フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 藤沢市 江ノ島亭 江ノ島丼 | トップページ | 小田原市 土田畑福造 刺身定食 »

2018年1月15日 (月)

藤沢市 タマヤ 味噌キムチラーメン大盛り

123_2

Dscn2086

Dscn2087

55_5
Dscn2089

55_6
Dscn2090


Dscn2091


Dscn2092

123_5
Dscn2093

55_7
Dscn2094

55_8
Dscn2096

123_6
Dscn2097

何となく、年跨ぎで江ノ島周辺食べ歩きというか、湘南食べ歩きというか、

その様な傾向がありましたかな?

通常であれば、私の行動範囲は小田原、秦野、伊豆、清水などなど・・・

やはり、ウケの良いネタを仕入れるには、お洒落な観光地に行かないといけない!

そう思っていても、食べるものがオヤジ臭いかな?




片瀬江ノ島駅周辺には全部で駅が3つあるのね。

知ってはいたが、実際にこの目で見るのは初めてだね。

初詣や何やらで江ノ島に何度も何度も来ているが、知らないというか、

いつもどこを歩き回っているのやら?

これからも、知らない道を歩き回り、新しい店に行きましょう。

しかし、妙に気になる店もある。

今回訪問したタマヤであるが、何故にこの地で普通にラーメン?と思った。

知っている方が多いと思うが、この周辺では花みずきが有名であろう。

何故ならシラスラーメンなどを提供している。

しかし、私は未だ訪問をしたことが無い。

今回も花みずきがいいだろうと思ったが、何故かタマヤにした。

外見は明るい感じであるが、メニューは地味というか、奇をてらってない。

有数の観光地であるこの地で、何故にこれほどクラシカルな物を提供するか?

確認しましょう。







店に入ると先客は無し。

12時少し前の訪問だったと思う。

カウンター席とテーブル席がある。

私は当然、カウンター席に座る。

メニューは壁にも、卓上にある。

タンメンもいいかな?と思ったが、セットメニューもあるね。

味は醤油、味噌、塩、豚骨、辛口とある。

どれにしようか迷うが、迷った時はチャーシューメン!

だが今回は、キムチにした。

味噌キムチラーメン大盛り1000円を店主に告げる。

店主は年配であるが、矍鑠としている。

注文後、店内を見渡すがBGMはラジオでございますね。

すると、あっという間にラーメンが完成する。

早い!!!

新型カメラを持っていたが、ここはいつものコンデジでいいでしょう。

記念撮影をし、いただきま~す!












結構地味だと思う。

味噌キムチラーメン大盛りであるが、何気に地味である。

スープの表面には、鶏の脂が多めに浮かんでいる。

何故にこれほど地味に感じるのか?

やはりキムチであろう。

キムチがこじんまりとしている。

もっとキムチを!と思うが、味のバランス的にどうかな?と思う。

いや、モヤシがもっとあればいいのか?

そんな地味目のスープを事逗ずz・・・味噌の風合いは薄目。

味薄目を選ぶ私であるが、こちらの味噌は薄いね。

まあ、血圧や塩分過多を気にする方にはいいだろうが。

ガツンとした味わいは無いが、年配者には好まれるであろう。

ベースのスープも、鶏ガラを中心とした味わいで優しい。

麺は黄色みがやや強い、中太麺でしょうか。

口に入れると、加水率がやや低いかな?

やや小麦粉の存在を感じる様な食感である。

コシが無い訳ではないが、チュルンとしたのど越しではないね。

キムチは市販のキムチですが、当然でしょうね。

辛さなどは特に感じません。

チャーシューは腿肉を使用していて、こちらは結構ハッキリした味付けだがやわらかい。

大盛りを注文したが、丼ぶりの中は麺だらけ状態。

しかし、丼ぶりは大きな物では無いので、圧倒的ではない。

やがて完食。

スープは残しました。

不思議な事に結構、汗をかいています。

辛く無くても、刺激物を胃に入れると、汗が出る体質なんですね。

冬でもこんなに出るのか?w

江ノ島周辺で、普通にラーメンを食べたい方に、お勧めします。

 

ここで一句

    観光地

       地味でも割と

             目立つのね

« 藤沢市 江ノ島亭 江ノ島丼 | トップページ | 小田原市 土田畑福造 刺身定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事