フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 彩酒亭 洞 牛スジぶっかけ丼 | トップページ | 南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食 »

2018年5月25日 (金)

南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(中)

111_10
Dscn3613

Dscn3614


Dscn3615

111_11
Dscn3616


Dscn3617


Dscn3618


Dscn3620

111_12
Dscn3621

111_13

Dsc_5473


Dsc_5475


Dsc_5478


Dsc_5480


Dsc_5481


Dsc_5486

私、うどんが食べたいのです。




うどん。

肉汁うどんを求め、昨年食べ歩いたね。

大磯とかいろいろ・・・

良い店も発見したが、私の中でうどん指数の高い店とは・・・







久しぶりに渡辺うどんに来た。

私の中では、吉田うどんに関しては間違いなく、トップレベルである。

この店の肉玉うどんは、至極愉悦。

前回、余りの満席ぶりに退散した私だが、平日に来てみた。

開店直後、先客は2名。

開店直後に来て、すでに食べているおまえらは・・・w





私は肉玉の中盛550円を注文した。

久々の肉玉うどん。

すぐに提供され、私は天かすとすりだねをぶち込む。

そして、うどんを口に放り込み、咀嚼する。

美味い!!!!

剛直!直球!ど真ん中!小麦粉を噛み締める快感。

キャベツは歯応えを残し、馬肉は甘辛い味でありながら、ダシの美味さを邪魔しない。

玉子を崩し、うどんに絡める。

これは、一種のセクショナリズムである。

玉子を愛する者、愛さない者。

この行為は、なまたまごの縄張り争いである。

それにしても、うどんも美味いがダシも美味い。

やがて完食。

ダシを残さずいただいた。

私は、許されるものであるならば、肉汁うどんを設定してもらいたいと思った。

いや、うどんの駅で、うどんをこの麺にしていただいて、肉汁うどんを食べてみたい。

せめて、冷やしタヌキの設定。

名店ゆえのわがまま。

言わせてください・・

 

ここで一句

    名店の

       お持ち帰りで

            アレンジを


« 小田原市 彩酒亭 洞 牛スジぶっかけ丼 | トップページ | 南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食 »

うどん」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 うどん」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事