フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南巨摩郡 峠のラーメン チャーシューメン大盛り | トップページ | 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん大盛り »

2018年8月28日 (火)

富士市 今日はココ 焼きそば大盛り 目玉焼きトッピング

658
Dscn4565

Dscn4551

658_2
Dscn4553


Dscn4564


Dscn4554


Dscn4555

658_3
Dscn4552

658_4
Dscn4556


Dscn4559


Dscn4560


Dscn4561

658_5
Dscn4563

どんだけ~!

何か時々出てくるけど、アタシのオネエキャラ。

山梨の南部方面の道を何度か通るうちに、気になる店を見つけたの。

それが、道路から店が見えるけど、国道52号から左折とか右折で入れないのね。

この店、何処から入るのよ~!不思議ちゃ~ん!と思ったの。

今はナビがあるから、余程の事が無い限り、到着出来ないなんてあるわけないけど、

今日という今日は、何が何でも背負い投げ~!と思ったのね。

そうしたら、車一台が通ることが出来る様な道なの。

すれ違うのがやっと、の道なの。

そして店に到着したのね。

丁度、駐車場に一台分の空きがあったので、ラッキーだったわ。

そして、入店よ~!





「こんにちわ~、イック~で~す!」

「あら、いらっしゃいませ~!」

愛想のいいマダムがお出迎えよ~。

「どうも、微妙研究家のイック~で~す!今日は突撃!隣の背負い投げ!の取材で

お店に寄らせていただきました~!どんびき~!」

他のお客は女子会の様な方が3名。

でも、少しアタシの好みと違う~。w

向こうもアタシの事、タイプと思っているわけないけど~!w

このお店、焼きそばやお好み焼きを提供するみたい!

他に定食類もあるじゃない~。

定食なんて、500円台よ~!もろぼし~!まぼろし~!

黒ハンペンフライ定食なんて、もろ、静岡してる~!微妙!!!

もう内容と価格だけで、優良店認定よ!

コストコ、いやコスパは絶対素敵よ~!

カレーとお好み焼き、焼きそばが気になるわ~。

イック~!としては、加齢臭が気になるから、カレーがいいかも?

やだ~、お好み焼きも食べてみたい!

すると、女子会3人のためのかき氷を、私にマダムがおすそ分け~!

サービス最高!

イック~感激で、涙が流れたわ~!思わず近くのタオルで涙を拭うわ。

「イック~ちゃん、それ雑巾・・…ぷ」

やだ~ありきたりのオチ~!作り話~!!!!

日本作り話~!

「どこに行ってきたの?」

お店のマダムが、お尋ねよ

「身延山に行ってきたの~ 暑くて暑くてお化粧が落ちちゃった!」

もともとスッピンだが。

スッピンで悪面で微妙!w

「それでこの時間にお昼なの?」

チャーシューメン大盛りを食べてきました!

なんていえるわけないじゃな~い!

「お腹がすき過ぎて、イック~、逝く寸前よ~!」

イック~のお家芸、社交辞令よ~!巴投げ~!

時刻は13時を過ぎていたわ~。

このお店、13時半までがランチタイム、早くしないと!

アタシは、焼きそば大盛りを注文したわ。

すると、マダムが焼きそばを鉄板で作り始めたの。

鉄板で焼きそばを焼くなんて・・・なんて鉄板なお店なの~!

でもこのお店、マダムが調理担当で、ご主人は洗い物担当?

扶養家族が亭主?妄想!

やがて焼きそば登場、記念撮影をして、はいち~ず!ってまぼろし~!







私の隣に、フライののった皿が置かれた。

(まさか・・・これもサービス?)

と思ったら、店主の賄だが、俺は客だぜ!客の横に置くのかい?w

ところで、焼きそばを焼いている最中に、マダムが「目玉焼き食べる?」と聞いた。

私が頷くと、焼き加減を尋ねられた。

勿論、半熟を選ぶ。

だが、玉子トッピングは50円増しである。

それにしても、多い。

大盛りを頼んだが、確実に麺は二玉だな。

それに味噌汁が付き、冷や奴と漬物か?

普通盛で450円なら、バーゲンも良いところだな。

では、焼きそばを一口・・・これ、富士宮焼きそばだな。

「これって、富士宮焼きそばですか?」

私はマダムに投げかける。

「私は、何とか焼きそばというように括られるのは好きでないの。富士宮焼きそばの麺は

もっともちもちしているわよ。だからこれは違うわ」

オモテナシ精神溢れるマダムであるが、絶対に譲れない部分はあるようだ。

ならば私は、郷に入っては郷に従えを実行するしかない。

まずこの焼きそば、ソースの水気を感じない。

麺は間違いなく、コシの強いもので、咀嚼を要求する。

具には桜エビ、千切りキャベツ、豚肉の細切れが大量に存在する。

因みに、トッピングとして、玉子、桜エビ、豚肉があるが、それらを入れると150円増し。

頼んだのは玉子のみ、この場合どう考えるべきか?

奴は一般的な美味さ、味噌汁は箸休め。

紅ショウガあるけど、漬物がある。

半ライスでも注文したいが、食べきれるわけがない。

大盛りはマジで二玉だな。

食べきれる自信を失いそうだ。

しかし、汗を流しながら完食。

味に関しては、家庭的な味わいと言えるだろう。

だが、マダムとご主人の醸し出す雰囲気、店内の清潔さ。

コスパがよさげなメニューたち。

私、マジでこの店の焼きそば大盛り、手ごわいと思いました。

税込み700円。

450円を見ると、何故か微妙と思う700円。w



因みに次回予告、おら、藤田ニコル。

 

ここで一句

   サングラス

      外したくなる

            オモテナシ

« 南巨摩郡 峠のラーメン チャーシューメン大盛り | トップページ | 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん大盛り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

やきそば」カテゴリの記事