フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊東市 ふじいち おまかせ海鮮丼 | トップページ | 佐野市 青竹手打ちラーメン大和 チャーシューメン、焼餃子5個 »

2017年12月16日 (土)

伊東市 韓国家庭料理アリラン 石焼カルビ丼

123_13
Dscn1582_3355

123_14
Dscn1580_3354

123_15
Dscn1579_3352


Dscn1577_3349

123_16
Dscn1535_3326

123_17
Dscn1536_3327


Dscn1537_3328

123_18
Dscn1576_3350

123_19
Dscn1539_3329


Dscn1541_3330


Dscn1542_3331

123_21
Dscn1545_3332


Dscn1546_3333


Dscn1547_3334

123_22
Dscn1551_3335

123_23
Dscn1555_3336

123_24
Dscn1556_3337

123_25
Dscn1557_3338

123_26
Dscn1561_3340


Dscn1562_3341

123_27
Dscn1563_3342

123_28
Dscn1564_3343


Dscn1567_3345

123_29
Dscn1568_3346


Dscn1570_3347


Dscn1573_3348

伊東市内である。

この前、熱海市内を徘徊したのだが、熱海は坂道が多い。

歩くことは嫌いではない。

坂道は汗をかく。

冬でも汗をかく。

伊東市内、坂少ない。

それだけか?w





さあ、2軒目いくぞ~~~!!!

ランチのハシゴじゃ!!!

次はどこに行くべ?

駐車場に車を止め、アーケード街をうろうろする。

そういえば、伊東駅前周辺は結構食べ歩いているよな。

まだ行ったことのない店を探しましょう!と思ったら、凄く興味のある店が。

その店は本日貸し切りだったが、厚焼き玉子サンドだと?これ美味そう!!!

これ、次回行くしかないでしょう!

まさか伊東市内でこんなものを見つけるとは!まさに闇夜にカラス!(意味不明)

妙な興奮を感じながらも、私は韓国家庭料理の看板を見つける。

店の名前は「アリラン」、どこにでもありらんな名前である。w

この前、この店の斜め前で豚丼を食べたな。

その時にも、この店の前を通り過ぎて、隣の喫茶店でナポリタンを食べた。

ランチメニューは6種類ある様です。

いいでしょう、韓国家庭料理を食べたくなりました。

中に入ると薄暗い。

すると、おばちゃまがいらっしゃいと出迎える。

「ひとりですが・・」

「どうぞ、どうぞ」とテーブル席に招く。

先客は無しというか、開店は11時半だが時刻は11時20分。

営業中の看板が出ていたので入店をしたが、フライングゲットのようだ。

それでも、おばちゃまは嫌な顔をせずに明かりをつけた。

明かりを付けても、まだ少々暗いですね。

何を注文しようか迷いますが、石焼カルビ丼にしましょう。

1800円で、ランチとしては一番高い物ですが、敢えてそれにしましょう。

料理が出来るまでの間、店内を見渡します。

店内は新しい感じがしますね。

何より、綺麗で清潔感を感じます。

調度品もきちんと並べられ、女性だけでも違和感は無いでしょう。

やがてカルビ丼登場、記念撮影を・・・・













「はい、混ぜてあげるね」

おばちゃまは、慣れた手つきでカルビ丼を混ぜ混ぜピビンする。

ご飯の底にはおこげが出来ており、これは美味そうだが、記念撮影が・・・w

「はいどうぞ」とおばちゃまはテーブルに落ちた2粒の米を拾うと口に入れた。w

その事自体は、勿体無い精神で良いと思うが、記念撮影が・・・w

目の前には完全にピビンされたカルビ丼が、いまだにジュージュー言っている。

仕方がない、どちらにしても混ぜたものを撮影するはずだった。

ならば、この混ぜられた物をいかに美味そうに撮影するか?それだけである。

カルビ丼には、カクテキ、ワカメスープ、韓国海苔が付いている。

まずはカルビ丼を一口、あふあふあふ・・・ウマ、旨、馬!

全体的に味は薄目かな?味が濃いとは思わない。

米の旨味、カルビの旨味、ナムルの旨みが一体化され、美味い!

全体的にまったりした感じがある。

しかし、それはカクテキを一口含むと印象が変わる。

卓上にコショウがあってもいいかな?ブラックペッパー。

少々大人の刺激が欲しい気もする。

カルビであるが、こちらは輸入肉でしょうが、味付けの妙とカルビ丼ということで、

輸入肉特有のクセなどは特に感じない。

何よりボリュームがある!

ご飯茶碗軽く2杯分かな?食べ応えがありますよ。

おこげがしっかりとした食感で、咀嚼力を求める。

量も多いので、普通の方なら満腹必至でしょう?

う~~ん、美味しい!!!

わかめスープは自家製ですね。

カクテキは細いけど、箸休めに丁度いい。

私はカクテキ入れ物の底に溜まった汁をカルビ丼に投入する。

これで多少の味変になり、ボリュームのあるカルビ丼を飽きずに食べ進む。

やがて完食。

みかんはサービスですか?

「お腹いっぱいになりました?」

会計時、おばちゃまが話しかける。

「いや~~~、お腹いっぱいですよ!ご馳走様」

おばちゃまはニコニコする。

この店はもう一度来ましょう!ユッケジャンかコムタンが食べたくなりました。

 

ここで一句

    優しさは

      たまに余計な

           お世話かな?

« 伊東市 ふじいち おまかせ海鮮丼 | トップページ | 佐野市 青竹手打ちラーメン大和 チャーシューメン、焼餃子5個 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事