内容で1020円なら、満足ですよ。

では、イナダのづけ丼からいただきましょう。

イナダにはヅケのタレが軽く浸みこむ程度。

ご飯の方にもタレが意識的にまぶしてある。

食べてみると、しょっぱくはなく、醤油漬けの軽い味わいである。

ワサビが添えらえているが、これで十分ですね。

敢えて、醤油をかけてなどしなくても、十分イケます。

刺身の鮮度もいいので、これは美味しいと言えます。

ご飯は酢飯ではなく、ホカホカご飯です。

この店は、ご飯の大盛りが無料なので、大食漢の方は、注文時に大盛りと言ってください。

アラ汁は、魚のアラがぶつ切りで入っており、アラを食べる楽しみもあります。

臭みも無く、美味しいアラ汁です。

アラ汁特有の細かい身や骨も無く、美味しくいただく。

カマスのフライは、卓上のソースをかけていただきます。

この店の特徴として、フライの衣がカリカリなのですが、相変わらずカリカリ。

もう、これがこの店の特徴と思うしかないでしょう!

でも、中はフワッと感もあり、こちらも文句はない。

小鉢にシラス卸しも付き、満足。

今日は当たりだな。

そんな気持ちにさせたメニューでした。

 

ここで一句

    飴とムチ

      飴だけ貰う

           太るわな

2017年11月10日 (金)

江東区 ほうずきや チキンのあったかみぞれ煮定食(豚カツ変更)

22_52

Dscn1136


Dscn1134


Dscn1148


Dscn1137


Dscn1138


Dscn1139


Dscn1141

22_53
Dscn1142


Dscn1145


Dscn1146


Dscn1147

炎上。

何かにつけて炎上。

ネットニュースに必ず出てくる炎上は、その主役は殆ど芸能人。

炎上商法という言葉もあるので、炎上イコール知名度アップ!となるが、

必ずしもそうならないのが、今の世の中。

当たり障りのない発言ばかりでは、退屈だ。










この日の夜は、ホテルに泊まるわけではないので、もう一軒行きましょう。

店の前には、定食メニューが並び、揚げシュウマイ定食とか、素人さんが大好きな

メニューが充実をしていますね。

私もチキンのあったかみぞれ鍋定食なんか、おもしろそうではあ~りませんか!

よし、2軒目はここにしよう!

店の名前は「ほうずきや」前回ここで食べた時に、気になっていた店でもあります。

中に入ると一人なので、大きなテーブル型のカウンター席?に案内される。

正面に兄ちゃんが座っておるけど、気にはならない。

一応メニューを見るけど、予定通りチキンのあったかみぞれ定食にする。

すると、「チキンは切れたので、豚カツになりますが、いいですか?」と。

限定20食なので、豚カツで代用ですか?

「ああ、別にいいですよ、それで」

私は安請け合いをする。

こちらの店も15時閉店で、後から入って来た客に説明すると、みな帰っていく。

やがて、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目は実にデラックスな感じであるが、よく見ると、チープな感じである。

カツの上に大根おろしとなめ茸がのる。

カツが、どう贔屓に見ても美味そうに見えない。

あとお盆ですが、汚れが残っていますよ。

上から7枚目の画像の左隅、汚れが残っていますが?

カメラで撮影したから、証拠が残る。

嫌な時代ですね。w

では早速カツを一口、みぞれ煮ということですが、大根おろしになめ茸ですね。

カツはサイコロ状に切ってあります。

口に入れると、激熱!熱いアツイ!水を思わず口に含む。

肉はそれほど美味いと思わないが、激熱なのでそれで良し!としましょうか?

味に関しては、塩味?塩ベースのダシで煮込んでいますが、肉に味が着き過ぎ。

しかもムッシュムラムラでムラのある塩加減。

ひとつはしょっぱく、ひとつは味を感じない。

一枚のカツで、よくぞこれだけムラがあるな、という印象。

なんか、違うの注文すれば良かったか?

みぞれ煮の味付けはさっぱりで、肉がショッパイ。

ご飯もお吸い物も普通にいただきましたが。

一応、全部頂きました。

正直、美味しくいただけませんでした。

残念。

 

ここで一句

     証拠あり

        しらねえ~とは

              いわせねえ

2017年11月 9日 (木)

江東区 翠苑 ジャージャー麺大盛り

22_48

Dsc_0989


Dsc_0990


Dsc_0991

22_49
Dscn1128


Dscn1129

22_50
Dscn1130

22_51
Dscn1131


Dscn1132

スケベを自称する。

いいと思います。

ならば、スケベを認識させる画像も必要。

スケベでも変態でもいい、写したお姉さんがエロいか否か。

それは読者が決めること。

私の場合、美versionが表現のすべて。

美version。

これが続くか否か・・・






コンパニオン撮影。

生かすも殺すも自分次第。

綺麗、かわいい、美人と感じたら

まずは写せ!

 









撮影を終えると、TFTビルへ。

今度はどこで食べようか?

すると、中華レストランを発見。

店の名前は「翠苑」。

勿論、何の予備知識も無し。

店の入口には、メニューが置いてある。

一品メニューを含め、いろいろありますね。

その中で私の興味を惹いたのは、ジャージャー麺。

知らない方はググれ!と言いたいが、ジャージャー麺と言うと、岩手である。

岩手に行った時、食べなかったが、あちらとは少し、趣が違う。

私自身、中華レストランのジャージャー麺は好きである。

むしろ、岩手のジャージャー麺は食べた事が無いかな?

店内に入ると、「イラッシャイマセ~~!」と声がかかる。

大陸の皆さんが経営しているのでしょうか?

店内はテーブル席オンリー。

「ここへどうぞ」と勧められたのが、おばちゃんの隣。

おばちゃんが一人で麺を食べているテーブルに相席である。

相席と言っても、6人が座れる大きさの物である。

この店は、1人で来ると、相席上等だと思わないといけない。

メニューを見るが、字が小さくて分かり辛い。

どちらにしても、予定通りジャージャー麺を大盛りで注文する。

それほど待たずにジャージャー麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!









私としては正統派のジャージャー麺である。

中華麺は茹で揚げられた後、水で〆られる。

その上に、アツアツの肉味噌餡がかけられ、麺と餡の温度差のコントラストを楽しみ、

後は、麺と餡を絡めながらいただく。

短冊切りの胡瓜がのっているが、これはある意味、箸休め。

早速、いただいてみる。

麺を餡に絡め、ズルズルと啜る。

餡は味付けは濃すぎる事も無く、美味い。

甘辛い餡であるが、全体的にマイルド感がある。

味の出っ張った部分は無い。

これはこれで良いのだが、私としては何か欲しい。

酢を少し垂らしてみた。

爽やかさと酸味がプラスされ、個人的にいい塩梅になった。

私としては、最終的にぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのだから、多少下品な部分が、

味にあってもいいと思う。

それにしても、何でスプーンがついているのか?

スプーンで掬って食べるのか?それとも、肉味噌餡を残さず食べる為?

大盛りを注文したが、ボリューム的にはまあまあですね。

価格は税込みで1080円だと思いました。

もう一軒、行けるかな?w

 

ここで一句

    ジャージャーと

       水が出ている

             訳で無し

2017年11月 8日 (水)

東京ビッグサイト 2017年東京モーターショー ~2日目 台風迫る六十景

22_15

Dsc_0794

22_16
Dsc_0761


Dsc_0763

22_17
Dsc_0771


Dsc_0774


Dsc_0785


Dsc_0789


Dsc_0792

22_18
Dsc_0795


Dsc_0799


Dsc_0801


Dsc_0805

22_19
Dsc_0810

Dsc_0816

22_20

Dsc_0819


Dsc_0822


Dsc_0824


Dsc_0825

22_22
Dsc_0827


Dsc_0828

22_21
Dsc_0830


Dsc_0834


Dsc_0838

22_23
Dsc_0839

22_24
Dsc_0843

22_25
Dsc_0851


Dsc_0853

Dsc_0862


Dsc_0866

22_26
Dsc_0870

22_27
Dsc_0876


Dsc_0892


Dsc_0894


Dsc_0899


Dsc_0900


Dsc_0907


Dsc_0909


Dsc_0915


Dsc_0918

Dsc_0806


Dsc_0811


Dsc_0931


Dsc_0932

Dsc_0942


Dsc_0944


Dsc_0946

Dsc_0922

Dsc_0924

22_29
Dsc_0947

Dsc_0951


Dsc_0956


Dsc_0960

22_30
Dsc_0962

22_31
Dsc_0965


Dsc_0967


Dsc_0969


Dsc_0973


Dsc_0976

22_32
Dsc_0984


Dsc_0988

今回、フレンドリーな方が多いと思う、東京モーターショー。

何となく、面が割れていると思った、東京モーターショー。

気のせいだと思うが・・・w









台風が来ているらしい。

しかし、帰宅するまでは影響は特になし。

モーターショーの初日と2日目と連続で行きました。

ええ、暇な奴だと思います。

しかし、紅葉を見に行こうと思っても、雨が降っているので、室内イベントにシフトしました。

2日目なので、前日に回れなかったところを中心に、撮影しました。

今回、コンパニオンの皆さんは、皆さん好意的で、目線もしっかりいただきました。

特にBMWのブースの皆さんは、凄く好意的。

「どこかにカメラオヤジはいなか?w」それほど、好感度の高い方々ばかりでした。w

2日間合わせて7時間ほどでしょうか?

入場するのに時間がかかり、ロスタイムはありましたが、両日とも2時前後まで撮影。

西と東のホールの往復で、疲れました。w






東京モーターショーもこれで終わりかな???

いや、何となく中途半端だ!

 

ここで一句

    フィナーレは

         まだまだ先と

               思います

2017年11月 7日 (火)

伊勢原市 花々亭 〆鯖タタキ、ぶつ切り胡瓜、ハイボール

22_44

Dscn1109


Dscn1110


Dscn1113


Dscn1114


Dscn1115

22_45
Dscn1116


Dscn1117

22_46
Dscn1118


Dscn1119


Dscn1120


Dscn1121


Dscn1124

22_47
Dscn1126


Dscn1127

生ビール3杯では、べろべろにならない!

やはり、ハイボールが欲しい。

私の飲み歩きは、ビールとハイボールだけ。

毎度のことですが、アルコールに関して、何でも来いです。

日本酒であろうが、ワインであろうが、嫌いな酒はありません。

しかし、私は自他ともに認める、ハイペースな飲み方。

それと、チビチビ飲めません。

まさしくグイのみです。w

お世話係がいる時は、まさしくグイグイ行きます。

しかし、1人飲みでは、自分で何とかしなければなりません。

それが、私の一人飲みの大前提なのです。










さあ、2軒目を訪問する言い訳をだらだらと書いたところで飲みましょう。

場所は、ルートインホテル伊勢原店の中にある居酒屋です。

以前、秋田のルートインに泊まった時、利用したことがあります。

さて、伊勢原ではどうでしょうか?

中に入ると、正直ガラガラ。

開店ガラガラ・・・うわっお!

朝は朝食バイキングが行われる店内は、シンプルなテーブルとカウンター席。

大きなテレビが1台あり、その前のテーブルに座る。

ブラックニッカのハイボールが安そうですね。

注文したのは、〆鯖のタタキとぶつ切り胡瓜、そしてハイボール。

ハイボールと共に、お通しも提供される。

お通しは、切干大根の煮物でった。

多分これは、明日の朝食に出てくるだろう。w

おつまみも、それほど時間がかからずに出て来た。

テレビを見ながら酒とツマミを楽しむ。

鯖は炙ってあり、これはなかなか美味しい。

キュウリはドレッシング和えみたいな感じ、これもいいね。

2杯目行きましょうか。

忙しそうなスタッフを捕まえ、2杯目を注文する。













やっときたか。

ハイボール1杯に5分以上待ったな。

秋田の時は、満席だったから待たされたが、この日は三分の一程度ですがな。

結局、2杯目を飲み終えたところでフィニッシュ。

伝票にサインをし、翌日清算にする。

総額1800円ちょっと。

バーミヤンで6杯、生ビールを飲めば良かった。w

 

ここで一句

    ハシゴなら

        表の店を

            探そうね

2017年11月 6日 (月)

伊勢原市 バーミヤン伊勢原店 おつまみバンバンジー、揚げワンタン、生ビール

22_39

Dscn1090


Dscn1106


Dscn1091


Dscn1092

22_40
Dscn1094


Dscn1095


Dscn1096

22_41
Dscn1097


Dscn1099


Dscn1100


Dscn1101

22_42
Dscn1102


Dscn1103


Dscn1104

22_43
Dscn1105

何故か、伊勢原に泊まることに。

もう、伊勢原のこの界隈、歩いて飲みに行ける店も絞られてきた。

翌日も出かけるので、ちょい飲み程度に抑える事にする。

焼肉屋と中華の店がまだ、未訪問だな。

う~~ん、でもちょい飲みには向かないか?

バーミヤンがあるので、バーミヤンでちょい飲みをしてみましょう。

バーミヤンと言えば、ランチでは2~3度利用をしていますね。

中に入ると、スタッフがウエルカムとお出迎え。

1人だと告げると、テーブル席にご案内。

窓側の隅の席に座る。

オヤジ一人、ちょい飲みをするには相応しい空間である。

背中に壁があるのは落ち着く。

つまり、背後からの視線は無いと言う事。

水はあっちにあるから、お好きにどうぞか。

メニューを見ると、ご当地ラーメンフェアみたいな事をしている。

喜多方、徳島などなど・・・バーミヤンですから、味は何となく想像できる。

おつまみシリーズとして、小皿に盛ったおつまみ類がある。

「2皿で500円か、これでいいか」

私は、揚げワンタンとバンバンジーを選ぶ。

そして、ワンパターンである生ビール。

グラスワインとかあるけど、揚げワンタンに合うのか?

それほど待たずにビール登場、記念撮影をし、かんぱ~い!

周囲はカップル、家族連れなどが多い。

夜の場合、1人で利用する客は少ないだろうね。

揚げワンタンとバンバンジーも同時提供ですね。

サイズとボリューム的に、このサイズで2皿で税込み540円。

生ビールは最初の1杯が税込み486円、2杯目から431円という2段逆スライド方式。w

生ビールを流し込み、まずはバンバンジー。

蒸し鶏にゴマダレがかかっているが、ゴマダレはやや味濃い目。

つまみとしてはいいかもね?

鶏は脂身もなく、淡白な身だけ。

揚げワンタンは、餡は少な目で、皮のパリパリ感を楽しむものですね。

専用のアレンジされた塩が付きますが、卓上に酢や醤油、コショウもあるので、

自分好みのタレで食べてもいいだろう。

1杯目を空けると、2杯目を注文する。

ファミレスあたりで、オヤジが一人で酒を飲んでいると、飲酒運転?と思われそうだが、

絶対に車は運転をしていない。

この日は、夜から雨だったが、ホテルから傘をさしてきましたよ。

他人の目線など気にしても仕方がない。

2杯目もすいすいと飲み干し、3杯目を注文する。

ここで、更にツマミを追加するか?それともラーメンで〆るか?と考える。

メニューを眺めると、から揚げが充実している。

世の中、鶏の唐揚げが大好きな方は、沢山いるだろ。

唐揚げでビールを飲むのもいいかもしれない。

しかし、3杯目を空けたところでフィニッシュ。

やはり、ハイボールが飲みたい。

合計で1888円。

ちょい飲みとしては、1500円ほどで収めたかったな。

ところで、センベロという言葉がある。

千円でべろべろに酔える飲み屋の事だが、マンベロとかゴセンベロなら知っているが、

センベロの店には出会ったことがない。

安く飲める店は、魅力的である。

バーミヤンでセンベロは可能であるか?

餃子とアルコール度数の高い酒でやれば可能か?

まずは、酒に弱いというのが大前提か?

 

ここで一句

    ちょい飲みで

         センベロしたい

             どこかない?

2017年11月 5日 (日)

江東区 長寿韓酒房 デジ焼肉定食(肉ダブル)

22_34

Dsc_0760

22_35
Dsc_0758


Dscn1078


Dscn1077


Dscn1079


Dscn1080

22_36
Dscn1082

22_37

Dscn1083


Dscn1084


Dscn1085


Dscn1086


Dscn1087

22_38
Dscn1088


Dscn1089

撮影を続けていたら、2時を過ぎていた。

入場したのが10時半近くであったから、4時間以上歩くか、立っている。

さすがに歩き疲れる。

何より、朝食べた朝のそばセットのカロリーをすべて消費した。

腹が減った!

ランチに出かける事にしたが、再入場する?

飯を食べたら、歩くのが嫌になるであろうから、再入場はしないことにした。

ビッグサイトを後にして、私が向かったのはゆりかもめの反対側にある、TFTビル。

ランチと言えば、このビルのレストラン街でしているね。

もう少し、歩けばヴィーナスフォートとかあるのだが、とにかく飯である!

3時になったら、ランチ営業を終了する店が多いので、とにかく飯!

そういえば、このビルのレストラン街もそろそろ全店制覇の道が見えて来た。

イオンモール幕張、清水河岸の市、TFTビル。

興味が無い方にはどうでもいい、全店制覇への道が見えて来た。

しかし、いずれも全店制覇しないであろう。

どうでもいい。w

レストラン街を奥に進むと、韓国家庭料理の店を見つける。

私としては焼肉以外は無縁な韓国家庭料理。

いいですね、ここにしましょう。

中に入ると、テーブル席がメインで、ややダークな印象を受ける室内装飾。

メニューを見ると、参鶏湯もありますね。

少し肌寒いこの日、チゲ鍋の種類の多いこの店、温まりそうです。

しかし、私の興味を惹いたのは、デジ焼肉定食の肉ダブル。

デジとは韓国語で豚を意味するらしいが、普通に豚ダブル焼肉定食と表記すれば、

まるで二郎ワールドの様な雰囲気を醸し出すと思うのだが・・・w

韓国式辛ちゃんぽんも面白そうだな。

営業終了が15時というので、調理が早そうなデジ焼肉定食肉ダブル1500円を選ぶ。

私が入店したのが14時半前だが、あとから来る客は15時終了と告げると、帰る。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!




期待を裏切らないボリュームだな。

これだけおかずの量があれば、ご飯が足りないね。

因みに、ご飯はお替り自由です。

副菜もいろいろ付いていて、税込み1500円なら納得できますね。

スープはワカメスープですが、自家製ですよね!

では豚肉を一口、モグモグ・・・マイルドね。

味付けはもっと刺激が来るものかと思ったら、意外とマイルド。

塩加減も控えめで、ガテン系が喜ぶ味付けとは違う。

肉に豆板醤らしきものも少量付いているが、隠し味程度でしょうね。

味のベースは醤油ですが、都会の味の味付け。

ちょっと物足りないので、卓上に一味があったので、それを散らします。

こちらもガツンと来る辛味は少なく、多少入れ過ぎても汗は出ないね。

うん、でも美味しい!白いご飯が進みます。

韓国料理店らしく、箸は金属製の物ですね。

ある意味、この箸はエコです。

海苔は韓国海苔であるが、香りの少ない海苔に、塩とごま油が塗ってある。

日本のツヤツヤした海苔と比べると、海苔の風味は弱いが、おかずとしてはいいでしょう。

白い飯にはこのままでも十分イケます。

サラダにナムル、キムチなどが付き、箸休めにはもってこいですね。

ご飯の量は茶碗に軽く一杯、という印象。

やはり、おかずが多くご飯が足りない。

おかずが3分の1以上残った状態で、ご飯のお替りをお願いする。

食べていて思ったのが、韓国風なのかな?日本と比べると、生姜テイストが少ないね。

それがマイルドだと思わせるのかな?

結局気が付けば、一味をかけながらおかずを食べているし。

ワカメスープはしょっぱくなく、美味しくいただきました。

やがて完食。

味も、ボリュームも満足です。

刺激感が少し欲しいのが正直な感想ですが、味はいいです!美味しい!

ご飯お替り自由なので、おかずが多くても安心。

モーターサイクルショーの時に、再訪問をしてみましょう。

 

ここで一句

     韓国は

        やはり辛いと

             思うわな

2017年11月 4日 (土)

東京ビッグサイト 2017年東京モーターショー ~一般公開初日の五十六景

Dsc_0757

22_4

Dscn1076

22_5
Dsc_0522


Dsc_0527

Dsc_0528


Dsc_0531


Dsc_0540


Dsc_0544

22_6
Dsc_0547

Dsc_0557


Dsc_0554

22_7
Dsc_0556


Dsc_0560


Dsc_0564


Dsc_0569


Dsc_0572

22_8
Dsc_0574


Dsc_0577


Dsc_0584


Dsc_0588


Dsc_0592

Dsc_0594


Dsc_0596


Dsc_0599


Dsc_0600


Dsc_0603

22_11
Dsc_0609

22_10
Dsc_0625


Dsc_0627


Dsc_0632

Dsc_0636


Dsc_0638

Dsc_0639


Dsc_0644

Dsc_0643


Dsc_0646

Dsc_0648

Dsc_0660

Dsc_0675

22_9
Dsc_0680


Dsc_0684


Dsc_0690


Dsc_0695

Dsc_0692

Dsc_0699


Dsc_0702

22_12
Dsc_0713

Dsc_0703

Dsc_0704


Dsc_0722

Dsc_0725

22_13
Dsc_0732


Dsc_0737

22_14
Dsc_0745


Dsc_0754


Dsc_0750

天気予報は雨の確率が高かった。

しかし、初日に休日が取れたので、何が何でも行かねばなるまい。

このブログで東京モーターショーを取り上げるのは、これが最後。

最低でも2日、訪問しなければなるまい。

そして、お台場に来た。

まさかの長蛇の列。

今まで、ビッグサイト開催で、入場前の列に並んだことはあったか?

それにしても壮観である。

ゲームショウの列と違い、縦にひたすら伸びていくヒトの列。

思わず、すかしっぺを放出したくなる。w

ところで、駐車料金は1500円だった。

2年前は1000円だったか?

いや、モーターサイクルショーで去年は来ている。

あの時は、TFTビルの駐車場に止めたか?

中に入ると、ゲームショウとは違い、落ち着いた雰囲気のコンパニオン多し。

早速お姉さんに指を立てて、「一枚撮らせて!」とお願いする。

お姉さんはポーズを作り、一気に3~5枚撮影する。

それを片っ端から繰り返す。

俺のモーターショーはいつから、この様な楽しみ方になったのだろう?

ここで一句

 

    物足りぬ

 

        コスプレ衣装

 

             いないかな?

2017年11月 3日 (金)

中郡 大磯PA上り 朝のそばセット

22

Dscn1074

Dscn1067

22_2
Dscn1069


Dscn1071

22_3
Dscn1072

Dscn1073

先月のアクセスで、当然東京ゲームショウが1番だと思ったら、3番手か4番手。

ラーメンが強い!そして松茸が強い!色気より食い気!が強い!

まあそれならそれで、ラーメンを食べ続ければいいか?

松茸を食べればいいのか?

・・・それは出来ませんな。w







さあ、大磯パーキングエリアである。

もう少し我慢して、海老名で食べればいいのに!と思うだろうが、海老名に寄ると

いろいろな物があり、無駄な買い物や食事をしそうである。

サービスエリアやパーキングエリア専門のブロガーがいるだろうから、

その辺は専門の皆様に任せればいい。





今回、私が選んだのは、朝のそばセット500円。

かけそばとミニチャーシュー丼が付いて500円である。

かけそばが350円なので、お得と思えばお得かもしれない。

実際、私はこれを注文するのが2回目か?

本当はラーメンとチャーシュー丼の方が、相性がいいのかもしれないし、実際そうでしょう。

しかし、500円でそれなりに満足出来る内容。

そう考えると、これはこれでヨシ子ちゃんである。

ところで、今回2回目のミニチャーシュー丼だが、前回は美味いと思ったが、今回は普通。

何ででしょうかね?

七味をかけたりしましたが、印象変わらず。

まあいい。

さあ、出発じゃ!

 

ここで一句

     これならば

        省略しろと

           言われそう

« 2017年10月 | トップページ