フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊豆市 みやしろ カツ丼 | トップページ | 南巨摩郡 めしや千里 もつ煮定食、餃子 »

2018年1月25日 (木)

南アルプス市 とんかつ三杉 カツカレー

55
Dscn2204_124

Dscn2205_125

55_2
Dscn2207_126


Dscn2208_127


Dscn2209_128

55_3
Dscn2211_129


Dscn2212_130


Dscn2215_131

55_4
Dscn2216_132


Dscn2218_133

55_5
Dscn2219_134


Dscn2220_135


Dscn2221_136


Dscn2222_137


Dscn2223_138

コスパが良いとか悪いとか書くが、1000円の定食のコスパの良し悪しを考えるより、

その店に到達するまでの手段や方法に、どれだけカネがかかっているか?

その辺も含めて、本当の意味でのコスパでは無いか?

ならば、車と言う移動手段が常套手段である私は、出来る限り高速道路を使用しない方が

、コスパの良し悪しに関係するのではないか?

私は東名の富士川SAのスマートインターを降りると、またもや山梨を目指す。

今回は、私としては11時がランチタイムにあたるので、車を運転し続けて、

11時になったらその場所でランチを食べる!

実に無意味で、行き当たりばったりであるが、じつはこれが私の食べ歩きの楽しみ。

目的を持って店に行くのもいいが、ネットに氾濫した情報を無視し、

その場で気になった店で食べる!というのも、楽しい。

当たり外れも当然ある。

そんなギャンブル的な出会いも、食の楽しみでは無いか?

以前食べた「あまどう」を通り過ぎる。

時刻はまだまだ10時台。

そのうちに、富士川街道なる道を走り続ける。

チェーン店的な店はあるが、個人経営の店が少ないか?

少し、富士川街道から街中へ進路を変える。

やがて時刻は11時。

何かないか?途中、寂れた食堂があったが、戻る形になる。

すると、とんかつの看板を見つける。

ここでいいだろう。

店の前が駐車場で、そこに車を止める。

一見すると、少し大き目なとんかつ屋かな?

中に入ると、カウンター席とテーブル席、座敷席とあるが、カウンターは座り難いな。

テーブル席は、2人用ですでに座っている。

座敷席にするか。

私としては、座敷席は出来るだけ避けたい選択肢であるが、仕方がない。

全体的に客は7~8割の入りかな?

メニューを見ると、サービスランチとして、とんかつとミックスフライがある。

価格は850円。

普通に考えて、ランチで850円なら安くていいじゃん!と思うが、ここはトンカツ屋である。

自分としては安いので、ボリュームが足りないと思う。

メニューを見ると、いろいろあるね、どれにしよう。

やがて、接客担当のオバサマがお茶とおしぼりを持ってきた。

こちらのオバサマ、70歳。(2018年1月17日現在)

何故年齢を知っているのか?それは知り合いらしき客と、「私は70歳」と連呼していた。w

別に、そんなことはどうでもいいのだろうが、ご婦人があからさまに年齢を言った以上、

それは、我がブログでも書くべきであろうと考える。

それと、結構この店は老舗なのかもしれない。w

オバサマにカツカレー900円を告げると、完成までの間、ぼけ~っと待つ。

「新聞読みますか?」

オバサマが、スポーツ新聞を持ってきた。

嬉しい心遣いであるが、私は休日は老眼鏡を持ち歩かないので、新聞は読めない。

字が見えない。

運転には何の支障も無いが、近くの物は見えない。

老眼である。w

すると、先にサラダが出てくるが、これは千切りキャベツである。w

千切りキャベツに和風ドレッシングらしきものを食べる。

サラダを食べ終え、またもやボケ~っと待つ。

やがてカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!














割と上品にまとめたなという印象。

カツの正確なグラム数はわからないが、120~140gの間かな?

私としては、少し可愛い大きさ。w

カレーのルーは目に見える具は、特に見当たらない。

香りは自己主張するような香りは無く、一般的に胃液をくすぐる様な香りか?

カレーは面倒なので、いっぺんにどば~とかける。

福神漬けはこちらも、可愛い盛り付け。

では一口、モグモグ・・・カツは軟らかく美味い!それと、香りが違うね。

何となくフルーティーな香りがする。

私の目の前の衝立には、肉に関するうんちくが貼ってある。

肉を軟らかくするために、独特な手法を使いと書いてある。

肉をワインに浸けこんだのか?

文面を読むと、独特な手法で肉を軟らかくし、ワインも使っているよ!という意味か?

何かの手法とワイン。

つまりダブルである。

自分でも何かが書きたいのか分からないが、文面からはそう思うしかない。w

とにかく、肉の香りだけではありません。w

カレーはとろみはあるが、サラリとしてアッサリ。

コクが無い訳ではないが、カツカレーと言う事を考えると、年配の方でも

胃にもたれる事も無く、食べ切れる感じ。

辛さは殆ど無いので、お子ちゃまでも安心、安全である。

カツはサクッとした歯ごたえがあるが、肉が軟らかいので抵抗感は無し。

これを噛み切れない方は、歯医者に行きましょう。w

御飯とうか、お米は一般的かな?

カツカレーという性格上、米の味わいは目立たない。

やがて完食。

まさかの肉の味わいがありましたね。

香りはまさしく独特だと思います。

ガッツリ食べたい方には、物足りなさを感じるかもしれないが、女性や年配者には

お勧めできるお店だと思います。

帰路も高速を使わず帰りました。

時間のロスが多いと思った、今回の食事でした。w

 

ここで一句

    行き当たり

        バッタリ会いたい

               お姫様

« 伊豆市 みやしろ カツ丼 | トップページ | 南巨摩郡 めしや千里 もつ煮定食、餃子 »

カレー」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トンカツ」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事