フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 掛川市 麵屋RiQ 白胡麻濃厚担々麺大盛り | トップページ | 足柄上郡 酒、飯処 浜勢 チャーシュウメン »

2018年3月30日 (金)

小田原市 のんき亭 煮込み定食

Dscn2895

77_7
Dscn2896

77_8
Dscn2898


Dscn2899


Dscn2902


Dscn2903

77_9
Dscn2905


Dscn2907

77_10
Dscn2908


Dscn2910


Dscn2912


Dscn2913

ウコンの力が欲しいかな?

カメラはニコンである。

自分のカネでカメラを買ってから、ず~っとニコンである。

一眼レフは2台買い、コンパクトデジカメは、5台買っている。

まあ、カメラを趣味としている方々すれば、非常に少ないでしょう。

それでも、11年前までは自分のカメラなど持っていなかった。

ニコンを買ったからこそ、このブログが存在している。

そう言えるだろう。

そういえば、煮込み料理が食べたい気がするな。w









のんき亭。

西湘バイパスを通れば、何気に視界に入る店であった。

そんな視界に入る店に、実際に入ってみた。

店の横に駐車場があるので、そこに車を止める。

店の入口にはメニューボードが置いてある。

入店する前に、チェックをすると鰻が推し飯かよ!w

うな重の一番高いのが6300円って、いくら私でも、これはさすがに手が出ない。w

やはり、鰻は不漁なんですね。

ひつまぶしも3500円か!これもパス!

とりあえず、中に入る。

先客は一名で、刺身定食の様だ。

店内はテーブル席オンリーで、古民家風の店内の様相。

落ち着いた雰囲気を醸し出している。

お品書きを見ると、定番の定食と鰻である。

「ん?天むす!」。

何と!天むす定食なるものがある。

天むす自体は勿論、食べた事がある。

しかし、それの定食となると事情は違ってくる。

う~ん、天むす定食が気になるな~。

こんなパリピな定食、なかなか見たことが無いぞ!(意味不明)

「煮込み定食!」

天むすも気になるが、ド演歌の王道の様な煮込み定食も気になる。

何を煮込んでしまうのだい?

肉に玉葱にシラタキ、生揚げかい?美味そうじゃないか~い!

煮込み定食に、ルネサンスを感じたので、それを注文する。

価格は980円だ。

少し待ったのちに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!









これは豚汁定食ではないでせうか?

お盆の上に載せられたもので、一番の存在感は豚汁ですよ。

メインのおかずの入れ物が小さいかもしれないが、豚汁が凄いわ。w

煮込みはシラタキと豚肉、玉ねぎのすき焼き風というか、肉じゃがのじゃが無しですな。

生揚げといっていたが、豆腐にしか見えない。

いや、生揚げは豆腐から出来ているので、間違いではないが・・・

揚げ色の薄い生揚げというか、豆腐と言うか、味は浸みてそうですね。

まずは生揚げからパクリ!うん、味は浸みこんでいる。

味付けは濃いとは思わない。

さっとニコンだ、いや煮込んだ印象。

逆におかずとして考えると、少し物足りない。

すると、登場するのが七味である。

七味をかけて、香りと刺激をプラスする。

いいですね、ご飯のおかずにぴったりです。

次に豚汁をいただく。

器を近づけると、良い香りがしますね。

口に入れると、生姜の風味をやや感じます。

味付けもやや塩気が強い気がします。

こちらにも、七味をかけて香りと刺激をブラッシュアップ。

豚汁には具材も程よく入っており、これだけでもおかずとして成立する。

煮込みはやや薄味なので、おつゆもいただきました。

小鉢にはひじきの煮物も付き、おかずだらけやがな。w

やがて完食。

初めて入りましたが、他のメニューも気になりますね。

次回は是非とも、天むす定食を!

あ、天むすは一個からでも注文できるの?

煮込み定食に追加すればよかった。w

 

ここで一句

    煮込みより

        目立つ存在

             豚汁が

« 掛川市 麵屋RiQ 白胡麻濃厚担々麺大盛り | トップページ | 足柄上郡 酒、飯処 浜勢 チャーシュウメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

神奈川県 定食」カテゴリの記事