フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 焼津市 麺坊屋 2boys‘ ねぎまみれ豚骨、半ライス | トップページ | 沼津市 餃子の王将 野菜煮込みラーメン フェアセットA »

2018年3月18日 (日)

焼津市 焼津おばんざい 魚介スープラーメンと鉄火丼

77_3
Dscn2751

Dscn2735


Dscn2736


Dscn2737


Dscn2738

77_4

Dscn2739

Dscn2742

77_5

Dscn2744

Dscn2745

77_6

Dscn2747

Dscn2748

人生などというものは、日々刺激を求める。

何というか、がちょ~んな日々である。

思えば、昔は輝く。

何となく、バブル。

思うに、人は楽を求める。

今私は、人生の廃品回収業かもしれない。

泡は消えるのであれば、消える前に何かをしたい。

そう思う日々。


この日は水曜日であったか。

基本的に魚市場は水曜日が休みの場合が多い。

焼津魚センターは、お休みの店が多い。

だが、表にある店は営業をしていたので、そこに行ってみる。

「おばんざい?」新しく出来た店の様である。

以前は洋食みたいなものを出す店だと思ったが、記憶違いか?

店の前にメニューが出ていたので、それを見てみる。

ほほ~~、じつにバラエティーに富んだラインナップである。

カレーもあるし、ラーメンもある。

カレーもあるし、海鮮もある。

これはもしかしたら、ワンダフルな予感?

すでにラーメンを食べているが、魚介系ラーメンを食べてみたいな~。

ええ~~~い!!!迷わず食えよ!食えばわかるさ!w

私は店の中にはいると、先客とお店の奥様?がくつろいでいた。w

店内はテーブル席オンリー。

テレビが見える席に座ります。

選んだのは、魚介スープのラーメンと鉄火丼のセット、税込み1000円。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












ナルホド、そう来たか!

どう来たのか説明が難しいが、キター!と言えるだろう。

ラーメン専門店ではないのに、天ぷら入りのラーメンですよ。

食べる前から、期待値上昇中。

鉄火丼もミニサイズであるが、鮪は良い色をしている。

まずはスープを事逗ず図・・・・ウメ~~~!!!!!

淡麗醤油スープですね。

魚介のクセは皆無と言えるだろう。

あっさり、サッパリしているのに口に広がる旨みは最高である。

確かに、魚介のスープである。

節系というよりも、魚の骨などからも旨みを取っているのかな?

芯を感じる美味さだな。

次に麺をいただく。

ズルズル・・・細麺の捩れ、縮れ麺だがコシは弱めかな?

少し、パツンとした食感が欲しいかな?と思った。

この辺は、カタメで茹で揚げればいいかもしれないが、スープがいいので

麺も進化すると思われます。

具には小エビのかき揚げだけど、桜海老?桜海老ではないね。

干した小エビだと思います。

中華食材などに使う様なものだと、想像できます。

これがね、スープに合うのですよ。

淡麗醤油スープなので、かき揚げとのバランスはいいです。

変な油っぽさも感じません。

他に海苔とワカメが少々。

チャーシューは・・・鮪?

魚ですね。

淡白な味わいです。

鉄火丼はホカホカご飯の上に鮪です。

こちらも美味しくいただきました。

やがて完食。

スープはすべて、飲み干しました。

スープに関しては、文句なしで美味い!!!!!

専門店でもないのに、この旨みは素晴らしい!

このスープの美味さが、他の様々なメニューに大きな期待を抱かせます。

特にカレー系は期待が出来そうな気がします。

次回、焼津に来たら再訪問します。

 

ここで一句

    おばんざい

        京都で言えば

              お総菜

« 焼津市 麺坊屋 2boys‘ ねぎまみれ豚骨、半ライス | トップページ | 沼津市 餃子の王将 野菜煮込みラーメン フェアセットA »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

海鮮グルメ」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事