フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食 | トップページ | 安房郡 食事処ばんや ミックスフライ定食 »

2018年5月27日 (日)

南都留郡 湖麺屋 リールカフェ 特製正油ラーメン

111_17
Dsc_5496

Dsc_5495


Dsc_5494

111_18
Dsc_5493


Dsc_5492


Dscn3647


Dscn3648


Dscn3649

111_19
Dscn3646


Dsc_5491

111_20
Dscn3638


Dscn3639

111_21
Dscn3640


Dscn3641


Dscn3642

111_22
Dscn3643


Dscn3644


Dscn3645

111_23

Dsc_5501


Dsc_5512

111_24
Dsc_5518


Dsc_5519

111_25
Dsc_5520


Dsc_5521


Dsc_5525


Dsc_5528


Dsc_5531


Dsc_5533


Dsc_5535


Dsc_5538


Dsc_5539


Dsc_5541

先日、千葉まで業務応援に行ってきました。

「明日の朝、何時出勤ですか?」

「6時でお願いします」

普段、6時半ころ出勤をしている私だが、それよりさらに30分も早い。

通勤時間なども含め、5時前に起きないといけない。

そして、5時50分ころに出勤すると職場にはFM横浜が流れていた。

ZARDの曲が流れていた。

なんと、特集をやっていて、6時までZARDだけなのである。

翌日も特集をやっていた。

調べてみると、4日間限定で夜中の3時から6時まで200曲!

そのうちの10分少々の時間を私は楽しめた。

2日続けて、負けないでを聴けた。

正直、眠かったのですが、吹っ飛びました!

その後、ラジコのタイムフリーで2時間を聴きました。

カップリング曲が中心と思われるそれは、未だに聴いたことのない曲があった。

聴いたことのない曲、こんなことを書くと、マジでファンかよ!と突っ込まれそうですが、

シングルCDは買ったことがないので、カップリング曲は知らないことが多い。

今日は命日でしたね。

出張の眠気覚ましに、大いに助かりました!







山梨に行くのに、いかに有料道路を使わずにすむか?

それが課題でもある。

昔は気にしていなかったのだが、今は気にしている。

物価などが上昇しているのに、給料据え置き。

気にしないわけがありません。

最近はガソリン価格も高く、次回はハイブリッド車を買わないとダメか?と、考える。

まあ、現在は有料道路関連だけだが、そのうち距離数も気になるかもね?w

山中湖周辺に、美味いラーメン店がある情報は、かなり以前より入手していた。

同じ店に行くのもいいが、やはり、新規物件を開拓しないと!

そこで、今回初訪問となる、リールカフェにお邪魔しました。




「おお~~っと!」

店の看板を見つけ、矢印が私から見ると右折に見えたので、右折しようとしたら。

そこは階段ではあ~りませんか!危ない危ない。

駐車場は矢印の少し手前か、進行方向左側に空き地があるので、そこに止める。

階段を上ると、テディベアミュージアムがあり、リールカフェは、隣接されている。

つまり、ミュージアムを見なくてもよろしいということ。

建物自体は、お洒落なカフェの印象。

ラーメン店とは一見した限りは、思いつきませんな。

店の外にメニューがあるが、店内の券売機で食券を買うシステム。

いざ券売機の前に立つと、どれを選んでいいか迷いますね。

醤油、塩、味噌、まぜそば、つけそばなどなどデザートにドリンク、小丼もある。

う~~~~~ん・・・・(私はトイレで踏ん張るかのように唸ったw)

私のブログで、シンプルなラーメン画像は必要ではない!(と、思う)

私はおそらく何でも入りであろう、特製正油ラーメン1050円を選ぶ。

案内されたのは、カウンター席。

テーブル席が多いが、カウンター席は5~6席分か?

接客は、若い女性スタッフが対応していた。

いろいろ気を配ってくれる。

隣のオヤジは混ぜそばを食べていたな。

それも美味そうだな。w

やがて、ラーメン登場!記念撮影をし、いただきま~す!











この店の店主は、佐野実さんのところで修行をされたのかな?

丼は、佐野氏がプロデュースをしたものであるという。

実際、提供されたラーメンは佐野氏の特徴を感じるような気がする。

まずはスープを頭厨図z・・・美味いな~~~~~!!!!

端麗でありながら、しっかりとした旨みを感じる。

スープの色は濃く感じるが、だからといってショッパイわけではない。

鳥の旨みがベースで、肉系や魚介などの旨みを重ねた感じ。

スッキリした味わいでありながら、ズシンと旨みがくる。

次に麺を啜ってみる。

ズルズル・・・これ、中華そば!意外や意外。

支那そばやのような、細めでストレートな麺で、素麺のような淡い味わいを想像したが、

中細麺といえるような太さで、やや捩れを感じ、噛むと弾むような弾力感をやや感じる。

何より、麺の味わいが「中華そば!」と思えるほど、野趣なものを若干感じる。

それはやはり、全粒粉を使用しているからであろうか?

これは面白いな~!

店主は、支那そばやの流れを、独自の観点で攻めて来ているね。

このスープでこの麺か!という印象です。

チャーシューは2種類。

スモークされたものと、煮込まれたもの。

なんとなくレア感のあるスモークタイプは、ローストポークのような食感。

香ばしい香りが鼻の中を通り過ぎる。

煮込まれたものは、タレに漬け込まれたタイプ。

こちらは、肉質もやわらかく美味い。

ところで、焦がしねぎが別皿で提供される。

少し入れると、フレーバーである。

私は思い切って、全部投入した。

特に味が破綻するようなことはなく、香ばしさを感じる。

味付け玉子は、あまりトロトロしたものではない。

黄身がスープに溶け込むと、味が変わるので、これくらいがいいかもしれない。

やがて完食。

スープは全部飲み干しました。

ロケーション、店の雰囲気、提供されるもの。

女性一人でも、恥ずかしい気持ちなど、微塵も生じないでしょう。

いい店だと思いました。

食後、山中湖周辺を散策。

文学の森公園に行ってみました。

今の時期、一番気持ちがいい時期かもしれません。

鳥の鳴き声はするけど、セミ等の鳴き声はなし。

新緑の淡い緑色が、太陽の光をさえぎり、心地よい空間。

入場は無料なので、夏本番になる前に森林浴を楽しんでみては?

 

ここで一句

     湖面より

        森林浴を

            薦めます

« 南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食 | トップページ | 安房郡 食事処ばんや ミックスフライ定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

山梨県 ラーメン」カテゴリの記事