フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 鳥羽市 ミキモト真珠島~じぇじぇじぇの二十三景 | トップページ | 志摩市 天の岩戸~天の岩戸?の十五景 »

2018年7月26日 (木)

鳥羽市 いせえび 海老フライカレーライス~爪切不動尊

123_15
Dsc_6907

123_16
Dsc_6909


Dsc_6912

123_17
Dsc_6913


Dsc_6916

123_18
Dsc_6918


Dsc_6919


Dsc_6920


Dsc_6923


Dsc_6924


Dsc_6925

123_19
Dsc_6927


Dsc_6930


Dsc_6931


Dsc_6932


Dsc_6933

123_20
Dsc_6934


Dsc_6937

やはり腹が減った。

真珠島を出た後、近所のお食事処へ。

いせえびという名前だが、勿論予備知識は無し。

伊勢海老を食べつもりは、さらさらないが、海老は食べたいね。

中に入ると、テーブル席オンリーですね。

窓際のテーブルに座り、メニューを眺める。

海老フライカレーでいいんじゃない?

この日、夜は2軒ハシゴをするつもりだし。

私は海老フライカレー1000円を注文する。

それほど待たずにカレーが登場、記念撮影をし、いただきま~す!








ミニサラダなどは付かない。

何とも割り切ったものである。

海老フライは、開きですね。

何で開きなのかは、店の自由!その開きの理由を妄想するのも自由!

オレは自由だ!!!!

まずはカレーの部分を一口、う~ん欧風カレーなのであるが、際立つ特徴などは無し。

スパイスも辛さも、コクも、昔のカローラの点数のようである。

海老フライは揚げ立てサクサク。

恐らく、ブラックタイガーの部類であろうが、尻尾のギリギリまで食べられる。

むしろ、尻尾を食べてもいいでしょう。

ご飯の量は軽めでしょうね。

ところで、私の前の席の女性二人、伊勢海老御膳でございますか?

どうせ伊勢海老を食べるのであれば、冬が宜しいかと。

やがて完食。





食後、志摩半島の先端を目指す。

金比羅山を目指す。

何となく、金比羅山という地名に惹かれ、行ってみた。

すると、日本三大不動尊だと?

初めて聞くね。

私は爪切不動尊に行ってみた。

すると・・・ここは霊場ですよ。

パワースポットなどという言葉がありますが、私はあまりその言葉は使いたくない。

この日は本当に暑くて、汗が一切ひかなかった。

だが、ここに来て発汗が少々止まったね。

鳥肌が立っているよ。

何かを感じているのだな。

心霊とは別な何かを。

のーまくさーまんたばさらたかん(不動妙陀羅尼諸説あり)

私は心の中で、陀羅尼を唱える。

感じるのはひとそれぞれであろうが、金比羅山展望台にはいかず、

私は伊勢に戻ることにした。

« 鳥羽市 ミキモト真珠島~じぇじぇじぇの二十三景 | トップページ | 志摩市 天の岩戸~天の岩戸?の十五景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

カレー」カテゴリの記事

三重県 グルメ」カテゴリの記事