フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 静岡市 静岡ホビーショー~今年も行った五十三景 | トップページ | 沼津市 愛鷹PA上り The・黒はん丼 »

2018年5月18日 (金)

静岡市 週一らーめん しょうゆらーめん大盛り全部のせ、こってり

111_10
Dscn3537

111_12
Dscn3525


Dscn3526


Dscn3527


Dscn3528


Dscn3530

111_11
Dscn3531

111_14
Dscn3533

111_15
Dscn3534


Dscn3536

イベント優先で、まだ飯を食べていない。

この日、芝桜で焼き草餅と椎茸のチーズ焼きしか食べていない。

腹が減った!

しかし、ツインメッセ内で飲食はしたくない。

ブログに書くのであれば、ちゃんとどこかの店に入らないと!

私は、ツインメッセを後にすると、帰路につく。

その途中で、見つけた店に入ろう!

と、思ったら、すぐ店を見つける。

ラーメン?ここでいい!!

私は大雨が降り注ぐ中、一軒のラーメン店を見つけると、そこに入る事にした。

店の名前は週一らーめん。

勿論、事前情報などは何も無し。

中に入ると、4人待ちの状態。

順番待ちのノートがあるので、そこに「オヤジ一人」と書く。(うそぴょ~ん)

メニューがあるので、それで何を注文するのか考える。

味は、しょうゆ、塩、味噌とある。

塩が人気がある様で、塩の注文が多い。

私はインスタ映えを考えて、全部のせをチョイスすることにした。

味はしょうゆ、あっさりとこってりがあるが、当然こってりでしょう!

私は注文を決めた。

その後、カウンター席に案内される。

少々待たされた気がするね~。

タイミングもあるだろうが、厨房内はラーメンを2杯ずつ作っている様ね。

麺が細麺で、その為かもしれない。

私は予定通り、しょうゆラーメン全部のせこってり1000円を注文する。

中盛りと言うのもあるのだが、こちらは50円増しになる。

厨房内の作業を見ていると、こってりは背脂ゴリゴリ系ね。

背脂ちゃっちゃっ系というのは昔、上板橋の土佐っ子ラーメンで経験済み。

そういえばあの店、嵌ったな。w

夜中にわざわざ千葉や箱根から何度も行った。w

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










やはり、全部のせはいいね。

見た目が華やかである。

大きく、厚めのチャーシューが2枚、味付け玉子がのり、ワカメ、海苔、メンマ、水菜、

おろし生姜少々というところでしょうか?

では、まずはスープを事逗ずず図・・・コテコテ~~~~~~!!!!!

恐ろしいほどの油膜!!!!!

雨の日に車のウインドガラスにかかっていたら、油膜ギラギラで見えませよ!w

コッテリを注文したが、容赦ないほどコッテリ感!

肝心のスープは、ダシが良く出ている。

個人的にラーショの方向をみたスープだと思う。

麺は細麺ストレート、茹で加減も選べるようだが、私は普通でオーダー。

細麺ではあるが、しっかりしたコシを感じますね。

歯応えもプツンとした食感を感じます。

それにしてもこの油膜、さすがにクドイ!

おろし生姜をスープに混ぜると、清涼感が出るが、生姜が足りない。

卓上にはおろしニンニクがある。

それを投入すると、多少コッテリが解消される。

更にコショウを入れたり、酢を垂らしたりして、くどさを緩和する。

まあ、私がもう少し若ければ、これくらいの油膜は気にならないのでしょうが。w

実際、若い客はコッテリを注文するのが多い。

チャーシューは美味いね!食べ応えもあるし、やわらかく美味い!

半熟玉子はトロトロで、こちらも美味い!

麺は大盛りであるが、十分なボリューム。

麺を食べ終え、スープを啜る。

脂肪分は余脂肪になるので、避ける。

やがて完食。

スープは勿論、残しました。

その夜、胃の付近がムカムカし、もたれ気味になったのは言うまでもない。w

 

ここで一句

     オヤジなら

         余脂肪避ける

               当たり前

« 静岡市 静岡ホビーショー~今年も行った五十三景 | トップページ | 沼津市 愛鷹PA上り The・黒はん丼 »

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事