フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 逗子市 めしやっちゃん マグロユッケ丼とかきあげセット | トップページ | 藤沢市 新江ノ島水族館~シン・エノシマスイゾクカンの五十五景 »

2018年1月 7日 (日)

藤沢市 らーめん晴れる屋 チャーシューめん

123_9
Dscn1995

Dscn1996


Dscn1997


Dscn1998

123_10
Dscn1999


Dscn2000


Dscn2001


Dscn2004

123_11
Dscn2005


Dscn2007

123_12
Dscn2008


Dscn2010

123_13
Dscn2011

相撲四十八手という言葉がある。

しかし、横綱は使ってはいけない手があるという。

横綱らしくない手。

私は柔道経験者。

高段者であれば、使っていけない技があるのか?

何というか、国際的になれない要因だが、国内だけでいい時代ではない。

懐に仕舞ったナイフは錆びている。

これが、相撲協会の現実か?






初詣というと、江ノ島なのだが、江ノ島周辺を歩き回っているようで、そうでもない様だ。

今日は、私としては初めて訪れる箇所かもしれない。

片瀬江ノ島駅。

自分の記憶を掘り起こしても、行った記憶が多分1度。

写真撮影などしてない。

更にその奥の道は、未知なる世界。w

試しに歩いてみた。

本当は江ノ島ラーメンでも食べようかと思ったが、もっと奥の世界に何かないか?

すると、ラーメン店を発見!

店の名前は、「晴れる屋」。

まったくなる未知なるラーメン店である。

私は、この様な出会いを求めていたのかもしれない。

店の中に入ると、客は7割方入っている。

人気店らしいね。

券売機で食券を買うシステムらしいので、そこで選ぶ。

醤油、味噌つけ麺などがあるが、悩むのであれば、チャーシューメンを選べばいい。

チャーシューメンこそ、その店のフラッグシップなのだ!

私は醤油チャーシューメン1050円を選ぶ。

ラーメンが出来るまでの間、店内を見渡す。

カウンター席とテーブル席がある。

卓上にはおろしニンニク、沈殿物の多いラー油、コショウがある。

店内は暗めの印象であるが、入口側がガラスなので気にはならない。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!









家系ラーメンかよ!

予備知識無しは、時に驚きを与えるが、少々残念な気持ちにもさせる。

家系なら味薄目が基本の私、さあ、どうしましょう!

まずはスープを事逗ず図・・・ダシが良く出ている。

やや味濃い目であるが、私としては許容の範疇。

特に臭みなども無く、なかなか美味しいスープだと思う。

麺は所謂家系の麺ですね、太く短めの麺ですが、なかなか美味しい麺です。

ところで、味の好み、麺の茹で加減など、家系では当たり前のことは、

一切聞かれませんでした。

しかし、提供されたものに、別段注文はありませんね。

卓上のニンニク、ラー油を入れますが、ラー油は沈殿物を投入。

これにより、アグレッシブな部分が出てくる。

チャーシューは味濃い目ではあるが、やわらかく美味い。

う~ん、美味しいね。

大盛りを注文すれば良かったね。w

やがて完食。

片瀬江ノ島駅界隈で家系が食べられる!

これは嬉しい発見。

何より美味い!

シラスばかり食べずに、ラーメンを食べよう!w

 

ここで一句

     ラーメンに

          シラスラーメン

               いらないね

« 逗子市 めしやっちゃん マグロユッケ丼とかきあげセット | トップページ | 藤沢市 新江ノ島水族館~シン・エノシマスイゾクカンの五十五景 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事