フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 榛原郡 奥大井湖上駅~紅葉と周辺散策の六十景 | トップページ | 榛原郡 食彩あしざわ カツ丼 »

2017年12月 6日 (水)

榛原郡 接岨峡温泉会館 田舎食堂 昼食ランチ、おでん

22
Dsc_1694_3225

22_2
Dsc_1695_3226

123
Dsc_1698_3227


Dsc_1699_3228


Dsc_1700_3229


Dsc_1701_3230

22
Dsc_1704_3231

22_2
Dsc_1705_3233


Dsc_1703_3232

22_3
Dsc_1712_3234


Dsc_1713_3235


Dsc_1714_3236

22_4
Dsc_1715_3237


Dsc_1720_3238

昔、田舎に泊まろうなどという番組があった。

田舎に住んでいる私だが、更に田舎に泊まるかといえば、旅行以外はお断りである。

理由のひとつが、テレビ東京が見られない。

これ、結構重要です。

私の旅、食べ歩きなどなどテレビ東京から得る物が多い。

それと、ニュースがローカル過ぎる。

北朝鮮がミサイルを発射しても、ローカルな話題を優先することが多い。

まあ、それくらいなのですが、都会に住んでみたい・・・かな?w










接岨峡温泉界隈で食事をする事にしたのだが、田舎食堂という幟に惹かれる。

奥大井湖上駅周辺で見かけた幟だが、話しのタネに寄ってみるかと思った。

井川方面に車を走らせると、ああこれだな、という物があった。

日帰り温泉施設の隣の食堂が、田舎食堂であった。

ところで、この界隈日帰り温泉施設がいくつかあるのだが、入ったためしがない。

私自身、風呂は大好きなのだが、旅の途中で入ると緊張感が緩む。

つまり、眠くなる。

居眠り運転は危険である。

私にとって風呂は、旅の終わりに入る物。

ましてこの時期、湯冷めするわい。w

それでも、一度くらいどこかの温泉に入りましょうか?

道路の反対側に駐車場があり、そこに車を止めると、食堂に入る。

食堂は入口で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるのだが、何といいましょうか、

殺風景な食堂でございます。

どこかの公民館みたいな感じですね。

すると、オバサマが食券をこっちで買ってくれと言う。

オバサマは日帰り入浴の受け付けの方で、言われた通りにすると確かに券売機がある。

オバサマは昼食ランチをお勧めしてきたが、それ以外はうどんかそば、釜飯である。

ランチは、蕎麦に天ぷらに炊き込みご飯だという。

それならば、私としては釜飯の方が魅力的である。

私は、釜飯が良いと言うと、「釜飯やってません」だと。w

仕方がない、ランチ900円を選ぶ。

券はオバサマが厨房に渡す。

ここはセルフサービスで、配膳は客の仕事。

お茶も自分で入れろと。

料理が出来るまでの間、間が持たないのでおでんを食べる事に。

食券を買おうとすると、200円くれればいいとオバサマがいう。

200円を渡すと、鍋の蓋を開ける。

ぐつぐつと鍋が煮えたぎる。

表面には大根が浮かんでいるが、十分味が浸み込んでいるようだ。

オバサマが見ているが、4つなんか取りませんよ。w

玉子、大根、黒ハンペンを取り出し、味噌をかけて振りかけというか、ダシ粉をかける。

さっそくいただきましょう。

まずは大根から・・・モグモグ・・・ダシがしゅんでる!いや、浸み込んでいる!

味噌は柚子風味で美味いな~~。

これ、所謂静岡おでんでしょう?

上品なおでんというよりも、おやつやツマミで通用する味わいだが、ショッパイ訳ではない。

玉子もほっこりと美味く、ハンペンも美味いな~。

おでん自体も美味いが、柚子味噌の勝利だね。

やがて、ランチが完成。

記念撮影をし、いただきま~す!




これって、天そばぢゃあ~りませんか?

天そばの炊き込みご飯付きでしょ?

でしょ?でしょ?でしょ?

これ、ランチかいな?

だべ?だべ?だべ?

天ぷらの内容も山菜とは聞いていたが、山菜らしいのはアザミ?かな。

ぶなしめじ、南瓜、ミニかき揚げ、大葉か?

蕎麦はかけそばだが、天ぷら別盛りと考えれば、炊き込みご飯以外ランチと思える

要素は少ない。

これでは、立ち食いソバのセットメニュー。

何はともあれ食べるしかない。

まずは蕎麦をズルズル・・・うん、乾麺を茹でたもの。

小麦粉の割合が多いと思われるそれは、蕎麦の風味は弱いが、のど越しや食感はいい。

そばつゆは特に特に特徴は無し。

そういえば、井川では蕎麦栽培をしていて、かなり個性的な蕎麦粉をらしい。

それを食べてみたいと思うのだが、ここでは無理だったか?

天ぷらに関しては、それぞれ素材の味わいを感じるが、ボリューム感が足りないかな?

炊き込みご飯に関しては、それ自体は悪くはないが、もう少し具沢山でもいいかな?

味は米に浸みているが、コクが欲しいね。

やがて完食。

おでんが一番、美味しかった。

おでん定食があれば、次回はそれを選ぶと思います。

 

ここで一句

     ランチとは

        お得な感じ

           重要だ

« 榛原郡 奥大井湖上駅~紅葉と周辺散策の六十景 | トップページ | 榛原郡 食彩あしざわ カツ丼 »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事