フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 笠間市 友部SA(上り) 笠間稲荷のきつねそば | トップページ | 北杜市 成駒屋 名代焼きそば大盛り »

2018年5月 4日 (金)

北杜市 仙人小屋 ミックス天丼、クレソンサラダ

157
Dsc_4829

Dsc_4830


Dsc_4831


Dsc_4855

157_2
Dsc_4856


Dsc_4834


Dsc_4837

157_4
Dsc_4838


Dsc_4839

157_5
Dsc_4840


Dsc_4841


Dsc_4846

157_6
Dsc_4848


Dsc_4849


Dsc_4853

157_7
Dsc_4859


Dsc_4861


Dsc_4862


Dsc_4864


Dsc_4865

今年の12月、キング・クリムゾンの来日公演がある。

どうしよう?

来月の休みも決まっていないのに、12月か・・・

指定席20000円?足元みすぎぢゃね?

クリムゾンのライブには、行ったことがある。

ロバートフリップのギターから響きだされる音色は、魔性の万華鏡である。

皆さん、私の事をザードのファンだと思っているが、ザードの前は、

クリムゾンに傾倒していた。

いや、プログレにのめりこんでいた。

その前は、ヘビーメタルである。

個人的にはハードロックが好き!と言いたいが。w

ヘッドバンキングをするようなライブに、何度も行った。

今、ヘッドバンキングをすれば、むち打ちになる。w

いや~~行きたいけど、フリップは今年71歳?

ヒビの入った陶器にならなければいいが。

そういえば来月、行きたい舞台があるな。










やはり、山菜を食べないとね。

山菜の美味さを知ったのは、随分前の話になる。

そして、仙人小屋を知り、自然屋を知る。

そこで、仙人小屋に向かう。

GW前、混んでいることは無いだろうと思い、行ってみた。

到着時刻は11時を過ぎていたが、駐車場は車が2台止まっているだけ。

中に入ると、先客は2組だけ!これはラッキーである。

10人にも満たない客数なので、これならすぐに食べられる。

メニューを見ると、いろいろあるが、今まで注文をしなかったものを食べよう!

そこで気になったのが、天丼シリーズ。

山菜を使った天丼なのだが、タラの芽の天丼、コシアブラの天丼、ミックスとある。

私は、タラの芽、山うど、ふきのとうを使ったミックス天丼2000円と、クレソンのサラダ

800円を選んだ。

わざわざ山梨まで来て、葉っぱを食べに来たのか?と思われるかもしれないが、

確かに、それぞれの山菜は私の地元でも、取れる。

問題なのは、調理である。

私は揚げ物など、調理は普通に出来る。

しかし、独身である。w

たった一人の腹を満たすために、天ぷらは手間がかかるし、片付けも大変。

残った油の再利用も大変。

だったら、食べに行ったほうが、私の場合は安く上がる。

高速料金、ガソリン代などを考えると、どう考えても安く上がらないが、まあいい!w

注文後、テーブルで待つ。

仙人小屋がこれほど客が少ないのも、久しぶりだ。

テレビなどで取り上げられる目は、土日以外は混雑なんか気にしなかったのだが。

やがて天丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!
















天丼に関しては、蓋つきで本格的だね。

遅れてクレソンサラダ登場。

こちらはなかなかボリューム感があるが、クレソンと言う事を考えると、少々高いかな?

蓋を開けると、野菜天丼だな。

タラの芽、ウド、フキノトウがてんこ盛りの天丼である。

山菜天ぷら定食を頼むと、ありとあらゆる山菜が入ってくるが、個人的には

この3種で十分である。

タラの芽は本当に美味い!

その辺の路地や庭先などにタラの木があると、美味そうと思ってしまう私がいる。

ではフキノトウから行きましょう!

丼ツユはそれほど味が濃いとは思わないが、専門店でもないのに、味わいはいいかな?

丼ツユ自体に若干のコクを感じる。

フキノトウは、苦みと香りが良いですね。

誰が食べても、フキノトウと分かる苦みを感じる。

この苦みが良いのですよ!これこそ大人の味!

次にタラの芽をいただきます。

タラの芽で一番美味いと思うのは、おしゃぶりの様な形の状態。

まさに今から芽吹く様な時が、一番美味い!!!

目の前の天丼は、若干の芽が出ているが、これはこれで美味い!

フキノトウと違う、若干の苦み、そしてタラの芽の持つコク。

市販の野菜からはなかなか感じ取ることが出来ない、命を感じる力強い味わい。

これぞ、山菜の醍醐味。

次にウドをいただく。

通常、ウドと言うと、酢味噌和えなどが一般的かもしれないが、私はウドの天ぷらが好き。

取って来た物を茹でて、マヨネーズでいただくのも良いが、ウドは天ぷらでも美味い。

口に入れると、爽やかな苦みを感じる。

茹でた時と違い、苦みを鮮烈に感じるかもしれないが、その分、爽やかさも感じる。

うん、美味い!!!

誰でも収穫が出来、誰でも出来る天丼であろうが、この場所で食べるのも味の内。

御飯の量も適量で、ボリューム的に満足できる。

そして、天丼にもキノコ汁が付いてくる。

この滋味深いキノコ汁と山菜の天丼を交互に口にすると、来た甲斐もあるというもの。

次にクレソンサラダをいただく。

クレソンが主体であるが、他の野菜も入っている。

ドレッシングはすでにかけられている。

まずは一口、シャキシャキの食感とクレソンの香りがいい!

何より、クレソン独特の辛味が無い。

これは意外。

野生のクレソンを見つけると、そのまま口にする私であるが、辛い。

ところが、この店のクレソンはまったく、辛味を感じない。

水に晒したのかな?

しかし、クレソン自体水辺に生えていて、晒しているのと同じだ。w

辛味を感じないので、バクバクいける。

パクチーが流行らしいが、クレソンもいいんじゃない?

ところで、クレソンを独特の食べ方で食べさせてくれる店を思いだした!

何とか、ブログがあるうちにご紹介したい気がする。

やがて完食。

肉も魚介もない天丼とサラダ。

しかし、私は満足出来ました。

天然素材の持つ、力を味わう。

それは今しかないと思います。

 

ここで一句

     天丼に

        海老が無くても

             満たされる

« 笠間市 友部SA(上り) 笠間稲荷のきつねそば | トップページ | 北杜市 成駒屋 名代焼きそば大盛り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事