フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 横浜市 横浜レンガ倉庫~みなとみらいの夜景はイルミだ!の四十五景 | トップページ | 鎌倉市 穴子ちらし小町 穴子ちらし »

2017年12月28日 (木)

伊勢原市 バーミヤン伊勢原店 生ビール、肉味噌きゅうり、おつまみ3種盛り、お土産餃子

123_33
Dscn1815

Dscn1794

123_34
Dscn1795


Dscn1797

Dscn1798

123_35

Dscn1799


Dscn1800

123_36
Dscn1803


Dscn1805

123_37
Dscn1807


Dscn1809

123_38
Dscn1810


Dscn1811


Dscn1812

123_39

Dscn1814

横浜から伊勢原のホテルまで1時間か。

近い様な気がする。

チェックインをし、風呂に入ると9時半近くになっていた。

ホテルには居酒屋があったが、ラストオーダーは9時半。

表に出て、飲んだ方が良さそうだ。

どこに行くか?


私はバーミヤン伊勢原店に来ていた。

オロチョンラーメンもいいが、特別何かを腹に詰め込みたいわけではない。

飲めればいいのだ。

一番の問題は、飲む場所で自分が馴染めるかどうかである。

私は前回、バーミヤンに馴染めた。w

ランチタイムなどは賑わうであろうバーミヤンだが、深夜帯に差し掛かろうかと言う間は、

客も少なく静かに飲める。

私にとって、静寂な空間もまた、極上たるツマミである。

時に喧騒もツマミになる時もあるが、ひとりで飲むことが基本であるならば、

遮断された静寂なる空間は、自問自答を繰り返すツマミを与えてくれる。

店内に先客は5名ほど。

静かである。

カップルで来ていても、双方がスマホに向かい、無言の空間を生み出している。

子供もいないので、理不尽な嬌声も聞こえない。

時折、厨房内というか、スタッフ同士の話声がひそかに聞こえる。

この空間は、極上のツマミだ。

注文を聞かれるが、生ビールと肉味噌キュウリ、おつまみ3種を注文する。

生ビールもツマミもすぐに来た。

生ビールをぐいっ!とやり、胡瓜を口に入れる。

至福を感じない。

何というか、日常におけるルーティーンの一部の気がする。

そのルーティーンに快感が有るか無いかである。

酒を飲むと言う事も、一種の快楽目的の自慰ともいえる。

この日の自慰は、余り快楽が無い。

やはり、疲れていたか?

夜の横浜を2時間も歩くなどと言う事は、己の人生にあったか?

無いだろうな。

思うに、旅を楽しむ、観光とは何か?

それは事前に計画をしたコースを巡り、味わい楽しむことか?

私は旅は、観光はタクティクスだと思う。

計画と戦略。

計画は学校や旅行業者がやることだ。

個人で楽しむのであれば、戦略的観光、旅の方が楽しめる。

戦略的観光とは、ここに行ったらどうなる?あれを食べたら何を思う?

何をしたら刺激を感じる?

つまり、ハプニング。

ハプニングこそ、旅の醍醐ではないか?

濃厚たる、脂肪の塊では無いか?

口に入れれば、醍醐味を感じる反面、身体には無用のカロリーを摂取する。

このブログの公開スペースは今の時点で1.3GBの残量。

2年で3.7GBを使用しましたか。

桜前線をやり切り、夏場の一番ヤル気の無い時期に、終了を迎えますか?

せめて、ゲームショウで終わりたい。














静寂なる空間であった。

生ビールを2杯飲み干すまでの間、己の脳内に妄想や空想、自己否定が交錯する。

酒を飲んで考える。

それは正常バイアスに於ける行動の、肯定である。

否定する者は悪以外何者でもない。

広大なる空間に生み出される、自己肯定のプロセス。

私は3杯目の生ビールを注文し、持ち帰り用の餃子を1人前注文する。

3杯目の生ビールは、催促をしてようやくやってきた。

すでに私は、2杯の生ビールで酔っていた。

まだハイボールは注文をしていない。

快楽なのだ。

私は酒に快楽を求めている。

3杯目に2杯目以上の快楽を求めている。




気が付けば、店内に私だけ。

広い店内に自分一人、これは贅沢なのか?それとも虚無なのか?

だが、この空間のおかげで自浄作用がある何かを、感じ取れた。

酒を飲めば、肯定する理由以外考えないが、飲み過ぎれば自己否定も起きる。

6杯までは無条件で飲めるキャパだが、3杯で退店を決意する。

餃子の焼き上がりと己の精算にタイムラグは無かった。

酒を飲む。

それが自慰と同じ快楽を生むだけではない。

分かった気がする。

(この文章は、半分正常、半分酩酊状態で書きましたw)

 

ここで一句

     哲学は

        考えすぎて

             ダメになる

« 横浜市 横浜レンガ倉庫~みなとみらいの夜景はイルミだ!の四十五景 | トップページ | 鎌倉市 穴子ちらし小町 穴子ちらし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

酒、アルコール」カテゴリの記事