フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 小田原城あじさい花菖蒲祭り  開成町あじさい祭り~初めて見ました三十七景 | トップページ | 足柄上郡 玄や 坦々麺辛口 »

2018年6月18日 (月)

小田原市 味の民芸 小田原店 冷し肉すきうどん、一枚増し

777_15
Dscn3872

Dscn3896


Dscn3874
777_16
Dscn3875


Dscn3876


Dscn3878


Dscn3880


Dscn3881


Dscn3883


Dscn3888


Dscn3890


Dscn3892

Dscn3893


Dscn3895

暑い時は、冷やし中華も良いが、冷たいうどんもいいでしょう。

うどんと言えば丸亀製麺ですが、何となく再訪問をしたい店がある。

そこに行ってみた。



店の名前は「うどんの民芸」。

以前、鍋焼きうどんを食べましたね。

その鍋焼きうどんも、牛すきタイプの物でしたでしょうか?

店内に入ると、先客は無し。

11時開店直後に入店したら、客は私だけ。

どこでもいいから、好きな所へ座れというので、窓側隅に座る。

メニューを見ると、冷し系がどれも美味そうだね。

肉つけ蕎麦が美味そうだな。

しかし、選んだのは冷し肉すきうどん。

鍋焼きの時と反対のメニューと言えるでしょうか?

うどんは大盛りが出来るのは勿論だが、うどん一枚増しというのがある。

恐らく2玉分でしょうか?

価格は税込みで、1177円になる。

何となく高い気がするね、丸亀だとどうなるのかね?

それほど待たずにうどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!










メニューの裏にイワシ丼があったね!

それにすれば良かった!

鰯大好き!!!


大きな器であるが、うどんはなかなかのボリューム感。

かけ汁も多めに入っている。

私は、どば~っと汁をかけると、よ~くまぜまぜしてうどんを啜る。

うん、美味しい!

うどんもかけ汁もよ~く冷されている。

手延べうどんの食感は、するすると気持ちよく口に入っていき、適度なコシを感じ、

喉を通り過ぎていく。

汁はショッパイことも無く、うどんの味を邪魔しない。

太目のうどんであるが、気持ちよく啜れる。

具には海苔、牛すき風の肉、ネギ、貝割れ、大根おろし、わさびとなる。

それぞれ、うどんの風合いに合うのだが、食べているうちに違和感を感じる。

食べている箸に、脂肪分が付着してくる。

そして、何ともこれが食感の邪魔をする。

肉は温かいものであった。

温かい故に、味わいはいいな~と思ったのだが、うどんや汁が良く冷えているので、

その為に、肉迄も冷えてくる。

別にそれは良いのだが、温かい時はゾル化していた脂肪分が、徐々にゲル化し、

それが、よりによって箸に付着してしまったのだ。

勿論、器の中でもゲル化した脂肪分がある。

うどんを口に運べば箸も口に入る。

その時、脂肪分が唇などにあたり、あまり気持ちのいいものではない。

まあ、箸を替えればいいのだろうが、替えても器の中の脂肪分がまた付着するだろう。

それでも、不味い訳ではないので食べ進む。

この場合、肉ではなく天かすの方が良かったのか?

そんな事を考えた。

やがて完食。

出来る事であれば、一端に揚げた肉を冷まし、冷し、脂肪分を除去。

再び温め、載せる。

これくらいの手間はかけてもいいと思います。

 

ここで一句

    脂肪分

      体の中に

          沢山だ!

« 小田原市 小田原城あじさい花菖蒲祭り  開成町あじさい祭り~初めて見ました三十七景 | トップページ | 足柄上郡 玄や 坦々麺辛口 »

うどん」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事