フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 賀茂郡 青木さざえ店 まかない丼 | トップページ | パシフィコ横浜 2018年CP+ ~沢すみれさんを弄る六十五景 »

2018年3月12日 (月)

賀茂郡 らーめんのらんぽん 半チャン・らーめんセット

Dsc_3154


Dsc_3155


Dsc_3157


Dsc_3163


Dsc_3165


Dsc_3167


Dsc_3168


Dsc_3170


Dsc_3173


Dsc_3174


Dsc_3161


Dscn2689


Dscn2690


Dscn2693


Dscn2695


Dscn2696


Dscn2697


Dscn2698


Dscn2700

昔懐かしいラーメン。

そんな看板を見つけた。

場所は松崎町。

世界の中心で愛を叫ぶのロケ地である。

何度か訪れた事のある松崎町だが、一度も愛を叫んだことが無い。

叫ぶのであれば、土肥の恋人岬がベストであろうが、オヤジ一人で恋人岬?

無理でしょ!

不平不満を叫んで虚しいだけ。

愛を叫んでも虚しいだけ。

いったい何を叫べばいいのか?

私は昔懐かしい味を求め、車を止めた。

店の隣には神社があるが、随分と自作と思われるオブジェ?が多い。

神社の名前は伊那下神社。

インスタ映えはしないが、話しのネタにはなりそうな神社である。

神社でいくつか撮影をすると、店に入る。

店の名前は「らんぽん」。

名前の由来を拝聴したいと思ったが、次回にする。w

店内はテーブル席がメイン。

適当に座り、メニューを見ると何となく選択肢が少ないかな?

チャーシューメンにしようかと思ったが、半チャンらーめんにした。

キムチが付いて1000円だが、ラーメンが600円、チャーハンが600円。

半チャンは普通に考えれば、300円???いや400円?

何となく栗きんとんな価格設定だな。w

注文後、店内を見渡すが小奇麗な感じ。

しかし、昼時なのに客がいない・・・だが、出前をしているようだ。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











時代は、半チャンラーメンを選ばない時代だという。

炭水化物に炭水化物という組み合わせは、おかしいと言う事らしい。

私自身も、ブログを始める前はラーメンにチャーハン?ライス?おかしいと思っていた。

ところが、家系ラーメン店などに多い、半ライスサービスなどの影響で、

いつの間にか抵抗感が無くなっていた。

時に人間の勿体無い精神や、お得に感じるサービスは、白を黒に変える魔力がある。w

見た目シンプルなラーメンとチャーハンであるが、まずはスープを事逗ずz・・・

確かにアッサリした味わい。

そして、塩加減も少なめですね。

特筆するべき味ではないが、年配の方には好まれる味わいであろうと思われる。

昔懐かしい味わいか?と言うよりも、アッサリした味わいのラーメンを提供するのですね。

その様な印象を受ける。

麺は細く縮れたもの。

コシはそれほどあるとは思わないが、これでもどこかで食べたような麺と言える。

チャーシューは腿肉ですね。

やわらかく美味いが、チャーシューの味は濃い目だと思った。

次にチャーハンを食べる。

レンゲで掬い、口に運ぶ。

米がやわらかいですかね?

べちゃっとしたものは感じませんが、米がやわらかいのは間違いない。

味わいは、こちらもラーメンと同じでアッサリした味わい。

塩が少ないのでしょうね。

米の味わいを楽しめると言えますが、個人的には米にしっかり感が欲しいかな。

キムチは市販のキムチですね。

やがて完食。

スープは残しましたが、全部飲んでも塩分摂りすぎと思わないと思う、味わいでした。

 

ここで一句

     血圧は

        塩分よりも

            お酒ダメ

« 賀茂郡 青木さざえ店 まかない丼 | トップページ | パシフィコ横浜 2018年CP+ ~沢すみれさんを弄る六十五景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事