フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 私の夏休みは終わった | トップページ | 鳥羽市 ミキモト真珠島~じぇじぇじぇの二十三景 »

2018年7月24日 (火)

鳥羽市 海女小屋ちさと 岩ガキ、赤ウニ、大あさり、はまぐり

123
Dsc_6791

Dsc_6794


Dsc_6802

123_2
Dsc_6836


Dsc_6837

123_3
Dsc_6835


Dsc_6834


Dsc_6808


Dsc_6810


Dsc_6811


Dsc_6812

123_4
Dsc_6814


Dsc_6819

123_7
Dsc_6820

123_5
Dsc_6821


Dsc_6824


Dsc_6828

123_6
Dsc_6830

3日も更新を休んでしまった。

それは、このブログの寿命が3日延びたといえるか?

この時期、書く暇がないなどというと、海の家でかき氷でも削っているのか?

プールの監視員でもしているのか?

まあ、私がどんな仕事をしているかなど、どうでもいい事。w

それよりも、世間一般が夏休みに入る前に、夏休みを取らないと、

私には今シーズンの夏休みは無い!と言えるかもしれない。

そこで3連休を取り、旅に出た。



どこに行こうか迷ったが、昨年の今頃、悔いの残る旅があった。

昨年の鳥羽旅行である。

鳥羽一郎に会いに行こう!を合言葉に行ったのだが、楽しかったのは水族館迄。

その日の夕方、私の携帯が鳴り、ちょっとした騒動があったことを知る。

戻るほどではないということだが、その後の旅は面白くなかった。

そんな不完全燃焼の旅を完全燃焼させるため、私は再び伊良湖崎へ。

予約をしたフェリーの出港10分前に到着をし、いざ鳥羽へ。

今回は片道切符である。

伊良湖崎周辺で何かを食べたかったが、仕方がない鳥羽で食べよう。

鳥羽に到着すると、私は事前にリサーチをしておいた店に向かう。

私は鳥羽駅周辺の駐車場に車を止めると、いざその店へ。

店の名前は「海女小屋ちさと」。

海鮮が食べられるということで、ピックアップをしておいた。

何しろ、昨年は鳥羽で牛丼か?さすがにそれはないだろうと思い、今回は海鮮。

中に入ると、カップルが一組。

カウンター席とテーブル席があるが、私はテーブル席に座る。

「いらっしゃ~い、飲み物は?」

少々恰幅の宜しいおばちゃまが声をかける。

「車で来たので、水だけでいいです」

先客のカップルは、伊勢海老を食べているな。

しかし、時期的に今の伊勢海老はどうでしょうか?やはり、寒い時期が宜しいかと。

私は岩ガキ、大アサリ、赤ウニを注文する。

「岩ガキは700円と900円とあるけど」

「900円で生でいただきます」

「赤ウニは700円ですよ」

「結構です」

先客のカップルはイカも注文したのか?いろいろ食べているね。

私は焼き上がるまで待つが、先に岩ガキの生が先に出てくる。

岩ガキは何度か食べているが、養殖の真牡蠣と違い、今が旬だということ。

レモンを絞り、そのままいただく。

ちゅるんとした食感と、サッパリ感はあるが濃い旨みが口に溢れる。

うん、美味いね。

天然の旨みは、真牡蠣とやはり違います。

次に、赤ウニが出てきました。

こちらも生でいただきます。

スプーンで身を取り、口の中へ。

んんんんんんんんんんんんんんんんあああああああああああああああああああああ

うめええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!

何て濃厚なウニの旨味!根底に甘さを感じながら、一切れの身から出る旨みに、

口の中は、ウニだらけの印象である。

北海道の積丹にバフンウニのうに丼を食べに、2度ほど行ったことがあるが、

バフンウニのうに丼の印象を、たった一切れの赤ウニの身がかき消した。w

鮮度が良いのは当たり前として、この時期の赤ウニ、大当たりだな!!!!

余りの美味さに、殻を口に入れそうになったわ。w

次に大アサリが焼き上がる。

昨年も食べたが、大アサリは美味いね。

こちらも噛み締めると、旨みが出てくる。

しかし、ウニの印象が強すぎるな。

私は追加で蛤を注文する。

2~3個で600円だというが、大粒2個を選んでくれた。

そして焼きながらおばちゃんがよ~くしゃべる。

カップルにはこの時期、伊勢海老は旬ではない。冬だとか。

内は地物ばかりだけど、他所の店は中国産があるかもしれないとか。w

伊勢海老食べ終えてから、それはないでしょう。w

やがて蛤が焼き上がる。

タレらしきものは何かかけていたか?

では一口、モグモグ・・・

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

うめええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!

オレは今、猛烈に美味さに感動している!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

さ、さすがは蛤!!!大アサリには申し訳ないが、美味さの濃厚さの格が違う!!!

大アサリも美味かったが、ぷっくりと身が膨らんだ蛤の美味さは、

久々に雄たけびを上げるほどの美味さだ!

「どう?美味しいやろ?」

おばちゃんが話しかける。

「ウニと蛤、段違いに美味い!!!」

「ウニも蛤も地物やで、美味いのはあたりまえ」

私は目を瞑り、蛤の美味さを噛み締める。

この蛤も甘みをほんのり感じるが、旨み汁が多過ぎておぼれそうや!w

カップルはその後お会計、14000円オーバー?彼氏頑張るな。w

私ももっと食べたかったが、それは今夜のお楽しみ?にしてお会計。

税込みで3024円であった。

旬の海鮮の美味さを存分に堪能した店であった。

 

ここで一句

     ウニ一個

        丼よりも

            感動が

« 私の夏休みは終わった | トップページ | 鳥羽市 ミキモト真珠島~じぇじぇじぇの二十三景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

海鮮グルメ」カテゴリの記事

三重県 グルメ」カテゴリの記事