フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

鎌倉市 腰越漁業協同組合直売所 アジフライ

123_56
Dsc_3246

Dsc_3231

123_57
Dsc_3248


Dsc_3257


Dsc_3243


Dsc_3232


Dsc_3234

123_58
Dsc_3235


Dsc_3236

123_59
Dsc_3237

123_60
Dsc_3238


Dsc_3240

123_61
Dsc_3242

何で、年末年始はアクセスが減るのか?

不安です。

もう、このブログはオワコン?

いえ、開始した時点からオワコン。

毎年、GWにピークを迎える我がブログ。

一度でいいから、伝説を残したい。





















今年最後のネタは、腰越漁港です。

漁協組合直売所では、地魚を使ったフライが食べられるのです。

つまり、腰越漁港に揚がった魚を使い、揚げたてのフライを楽しむ。

何故にフライか?と思うでしょうが、その理由は分かりません。w

従って船が漁に出ないと、フライは出来ません。

この日、実に風が強い日でした。

漁に出られないので、あるのはアジだけ。

そのアジも小さいということ。

仕方が無いので、アジフライを2枚頼みました。

アジは一枚200円ということ。

それほど待たずにアジフライが完成します。











「今日はアジが小さいので、1枚サービスしておいたわよ」

調理担当のおばちゃまが嬉しい事をしてくれました。

お礼にハグでもしようかと思いましたが、セクハラ!と言われるかもしれないので、自重。

先客にベイビーを連れた若手のママさんたちがいました。

ママさんたちは、ここで子育てミーティング?渋いわね。w

卓上には調味料がいろいろあります。

ケチャップ、マヨ、中濃ソース、ウスターソース、マスタードといろいろあります。

私は、ソース、マヨ、マスタードでいただきます。

揚げたてなので勿論、美味い!

しかし小さめだし、一般的な美味さといえるでしょう。

通常であればカマスなどもあるようなので、天気のいい日に再訪問ですね。

因みに営業時間は13時からなので、私としては時間的に敷居が高い。

それにしても、ここは何年も前からチェックをしていたところですが、

なかなか上手く行かない物です。w

やっと来ることが出来た!と思ったら、強風のための漁中止。w

今回は、下見ということで・・・今年最後のネタが下見かよ!w

 

駐車場は隣に1回500円の駐車場と少し歩いたところに、コインパーキング。

どちらに止めてもさほど差が無いと思いました。

皆さん、良いお年を・・・

 

ここで一句

    強風は

      西川以外

          要らないよ!

2017年12月30日 (土)

鎌倉市 鎌倉食堂 鎌倉野菜ビーフハヤシライス定食

123_47
Dsc_3211

Dsc_3214


Dsc_3216


Dsc_3224

123_46
Dscn1831


Dscn1833


Dscn1834


Dscn1835

123_48
Dscn1837


Dscn1838


Dscn1839


Dscn1841


Dscn1842


Dsc_3225

ああ・・・30日か。

仕事してるわ。w

酒?飲んどるわ。w

年末年始、お盆、GW、全部仕事や!w

今年一年の挨拶?

するか!!!!w











ハヤシライス。

多分、お子ちゃまやナウでヤングで、マハラジャ大好きな皆さんは、好まない味?

ハッシュドビーフの方が、馴染みがあるかもしれない。

しかし私は、ハヤシライスを食べ続けたいと思う。

これぞ、洋食!私自身はそう思う。









久々に鶴岡八幡宮まで来たけど、お参りはしません。

特に撮影もしません。

何度も来ているので、自分自身もどこを撮影すればいいのやら?

簡単に参道を散策し、次なる店を目指します。

訪れたのは、鎌倉食堂。

先ほど食べた穴子チラシのお隣の店。

そうですね、胃の中の物を落ち着かせるために、鶴岡八幡宮まで行きました。w

玉子焼きのおざわという選択肢もあったのですが、凄い行列で諦める。

昔はお土産を持って帰り、それで酒を飲んだが、もう無理だな。

ところで鎌倉食堂だが、洋食屋である。

それだけなら気にならなかったが、ハヤシライスがある。

鎌倉野菜を使用したハヤシライス。

しかも定食?

気になりますね、入ってみましょう。

店の入口は、狭いね。

狭い入り口から中に入ると、中は広いね。

中はテーブル席がメインで、本当に広々しております。

先客はゼロなので、好きな所に座ります。

メニューを見ると、カツカレーなどがありますが、やはりハヤシライスにしましょう。

ハヤシライス定食1090円を注文します。

それほど待たずにハヤシライス登場、記念撮影をし、いただきま~す!










定食だが、ハヤシライスにサラダ付き、スープが付く。

定食と言うよりも、セットと表現した方がいいのでは?と思ってしまうが・・・

メニューを見ると、メニューのそれぞれが20食限定とある。

限定はいいのだが、私がいる時点では売り切れの心配は無さそうだ。w

では一口、モグモグ・・・野菜たっぷりでヘルシーな印象。

野菜類は揚げたのかな?それをハヤシソースに絡めた印象。

味は悪くないと思うが、野菜からの水分が多く、やや薄い感じですね。

野菜が多いから、コクが欲しいかな?そんな感じです。

見た目はコクが有りそうなんですが、食べると野菜がみずみずしいので、そう思う。

鎌倉野菜を使用ということで、内容的にはイイんですけどね。

ライスの量も多く、食べ応えもある。

野菜の多いハヤシライスだが、ライスの袖には生野菜サラダがある。

こちらは、ドレッシングがすでにかかっており、普通に美味しい。

スープはワカメスープですね。

やがて完食。

内容的にはヘルシーでいいけど、個人的にコクが欲しいな~。

もしくは少し、味を濃くするとか。

新しい感じのハヤシライスだと思いました。

 

ここで一句

     野菜にも

        与えて欲しい

             脂肪分?

2017年12月29日 (金)

鎌倉市 穴子ちらし小町 穴子ちらし

123_40
Dsc_3195

123_41
Dsc_3196


Dsc_3197

123_42
Dsc_3198


Dsc_3202


Dsc_3205

123_43
Dscn1818


Dscn1819


Dscn1820

123_44
Dscn1821

123_10
Dscn1829


Dscn1823

123_45
Dscn1824


Dscn1825


Dscn1826


Dscn1827

123_11
Dscn1830

鎌倉。

思うに、観光名所であるがカネの臭いのするところ。

カネの臭いのしない店、もしくは臭いが薄い店。




テレビに出ていない店。

鎌倉で取材を受けていない店を探す。

そのような企画がテレビに出ていた。

この場合、テレビに出ていない店を探すより、将来性を感じる店に行ったほうがいいか?

久しぶりに己の直感を頼りにしてみた。




穴子か。




穴子ちらしを謳う店がある。

入るか。





「穴子ちらしでいいか?」

入店すると、店主は私に尋ねたのはそれだった。

店内はカウンター席のみか?5人でいっぱいだが、落ち着いた雰囲気である。




やがて穴子チラシが来た。

インスタ映えするビジュアルである。



食べると穴子が溶ける。

江戸前穴子!

食感はまさしくそれ!

ツメが美味い!

アナゴの下には刻んだ胡瓜。

酢飯の味わいは控えめ。









美味い、美味い、美味い

それしか言いようがない。

飯は控えめな酢加減。

お椀はダシの出たお吸い物。










満足。

それしか言いようがない。






玉子焼きの行列に並ぶのであれば、まずはここで腹を満たしてみては?

 

ここで一句

    高いかも?

        しかし美味いぞ

               食べてみろ!

2017年12月28日 (木)

伊勢原市 バーミヤン伊勢原店 生ビール、肉味噌きゅうり、おつまみ3種盛り、お土産餃子

123_33
Dscn1815

Dscn1794

123_34
Dscn1795


Dscn1797

Dscn1798

123_35

Dscn1799


Dscn1800

123_36
Dscn1803


Dscn1805

123_37
Dscn1807


Dscn1809

123_38
Dscn1810


Dscn1811


Dscn1812

123_39

Dscn1814

横浜から伊勢原のホテルまで1時間か。

近い様な気がする。

チェックインをし、風呂に入ると9時半近くになっていた。

ホテルには居酒屋があったが、ラストオーダーは9時半。

表に出て、飲んだ方が良さそうだ。

どこに行くか?


私はバーミヤン伊勢原店に来ていた。

オロチョンラーメンもいいが、特別何かを腹に詰め込みたいわけではない。

飲めればいいのだ。

一番の問題は、飲む場所で自分が馴染めるかどうかである。

私は前回、バーミヤンに馴染めた。w

ランチタイムなどは賑わうであろうバーミヤンだが、深夜帯に差し掛かろうかと言う間は、

客も少なく静かに飲める。

私にとって、静寂な空間もまた、極上たるツマミである。

時に喧騒もツマミになる時もあるが、ひとりで飲むことが基本であるならば、

遮断された静寂なる空間は、自問自答を繰り返すツマミを与えてくれる。

店内に先客は5名ほど。

静かである。

カップルで来ていても、双方がスマホに向かい、無言の空間を生み出している。

子供もいないので、理不尽な嬌声も聞こえない。

時折、厨房内というか、スタッフ同士の話声がひそかに聞こえる。

この空間は、極上のツマミだ。

注文を聞かれるが、生ビールと肉味噌キュウリ、おつまみ3種を注文する。

生ビールもツマミもすぐに来た。

生ビールをぐいっ!とやり、胡瓜を口に入れる。

至福を感じない。

何というか、日常におけるルーティーンの一部の気がする。

そのルーティーンに快感が有るか無いかである。

酒を飲むと言う事も、一種の快楽目的の自慰ともいえる。

この日の自慰は、余り快楽が無い。

やはり、疲れていたか?

夜の横浜を2時間も歩くなどと言う事は、己の人生にあったか?

無いだろうな。

思うに、旅を楽しむ、観光とは何か?

それは事前に計画をしたコースを巡り、味わい楽しむことか?

私は旅は、観光はタクティクスだと思う。

計画と戦略。

計画は学校や旅行業者がやることだ。

個人で楽しむのであれば、戦略的観光、旅の方が楽しめる。

戦略的観光とは、ここに行ったらどうなる?あれを食べたら何を思う?

何をしたら刺激を感じる?

つまり、ハプニング。

ハプニングこそ、旅の醍醐ではないか?

濃厚たる、脂肪の塊では無いか?

口に入れれば、醍醐味を感じる反面、身体には無用のカロリーを摂取する。

このブログの公開スペースは今の時点で1.3GBの残量。

2年で3.7GBを使用しましたか。

桜前線をやり切り、夏場の一番ヤル気の無い時期に、終了を迎えますか?

せめて、ゲームショウで終わりたい。














静寂なる空間であった。

生ビールを2杯飲み干すまでの間、己の脳内に妄想や空想、自己否定が交錯する。

酒を飲んで考える。

それは正常バイアスに於ける行動の、肯定である。

否定する者は悪以外何者でもない。

広大なる空間に生み出される、自己肯定のプロセス。

私は3杯目の生ビールを注文し、持ち帰り用の餃子を1人前注文する。

3杯目の生ビールは、催促をしてようやくやってきた。

すでに私は、2杯の生ビールで酔っていた。

まだハイボールは注文をしていない。

快楽なのだ。

私は酒に快楽を求めている。

3杯目に2杯目以上の快楽を求めている。




気が付けば、店内に私だけ。

広い店内に自分一人、これは贅沢なのか?それとも虚無なのか?

だが、この空間のおかげで自浄作用がある何かを、感じ取れた。

酒を飲めば、肯定する理由以外考えないが、飲み過ぎれば自己否定も起きる。

6杯までは無条件で飲めるキャパだが、3杯で退店を決意する。

餃子の焼き上がりと己の精算にタイムラグは無かった。

酒を飲む。

それが自慰と同じ快楽を生むだけではない。

分かった気がする。

(この文章は、半分正常、半分酩酊状態で書きましたw)

 

ここで一句

     哲学は

        考えすぎて

             ダメになる

2017年12月27日 (水)

横浜市 横浜レンガ倉庫~みなとみらいの夜景はイルミだ!の四十五景

123_25
Dsc_3033

Dsc_3037

123_26
Dsc_3039


Dsc_3041


Dsc_3044


Dsc_3046


Dsc_3047


Dsc_3052


Dsc_3054

123_27
Dsc_3062

123_7
Dsc_3063


Dsc_3065


Dsc_3066


Dsc_3068

123_28
Dsc_3069


Dsc_3076


Dsc_3077


Dsc_3080


Dsc_3084


Dsc_3086


Dsc_3088


Dsc_3089


Dsc_3096


Dsc_3102


Dsc_3104

123_29
Dsc_3107


Dsc_3110

123_8
Dsc_3112


Dsc_3118


Dsc_3119

123_31
Dsc_3129


Dsc_3131


Dsc_3132

123_9
Dsc_3133


Dsc_3139


Dsc_3144


Dsc_3154


Dsc_3157


Dsc_3165


Dsc_3167


Dsc_3173


Dsc_3178

123_30
Dsc_3183

123_32
Dsc_3184


Dsc_3190

今の時期、私のブログの売り物といえば、イルミネーション。

しかし、それに匹敵する場所は無いか?と思い、思いだしたのが横浜レンガ倉庫。

思えば坂井泉水さんの墓参りを終え、休止して再開するときにその時のネタが、

横浜レンガ倉庫のクリスマスデコレーション。

もう一度、ブログが書けるか?その腕試しに選びました。

あの時はレンガ倉庫周辺だけ。

今回はみなとみらいまでを網羅しました。

撮影時間は約2時間。

横浜で来て、何も食べず、何も買わずに帰りました。

勿体無い。w

でもいいですよね、横浜。

私の親戚が横浜に昔住んでいて、マクドナルドのハンバーガーを食べる為に、

親戚の家に行ったりしてね。w

その当時から、マックってたいして美味くないと思ってましたが。w




またもや三脚を忘れた。w

いや、分かっていて持ってこなかったか?

それでも、技を駆使しましたよ。

ご覧下さい。

 

ここで一句

    モデルさん

        誰か無料で

              やってくれ!w

2017年12月26日 (火)

南房総市 野島崎~鶴谷八幡宮を含む三十二景

123_17
Dsc_2952

Dsc_2953

123_18
Dsc_2955


Dsc_2956


Dsc_2957


Dsc_2959

Dsc_2961

Dsc_2962


Dsc_2965


Dsc_2969


Dsc_2972


Dsc_2973

123_19
Dsc_3025


Dsc_2974

123_20
Dsc_2977


Dsc_2980


Dsc_2981

123_21
Dsc_2984


Dsc_2988

123_22
Dsc_2989


Dsc_2997


Dsc_2999


Dsc_3002


Dsc_3004

123_23
Dsc_3005


Dsc_3008


Dsc_3010

123_24
Dsc_3014


Dsc_3016


Dsc_3017


Dsc_3021


Dsc_3026

クリスマスは終わった。

これから年末年始の忙しい日々が続く。

ええ、仕事です。

私にお盆休み、正月休みは存在しない。w

連休するなら暇なときに取れ!

酒を飲むなら、仕事が無い時に飲め!

ブレスケアの飲み過ぎて、のどやられた。w









昼飯を食べる為に千葉まで来ましたが、本当の目的は明日の更新。w

時間にまだ余裕があったので、野島崎まで行きました。

この日は、風がめちゃくちゃTMレボリューション!!!

カメラのレンズにしぶきが付くくらい。

男性のシンボルがご神体でありましたかな?

皆さん、これを見ずに岬に行ってました。

男がこれに触ってどうなる?

そう思いました。

鶴谷八幡宮は鳥居が立派なので寄りました。

ただそれだけです。

 

ここで一句

     御神体

        触ったところで

               どうなるの?

2017年12月25日 (月)

富津市 さすけ食堂 アジフライ定食、カワハギのなめろう

Dscn1736

123_7
Dscn1737


Dscn1738


Dscn1739

123_8
Dscn1742

123_6
Dscn1766


Dscn1767

123_9
Dscn1768

123_10
Dscn1743


Dscn1744


Dscn1765


Dscn1747


Dscn1748


Dscn1750

123_11
Dscn1752


Dscn1753

123_12
Dscn1754


Dscn1756


Dscn1757


Dscn1758

123_13
Dscn1759


Dscn1760

123_14
Dscn1762

123_15
Dscn1763

123_16
Dscn1764

今度は4年ぶりの再訪問じゃ!w

さすけ食堂といえば、アジフライが美味い事で有名で、私は過去に3回訪れている。

2012年と2013年に訪れていて、いずれも開店と共に入店、もしくはさほど待たずに

食べている。

テレビで何度か登場したので、もう並ばないと食べられない、と思い遠のいていたが、

梅の家で腹が膨れたので、待ち時間で消化するだろう!と思っての訪問である。



それにしても不思議である。

さすけ食堂以外で、アジの美味い店は無いのか?

次回こちらに来た時は、さすけ食堂以外で探してみるか?

店に来ると、駐車場は満車状態。

丁度1台分空いていたので、そこに止める。

店の前には順番待ちのノートがあるので、そこに名前を書く。

すると、店の中からおばちゃまが出てきて、注文はどうする?と聞かれる。

注文するのはアジフライでいいでしょう!刺身の付く定食よりも、自分は好みである。

するとノートの端に、限定15食でカワハギのなめろうがあるという。

値段が書いてないな。

私はアジフライ定食となめろうを注文する。

その後、20分以上待ったかな?

店内に案内されると、アジフライとなめろうが登場する。

記念撮影をし、いただきま~す!












カワハギのなめろうは、割とボリュームがあるな。

しかし、やはりアツアツのアジフライを先にいただきましょう。

アジフライは全部で5切れ、小鉢が付き、香の物と味噌汁が付く。

相変わらずこの店のアジの身は大きい。

卓上にはソース、ポン酢、ドレッシング、マヨネーズ、醤油、おろしニンニクがある。

まずはソースで一切れ、モグモグ・・・美味いな~~~~!!!!

揚げ上がりの衣はサクッとしており、中はフワッとした食感。

そしてアジの旨みが口に広がる。

色々なところで、アジフライと食べましたが、やはりここは別格!美味い!!!!

ところで、何でマスタードが無いのじゃ?この店には昔からマスタードが無い。

そこで私は、ソース、マヨネーズをフライにかけて、おろしニンニクを少し、ほんの少し、

垂らしてみた。

それを口に入れる、モグモグ・・・これはウメえええ~~~~~~!!!!!

ニンニクの香りと味が良いアクセントだわ!

鰹のタタキで薬味にニンニクを使うが、あんな感じか?

今までこのアジフライには無縁と思われていたニンニクだが、ソースとマヨに添えると、

格別な味わいだね~!!!!!

マスタードは要らないわ!w

ポン酢や醤油などいろいろ試してみるが、個人的にソースマヨニンニクが一番!

勿論、ニンニクのかけ過ぎは禁物だが、好きなら好きなようにしてください!www

結局、その方法ですべてのアジフライを食べ終える。

そしてなめろうである。

ご飯が足りないなと思ったので、ご飯のお替りを所望する。

お替りだが、半ライスは無料である。

つまり、半ライスは何回お替りしてもいいのかね???

なめろうの美味い食べ方は、おばちゃま曰く、七味醤油である。

言われた通りに食べてみる。

モグモグ・・・ウメええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!

カワハギのなめろう、最高ではあ~りませんか!!!!!!

今までカワハギというと、肝醤油で刺身を食べる事が多かった。

もしくは、刺身に肝をのせで食べる、それ以外知らなかった。

だが、身と肝を叩いて和えるなめろうは、味の一体感があり、これは美味い!!!!!

正直、アジフライよりも良いかもしれない!!!それほど美味い!!!!

恐らく、今が旬なんだろうね。

寒いから身も肝も濃厚になり、この味なんだろうね。

これを白飯の上にのせると、まさしく飯を喰らうだね!w

このなめろうを食べただけでも、今日は元が取れたな。(何の元だ?)

本当に美味い!!!!!!!!!

アジフライを食べた後なのに、それに負けない濃厚な旨味は最高!

やがて完食。

アジフライも美味いが、それ以上になめろうが美味かった!

皆さんも、カワハギは是非ともなめろうで食べましょう!

味の一体感が素晴らしい!!!

とても満足をし、お会計をする。

全部で2500円。

アジフライ定食1200円、なめろう1300円。www

美味いはずだよ!!!www

 

ここで一句

    カワハギは

         叩いて美味し

               それがキモ!

2017年12月24日 (日)

富津市 梅の家 大チャーシューメンやくみ

123
Dscn1721

Dscn1722


Dscn1735


Dscn1734


Dscn1723


Dscn1724

123_2
Dscn1725

123_3
Dscn1727

123_4
Dscn1728

123_5
Dscn1729


Dscn1730

123_6
Dscn1732


Dscn1733

このブログは2007年から始まったが、ブログに画像を本格的に載せる様になったのは、

2009年からなのだが、今回訪れた梅の家は、食べ歩き初期の頃に良く行った。

わざわざ内房までラーメンを食べに行く。

しかし、2010年を最後に梅の家は遠ざかっていた。

なんとこのブログでは7年ぶりの再訪問となる「梅の家」。





今回の旅の始まりは、久々に千葉で食うか!と思った。

何故なら、千葉と言えば幕張メッセ。

イオンモール幕張新都心店のレストラン以外で食べたい!

勝浦ビッグひな祭りで勝浦以外で食べたい!

そう考えた時に、久しぶりに梅の家に行くか!と思った。

もし、梅の家が休みでも鈴屋があるし、知らない店に入るのもいいだろう。

私はわざわざ昼飯を食べる為に、アクアラインを使い、富津市の竹岡まで来た。

久しぶりの竹岡だが、何度も来ているので、ナビなどいらない。

梅の家の駐車場に車を止めると、店に向かう。

梅の家の隣、更地になっていたね。

化粧品か何かを販売していた店だったか?それとも電気屋か?

入店時刻は11時前。

この日は平日であったが、店に行列などはなく、スムーズに着席。

「ご注文ドウゾ!」と言われ、「大チャーシューやくみ!」と即答する。

しまった!と思った。

7年前からそうだが、この店の大盛りは苦しい。w

今回は普通盛のチャーシューメンのつもりでいたが、反射的に大盛りを注文。

悲しいサガよ。w

店内に特に変更点と言えば、テーブルが新しくなったか?

しかしそれは、7年前にも感じた気がする。

やがてチャーシューメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











総合計1000円のものだが、ボリュームは凄いね。

丼ぶりはやや小さめだが、麺がもっこり、いや、こんもりと盛り上がっている。

見慣れたビジュアルであるが、チャーシューとヤクミの玉ねぎが相変わらず凄い。

レンゲも付いてくるが、レンゲは手渡しである。

レンゲを丼ぶりに刺せないので、手渡しである。

では、スープではなく、麺をズルズル・・・うん、何故か美味い!!!!!

この店の麺は乾麺である。

スープはチャーシューを煮た醤油を、お湯で延ばした物。

麺を茹でるのは、七輪。

正直な話し、家で同じ方法でサッポロ一番を使って食べても同じだろう?と思う。

違うのだ。

醤油が違うね。

昔は、カギサ醤油を使用していたのだが、その蔵元が潰れ、味が変わるかな?と

思われたが、私にはその差は分からない。

昔と変わらない。

美味い醤油で煮込まれたバラ肉のチャーシュー。

味は濃い目で、これでビールを飲めば至福であろう。

私が訪れた時、女性が一人でラーメンを食べていたが、食べ切れないチャーシューを

持ち帰りにしていた。

その手があるか!と思ったが、私はそこまでやる必要はないだろう。

味の濃いチャーシューを口に入れ、乾麺を啜る。

スープも当然ながら味が濃いのだが、チャーシューの方が濃いので、逆に薄く感じる。

スープ完飲はかなりの塩分摂取となるので、オヤジは控えましょう。w

ヤクミは絶対に必要だな。

ヤクミに七味、コショウを振りかけ、自分流にアレンジする。

麺は50円増しで大盛りになる。

この50円という価格さが、常に大盛りを注文してしまうキーポイントか?

大盛りは50円で間違いなく、麺二玉分。

これがチャーシューのボリュームもあいなり、かなり腹が膨れる。

味が濃く、脂身もあるので、大盛りだと飽きる方もいるだろう。

私も、この量だと後半は少々飽きてくる。

梅割りを飲んでいたオヤジが、麺半分でラーメンを注文していた。

そう、この店では梅割りなのだ。

何度も通いながら、未だ一口たりとも飲んだことの無い「梅割り」。

昔、梅割りをお持ち帰りをしている客がいたな。

噂によると、アルコール度数が高いらしい。

梅割りにはお通しが付くが、チャーシューをつまんで飲みたいものだ。

麺とチャーシューをすべて胃に入れ、ヤクミをレンゲで掬い完食。

スープは残しました。

ええ、お腹いっぱいです。

普通盛で良かったかもしれない。

だが、大盛りの方が得に感じる。

7年ぶりの登場となった梅の家、次はいつ来ようか?

 

ここで一句

     簡単で

        真似ができない

               雰囲気だ

2017年12月23日 (土)

宇都宮市 正嗣 宮島本店 焼き餃子、水餃子

123_43

Dscn1679_3558

123_44
Dscn1680_3559


Dscn1684_3560

123_45
Dscn1685_3561


Dscn1686_3562

123_46
Dscn1687_3563


Dscn1688_3564


Dscn1689_3565

123_47
Dscn1691_3566


Dscn1692_3567


Dscn1693_3568


Dscn1695_3569


Dscn1696_3570


Dscn1699_3571

123_48
Dscn1700_3572

123_49
Dscn1701_3573

ごちで国分太一がクビになった。

これは、アンチとしてみれば、やっとか!という感慨ばかり。

思えば連勝というものは、真に才能のあるべき者の賞賛。

国分が、ゴチに関してたぐいまれなき才能を有していたとしても、

あまりにも、負けなさ過ぎた。

19年間負けないというよりも、19年間旨く生きてきた。

違うかな?









 

宇都宮と言えば餃子。

宇都宮には何度も来ている気がするが、餃子に関してはみんみんだけか?

おかしいな?

人生これで何度目だ?宇都宮に来るのは?

食べずに宇都宮に立ち寄る、それが多いのか?

前回もみんみんだけで満足をして、帰っている。

今回は川蝉に寄ったが、餃子に関しては、ようやく2軒目か。

川蝉で食べた後、やはり餃子を食べましょう!ということで、政嗣を目指す。

大谷資料館から宇都宮駅までの途中に、政嗣の支店があった。

あそこでも良かったのでは?と思ったが、やはり本店で食べましょう。

車はそのままコインパーキングに止めたままで、政嗣を目指す。







すげ~~~~~並んでいるぢゃん!!!!!

一応、となりのみんみんを覗くとやはり、客が群がっているが、政嗣は凄い!

初訪問になるが、こんなに凄い店なのか?

20人くらい並んでいるな。

どうしようか?

支店で我慢するか?いったん駐車場まで戻り、車を政嗣の近くの駐車場に入れ直す。

なんだかんだで15分以上経過か?

すると、行列が短くなった。

これはチャンスと思い、並ぶことに。

時刻は13時を回っている。

すると、私の後ろにまたもや行列ができる。

閉店まで続くのであろう、この行列は。

待っている間に、お店の奥様が注文を取りに来る。

奥様は私と年齢同じ位か?少し若いか?スリムでやや綺麗系ですね。

「ご注文は?」

「焼き餃子と揚げ餃子と水餃子があるのですか?」

「うちは揚げ餃子はありません」

「では、焼き2人前と水1人前で」

「忙しい時は追加注文が出来ませんけど」

奥様は私の顔を覗き込む。

「焼き3人前と水1人前で」

奥様の「おまえそれで足りるのか?」ビームを浴び、その様になった。

私の後ろにいた女性2人組は、お土産の餃子を5000円くらい注文していた。

勿論、宅急便での発送である。

食べるのは1人前づつだった。w

並ぶこと2~30分かな?ようやく入店。

店内はゴマ油の風味と言うか、餃子の香りが充満している。

何しろ、出てくる客すべてから、餃子臭が漂っていたから。

ちなみに、その匂いはニンニクではありません。

ニンニクが沢山入っていたら、女性は敬遠するでしょう?

だから、その匂いは気にしなくていいが、服に餃子臭が染み付くのは覚悟しましょう。

厨房内は、店主であろうオヤジさんが、焼きと水餃子を次々と作り出す。

ああ・・・行列が長い理由が分かった。

キャパですね。

みんみんと比べると、カウンター席のみで15人くらいか?

そこまで座れるかな?

キャパシティーが少ないので、待つ。

そういうことですね。

着席すると、卓上には酢と醤油、ラー油の入れ物があるが、それぞれデカイ。w

補充する手間を省くためか?

やがて餃子登場、記念撮影をし、いただきま~す!













まずは焼き餃子の登場だが、焼くことも味の一部だね。

焼き上がりが美しいわ!見ただけで美味そうだわ!

そして、オヤジさんの職人技が分かりますね。

タレですが、私は酢が多めの醤油少し、ラー油は沈殿物投入で食べます。

ラー油の沈殿物は、浜松餃子のそれとくらべると、少な目ですね。

では一口、モグモグ・・・野菜中心の餡でサッパリしているが、美味い!!!!!!

何と言いましょうか、皮の付いたままの生姜の絞り汁?それが一発目に来ますね。

何となくピリ辛の印象ですが、生姜の風味を感じた後、野菜餡の旨みが広がります。

肉などは少しでしょうね。

焼き目はさすがに、パリッとして美味い!!!

カリカリと言うほどではないが、良い食感である。

やはり、焼きも味の一部、美味い!!!!

そして、感じたのが「これって浜松餃子でもいいんじゃない?」という事。

何しろ、味がサッパリしていて、軽い食感とあいまり、いくらでも入りそうである。

私は4人前の餃子を注文したことになるが、5人前でも十分完食可能。

敢えて、浜松餃子で似た様な味と言うことで例えるなら、むつぎくか?

むつ菊ではなく、浜松駅前のむつぎくね。

誤解を恐れずに例えましたが。

みんみんが世の中の餃子の味のスタンダードだとすれば、やはり、政嗣は違うね。

そして水餃子が登場するが、宇都宮の水餃子を食べるスタイルというのが、

水餃子に直接、酢や醤油を入れて食べるスタイル。

その食べ方、以前から知ってはいたが、初めてやります。

店主曰く、味が無いから酢をふた回しかけて、醤油などは好みで。

味が無いのかよ!w

一応、言われた通りやってみるが、どうにもしっくりこないね。

餃子に味が無いのではなく、スープに味が無いということ。

スープは飲まないで、水餃子だけタレに付けて食べれば、味は分かりますよ。

まあ、私はタレ付けスタイルを推奨しますが、最初タレで、後から酢や醤油を入れる、

そういう食べ方でもいいと思いますよ。

因みに水餃子、皮のもっちり感はそれほどでもない。

焼き餃子を食べたら、別に水餃子を食べなくてもいいかも?

焼き餃子4人前でも良かったか?そう思いました。

それにしても、焼き餃子は美味いな。

焼き餃子も水餃子も210円。

4人前で840円。

安いよね。

味に関しては、絶叫するほど美味い!というものではなく、この価格でこの味、幸せ!

その様に感じるものです。

今の所私の人生で、焼き餃子で絶叫したのは「むつ菊」ですね。

それも、オヤジさんが焼いた餃子!

あの味、あの食感、忘れられません!!!!!

やがて完食。

野菜餡でヘルシーな餃子は、女性でも安心して召し上がりください。

服に匂いが浸み込むが、ニンニクでは無いので気にしない!

待ち時間が長いのが気になりますが、お客は餃子しかないので、回転は良い方だと。

みんみんも美味いが、こちらも間違いなく美味い!!!

頑張って、宇都宮餃子をもう少し、食べ歩く機会を設けたいと思います。

 

ここで一句

     政嗣とは

         人の名前で

              いいですね?

2017年12月22日 (金)

宇都宮市 川蝉 うな重 松

123_38
Dscn1662_3546

Dscn1678_3547

123_39
Dscn1677_3548

123_40
Dscn1664_3549


Dscn1665_3550


Dscn1666_3551


Dscn1667_3552


Dscn1669_3553

123_41
Dscn1670_3554


Dscn1671_3555

123_42
Dscn1672_3556


Dscn1674_3557

宇都宮といえば「餃子」である。

私も20年以上前、宇都宮に初めて来たとき、何を食べた?

何も食べなかったか?

宇都宮駅前の餃子の像を写して終わりだったか?

餃子も食べるが、餃子以外の何かを食べましょう!

というわけで、選んだのは「川蝉」。

こちらの店に関しては、もう何年も前から選択視に入れておりました。

「鰻が美味い!」という情報を仕入れておりましたので、わざわざ宇都宮まで来て鰻です。

カーナビで店までは苦もなく到着をするが、駐車場か・・・

近隣にコインパーキングがいくつか点在するので、そちらに車を止める。

それにしても我旅、ガソリン代と高速代は仕方がないとしても、駐車料金も必要経費だな。

店の前に行くと行列を覚悟をしていたが、それは無し。

戸を開けて中に入ると、どうぞどうぞとおばあさま。

カウンター席とテーブル席、2階にも席があるようですね。

カウンター席に案内され、メニューを見ると鰻のみ。

うな重はわかるが、蒲焼ご飯、白焼きご飯ってなんじゃ?

セパレートタイプか?

選んだのは、うな重の松3564円。

肝焼きなどのサイドメニューはない。

蒲焼ご飯と白焼きもいいか?と思ったが、連食予定なのでうな重だけにした。

注文後待つ。

テレビがあるが、ちょうど私の後頭部。w

すると、おばあさまが雑誌を持ってきてくれた。

栃木の観光ガイドみたいなものだが、字が小さくて見えん。w

折角の親切だが、画像だけでふむふむと納得する。

やがてうな重登場、記念撮影をし、いただきま~す!









鰻は一尾使用のうな重であったか。

肝吸いと香の物が付き3500円台なら、今のご時勢妥当の金額の内容か?

蓋を開けたとき、特別かぐわしい香りはなかった。

というか、このお店は鰻を焼く匂いが、それほど充満をしていない。

店の外もそうだったが、匂いは相当控えめかな?

まあ、ご近所が毎日鰻くさい!と言ったのかもしれないが。w

見た印象は、それほどタレがべったりしていないね。

では一口、もぐもぐ・・・タレの味わいは控えめで、鰻の味を主張したもの。

鰻自体はふんわり食感で、悪くはない。

タレは勿論、関東風の甘辛い味わいだが、それが控えめ。

それゆえに、鰻本来の味が良くわかると思うのだが、この時期の鰻としては、

もっと脂ののりを期待していたが、そうでもない。

割とさっぱりした鰻の味、といえるかもしれない。

鰻特有の泥臭さは皆無。

ご飯の炊き上がりは私としては、普通と思えるもの。

それにタレが染みこんでいるが、こちらも米の味わいが良くわかるね。

肝吸いをいただくと、出汁感は無し。

塩加減などは控えめだと思うが、個人的には鰻の肝吸いとはいえ、鰹出汁の風味が、

もっとあった方がいいと思うのだが、肝はしっかりした味があった。

途中で山椒をうな重にかけてみた。

山椒の刺激はあるものの、味覚を左右するほどの刺激感は無し。

小鉢の中は和え物でした。

やがて完食。

私としては、美味しくいただけました。

現時点では私の鰻ランク、1位友栄、2位加茂は不動です。

 

ここで一句

    鰻には

       のって欲しいの

             脂肪分

2017年12月21日 (木)

宇都宮市 大谷資料館~観音様も含めた六十五景

123_23
Dsc_2774_3481

Dsc_2775_3482


Dsc_2776_3483


Dsc_2779_3484


Dsc_2781_3485

123_24
Dsc_2783_3486


Dsc_2784_3487


Dsc_2785_3488


Dsc_2786_3489

123_25
Dsc_2787_3490


Dsc_2788_3491


Dsc_2789_3492


Dsc_2791_3493


Dsc_2792_3494


Dsc_2794_3495

123_26
Dsc_2798_3497


Dsc_2797_3496

123_27
Dsc_2804_3498


Dsc_2806_3499


Dsc_2808_3500


Dsc_2809_3501


Dsc_2811_3502


Dsc_2813_3503

123_28
Dsc_2820_3504


Dsc_2826_3505


Dsc_2830_3506

123_29
Dsc_2831_3507


Dsc_2832_3508


Dsc_2833_3509

123_30
Dsc_2835_3510


Dsc_2839_3511


Dsc_2841_3512


Dsc_2854_3513


Dsc_2859_3514


Dsc_2867_3515


Dsc_2868_3516

123_31
Dsc_2877_3517

123_32
Dsc_2879_3518


Dsc_2880_3519


Dsc_2881_3520


Dsc_2882_3521


Dsc_2883_3522


Dsc_2884_3523


Dsc_2886_3524


Dsc_2889_3525

123_33
Dsc_2891_3526


Dsc_2892_3527


Dsc_2893_3528

123_34
Dsc_2895_3529

123_3
Dsc_2897_3530

123_4
Dsc_2901_3531

123_35
Dsc_2906_3532


Dsc_2910_3533

123_36
Dsc_2912_3534


Dsc_2914_3535

123_5
Dsc_2919_3536


Dsc_2923_3537


Dsc_2924_3538


Dsc_2925_3539


Dsc_2930_3540


Dsc_2937_3543


Dsc_2932_3541


Dsc_2936_3542


Dsc_2942_3544

123_37
Dsc_2945_3545

せっかく栃木に来たのだから、イルミネーション以外の観光もしましょう!

ということで、思いついたのが足尾銅山。

銅山?どこかで似たような観光坑道に行かなかったか?

秋田で行ったな。w

銅山以外でどこかないのか!!!

そこで思いついたのが、大谷資料館。

ここは、映画やミュージックビデオの撮影に使われることで有名です。

で、実際に訪れて言えることはただひとつ、「演出をして撮れ!」。

迷惑にならない範疇で、コスプレなどをして撮るべきである。

自撮りをするなら、懐中電灯のひとつでも持って来い!

自分でも他人でも友人でも家族でも、撮影するなら盛れ!

光りや小道具で写真を盛れ!それだけは言える。

盛らない画像など、この場所では無用である。

私もコスプレ美女を、4~5人連れてくればと思った。w

雰囲気抜群のところであるが、2度目の訪問はあるのか?

あるのであれば、モデルを・・・w

その後、大谷観音、平和観音と見物。

大谷観音は撮影禁止なのであしからず。

縄文時代の人骨が展示されていましたよ。

 

ここで一句

     コスプレは

        オヤジがすると

               変態に

2017年12月20日 (水)

足利市 足利フラワーパーク 光の花の庭~ここも凄いぞ七十景

123
Dsc_2441_3412

Dsc_2431_3413

Dsc_2434_3414

123_2
Dsc_2442_3415

123_3
Dsc_2444_3416

123_4
Dsc_2459_3417


Dsc_2462_3418

123
Dsc_2475_3419


Dsc_2484_3420


Dsc_2505_3421


Dsc_2512_3422


Dsc_2513_3423

123_5
Dsc_2515_3424


Dsc_2518_3425


Dsc_2520_3426


Dsc_2522_3427

123_6
Dsc_2525_3428


Dsc_2527_3429

123_7
Dsc_2530_3430


Dsc_2531_3431

123_9

Dsc_2532_3432


Dsc_2536_3433

123_10

Dsc_2539_3434

123_11
Dsc_2549_3435


Dsc_2561_3436


Dsc_2565_3437

123_12
Dsc_2566_3438


Dsc_2572_3439

123_13
Dsc_2578_3440


Dsc_2582_3441

123_14

Dsc_2584_3442

Dsc_2594

Dsc_2595

123_15
Dsc_2591_3443


Dsc_2597_3444

123_16
Dsc_2598_3445


Dsc_2603_3446


Dsc_2607_3447

123_17
Dsc_2616_3448

Dsc_2619


Dsc_2622_3449

123_18
Dsc_2625_3450


Dsc_2630_3451


Dsc_2633_3452


Dsc_2635_3453


Dsc_2637_3454

Dsc_2645_3455


Dsc_2647_3456

123_19
Dsc_2652_3457

Dsc_2660


Dsc_2668_3458


Dsc_2672_3459

123_20
Dsc_2680_3460

123_2
Dsc_2683_3461


Dsc_2690_3462


Dsc_2698_3463


Dsc_2705_3464


Dsc_2707_3465


Dsc_2713_3466


Dsc_2717_3467


Dsc_2718_3468

123_21
Dsc_2723_3469


Dsc_2734_3471


Dsc_2735_3470


Dsc_2738_3472


Dsc_2742_3473

123_22
Dsc_2766_3477


Dsc_2767_3478


Dsc_2768_3479


Dsc_2772_3480

なばなの里のイルミネーションから始まったのですが、

写真としては、自己満足ではありますが、段々良くなってきてます。

あと、何回行けるか?これで最後か?

寒さに負けず、頑張ります!








今年の日本3大イルミネーションは、ハウステンボスと札幌ホワイトイルミネーション、

そして足利フラワーパークだという。

その3大イルミネーションのひとつ、足利フラワーパークに初上陸した。w

私としては、なばなの里、東京よみうりランド、相模湖イルミリオンと有名どころは

制覇してきたが、ハウステンボスと札幌は3連休以上ないと苦しい。

どうしても、移動時間ということで、半日以上は必要である。

おそらく、このブログの公開中に訪れることは不可能であろう。

ならば足利フラワーパーク、全力を持ってお伝えしましょう。

まずは人の多さにびっくりですね。

この日は平日なのだが、よくぞこれほど人が集まったな!と思われるほど人が多い。

しかし、中に入って納得である。

素晴らしい!!!!!!!!!!

先述のように、有名どころに行ってはいるが、ここも凄い!!!!それは言える!!!

花を基調としたイルミネーションは、見事!!!!!

そしてここにきて初めて気が付いたのは、ここが藤の花の名所だったということ。

藤の木を移植して、花を咲くようにしたのだが、私もテレビなどでしか見たことのない、

藤の花の名所がここだったのだ!

春先にしか見られない藤の花を、イルミネーションで再現したのだ。

その見事さは、もはや私の撮影技術、カメラではお伝え出来ない見事なもの。

この感動、是非とも現地で見てほしい。

栃木なので寒さが厳しいが、防寒対策をしっかりとして、感動してほしい。

私も撮影をしたとはいえ、2時間半もここにいました。

お勧めです!!!!

そして、訪問できるかどうかわかりませんが、来年の桜前線でここに来たい!

満開の藤の花をカメラに収めたい!

そう思いました。

 

ここで一句

    寒い夜

       光に手を当て

              暖を取る

2017年12月19日 (火)

足利市 鳥常本店 とり重

123_15
Dscn1657_3390

Dscn1637_3392

123_16
Dscn1636_3391


Dscn1640_3394

123_17
Dscn1638_3393


Dscn1642_3395

123_18
Dscn1644_3396


Dscn1645_3397


Dscn1646_3398


Dscn1647_3399

123_19
Dscn1649_3400


Dscn1650_3401

123_20
Dscn1652_3402


Dscn1653_3403

123_21
Dscn1655_3404


Dscn1656_3405

123_22

Dsc_2419_3406


Dsc_2420_3407


Dsc_2421_3408


Dsc_2422_3409


Dsc_2424_3410

123_23
Dsc_2426_3411

群馬フラワーパークというところがある。

当初、そこに行くつもりであった。

しかし、それが大きな勘違いだったことに気が付く。

渋川にホテルも予約したが、キャンセル!w

私は足利フラワーパークと勘違いをしていたのだ。

群馬に行ったら行ったで、それなりに満足出来るだろうが、本当の目的は違う。

その答えは明日です。w











まだ食うのかよ?

ラーメン2杯と大振りの餃子8個を胃に収め、ラーメン以外も食うのじゃ!ということで、

次に向かったのが「鳥常本店」。

この店、鰻の人気があるようだが、名前が鳥常なので鳥料理が食べたい。

そんな考えで訪れたのだが、この日泊まるホテルの近くじゃない。

ランチもいいが、酒飲みに来てもよかったのでは?

いろいろ妄想をめぐらすも、店の中に入る。

今の時代カーナビがあるので、どこに行くにも迷うこともなく到着できるが、

この店は一方通行や進入禁止もあるので、注意が必要である。

店の横が駐車場なので、そこに車を止めると、入り口に何か書いてある。

「本日、とり重と弁当しかできませんか」

特に鰻という選択肢があったわけではないが、鳥重でいいんじゃないですか?

私は中に入った。

中はテーブル席と座敷席があるのかね?二階もあるのかな?

私を見るとおば様が近づき、「とり重しかないですけど」と話しかける。

「それで構いません」と私は即答する。

入り口近くのテーブル席に座ることにする。

先客は3名かな?サラリーマンの2人連れはすでに食べ終えていた。

1名はまだこれから提供されるようだ。

店内の照明がやや暗いかな?落ち着いた雰囲気はあるが。

お茶が出され、それから大根サラダが提供される。

サラダだけ撮影をし、食べ始める。

サラダにはお漬物も付いてきたが、それは後回しだ。

サラダを食べ終えると、次に茶碗蒸しが出てきた。

茶碗蒸しはアツアツで、出汁もしっかり出ていて美味い!

むしろ、ランチでこのレベルの茶碗蒸しを出すのか?と思うほどだが、

これがうな重を注文していたら、むしろ当たり前の味だと思ってしまうだろうか?

やがてとり重登場、記念撮影をし、いただきま~す!












しじみ汁がついたそれは、なかなかのボリューム感を感じる。

うな重の鰻の代わりに、鳥肉のせちゃいました!か?

見た感じは、鳥肉の照り焼きでしょうかね?

では一口、もぐもぐ・・・肉に弾力があり美味い!!!!!

鳥の蒲焼ですね。

タレはさらっとしたものです。

蒲焼のタレを鳥用にアレンジしたのかな?

しっかりした味付なんですが、しょっぱくはないです。

鳥肉に厚みがあり、食感がむぎゅ~っとした食感です。

肉がかたいわけではなく、肉質を噛み締めて味わう、そんな印象です。

そして味の要のタレですが、先述したように蒲焼風の味わいです。

甘辛さを感じながらも、尖がった味ではなく、バランスがいいです。

さらさらしたタレは、ご飯にも多少染みていますが、肉の下に海苔があり、

全体的にはツユダクではありません。

卓上に七味と山椒があるので、それぞれかけてみます。

個人的に山椒ですね。

その方が、タレに合っていると思うし、やはりこれは蒲焼だ。

シジミの味噌汁は、シジミの出汁がよく出ていますね。

味噌も大豆の粒子が残っており、特徴があります。

やがて完食。

ボリューム的にも内容的にも十分満足です。

肉もご飯もボリュームがあり、満たされました。

何よりこの日3軒目、さすがに苦しい。w

食べ終えて、お会計をすると850円!!!!!!!!!!!!!!!

そういえば、値段を見ずに注文をしていた。www

ええええええええええええ?????????

この内容で税込み850円???

これはお勧めするしかないでしょう!!!!!

どう考えても1000円オーバーと思っていたものが、850円。

足利駅周辺でランチをするのであれば、この店のとり重は外せませんよ!

鰻はどうかわかりませんが。w

 

ここで一句

     鳥肉は

        やはり安いね

             ありがとう

2017年12月18日 (月)

佐野市 麵家ゐをり 万葉柚子味噌ラーメン、ジューシー餃子3個

123_10
Dscn1609_3372

Dscn1632_3374


Dscn1631_3373


Dscn1611_3375

123_11
Dscn1612_3376


Dscn1613_3377


Dscn1615_3379


Dscn1614_3378

123_12
Dscn1618_3381


Dscn1619_3382


Dscn1621_3383


Dscn1623_3384


Dscn1624_3385


Dscn1625_3386

123_13
Dscn1626_3387


Dscn1630_3389

123_14
Dscn1629_3388

気が付けば、150万アクセスを超えていたか。

200万はまだまだ遠い。



きっと来る きっと来る

ビデオはDVDになり、HDに進化し、今やネットでストリーミングをする時代。

テレビはブラウン管から液晶になり、有機ELディスプレイ。

映像は8Kの時代に貞子はどのようにして、出現するのか?

貞子もビジュアル系にならないと、生き残れないと思う今日この頃。

つまらぬ妄想を抱きつつも、今月も半分が過ぎた。










ラーメン大和から徒歩1~2分か?

一軒のラーメン店がある。

大和の駐車場の正面にもラーメン店があったな。

インターを降りてから、ラーメン店を探すのに苦労することはなかったな。

問題は味だろうが。w

せっかく佐野まで来たのだ、もう一軒ラーメン店に行こう。

私は事前に調べておいた店に行くことにした。

店の名前は「ゐをり」。

もし大和が休みだったら、そこへ行こうと決めていた。

それにしても、こんなに近くにあったのか?w

ちなみに住所の町名が違うのだ。

土地勘がないので、気がつかなかった。

駐車場は店の前にある。

外見はラーメン店というよりも、洋食やケーキ屋か?

ラーメン店らしからぬ店構えと思うのは、己の感性の古さゆえか?w

中に入ると、スタッフがお出迎えをし、席に案内する。

席はカウンター席とテーブル席。

先客はいるが、半分ほどの入りだろうか?

内装も女子が好みそうな内装である。

クリーム色の壁とウッドのテーブル。

イタリアンでもよさそうな雰囲気だ。w

注文が決まったら呼べ!というので、メニューを見る。

醤油、味噌、塩と3種類の味が選べ、煮干ラーメンもある。

トッピングもいろいろ選べ、麺も細麺が選べる。

この時点で、この店は手打ちラーメンではないと気づく。

いろいろ考えたが、期間限定メニューを注文するのもいいだろうと考え、

万葉柚子味噌ラーメン820円と餃子3個を注文する。

餃子は紫蘇餃子とジューシー餃子とあり、価格は同じである。

私はジューシー餃子3個240円を選んだ。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








見た目スープパスタか?

白い丼ぶりに、白味噌ベースのスープが美しく映える。

白いレンゲに入っているのは、柚子麹というもの。

さらに柚子七味が付く。

まずはスープを図頭逗ずずずz・・・う~~ん美味しい!!!!!

ダシがしっかり出ているのは当然として、ほんのり甘さを感じる味噌スープは美味い!

ガツンとくる味わいではなく、ぶわっと一気に広がる美味さがある。

う~~~ん、美味しい!!!柚子麹をまだ入れていないが、柚子の香りもする。

スープはポタージュの様なクリーミーさもあり、品も感じる。

次に麺をいただく。

麺は太麺の縮れ麺。

啜ってみると、表面は滑らかであるが、食感はやや滑らかさにかけるか?

先に食べた大和の麺が秀逸だったので、麺としては一般的と思われる麺だが、

やはり、噛んだ時に差を感じるが、通常であれば十分美味いと感じる麺だ。

この時点で柚子麹を全部投入してみる。

スープ全体に柚子の風味が増し、爽やかさを感じる。

柚子麹のためか、全部投入しても柚子のえぐい香りなどは感じない。

餃子は途中で登場した。

こちらの餃子も酢が多目のタレでいただく。

焼き目はそれほどパリッとしていないが、やや粗めの餡が美味いな~。

何度も書きますが、佐野でラーメンを頼むのであれば、絶対に餃子も一緒に!

肉と野菜の旨みが重なり、じゅわっとして美味い。

ラーメンには、チャーシューが一枚乗りますが、大きめですね。

やわらかく煮込まれたそれは、たった一枚でも満足度高し。

メンマは穂先メンマですか?

細長いそれは、歯ごたえはやわらかく美味い。

柚子七味は少し入れてみたけど、入れなくてもいいかもしれない。

柚子麹の風味だけで満足です。

やがて完食。

麺は大盛りではないが、満足できる量だと思います。

餃子も文句なく美味い。

スープは完飲しました。

塩気もさほど感じず、ポタージュのつもりで完飲です。

青竹手打ち麺は確かに美味しい。

しかし、手打ちでなくても美味い店はある!

そんな感想です。

 

ここで一句

     手打ちより

         スープで勝負

               仕掛けたか?

2017年12月17日 (日)

佐野市 青竹手打ちラーメン大和 チャーシューメン、焼餃子5個

123
Dscn1634_3371

Dscn1585_3356


Dscn1586_3357


Dscn1591_3358

123_2
Dscn1592_3359

123_3
Dscn1593_3360


Dscn1594_3361

123_4
Dscn1595_3362


Dscn1598_3363

123_5
Dscn1599_3364


Dscn1600_3365

123_6

Dscn1604_3367

Dscn1608_3370

123_7

Dscn1601_3366

123_8
Dscn1606_3368

123_9
Dscn1607_3369

久しぶりの栃木だわ。

栃木にトツギーノだわ。

何で栃木に来たのか?

それは3日後のブログで分かるわ。





栃木に来たら、いろいろB級グルメもあるけど、やはりラーメンだね。

佐野ラーメンの有名店をいくつか訪問しました。

現在、惜しまれつつも閉店をした店もあるようです。

今回訪問したのは、ネットで調べたら人気店だと言うので、行くことにしました。

店の名前は「大和」。

そうですね、宇宙戦艦ヤマトですね。

関係無いと思うけど、一応書いておきます。w

佐野ラーメンと言えば、青竹手打ちラーメンです。

そうですね、青竹でシバくのです!この野郎ってね。(ウソです)

良い子の皆さんは、説明しなくても分かるでしょうが、ぶっとい青竹で、麺を打ちます。

小麦粉の塊を青竹で延ばして、叩きというか、とにかくこねくり回すわけですよ。

それを切って、茹でて出来上がりなのですが、スープも大事ですよね。

佐野ラーメンの方向性として、醤油ラーメンと言っても、どぎつい色のスープは無い。

まるで塩ラーメン?そう思われる方もいる位、スープの透明性が高いのが多い。

あくまでも私見ですが。



カーナビに従い、無事に到着。

到着時刻は11時半頃。

この店は11時から営業なので、行列がどうかな?と思いましたが、さほど待ち人は無し。

ウェイティングノートに名前を書くと、すぐに呼ばれました。

中に入ると、お客だらけですね。w

カウンター席とテーブル席、座敷席とありますが、私が通されたのは座敷席。

この店の座敷席、地面との段差が15cmくらいですか?低いです。

私が座った席は2人掛け用なのですが、目の前にはテレビがある。

すると、相席OK?とスタッフに聞かれる。

OK!OK!と答えると、目の前にはサラリーマンが座る。

テーブルが大きめなので、相席でもほぼ気にならず。

席に着く前に注文を聞かれたが、店の外にもメニューがあった。

選んだのはチャーシューメン830円と焼き餃子5個入り450円。

麺は大盛りにはしなかった。

この日は連食予定なので、大盛りは回避し、少しでも詰め込もうと思った。

こちらのお店、ラーメンの味の種類は1種類で、あとはトッピングか?

餃子は水餃子もあり、珍しいのでは?おつまみもあるし、飲めるものなら飲みたいね。w

人気店なのに、ランチメニューで唐揚げもあるのね、これも人気の要因か?

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!














正直、大盛りが来たのかと思った。w

大き目の丼ぶりに、なみなみとはられたスープ、厚みも有り、大き目なチャーシュー。

そして餃子であるが、結構迫力ありますね、大き目の餃子です。

餃子は3個と5個と選べるが、3個にすれば良かった。w

餃子のボリュームが、麺大盛り以上のボリュームが確実にある。

まずはスープを事逗ずずz・・・むふふふ・・・美味い!!!!!

ガラ系のダシが良く出ているが、魚介系もふんわりと感じるね。

スープの塩加減は私としてはいい塩梅、美味しい。

醤油ラーメンであるが、醤油の風合いよりも、ダシの旨みを前面に出してますね。

どちらにしても、人気があるのが分かるわ!美味い!!!!!

次に麺をいただきます。

麺を引きずり出すと、割と太めの角ばった印象の麺。

勿論見た瞬間から、手打ちだ!と分かる麺である。

そのやや色白の麺を啜り込む。

ズルズル・・・う~~ん、麺が踊る!ムチムチプルンという表現ではない、

麺の茹で加減の調整可能だが、アルデンテを感じさせないアルデンテだ。

今まで食べて来た佐野ラーメンの中では、麺はしっかりした食感だと思う。

その麺の食感が、踊る様な食感なのだが、それすらも的を得ていない表現だと思える。

滑らかなのど越し、舌触りの良さ、しかし、歯に当たると踊るとしか言えない食感。

そして、麺からにじみ出てくる若々しさ。

何というか、非常に出来の良い新入社員ですね。

いや~、これは美味い!!!!!

チャーシューはバラ肉使用なのでしょうが、脂身の存在をそれほど感じさせません。

肉を喰らう楽しみと愉悦を与えてくれます。

味付けは、自分としてはちょっと濃い目の塩加減かな?と思いつつも、

厚く噛み応えのあるチャーシューが、丼ぶり一面にあるのは、嬉しい物です。

これで830円、安いと思います。

他にメンマもありますが、メンマは細切りタイプですね。









次に餃子を食べます。

ところで、佐野でラーメンを食べるのであれば、絶対餃子を注文してください。

どの店も、餃子には力を入れています。

皮も自家製の店も多く、私もほぼ餃子を注文しています。

何より、宇都宮がありながらも、それと一線を画す餃子です。

こちら大和の餃子も皮が自家製と思われます。

大き目の餃子に、酢多め、醤油少な目、コショウぶっかけのタレでいただきます。

モグモグ・・・ジューシー感は無いが、荒目の餡が美味い!!!

野菜と肉のバランスがいいですね、美味い!!!

ニンニクなどの特徴は特に感じません。

食べれば、旨みが口に溢れます。

焼き目の食感もパリッとして、これは美味いな~!

しかし、大きいわ!w

このボリュームだと次がつらいね。w



ラーメンを啜りながら思ったのは、ニンニクが少し欲しいかな?

ニンニクラーメンがあるけど、卓上でサービスしてくれると嬉しいね。

やがて完食。

スープは少し残しましたが、完飲したい美味さです。

餃子も450円と言う価格に納得。

両方合わせて1280円。

天一の味噌チャーシューメン大盛りより、はるかに安い。w

味もボリュームの納得のお店です。

お勧めします!

 

ここで一句

    ヤマトだと

       宅急便で

           御土産を

2017年12月16日 (土)

伊東市 韓国家庭料理アリラン 石焼カルビ丼

123_13
Dscn1582_3355

123_14
Dscn1580_3354

123_15
Dscn1579_3352


Dscn1577_3349

123_16
Dscn1535_3326

123_17
Dscn1536_3327


Dscn1537_3328

123_18
Dscn1576_3350

123_19
Dscn1539_3329


Dscn1541_3330


Dscn1542_3331

123_21
Dscn1545_3332


Dscn1546_3333


Dscn1547_3334

123_22
Dscn1551_3335

123_23
Dscn1555_3336

123_24
Dscn1556_3337

123_25
Dscn1557_3338

123_26
Dscn1561_3340


Dscn1562_3341

123_27
Dscn1563_3342

123_28
Dscn1564_3343


Dscn1567_3345

123_29
Dscn1568_3346


Dscn1570_3347


Dscn1573_3348

伊東市内である。

この前、熱海市内を徘徊したのだが、熱海は坂道が多い。

歩くことは嫌いではない。

坂道は汗をかく。

冬でも汗をかく。

伊東市内、坂少ない。

それだけか?w





さあ、2軒目いくぞ~~~!!!

ランチのハシゴじゃ!!!

次はどこに行くべ?

駐車場に車を止め、アーケード街をうろうろする。

そういえば、伊東駅前周辺は結構食べ歩いているよな。

まだ行ったことのない店を探しましょう!と思ったら、凄く興味のある店が。

その店は本日貸し切りだったが、厚焼き玉子サンドだと?これ美味そう!!!

これ、次回行くしかないでしょう!

まさか伊東市内でこんなものを見つけるとは!まさに闇夜にカラス!(意味不明)

妙な興奮を感じながらも、私は韓国家庭料理の看板を見つける。

店の名前は「アリラン」、どこにでもありらんな名前である。w

この前、この店の斜め前で豚丼を食べたな。

その時にも、この店の前を通り過ぎて、隣の喫茶店でナポリタンを食べた。

ランチメニューは6種類ある様です。

いいでしょう、韓国家庭料理を食べたくなりました。

中に入ると薄暗い。

すると、おばちゃまがいらっしゃいと出迎える。

「ひとりですが・・」

「どうぞ、どうぞ」とテーブル席に招く。

先客は無しというか、開店は11時半だが時刻は11時20分。

営業中の看板が出ていたので入店をしたが、フライングゲットのようだ。

それでも、おばちゃまは嫌な顔をせずに明かりをつけた。

明かりを付けても、まだ少々暗いですね。

何を注文しようか迷いますが、石焼カルビ丼にしましょう。

1800円で、ランチとしては一番高い物ですが、敢えてそれにしましょう。

料理が出来るまでの間、店内を見渡します。

店内は新しい感じがしますね。

何より、綺麗で清潔感を感じます。

調度品もきちんと並べられ、女性だけでも違和感は無いでしょう。

やがてカルビ丼登場、記念撮影を・・・・













「はい、混ぜてあげるね」

おばちゃまは、慣れた手つきでカルビ丼を混ぜ混ぜピビンする。

ご飯の底にはおこげが出来ており、これは美味そうだが、記念撮影が・・・w

「はいどうぞ」とおばちゃまはテーブルに落ちた2粒の米を拾うと口に入れた。w

その事自体は、勿体無い精神で良いと思うが、記念撮影が・・・w

目の前には完全にピビンされたカルビ丼が、いまだにジュージュー言っている。

仕方がない、どちらにしても混ぜたものを撮影するはずだった。

ならば、この混ぜられた物をいかに美味そうに撮影するか?それだけである。

カルビ丼には、カクテキ、ワカメスープ、韓国海苔が付いている。

まずはカルビ丼を一口、あふあふあふ・・・ウマ、旨、馬!

全体的に味は薄目かな?味が濃いとは思わない。

米の旨味、カルビの旨味、ナムルの旨みが一体化され、美味い!

全体的にまったりした感じがある。

しかし、それはカクテキを一口含むと印象が変わる。

卓上にコショウがあってもいいかな?ブラックペッパー。

少々大人の刺激が欲しい気もする。

カルビであるが、こちらは輸入肉でしょうが、味付けの妙とカルビ丼ということで、

輸入肉特有のクセなどは特に感じない。

何よりボリュームがある!

ご飯茶碗軽く2杯分かな?食べ応えがありますよ。

おこげがしっかりとした食感で、咀嚼力を求める。

量も多いので、普通の方なら満腹必至でしょう?

う~~ん、美味しい!!!

わかめスープは自家製ですね。

カクテキは細いけど、箸休めに丁度いい。

私はカクテキ入れ物の底に溜まった汁をカルビ丼に投入する。

これで多少の味変になり、ボリュームのあるカルビ丼を飽きずに食べ進む。

やがて完食。

みかんはサービスですか?

「お腹いっぱいになりました?」

会計時、おばちゃまが話しかける。

「いや~~~、お腹いっぱいですよ!ご馳走様」

おばちゃまはニコニコする。

この店はもう一度来ましょう!ユッケジャンかコムタンが食べたくなりました。

 

ここで一句

    優しさは

      たまに余計な

           お世話かな?

2017年12月15日 (金)

伊東市 ふじいち おまかせ海鮮丼

123
Dsc_2405_3304

Dsc_2407_3305


Dsc_2412_3306

123_2
Dsc_2416_3307

123_3
Dscn1501_3303

123_4
Dscn1502_3308

123_5
Dscn1504_3309


Dscn1506_3310


Dscn1507_3312

123_6
Dscn1508_3311

123_7
Dscn1512_3313

123_8
Dscn1513_3314


Dscn1514_3315


Dscn1515_3316

123_9
Dscn1529_3317


Dscn1521_3318

123_10_2
Dscn1523_3319


Dscn1524_3320


Dscn1525_3321


Dscn1526_3322


Dscn1530_3323

123_11
Dscn1531_3324

123_12
Dscn1534_3325

保阪尚希が儲けているらしい。

何というか、奢って欲しいが奢ってもらえるわけでもない。

自分のカネで飲み食いすればいいだけだが、若かりし頃、よく奢ってもらったが、

あの当時、上司や先輩サラリーマン諸氏の小遣いは幾らだったのか?

ああ・・・懐かしきバブル時代。w








伊東市内で午前10時から食事の出来る店を見つける。

伊東市内で早飯というと、ふしみ食堂を贔屓にしているが、10時から食べられるのは、

私としては、それだけで優良店である。

そんな優良店に行ってみた。


店の名前は「ふじいち」。

今まで干物屋だと思っていたが、食事もできる様だ。

この店、伊東漁港直営「波魚波」の正面にある。

波魚波には何度も訪れているが、気が付かない生活を送って来たらしい。

店には専用の駐車場もあるが、観光会館裏にも無料駐車スペースがある。

そこに止めても問題はない。

私はそこに止めて、港を景色を数カット撮影をする。

店まで徒歩で行き、店の前にいた店主らしきオッサンに話しかける。

「ここは食事が出来るのですか?」

「食事はね、2階です」

店内に入ると、食事は2階へと看板がある。

階段を上ると、広いスペースの食堂がある。

ロースター付きのテーブルが殆どである。

つまり、自分で焼いて食べる事も可能だと言う事。

大きな黒板があり、そこには本日のおすすめ品が箇条書きに書いてある。

これを見ると、店主は律儀な性格か?と思われる。

先客がいないので、窓側の特等席と思える場所に座る。

うん、眺めがいい。

卓上にもお品書きがあるが、そちらは定番メニュー。

この場合、お勧めの方が良いでしょう。

お勧めの丼ぶりは2000円オーバー、定食は1620円か。

どうしましょうか?定食よりも丼ぶりの方が高いか?

うな重よりうな丼の方が高い様な印象だな。

悩んだが税込み2268円のおまかせ海鮮丼にした。

丼ぶりが出来るまでの間、窓から表を眺める。

見晴らしが良いようでそうでもないかな?波魚波が邪魔や!w

やがて海鮮丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!









盛り付けは価格に見合う物だが、意外と迫力がない。

何ででしょうかね?私としてはイクラとウニは要りませんね。

その分、地魚をのせていただいた方が、嬉しいかと思います。

13種類の海鮮がのり、厚焼き玉子などが無いから、好感がありますね。

マグロは2種類なので、全部で13種類です。

刺身類は大きいとは言えませんね。

ワサビは粉ワサビ使用ですので、醤油に溶かし回しかけます。

私が分かる範囲では、マグロ、シラス、アジ、ボタン海老、鰆、金目鯛、鰤、カンパチ、鯛

ウニ、イクラ、あと一種類が分からん。炙りの魚なのだが。

ご飯はホカホカご飯である。

酢飯の方が個人的には好きなのだが、それならば寿司屋で海鮮丼を頼めばいいだけ。

素材そのものはどれも美味しい。

マグロが美味かったですね、赤身と中トロと分かれていたみたいで、美味かった。

海老に関しては、海老アレルギーの私が、海老の卵とミソを食べてもアレルギー無し。

金目も脂がのり美味かった。

他の刺身類も、美味しかった。

アラ汁ですが、カンパチのアラかな?

飲み易く、食べ易いアラ汁でした。

骨が少々あったけど、臭みも無く美味い!

やがて完食。

内容は悪くは無いが、価格を考えると「もう少し何か頂戴!」と思ってしまう。

まあ、隣の波魚波も2500円ほどの価格帯はあるし、眺めが良くてプライスレス!

ということでいいでせうか?

 

ここで一句

     おまかせに

        口を出したい

             クソオヤジ

2017年12月14日 (木)

熱海市 雨風本舗 ネギチャーシューメン大盛り

123_8
Dscn1485_3291

Dscn1486_3292

22_12
Dscn1487_3293


Dscn1488_3294


Dscn1489_3295

123_9
Dscn1493_3296

123_10
Dscn1496_3297

123_11
Dscn1497_3298


Dscn1498_3299

123_12
Dscn1499_3300

レンズの曇りが取れていない。

そうです、カツハヤシを食べたのに、まだ食べようとしています。w

さて、熱海での食事ですが、次は何を食べようか?

麺ですね。

ラーメンですね。

熱海でラーメンといえば「わんたんや」が有名ですが、わんたんやでは冷やしワンタンメン

しか食べない私、当然この時期食べられないので、温かいラーメンで美味いところは・・・

久々に「雨風本舗」に行きますか?

このブログでは、2011年に4回訪問しています。

それ以降は一切訪問してない。

なんと、6年ぶりの訪問ですか?このブログも長い事やっているな~。w

駐車場が無いので、有料駐車場を使うが、1時間400円・・・ぷぷぷぷぷp・・・

1時間単位かよ!ぷぷぷぷぷp\\\\\・・・

そういえば、熱海の駅ビルがリニューアルされたのだが、梅園で歩き疲れた。w

駅ビルに行く代わりに、駅前のアーケード街をうろうろする。

この日は似た様なユニホームというかコスをした姉ちゃん達が、カメラマンを連れていた。

久々に熱海駅前に来て感じたのは、客層が若返った。

梅園にいた時は、爺さん婆さんしかいないのかよ!と思ったが、駅前に来たら違う。

女子会みたいな連中や、カップルなどが多く、思わず「おじさんも混ぜて~」と、

犯罪すれすれの行動に出そうになった。www

妙な妄想を抱きながらも、雨風本舗に行くと、以前と風景が違う。

雨風本舗の前にパン屋兼雑貨屋みたいな店があったが、プリン専門店だと。

何と!あそこのパンは美味い!と知りながら、食べない日を送り続け、

6年ぶりに来てみれば、プリン???横山プリン?(分かる方だけ分かる)

はぁ~~残念だ・・・そうだ!この近くにお茶屋があり、そこに名物ジジイがいる。

あの店は、絶対桜前線で訪問しよう!

ラーメン屋は満席だった。

席が空くまでまたアーケード街をうろうろする。五月みどりの店とかあるけど、行かない。

何かいろいろあるけど買わない。

食べない。

そしてラーメン屋に戻る。

外で待つ事2分、席が空く。

実際は数分しか待たなかったのに、ブログだと余計な事を延々と書き、30分経過。w

ガラスのサッシ戸を開け、中に入る。

5人も座れば満席かね?荷物を置くスペースなんぞありません。

背中はサッシ戸とくっつきます。w

隣に客はいなかったが、居れば密着度高し。

姉ちゃんなら歓迎なら、オヤジは勘弁だ!オヤジ同士だと磁石の同極同士の反発力が

発生し、店を破壊する危険性がある。w(科学的根拠は無し)

6年ぶりの訪問だが、メニューを見ると価格以外は特に変更は無いようだ。

味噌と醤油は食べた事があるが、塩は一度もない。

しかし、絶対的にお勧めはやはり、醤油!

セットメニューもお得感があるが、チャーシューメン、いやネギチャーシューメンだ!

私は醤油ネギチャーシューメン大盛り1150円を注文する。

ラーメンが出来るまでの間、店内を見渡す。

客席の左側にあるテレビの位置は不動の様だ。

椅子も6年前の物をそのまま使用か?

メニューは変更されたようだ。

メニューには先客が食べた時に跳ねた、スープのしぶきが若干ある。

正直、なんぼ金を積まれても、綺麗とは言えない店内であるが、下には下がある。

そんな店は数え切れないほど訪問した。w

ところで、この店の狭さで思いだすのが、鎌倉の小町通にあるあのラーメン店である。

ラーメンひらの、あの店も狭かったが、あの店は、客の後ろを人が通ることが可能だった。

この店では、無理。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!













お帰りなさい、ただいま。

何となく一人芝居をしたくなるビジュアルだが、6年ぶりか。

花弁の様に敷き詰められたチャーシュー、ややカタメの半熟味付け玉子、

タレに和えられたネギの山。

真っ黒に近いスープに浮かぶ背脂の粒。

まずはスープを事逗ずずz・・・ああああ・・・美味い!!!!!!

6年ぶりだが大きな声で言える、美味い!!!!!!!!

むしろ、これほどまでに美味かったのか?6年間のブランクが勿体無いほどである。

まずはスープに旨みがしっかりと出ている。

黒っぽいスープは富山ブラックか、千葉の竹岡式ラーメンを思いださせる。

しかし、この店のスープはどちらでもない。

飲んでみると、見た目ほどしょっぱくはないのだ。

醤油の味わいを感じながらも、ほんのり感じる甘み。

これは背脂から来るものであろう。

土台のしっかりしたスープの相棒である麺は、物の見事に縮れている。

麺の天然パーマ、いや、麺のチリチリドリルと言えるであろう。

中太の麺はプリプリの食感が楽しい。

口の中では麺が踊り、まさに麺の踊る大捜査線や~~!(彦摩呂痩せるのか?)

チャーシューは軟らかく煮込ま江ながらも、肉の旨みを感じ、適度の脂身が、

体重の充填効率を高めると思われる。(学術的見解ではない)

ネギはタレに和えられているが、ネギの辛味などは無い。

シャキシャキ食感が楽しく、江戸っ子もシャキシャキしそうである。(事実確認無し)

卓上にブラックペッパーとニンニクがある。

醤油味であるが、両方とも投入する。

うん、ニンニクは少し入れた方が、更に風味が増す。

メンマ、味付け玉子もスープに浸しいただく。

麺は大盛りであるが、私としては余裕かな?

これに半ライスを付けても余裕ですが、一般の方は十分でしょう。

やがて完食。

スープは少し残しました。

6年ぶりの訪問でしたが、感動再確認というか、美味い!これに尽きる。

お洒落系の方々にはドン引きされそうな店ですが、ラーメンはインスタ映えするでしょう。

画像なんか盛ればいいのよ、盛れば。

マジ卍でマジでマジに美味い、熱海駅近くのラーメン店でした。

ここも再訪問したいな~。

 

ここで一句

    雨風に

       耐えてきました

               店構え

2017年12月13日 (水)

熱海市 洋食とん一 かつハヤシライス

22_2
Dscn1467_3279

123
Dscn1468_3280

123_2
Dscn1469_3281


Dscn1470_3282

123_3
Dscn1471_3283

123_4
Dscn1472_3284


Dscn1473_3285

Dscn1476_3287


Dscn1474_3286

123_5
Dscn1479_3288

123_6
Dscn1480_3289

123_7
Dscn1481_3290

警察官を見かけて逃げる奴は、追いかけれるに決まっている。

職務質問を受ける人間は、大抵逃げるか隠れるか、挙動不審な行動をとる。

それを見かければ、警官も怪しいとなるのは当然である。


私は梅園を後にすると、駐車場まで戻った。

どうせなら、この界隈で食事が出来ないか?と周囲を探すもそれらしきものはない。

熱海は、長崎並みに坂道が多く、止めるところに多少不自由する。

私は梅園の駐車場を出ると、木宮神社方面に車を走らせる。

おおおお!!!やべええええ!!!!警察署だ!

車を走らせると、熱海警察署の前を通り過ぎようとするが、丁度信号で停止することに。

やべええ、警察官がこっちを見ている。

私は焦った。

職務質問をされたら、ザードのファンだと分かってしまう。

私はとっさに洋食屋の駐車場に車を入れた。

取り敢えず、職務質問をされる前に、飯を食べよう。







多少過剰演出が入ったが、梅園から一番近い洋食屋ということで、入ってみた。

勿論、店に対する予備知識は何も無し。

熱海で洋食と言うと、海岸の方に有名な店があるが、高い。w

時に価格を気にし、時に価格を全く気にしない私。

この日は、安く上げたいと思った。

店の名前は「とん一」。

とんかつ一の省略形ではない。

店の両側に専用の駐車場があるが、いざ車を止めたはいいが、奥に止めてしまった。

つまり、縦列駐車になるのだが、今は出られるが、他の客が私の車の前に止めたら、

その車を出してくれないと、私は出られないことになる。

まあ、それに関しては日常的なことであろうから、いざとなったら、目の前の警官に

交通誘導をしてもらおう!w(無理だと思います)

中に入ると、先客が2名。

店内はテーブル席のみで、1人であるが、4人掛けのテーブルに案内される。

見ると、カウンターらしきものもあるが、そこは不使用みたいね。

メニューを見るといろいろあるが、焼肉定食にするかな?

グラタンもあるけど、グラタンではないな。

その中で、玉子サンドが気になるのだが、価格は900円。

恐らく、腹を満たすのであれば、3人前ほど食べないと満たされまい。w

すると、沼津のあの店でも食べた「かつハヤシ」を発見。

洋食屋だから、ハヤシライスは当たり前としても、カツハヤシか?いいですね。

1300円と言う価格ですが、この場合妥当と考えましょう。

ハヤシライスが1100円なのですから。

注文後、客がぞろぞろと入ってくる。

予約客らしいが8人か、人気有るのね。

やがてカツハヤシ登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目、微妙に迫力が足りない。

サラダ付きのそれは、ハヤシソースがソースポットに入っているためか?

カツも個人的にもう少し厚みが欲しいが、価格的に妥当であろうか?

カレーではないので、香りと言う点ではハヤシは弱いが、良い香りはする。

サラダはドレッシングがかけてあり、千切りキャベツが主役ですね。

ではハヤシソースをかけていただきます。

んんんんんんんん?????レンズが曇る!

くそ~~~、レンズが曇るのだが、何故か内側が曇る。

今まで随分と料理撮影をしてきたが、内側が曇るアクシデントは初めて。

店内が湿度が高く尚且つ温かいためか?梅園は寒かったか?

曇ったのはコンパクトデジカメ、一眼も持ってきていたので、一眼に切り替えようか?

う~~ん、いいや!このまま撮影だ!周囲がぼやけてメルヘンな感じだ!(個人的見解)

まずは一口、モグモグ・・・カツは揚げ立てでサクサク食感。

肉はジューシーではないが、サッパリした味わいで美味しい。

ハヤシソースは微かな酸味を感じる。

それと共に、トマトケチャップを味のベースにしているのかな?

どことなく、トマトベースの味わいを感じますが、その分コクが物足りない。

カツにコッテリしたハヤシソースもどうかな?と読者は思うかもしれないが、

沼津の千楽北口亭で食べたカツハヤシは、カツはジューシーで肉厚、

ハヤシソースはコッテリドロリとしたものであったが、これが美味かった!

ただ、千楽とは価格差がある様なので、一概に決めつけてはいけないか?

ご飯は勿論ホカホカ。

何といいましょうか、スイスイと食べ進む味わいですね。

途中サラダを食べ、あっという間に完食。

作られる方、客層などを考慮してこの味わいなのでしょう。

カツハヤシ初心者にお勧めの味わいです。

胃にもたれる事も少ないでしょう。

因みに、カツカレーは1200円です。

恐らく、来年桜前線で熱海に行くことでしょう。

その時は、来宮神社に訪問予定なので、警察官の目を盗み訪問したいかな?

 

ここで一句

     カツハヤシ

         日系人なら

              勝林?

2017年12月12日 (火)

熱海市 熱海梅園~紅葉もなかなかいいぞ!四十九景

22_2

Dsc_2176_2


Dsc_2177


Dsc_2178


Dsc_2179

22_3
Dsc_2182


Dsc_2185

22_4
Dsc_2191


Dsc_2192


Dsc_2193

22_6
Dsc_2196

22_7
Dsc_2199

Dsc_2200_3301

Dsc_2202


Dsc_2205

22_8
Dsc_2210


Dsc_2218


Dsc_2221


Dsc_2223

22
Dsc_2232


Dsc_2240


Dsc_2242


Dsc_2247


Dsc_2250

22_10
Dsc_2252


Dsc_2254_3302

Dsc_2259


Dsc_2267

22_11
Dsc_2274


Dsc_2279


Dsc_2281


Dsc_2284


Dsc_2292

22_12
Dsc_2296


Dsc_2308

22_13
Dsc_2318


Dsc_2320


Dsc_2321


Dsc_2333


Dsc_2346

22_14
Dsc_2347


Dsc_2348


Dsc_2349

22_15
Dsc_2358


Dsc_2362


Dsc_2363
22_17
Dsc_2378


Dsc_2383

123_3
Dsc_2387

22_16
Dsc_2397

休みが取れたので、どこに行こうか?と考える。

1日だけの休みなので、イルミネーションは無理。

ならば紅葉ですね。

前回は修善寺に行きましたが、紅葉の遅いところといえば・・・熱海の梅園。

梅を見に2度ほど行きましたが、紅葉はどうでしょうか?

修善寺もなかなか良かったので、行ってみましょう。

到着時刻は10時前。

近くに駐車場があるので、そこに止めるが300円。

紅葉の時期は、梅園は無料です。出入り自由です。

梅の時期と違うのは、早速紅葉がお出迎え。

この日の天気は曇り気味だが、インスタ映えポイントを求め、散策する。

すると、松葉の掃除をしているオッサンがいる。

何か、松葉でオブジェ?を制作中ですな。

これは復路の最後に確認しましょう。

中に入ると、見事ですね。

伊豆や箱根には素晴らしい紅葉は無い、と思ってきましたが、井の中の蛙でしたね。

梅園でこれ程の光景が見られるとは。

客層は平日だった関係もありますが、ジイサマ、バアサマばかりですね。

たまに、カップルや子連れがいます。

天気が残念でしたが、夜のライトアップも良いと思われます。

私も園内だけで1時間半以上、撮影をし、歩き回りました。

熱海梅園の紅葉、侮れが足し!

因みに、松葉のオブジェはハートかいな?

おっちゃん、ハートのセンス無いで。w

もうすこし、横に広げないと。w

 

ここで一句

   ハートには

       心を込めて

            描きます

2017年12月11日 (月)

伊豆の国市 すずや 五目野菜ラーメン(味噌)

22
Dscn1447_3265

22_2
Dscn1448_3266

22_3
Dscn1450_3267


Dscn1452_3268

22_5
Dscn1453_3269


Dscn1455_3271

22_4
Dscn1454_3270

22_6
Dscn1456_3272


Dscn1458_3273

22_7
Dscn1459_3274

22_8
Dscn1461_3275

22_9
Dscn1462_3276

22_10
Dscn1464_3277

クリスマス。

毎年自分には縁のないイベント?であるが、酒は呑める。

しかし、酒ばかり飲んでいると、良い事ばかりではない。

成人病である。

食生活改善も重要であるが、禁酒も重要である。

今年、何日酒を抜いた?と尋ねられたら、両手の指ではちょっと足りない。

1年365日、しかし休肝日は10日前後か?

「アナタ死にますよ」

ええ、死にたくないから酒を抜きます。w












何となく入り難い店だと思った。

国道沿いにある店なのだが、道路よりも低い位置に店があり、そこに行くには

小さな橋を渡らなければならない。

店の前には幟があり、ラーメンと定食があるのは分かる。

年期があるのが店構えからも分かるが、どんなものを出すのでしょうか?

毎度のことながら、入り難い店ほど積極的に行く!をモットーに、入る事に。

店の名前は「すずや」。

何度かこの店の前を通ったことがあるが、ノーマーク中のノーマーク。

車を運転していて、視界に入っても気にする事は無かった。w

しかし、ブログを書ける期間も残り1年を切った今、どんどん攻めるしかない!(何を?)

店の前駐車場があるので、そこに車を止める。

入口の横には観葉植物と言うか植木鉢がずらりと並ぶ。

中に入ると、いらっしゃいとお年を召したオバサマ。

1人で切り盛りをしているらしい。

女性店主1人で切り盛りは、観葉植物や植木鉢が多いのは、伊勢原のたんぽぽが

証明をしている。w

席はカウンター席と座敷席に分かれる。

座敷席にはばあ様2人が先客として鎮座していた。

私はカウンター席に座ると、メニューを・・・メニューが無いね。

「この辺りにメニューないかしら?」厨房内からオバサマが手で指図をする。

ああ、ありましたね。

何というか、レポート用紙みたいな紙にボールペンで手書きですか?

定食と麺類と分かれるが、別に黒板にもお品書きがあり、更に大きなお品書きがある。

チキンカツ定食、ミックスフライ定食などあるが、焼きそば定食もあるな。

どうしようかな?チャーシューメンが無いな。

いろいろ考えたが、麺類が食べたいので「五目野菜ラーメン」を大盛りで注文する。

するとオバサマが、「大盛りだとうちは丼が小さいので、麺だらけになっちゃう」と言う。

何のこっちゃと思うと、オバサマは丼を見せて「これだから大盛りは入り切らない」と言う。

客として思うのは、大きな丼ぶりを買えば良いだけじゃん!と思う。

まあいいか、ライスを注文すれば?とオバサマは言うが、普通盛で我慢する。

「味噌、塩、醤油と味が選べるけど、どうする?」というので味噌にした。

塩は在り来たりだと思うし、醤油五目野菜はピンとこない。

麺が出来るまでの間、店内を見渡す。

私の右隣りには、マガジンラックがあり、コミック雑誌が置いてある。

はだしのゲンか・・・これを読むのは一体何才位の客なのだ?

コミック雑誌のラインナップを見ると、この店が若年層の客を求めていないと思う。

若い客も来ているだろうが、後から訪れる客は年配ばかり。

テレビもあるが、ローカルニュースだな。w

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












成程、大盛りにしたらどうなっていたやら?

モヤシに頼らない野菜は、キャベツ、青菜、人参、豚肉、モヤシ、ナルト、ピーマンと

五目野菜に相応しい内容。

これなら、野菜不足の心配は必要ないだろうという、思わせぶりはある。

丼ぶりに目一杯に詰め込まれ、ボリューム感も700円であることを考えると、

これはこれでコスパは良いと、言わざるを得ない。

まずはスープを事逗っ事・・・うん、美味しい。

スープには炒められた野菜や肉の旨みが出ており、美味しい。

ベースのスープがどれほどの味わいか逆に分からぬが。w

味噌ダレは業務用と思われるが、微かにニンニクの香りもする。

女性が作っているためか、味はショッパイと思う事もない。

家庭でも出せる味かな?と思う部分もあるが、美味しい。

野菜はややクタクタ感がありますが、モヤシも豚肉も時間差無しで、

一緒に炒めているのでしょう。

シャキシャキした部分もありました。

麺を引きずり出すと、中細のストレート麺。

麺を啜ると、やわらかい。

ちょっと茹ですぎかな?元の麺がいいので、のど越しなどは良いですが。

途中、コショウをかけます。

何といいましょうか、食堂のラーメンですね。

家庭的と言うか、大衆的な味わいで、食事としては満足できるものです。

後から来た客が、ラーメンライスを注文していましたが、ラーメンとライスだけではないね。

何か小鉢みたいなものを付いていた。

やがて完食。

個人的に、他のメニューが気になります。

他の客の定食類を見ても、コスパが良さそう。

ならば、次回は是非とも定食を!

 

ここで一句

    大盛りは

       器を替えて

           出しましょう

2017年12月10日 (日)

伊豆市 めし屋みづ 花車弁当

22_35
Dsc_2156_3249

Dsc_2157_3250

22_36
Dsc_2158_3251

22_37
Dscn1439_3261


Dscn1441_3262


Dsc_2160_3252


Dsc_2161_3253

22_38
Dsc_2163_3254

22_39
Dsc_2164_3255


Dsc_2165_3256


Dsc_2166_3257


Dsc_2168_3258


Dsc_2171_3260

22
Dscn1443_3263

22_40
Dscn1446_3264

紅葉を楽しんだ後は、飯である。

今回はどこで食べようか?

修善寺というと、蕎麦みたいな空気がある。

独鈷の蕎麦が有名なので、仕方がないかもしれないが。

もっとも、蕎麦屋が多いようでそうでもない。

個人的には飲食店が少ない様な気がした。

そんな中で、気になる店が以前からあったのだが、この日は定休日か?

どこに行こうか?独鈷の蕎麦か?若かりし頃(20代)一度食べたが、感動は無かった。

すると、新しく出来た店がある様なので、そこにする事にした。

店の名前は「めし屋みず」。

店のデータなどは全く無し。

隣にはどこかで食べたあまご茶屋があるね、修善寺に移転してきたのか?

何故にめし屋みづが気になったのか?

駐車場が広い。

どうして、これほど駐車場が広いのか?それは人気があるからだ!

そう確信した私は、みづに入った。

時刻は11時を少し過ぎたところ。

店構えはレトロな感じを演出している。

入口には手書きのメニューがあるが、ランチは2種類の様だ。

中に入ると、テーブル席に案内される。

カウンター席は存在せず、テーブル席と座敷席のみになる。

私としては、テーブル席の方がありがたい。

内装もレトロを演出している。

メニューを見ると、ランチが2種類しか無いのは確定の様だ。

花車弁当か蕎麦のセットだけになる。

修善寺で敢えて蕎麦を食べない事にしていたので、花車弁当を選ぶ。

弁当を注文すると、デザートかドリンクか選べるという。

私はコーヒーを選んだ。

それほど待たずに弁当登場、記念撮影をし、いただきま~す!








税込1300円という価格であるが、バラエティーに富んでいる。

おかずは、野菜類の炊き合わせ、厚焼き玉子、魚の焼き物、煮物などが一の重に入る。

大根の煮物が別にあり、小鉢として独活のキンピラが付き、大きなお椀は味噌汁。

二の重にはひょうたん型のご飯がある。

ご飯は3種で構成され、黒米、五穀米、白米となり、お替り自由である。

お椀の蓋を取ると、野菜がたっぷり入った、けんちん汁風の味噌汁が大盛りである。

これは、女性には堪らない物でしょうね。

誰が見てもヘルシーな印象だし、彩りも鮮やかである。

懐古そばというもう一つのランチメニューも、蕎麦だけに限らず小鉢や黒米が付く。

因みに、それ以外にも定番メニューと言うのがあり、天丼や天ぷらそばなどもあるが、

訪れる客の99%以上、いや100%がランチメニューの2種を選んでいる、

と言っても過言ではないでしょう。

さて、何から行きましょうか?

まずは味噌汁から事逗っ事・・・ダシと野菜の旨みが出て、優しい味わいで美味い。

青い器に入った大根の煮物は、鶏肉のそぼろ餡かけタイプ。

輪切りの大根の上には、赤かぶ、菊の花、ブロッコリーなどがのるが、

黒っぽい物は何じゃ?しっとりした食感だが、かたさはある。

見た目はイチジクでもカリカリにしたのか?と思ったが、よく分からない。

肝心大根は、味が滲みてますね、美味い!

炊き合わせは、素材の食感を残しながらも、上品に仕上げてある。

人参、椎茸、ブロッコリーを楽しみ、味の浸みた蕗煮を楽しむ。

焼き物の魚は何だ?鰆か?脂がのって美味い。

厚焼き玉子も美味いな~。

小鉢の独活も美味いわ。

そしてご飯だが、黒米と五穀米はややねっとりした食感。

これも、米本来の味わいの上乗せになる旨みがあり、美味い。

白米も米の美味さを感じる。

当然、ご飯は足りない。

お替りをお願いすると、茶碗で提供される。

この時点で、提供されたすべての物が、実に丁寧に仕上げられていることに気付く。

手抜き無しとはいうが、この弁当に関してはまさしくそれであろう。

何を食べても美味い!何を食べても作り手の真面目な仕事を感じる。

全体的な味付けは、やや薄味かな?と思われるが、焼き物などはやや濃いめ。

味のコントラストとして、濃淡をつけ、食べる者を飽きさせないというか、

仕込みを含め、頑張っているなと思われる。

すべてを食べ終えると、コーヒーが登場する。

食後の余韻を楽しむべく、コーヒーを口に含む。

・・・コーヒーだけは手抜きを感じた。w

デザート選んでいたら、印象はまた違っていただろう。

修善寺に訪れたのであれば、是非ともこの花車弁当をステキな女子たちにお勧めする。

 

ここで一句

    弁当と

       表現するより

             御膳だな

2017年12月 9日 (土)

伊豆市 修善寺~紅葉を求め4時間歩いた七十七景

22_13

Dsc_1903


Dsc_1906


Dsc_1908


Dsc_1911

22_14
Dsc_1913





Dsc_1914


Dsc_1918

Dsc_1919

22_15

Dsc_1922


Dsc_1924


Dsc_1928


Dsc_1929


Dsc_1930

22_16
Dsc_1934


Dsc_1937


Dsc_1938


Dsc_1939


Dsc_1940


Dsc_1941


Dsc_1948

22_17
Dsc_1949


Dsc_1958


Dsc_1960


Dsc_1961


Dsc_1963


Dsc_1970

22_18
Dsc_1978

22_19
Dsc_1981


Dsc_1984


Dsc_1990


Dsc_1993


Dsc_1994


Dsc_2003

22_20
Dsc_2023


Dsc_2025


Dsc_2027


Dsc_2028

22_21
Dsc_2030


Dsc_2035


Dsc_2041


Dsc_2042

22_22
Dsc_2044


Dsc_2046


Dsc_2047


Dsc_2048

Dsc_2049_3278

Dsc_2051


Dsc_2054

22_23
Dsc_2056


Dsc_2057


Dsc_2064

22_24
Dsc_2074


Dsc_2085


Dsc_2086


Dsc_2088

22_25
Dsc_2091


Dsc_2093

Dsc_2099

22_26
Dsc_2101


Dsc_2103

22_27
Dsc_2107


Dsc_2112


Dsc_2116


Dsc_2117


Dsc_2119

22_28
Dsc_2121


Dsc_2136

22_29
Dsc_2142


Dsc_2143

22_31
Dsc_2144


Dsc_2145


Dsc_2147

22_30
Dsc_2148

22_32
Dsc_2149


Dsc_2151

22_33
Dsc_2152

22_34
Dsc_2153

フジテレビが、みなさんのおかげでした、めちゃめちゃいけてるの、

放送終了を決断した。

遅い。

遅すぎる。

しかし、痩せた土壌の大地に芽吹くものはあるか?

無い。



感慨のわかない終了なら、週刊少年ジャンプがお手本を何十年も前から、

見本を見せている。







この時期、私のブログの売り物というか、お勧めは紅葉とイルミネーション。

イルミネーションは掛川で大コケしたので、少し紅葉巡りをしたくなった。

どこに行こうか考えたが、11月末から12月初旬で見頃は・・・

ああ、修善寺があった。

修善寺に紅葉を求めての2度目の訪問となった。

まずは、メインの修善寺に訪れてみると・・・葬式をやってますね。

修善寺の境内というか、隣にセレモニーホールがある。

そこで、お葬式。

ええ、亡くなられた方に罪はございませんが、何故にこれほど観光客が多い時期に、

この場所でお葬式を行いますか?

多くの観光客が紅葉を求め境内に入り、隣でお葬式では撮影場所や歓声や会話も

自粛ムード満点でございます。

私自身、自粛と遠慮の為、撮影したい場所での撮影を断念しました。

正直、消化不良の気持ちがあるので、この日は修善寺で徹底的に紅葉を求める事に。

朝の7時から11時まで約4時間、修善寺の温泉街、梅林、もみじ林を歩きました。

その結果が、77枚というスクロールするのが面倒な枚数に。

パート1、パート2にしようかと思いましたが、一気に書き上げる事にしました。

似た様な画像ばかりにならない様に、変化を持たせ、見る方がヒュー!と

スクロールをしない様に心掛けました。w



それにしても歩きましたよ!

10~12キロくらいは最低でも歩いたでしょう!

何しろ、汗まみれですから!

温泉街から紅葉林や梅林に行ったので、上り坂ばかり。

私の旅や観光のコンテンツは、よく歩きます!w

しかし、歩かないと見つけられない場所もある。

だが、最後のおしゃぶり婆さんでどっと、疲れが出ました。

今回、体力的に力作です。ww

 

ここで一句

    ウォーキング

       歩いてばかり

              腹が減る

2017年12月 8日 (金)

静岡市 杉尾はなのき展望休憩所 おでん

22_9
Dsc_1879

Dsc_1896


Dsc_1881

22_11
Dsc_1882


Dsc_1894

22_10
Dsc_1893


Dsc_1892


Dsc_1891


Dsc_1890


Dsc_1884

22_12
Dsc_1883


Dsc_1885


Dsc_1887


Dsc_1889

人生たった一度だけ、それも数十秒間だけみたMTV。

何十年前だろうか?

ヴォーグ、センセーション、ビジュアル系。

それだけの検索ワードでやっと見つけた。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13909955

それにしても、この様な動画をアップされた方、まさしく神の域。

昔は良かった。www










私のブログでは2度目の登場でしょうか?

杉尾はなのき休憩展望所です。

私が、川根町や井川方面に向かうとき、まずは新東名の静岡SAの下り、

スマートETCを利用します。

そこからナビで進むと、コンビニもGSも見当たらない道をひたすら走り続ける。

何も無いのなら、南アルプス街道も似た様なものがあるが、こちらは道が狭い!

とにかく道が狭い!そして狭小カーブが多い。

早い話が、舗装されている林道みたいなものだ。

そんな極狭カーブ多めの道に、ダンプなどが通る。

他に道が無いので、ダンプの運ちゃんたちを攻めるわけにはいかない。

仕事と観光、生活を兼ねた道なのだ。

そんな道をひたすら走り続け、緊張感と疲労がピークになった頃、この休憩場が現れる。

正直、オアシスである。

ギャラガー兄弟復活希望である。(分かる方だけ分かる)

駐車場に車を止め、休憩所の中に入る。

こちらは無料休憩所なので、遠慮なく中に入ってもいい。

厨房内にはギャラガー兄弟ではなく、ノエルギャラガーも居ないが、おばちゃまがいる。

おばちゃまは、ドアを開け閉めする音がしても、私に気が付かなかったが、

おでんを所望するため、おばちゃまに声をかける。

「い、いつのまに!お主は忍びか?」

おばちゃまは驚いた表情を見せる。

「いかにも、それがしは甲賀忍術第壱拾代伝承者にて候」

私は正体を明かした。

「な、なんと甲賀。。。むふふふ・・・ここ杉尾はなのき展望所は伊賀の領域」

おばちゃまは割烹着を脱ぎ捨てると、忍者の衣装を纏っていた。

「甲賀覚悟!!!!」



まて~~~い!!!!

私は伊賀の忍者ばあさまを制した。

「ここは伊賀も甲賀も関係ない!民達の憩いの場である。それを血で汚すというのか?」

すると、ばあさま忍者はハッと我に返った。

「そうであった・・・」

すると、ばあさま忍者は窓からムササビの様に飛び出した。

「甲賀の忍者、また会おう!」




「おでんはここから好きなのを選んでね」

おばちゃまは、おでんの蓋を開けた。

ややスカスカぎみのおでんの入れ物を見て、私は先述の様な妄想をしていただけか。w

そういえば、前回来た時に食べたいなり寿司は美味かったが、今日はいい。

もう、腹いっぱいだ。

それと、ここに寄ったのは、帰路であった。

景色もいいので、皆様も是非、利用して卍?w

 

ここで一句

      夢を見た

           ハーレムみたいな

                     夢を見た

2017年12月 7日 (木)

榛原郡 食彩あしざわ カツ丼

22_5
Dsc_1863_3239

Dsc_1864_3240


Dsc_1866_3241

22_6
Dscn1437_3242


Dsc_1868_3243

123_2
Dsc_1870_3244


Dsc_1871_3245


Dsc_1872_3246

22_8
Dsc_1873_3247

22_7
Dsc_1876_3248

NHKの受信料について、最高裁での判決が下された。

受信料の契約締結は合憲。

世の中に900万世帯以上あるといわれる、受信料の未払い。

テレビ設置時に遡って支払う義務があると、判断された。

これは大変だぞ~。

受信料貧乏が発生する可能性大だが、どうなることやら?

私???実家はちゃんと払っています!w








蕎麦とかやくご飯だけで、私の胃袋が満たされるわけがない。w

もう一軒いきましょうか?と向かったのが、千頭駅。

トーマス機関車などで何度か訪れています。

この界隈、飲食店がいくつかあるので、そこで食事をしようと思いました。

その中で、以前から目を付けていた店に行くと、休み。w

う~~む、このところ天が見放したような様な事が続くな。w

そこで、千頭駅駅の裏手にある「音戯の里」側にある飲食店、あしざわに訪問する。

こちらも気になっていた店だが、訪問日は丁度、紅葉の見ごろの時期。

駐車場も満車状態が続き、観光客でにぎわっている。

2時近い訪問であったが、店は営業をしていて、店内は賑わっていた。

中に入ると、カウンター席とテーブル席があり、私はカウンター席に案内される。

メニューを見ると、いろいろありますね。

セットメニューもあるようなので、それにしましょう。

カツカレー蕎麦セットがいいね。

「すいません、これください」

「申し訳ありません、※印のものは本日できません」

マジ卍?

とても卍ではあ~りませんか!

う~む、紅葉時期で客が多いのが分かるが、メニューの制約が約半分というのも、

少々かんがえものではあり卍?

多少考えるが、鹿刺し定食もいいが、鹿刺しを食べたい気分では無い卍。

ここはカツ丼に卍固めで良いでしょう!

私は、1!2!3!だあ~~!という気分で、カツ丼卍セット(そんなものは無い)を注文。

それほど待たずにカツ丼登場、記念撮影をし、いただき卍!










何となくゴージャス松野なカツ丼である。

器の関係だろうか?少し庶民とは離れた気がする。

中心にカツがのり、玉子は加熱しきれていない微妙な半熟期。

これに豆腐とワカメ、ネギの入った豆腐と香の物が付く。

カツ丼の具にはカツ以外は玉葱だけか?

庶民派と離れていながら、シンプルないで立ちである。

では、まずは一口、モグモグ・・・割と品のある味わい。

味付けが濃いかと思ったが、そうではなく、割り下の味付けが控えめで、玉子とカツの

味わいを、シンプルに味わう。

そんなカツ丼だと思う。

カツの味わいは、肉汁じゅわ~ではないが、こちらもシンプルに肉の味が伝わる。

特別名のある肉を使用してるとは思わないが、味は悪くない。

勿論、揚げたてのカツを使用しているので、アツアツで美味い。

ご飯にも割り下が浸み込むが、少々ツユダクの印象。

ツユダクも人それぞれなので、私の場合はツユダクは、まあいいでしょう、という印象。

玉子の部分は十分に撹拌され、黄身と白身は一体化されていた。

黄身や白身の半生部分があるのもいいが、この一体感は親子丼みたいな感じ。

遠くから見ると、親子丼に見えなくも無いか?

全体的にボリューム感はあるが、個人的にカツが小さいかな?と思った。

チェーン店のカツ丼を食べると、個人経営のカツ丼はどうしても高く感じる。

しかし、味噌汁付けたらチェーン店も価格が上がるので、悪くはないな?と思える。

味噌汁もシンプルに美味い。

調理人が一緒なので、味の方向性がよく分かりますね。

奇をてらうのを嫌い、シンプルな構成でシンプルに味わう。

それが私の感想です。

やがて完食。

先述したように、シンプルな味わいで品よく仕上げられたカツ丼だと思います。

ターゲットは、年配者ですかな?

次回はセットメニューだが、来るのであればトーマス?

 

ここで一句

    カツ丼に

       卍固めは

          できません

2017年12月 6日 (水)

榛原郡 接岨峡温泉会館 田舎食堂 昼食ランチ、おでん

22
Dsc_1694_3225

22_2
Dsc_1695_3226

123
Dsc_1698_3227


Dsc_1699_3228


Dsc_1700_3229


Dsc_1701_3230

22
Dsc_1704_3231

22_2
Dsc_1705_3233


Dsc_1703_3232

22_3
Dsc_1712_3234


Dsc_1713_3235


Dsc_1714_3236

22_4
Dsc_1715_3237


Dsc_1720_3238

昔、田舎に泊まろうなどという番組があった。

田舎に住んでいる私だが、更に田舎に泊まるかといえば、旅行以外はお断りである。

理由のひとつが、テレビ東京が見られない。

これ、結構重要です。

私の旅、食べ歩きなどなどテレビ東京から得る物が多い。

それと、ニュースがローカル過ぎる。

北朝鮮がミサイルを発射しても、ローカルな話題を優先することが多い。

まあ、それくらいなのですが、都会に住んでみたい・・・かな?w










接岨峡温泉界隈で食事をする事にしたのだが、田舎食堂という幟に惹かれる。

奥大井湖上駅周辺で見かけた幟だが、話しのタネに寄ってみるかと思った。

井川方面に車を走らせると、ああこれだな、という物があった。

日帰り温泉施設の隣の食堂が、田舎食堂であった。

ところで、この界隈日帰り温泉施設がいくつかあるのだが、入ったためしがない。

私自身、風呂は大好きなのだが、旅の途中で入ると緊張感が緩む。

つまり、眠くなる。

居眠り運転は危険である。

私にとって風呂は、旅の終わりに入る物。

ましてこの時期、湯冷めするわい。w

それでも、一度くらいどこかの温泉に入りましょうか?

道路の反対側に駐車場があり、そこに車を止めると、食堂に入る。

食堂は入口で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるのだが、何といいましょうか、

殺風景な食堂でございます。

どこかの公民館みたいな感じですね。

すると、オバサマが食券をこっちで買ってくれと言う。

オバサマは日帰り入浴の受け付けの方で、言われた通りにすると確かに券売機がある。

オバサマは昼食ランチをお勧めしてきたが、それ以外はうどんかそば、釜飯である。

ランチは、蕎麦に天ぷらに炊き込みご飯だという。

それならば、私としては釜飯の方が魅力的である。

私は、釜飯が良いと言うと、「釜飯やってません」だと。w

仕方がない、ランチ900円を選ぶ。

券はオバサマが厨房に渡す。

ここはセルフサービスで、配膳は客の仕事。

お茶も自分で入れろと。

料理が出来るまでの間、間が持たないのでおでんを食べる事に。

食券を買おうとすると、200円くれればいいとオバサマがいう。

200円を渡すと、鍋の蓋を開ける。

ぐつぐつと鍋が煮えたぎる。

表面には大根が浮かんでいるが、十分味が浸み込んでいるようだ。

オバサマが見ているが、4つなんか取りませんよ。w

玉子、大根、黒ハンペンを取り出し、味噌をかけて振りかけというか、ダシ粉をかける。

さっそくいただきましょう。

まずは大根から・・・モグモグ・・・ダシがしゅんでる!いや、浸み込んでいる!

味噌は柚子風味で美味いな~~。

これ、所謂静岡おでんでしょう?

上品なおでんというよりも、おやつやツマミで通用する味わいだが、ショッパイ訳ではない。

玉子もほっこりと美味く、ハンペンも美味いな~。

おでん自体も美味いが、柚子味噌の勝利だね。

やがて、ランチが完成。

記念撮影をし、いただきま~す!




これって、天そばぢゃあ~りませんか?

天そばの炊き込みご飯付きでしょ?

でしょ?でしょ?でしょ?

これ、ランチかいな?

だべ?だべ?だべ?

天ぷらの内容も山菜とは聞いていたが、山菜らしいのはアザミ?かな。

ぶなしめじ、南瓜、ミニかき揚げ、大葉か?

蕎麦はかけそばだが、天ぷら別盛りと考えれば、炊き込みご飯以外ランチと思える

要素は少ない。

これでは、立ち食いソバのセットメニュー。

何はともあれ食べるしかない。

まずは蕎麦をズルズル・・・うん、乾麺を茹でたもの。

小麦粉の割合が多いと思われるそれは、蕎麦の風味は弱いが、のど越しや食感はいい。

そばつゆは特に特に特徴は無し。

そういえば、井川では蕎麦栽培をしていて、かなり個性的な蕎麦粉をらしい。

それを食べてみたいと思うのだが、ここでは無理だったか?

天ぷらに関しては、それぞれ素材の味わいを感じるが、ボリューム感が足りないかな?

炊き込みご飯に関しては、それ自体は悪くはないが、もう少し具沢山でもいいかな?

味は米に浸みているが、コクが欲しいね。

やがて完食。

おでんが一番、美味しかった。

おでん定食があれば、次回はそれを選ぶと思います。

 

ここで一句

     ランチとは

        お得な感じ

           重要だ

2017年12月 5日 (火)

榛原郡 奥大井湖上駅~紅葉と周辺散策の六十景

22_11
Dsc_1641_3168

Dsc_1645_3169

22_12
Dsc_1646_3170


Dsc_1655_3172

Dsc_1659

22_13
Dsc_1662

22_14
Dsc_1663_3174


Dsc_1664_3175


Dsc_1665_3176


Dsc_1667_3177


Dsc_1668_3178


Dsc_1671_3179

22_15
Dsc_1672_3180


Dsc_1676_3181


Dsc_1677_3182

123_13
Dsc_1678_3183


Dsc_1688_3184


Dsc_1689_3185

123_14
Dsc_1690_3186

123_15
Dsc_1691_3187

Dsc_1724

123_17
Dsc_1722_3191

123_18

Dsc_1725


Dsc_1726

123_19
Dsc_1728_3189


Dsc_1730_3190


Dsc_1731_3192


Dsc_1732_3193


Dsc_1735_3194


Dsc_1736_3195

123_20
Dsc_1739_3196


Dsc_1742_3197


Dsc_1743_3198

22_5
Dsc_1745_3199


Dsc_1746_3200


Dsc_1748_3201


Dsc_1754_3202


Dsc_1757_3203


Dsc_1759_3204

Dsc_1760_3205


Dsc_1762_3206


Dsc_1764_3207

Dsc_1751

Dsc_1752_4


Dsc_1765_3208

22_2
Dsc_1773_3209


Dsc_1791_3210

22_16
Dsc_1798_3211


Dsc_1804_3212


Dsc_1805_3213

22
Dsc_1806_3214


Dsc_1809_3215


Dsc_1816_3217


Dsc_1821_3218

22_3
Dsc_1829_3219


Dsc_1834_3220


Dsc_1838_3221


Dsc_1844_3222


Dsc_1845_3223


Dsc_1861_3224

M-1優勝のとろサーモン。

とろサーモンに和牛が恨み節か・・・

コンビ名だけ聞いたら、くら寿司かすき家だな。w

銀しゃりとかいうコンビもいたな。

笑いで腹は満たされないので、お笑いを見るときは、何か食べながら見ないとダメか?

笑いのイートインスタイルだな。(意味不明)





貴乃花親方の横綱道というのは、横綱はかくあるべき!という精神は素晴らしい。

現役時代、嫁さんの話では酒も飲まなかったらしい。

しかし、ちょっと待て!横綱に格式を求めながらも、親方になってから、

サポーター制度など新しい風を吹き込もうとしているぞ!

その辺に、どうにも矛盾を感じるのは私だけか?

多分、レポーターの皆さんが突っ込んでくれるか、ミヤネ屋がやってくれるでしょう。

横綱は神格化し、それ以外は俗世間の風を吹き込む。

無理だと思うけどな~。






何度か訪れている奥大井湖上駅。

私が入手した情報によると、駅のベストビューポイントの木が伐採されたらしい。

ならば、紅葉時期でもあるので、今年も行ってみますか?

と、言う事で来たら、確かに湖上駅がよく見えるが、カメラマンも客も多い。

この日は平日であったが、紅葉シーズンなので客が多い。

昨年は湖上駅まで行ったので、今年は湖上駅周辺の接岨峡温泉周辺を散策しました。

それと、長島ダムもまだ行ったことが無かった、しぶき橋に行ってみた。

更に、野生のクレソン!むしゃむしゃ食べました。w

クレソンに関しては、来年の春までに美味しい食べ方をご紹介したいと思います。

さあ、食事をしますか。

 

ここで一句

     水しぶき

       肌にうるおい

           与えない

2017年12月 4日 (月)

厚木市 麺や食堂246号店 坦々麺

Dscn1435_3166

22_7
Dscn1436_3167


Dscn1422_3156


Dscn1423_3157


Dscn1424_3158


Dscn1425_3159

22_8
Dscn1427_3160


Dscn1428_3161

22_9
Dscn1429_3162


Dscn1431_3163

22_10
Dscn1432_3164


Dscn1433_3165

私のブログのカテゴリーで、常に上位にあるのがラーメン、グルメ。

静岡、神奈川のラーメン、グルメが上位である。

この事は、以前もどこかで書いたが、そんな人気コンテンツ?のご期待に副うには、

どんどん話題の店や人気の店に行くべきだと思うのだが、昔に比べると熱心ではない。

「ちょっと美味ければいいぢゃあ~りませんか!」と思うようになり、

昔ほどあの店この店みたいには行かなくなった。

環七全店制覇!みたいな気持ちが消えた。

全店制覇しなくても、いいぢゃあ~りませんか!

それが今の自分。

そんな自分が、また行きたくなる店、ヘビーローテーションする店。

それが今回の店です。










麺や食堂と言えば本厚木なのだが、246号沿いに出来てから、己の利便性から

この界隈に来ると、訪問する事が多くなった。

何しろ、味がいい。

美味いラーメンである。

それと女性スタッフの接客が素晴らしい。

お見送りサービスは、勘違いしてしまいそうだ。

その麺や食堂246号店にまたもや来た。

開店早々に訪れると、私がポールポジションであった。

店内に入ると、カウンターの右隅に座る。

先客がいなければ、ほぼ私の定位置と言って良い。

一応メニューを見るが、この日は休日でランチは無し。

ならば、坦々麺にしよう。

私は税込み950円の坦坦麺を選ぶ。

この麺は、大盛りは不可で替え玉制になるのだが、替え玉は麺の種類が違う。

やがて坦々麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!










相変わらず、美しいビジュアルである。

通常の醤油ラーメン、塩ラーメンの流麗な麺の流れもそうだが、ラー油とスープの描き出す

コントラストの妙は、毒々しい色合いではなく、枯山水に色を足した様な印象である。

ネギと海苔の存在は、その枯山水の庭園にある岩に例えられるが、

わびとさびを感じると書くと、言い過ぎであろうか?

ゴマの香りとナッツであろうか?香ばしい匂いが鼻腔をくすぐる。

まずはスープを口に含む。

事逗ずz・・・うん、美味い!

酸味は抑えられ、香りとコクが満足感を与える。

勿論、基本のスープがしっかりと抽出した旨みを伴っているのは間違いない。

ラー油の辛味は抑えられているが、辛さ調整が出来るかどうかは不明。

次に麺をいただくが、麺の上にはペースト状のものがある。

これをスープに溶かしこむと、更なる味わいの深さが感じられる。

次に麺を啜る。

麺は醤油と塩と違う専用麺である。

醤油、塩が加水率が低めだとすると、こちらは多加水麺といえるかもしれない。

ムチムチプルンとした食感というか弾力がある。

麺も少し太目で存在感を感じさせる。

スープが濃厚でコッテリなので、この麺にしたのだろう。

ボリューム感に関しては、個人的にやや少なめ。

替え玉をすれば、丁度いい。

具には、特に存在感があるものはないが、スープが具だと言える。

半ライスでも注文し、スープにそれを投入してもいいかもしれない。

麺をすべて食べた後、汗を流しながらスープを啜り込む。

酸味と辛さと旨味を纏ったポタージュを飲むようである。

やがて完食。

美味い!それに尽きる。

最後に黒烏龍茶が来てフィニッシュ。

満足。

会計をし、店を後にすると「雨の中、ありがとうございました」とお見送り。

午前中降っていた雨は、あがっていた。

腹も気持ちも満たされた気がした。

 

ここで一句

    雨上がり

        虹がかかれば

              くじを買う?

2017年12月 3日 (日)

厚木市 ごはん処 かつ庵 厚木長谷店 チキンカツカレー

22
Dscn1401_3144

Dscn1402_3145

22_2
Dscn1408_3148


Dscn1409_3149


Dscn1406_3147


Dscn1410_3150

22_3
Dscn1412_3151

22_4
Dscn1413_3152


Dscn1415_3153

22_5
Dscn1417_3154

22_6
Dscn1421_3155

私の人生に於いて、ランチタイム前の昼飯は重要である。

10時からの営業をしているのであれば、それは歓迎し、訪問しなければならない。

しかし、何故にわざわざ厚木まで来て「かつ庵」なのか?

それは、急にカレーが食べたいと思ったからだ。

カレーといえば「すき家」のカレーだが、それほど熱心に食べたい味ではない。

世の中に溢れる手ごろに食べられるカレー。

それを求めたら、かつ庵に来てしまった。

ゆで太郎でもカレー蕎麦を注文するかもしれない。(メニューにあるかどうか未確認)

男はカレーが好きなのである。

何しろ、カレー臭を発するのも男。





駐車場に車を止め、中に入ると先客はいなかった。

11時前に食べる。

それも10時半。

俗に言うエアーポケットの時間か?

この広い店内に、店員と私しかいない!

ハンターチャンスとアタックチャンスが一緒に来た様な時間帯だ。

じっくりとメニューを眺め、何を食べるか考える。

「チキンカツカレーをください」

「申し訳ありません、ご注文は目の前のタブレットでお願いします」

口頭による注文が、ここでは通用しないことを思いだした。

タブレットをちょいちょいちょいと操作をし、チキンカツカレーを注文する。

すると、店内にチャイムが鳴動し、注文決定をスタッフが確認する。

私は自分がアナクロ、いやアナログな人間とは思っていないが、最先端を行っているとは、

到底思わない。w

注文決定後、暫し待つ。

やがてチキンカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!









税込702円か、ボリューム的には満足できるが、カレーのルーの量が何とかならんか?

チキンカツは大きく、粗目のパン粉がカラッとした揚がり具合を演出している。

ライスは標準サイズだが、満足できる見た目である。

だが、カレーのルーは足りないよな。

では、まずは一口、モグモグ・・・ルーはややスパイシーで大人の味わい。

ルーの中に固形の具材は無いが、溶け込んだ素材の美味さを感じさせる。

キレの良い味わいだと思う。

ライスはホカホカでツヤがある。

この手の店では、米の美味さも重要だろう。

カツは粗目のパン粉がきつね色に染まり、食欲をそそる。

食べてみると、パン粉のサクサク感とパン粉自体の美味さを感じる。

店内には、自家製だという生パン粉。

肉質自体は特筆する物は感じず、一般的な美味さである。

ジューシーな味わいは無いが、ふわっとした美味さはある。

ルーを掬い過ぎない様に留意し、食べ進む。

正直、ルーの追加は別料金であるのだろうか?

私が見たところ、それは無かったと思う。

とにかく、ライスとカツだけが残らない様に、食べ進む。

最悪、卓上のソースで食べると言う方法もあるが。

やがて完食。

702円と言う価格を考えると、納得できる味とボリュームだが、

ルーの追加があると利用したいと思った。

 

ここで一句

     ライスより

          ルーが多くて

               悩みたい

2017年12月 2日 (土)

伊豆市 舞寿司 武士のあじ寿司

22_19
Dscn1391_3135

22_20
Dscn1393_3136


Dscn1394_3137


Dscn1395_3138

22_21
Dscn1396_3139

22_22
Dscn1397_3140

22_23
Dscn1398_3141


Dscn1399_3142

22_24
Dscn1400_3143

電車には乗りませんね。

電車と言う乗り物が好きではありません。

遠出をするのに、電車の方が早いと言う事は、多々あります。

新幹線で西や東に行き、現地でレンタカーを借りれば?というのもある。

分かっております。

それでも、自分の車で出かけたいのです。

マイカーで行けば、いろいろ荷物が積めます。

ノートパソコン、カメラは必需品ですし、カメラもレンズやスピードライトなども積めます。

北海道以外は、マイカー。

それが私。












修善寺駅には名物があるらしいが、椎茸蕎麦以外にも名物があるらしい。

鯵寿司があるというのだが、駅で売っているということは駅弁。

駅弁であるならば、その食べるシチュエーションが大事であろう。

車窓から流れる景色を眺めながら、駅弁を食べる。

これこそ、正道であろう。

持ち帰って、昼飯代わりに職場や己の部屋で食べると言うのは味気ないと思う。

弁当を買ってから入場券を買い、駅のホームで食べれば少しは違うか?

そんな事を考えながら訪れたのは、舞寿司。

前回椎茸蕎麦を食べた売店の、正面にある。

私が仕入れた知識によると、とにかく鯵寿司が有名であるということ。

店の中に入ると、小さな販売スペースにおばあさまがお一人。

「鯵寿司ください」

「丁度、今出来たばかりですよ」

目の前には鯵寿司の折りが2つあった。

価格は税込みで1188円。

その折詰の大きさからすると、その価格は高く感じる。

駅弁というよりも、空弁のサイズと思われる。

ここ何年か、飛行機もご無沙汰だが、空弁はこじんまりした物が多かった。

鯵寿司を一つ購入し、持ち帰る。










どこかに車を止めて、青空の下で食べようかと思ったが、やめた。

部屋に戻り記念撮影をする。

テレビを見ながら食べる事にした。

中を開けると、握りではなく、チラシ寿司タイプか?

敷き詰められたシャリの上に、鯵の切り身がのっている。

それにしても、香りが良い。

蓋を開けた瞬間から、寿司とは違う香りがする。

鯵の上には、針生姜とレモン、ガリ、ワサビがのる。

醤油が付いているが、まずはそのまま食べてみる。

鯵の切り身は、軽く〆られたものだが、味付けが濃い。

同時に、シャリの味わいも濃い。

この味の濃さに関しては、弁当を謳う性格上仕方がない。

買った客が、購入後にいつ食べるか分からない以上、保存の意味も含め味を濃くする。

味は濃いが、醤油を少し垂らし、食べてみる。

醤油の醸し出し味わいが、鯵の美味さを引き立てる。

それにしても香りがいい、その要因は鯵の下にあった。

桜の葉である。

桜の葉の塩漬けが一枚、シャリの上に敷いてある。

この香りが、この寿司の特徴と言えるだろう。

清々しい香りを鼻から取り込み、寿司をほお張る。

その瞬間、車窓に現れる景色が雄大であれば、味わいもさぞかし美味い事だろう。

今の私は、テレビを見ながら食べているが。w

レモン、ワサビ、針生姜、ガリと一口ほお張る度に、薬味を代えるのもいいだろう。

ワサビは本わさびで、なかなか凝っています。

食べている最中に、お茶が欲しくなるが、我が家にはお茶が無い。w

仕方がない、水だ。

・・・ああ、電車の中ではお茶もおかずだな。

ペットボトルでも缶でもいいが、この寿司にお茶は必需品であろう。

味噌汁もいいが、駅弁なのでやはりお茶。

そして完食。

駅弁なので、やはり車窓の景色を眺めながら、もしくは青空の下で食べるのが正解。

鮮度のいい鯵を食べるのもいいが、鯵をいかに美味く旅先で食べさせるか?

それに対する工夫の数数を凝らしたこの駅弁、私としては電車に乗りながら、

缶ビールを片手に、もう一度食べてみたいと思った。

 

ここで一句

   駅弁を

      ツマミにしたい

            アジだった

2017年12月 1日 (金)

伊豆市 定連 わさび丼定食

22_9
Dscn1369_3117

Dscn1370_3118

22_10
Dscn1371_3119


Dscn1372_3120


Dscn1373_3121

22_11
Dscn1375_3123

22_12
Dscn1376_3124


Dscn1374_3122

22_13
Dscn1377_3125


Dscn1379_3126

22_14
Dscn1380_3127

22_15
Dscn1381_3128


Dscn1383_3129


Dscn1384_3130


Dscn1385_3131

22_16
Dscn1387_3132

22_17
Dscn1388_3133

22_18
Dscn1389_3134

事件である。

修善寺駅前に来たが、飲食店が無い。

いや、休日である。

定休日なのか?それともやってないのか?

どうしましょう?

営業している店が一軒ある。

お蕎麦屋さんだね。

わさび丼定食だって。

わさび丼は我が人生2度ほどあるのか?

入ってみますか?

車は修善寺駅横にあるパーキングに止めた。

30分無料だと言う。

店内に入ると、テーブル席オンリー。

椅子席と座敷席とあるが、丁度先客がガットアウトして、椅子席は座れそうも無いので、

座敷背に座る。

丁度、背中が壁になってので、多少は楽である。

一応メニューを見るが、わさび丼定食でいいでしょう。

お茶とお絞りを持ってきたので、わさび丼定食1200円を注文する。

注文後、店内を見渡す。

ガダルカナルタカとつまみ枝豆と店のご主人とのスリーショットがある。

何といいますか、この写真は自慢をしたくても、飛車角落ちみたいな写真ですね。

たけし軍団なら、そのまんま東でしょう?w

もしくはカシラのたけしが写ってないと!w

誰に見せても、ふ~んで終わりそうな写真ですね。w

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











蕎麦は温かいのと冷たいのと選べるが、温かいのは山菜蕎麦か。

う~~ん、それにしてもボリューム感を感じない。

税込1200円だが、山菜蕎麦と小さめのわさび丼だけだからね。

ワサビはすでにおろしてあり、結構な量がある。

本生ワサビは高いからね、この部分も価格に反映しているか?

まずはワサビ丼からいただきますか。

ワサビを入れる前は、猫マンマだな。w

ワサビを適量入れてみるにゃ~、目に刺激が来るにゃ~。

醤油をかけて混ぜ混ぜするにゃ~。

食べてみると、刺激感が少ないニャ~~~~。

意外と辛くないね。

半分ほどのワサビを投入し、混ぜるとまたもや目に刺激が来るにゃ~。

刺激は眼だけで、香りは十分楽しめる。

次に蕎麦をいただく。

蕎麦は規則正しい長さと太さで、手打ちではないですね。

余ったワサビを蕎麦に投入するが、特にワサビの香りや刺激は無し。

おつゆの味わいも、かえしの甘さを多少感じるが、一般的な美味さ。

もしかしたら、駅やパーキングエリアで食べるのと、大差は無いと思われる。

小付けなども付くが、可もなく不可もなく。

やがて完食。

年配の方には十分なボリュームでしょうが、大食漢には物足りず。

わさび丼も、泣ける刺激を感じないものでした。

ワサビを全部投入していたら、どうなっていたか?

修善寺駅内の椎茸蕎麦をもう一度、食べれば良かったか?

 

ここで一句

    定食は

       おかずが主役

            思いたい

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »