フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 秦野市 なんつッ亭 なんつッ亭スペシャル大盛り | トップページ | 静岡市 入船鮨エスパルスドリームプラザ店 海鮮たっぷりまかない丼 »

2018年8月13日 (月)

静岡市 岸家 天然本まぐろ丼 特上

328
Dsc_7337

Dsc_7335


Dsc_7336

328_2
Dsc_7338


Dsc_7340


Dsc_7341


Dsc_7343

328_3
Dsc_7345


Dsc_7346

328_4
Dsc_7348

今月、2回目の休日。

まさかのコンデジの操作不良。

何年ぶりだ?ガラ携での撮影。

一眼レフ?当然持ち歩いていた。

しかし、ラーメン店なので車内に放置。

ネタ切れ必至の今月。

カウントダウンの音色が聞こえるこの頃。

これでいいのか?












近頃、清水区周辺の出現率が、非常に高い私である。

別に、清水周辺を盛り上げようとか、この界隈が好きだとか、特に感慨深い物は無し。

行き易い。

それだけかもしれない。

東名も富士川サービスエリアのスマートETCを利用し、それからはストレスなく、

清水港や清水駅周辺まで到着する事が出来る。

何より、清水港河岸の市に行けば、まだ訪問をした事が無い店がある。

全店制覇をする気は無いが、まだ入った事の無い店に入りましょう。

う~ん、やはり「みやもと」が気になるな。

大トロ丼が税抜き1600円?う~ん、う~ん、う~ん。。。食べたいけどパス!

マグロ館の方に行くと、すでに客で賑わっている店がある。

「岸家」か、まだ入った事はないね。

店の前にはメニュー画像が大きく貼り出されている。

天然本鮪丼か・・・これにするか。

私は店内へ。

窓側のテーブル席を案内される。

・・・暑いね。

ロケーションはいいが、直射日光が暑いですよ。

私は、店内側に座る。

メニューを見ると、いろいろあるが天然本鮪丼でいいでしょう!

「本鮪丼の特上を所望いたす候」

「本鮪丼特上で候?」

「候、候、さぶらうで候」

「ですですとクドイで候」

やがて、丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!










恐らく、この店のハイエンド的な位置づけであろうこの丼ぶり、視覚から訴える物は、

それほどインパクトは感じない。

山葵は粉ワサビですね。

価格的に粉ワサビではなく、チューブ入りでもいいので、生おろし山葵が欲しいですね。

では醤油をかけていただきます。

うん、美味しい。

赤身と中トロみたいな部分がありますが、赤身はヘモグロビンの香りが漂い、

中トロみたいな部分は、味が濃厚で美味い。

御飯は酢飯。

酢の効き方は、鮪を使用のためかやや効いているな?と思わせる。

この酢飯を食べて、むせる方はいないでしょう。

ご飯の量は多いとは思えませんね。

私としては、物足りない量です。

味噌汁はワカメですか、一般的な美味しさです。

漬物は桜漬けと、魚の佃煮でしょうか?鮪かな?

天然本鮪ですが、美味しい鮪丼であることは間違いない。

やがて完食。

税込2646円の丼ぶりではありますが、ボリューム的には物足りない。

やはり、みやもとに・・・

 

ここで一句

     天然は

        養殖よりも

             スリムかな?

« 秦野市 なんつッ亭 なんつッ亭スペシャル大盛り | トップページ | 静岡市 入船鮨エスパルスドリームプラザ店 海鮮たっぷりまかない丼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

海鮮グルメ」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

静岡県 海鮮」カテゴリの記事