フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 足柄下郡 箱根明か蔵 山麓セイロ膳 | トップページ | 沼津市 にし与 カンパチ刺身定食 »

2018年2月13日 (火)

足柄下郡 ついき チャーシューメン

Dsc_1846


Dsc_1847


Dsc_1848

55_12
Dsc_1849


Dsc_1850


Dsc_1851


Dsc_1852

55_13
Dsc_1854


Dscn2418

55_14

Dsc_1855

55_15
Dsc_1859


Dsc_1860

55_16
Dsc_1862

55_17
Dsc_1864


Dsc_1865

55_18
Dsc_1867

オリンピックである。

人生、メダルが取れないのであれば、オリンピックに行くな!と言いたい。

国民は、メダルを期待している。

オリンピックを楽しむなどというコメントは、望まない。

オリンピックを楽しむのは、レジェンドだけでいい。

石にかじりついてでも、メダルを取ってこい!

勝つことに意義がある!それがオリンピック。







それにしても、政治色の強いオリンピックである。

韓国側の言いなり姿勢が、気になる。

従順な飼い犬になりつつある。

オヤジは、策士に溺れるのか?






思えば、箱根にも大衆的な食堂があった。

チャーシューメンが750円。

箱根で!神社がすぐそこにあるのに750円!

なんてブラボーな店なのだ!

そんなブラボー光線を放つお店に入ってみた。

駐車場は有料駐車場に止めた。

店内に入ると、テーブル席とお座敷席ですね。

座敷席が空いていたので、そこに座ります。

この日は平日で、まだまだ雪が残っていましたが、店内は賑わっていました。

さすが天下の箱根でございます。

観光客は如何なる時も、絶える事はありません。

メニューを見ると、本当に大衆食堂。

本当にこの様な大衆的な店が、箱根にもあったのか?と思えるものです。

ラーメン、丼物、そばうどん、カレーにカツ丼、定食と普段使いに十分対応可能。

それに値段的にもあり難い。

今回注文したチャーシューメンなどは、750円である。

私は注文後、店内や周囲を見渡す。

フォリナーが多い。

中国と思われる方々が多い。

そんなフォリナーの皆さんは、カツ丼や山菜蕎麦などを注文していた。

何より、フォリナーの皆さんは若い!20代から30代前半か?

いいね~、私がその年齢の時、海外旅行なんてしたこと無かったよ。

いまだに海外旅行をしたことが無いが。w

雑然とした店内であるが、日本的な撮影ポイントも多い。

表には雪が残り、芦ノ湖が見える。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!









まあ、値段を考えれば妥当と言える内容でしょうか?

まずはスープを事逗ずz・・・うん、ケミカルだが美味い。

アッサリしたスープであるが、控えめな味わいで美味い。

スープはしょっぱ過ぎることはないが、完飲するほどではないね。

麺は細麺ストレート。

表面はつるんとしていて、やややわらかめの食感、のど越しである。

具にはチャーシューは勿論として、ナルトとほうれん草である。

何となく、東京の萬福を主出したが、玉子焼きが無いか?それと海苔。

チャーシューはややボソッとした食感であるが、悪くはない。

味付けはやや濃いと思う。

卓上にコショウがあるので、バンバンかける。

やがて完食。

スープは残しました。

座敷席は、胡坐をかかなければいけないので、長居はせずにお会計。

表に出ると、この寒いのに隣のレストラン?ではテラス席に、お姉ちゃんが座っている。

ああ!ここが噂のベーカリー&テーブルか?

1階、2階、3階とあり、1階はパン屋なのですが、イートインスペースが表か?

確か足湯があったのか?姉ちゃんだけが浸かる足湯にお邪魔したい気がする。w

私は水虫でもなく、足も臭くないが、オヤジと言うだけで嫌われそうだな。w

暖かくなったら、お邪魔してみましょう。

 

ここで一句

     外人は

          山菜食べて

               首ひねる?

« 足柄下郡 箱根明か蔵 山麓セイロ膳 | トップページ | 沼津市 にし与 カンパチ刺身定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事