フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 静岡市 岸家 天然本まぐろ丼 特上 | トップページ | 静岡市 蒲原館 チャーシューメン大盛り »

2018年8月14日 (火)

静岡市 入船鮨エスパルスドリームプラザ店 海鮮たっぷりまかない丼

Dsc_7352

328_5
Dsc_7350


Dsc_7353


Dsc_7354

328_6
Dsc_7355


Dsc_7356


Dsc_7359

328_7
Dsc_7361


Dsc_7364

ああ・・だめだ・・・ネタ切れだ。

カメラの不調というアクシデントに見舞われ、ネタ取集が出来なかった。

ところで、一眼があるのだから、それでいいだろう!と思うであろう。

私は大衆食堂では、極力一眼は使いたくない。

観光地の食堂などは遠慮なく一眼だが、普段はコンデジでこっそり撮りたい。

そして、いまだにスマホが無い現実。

ガラ携ではなく、スマホならコンデジ代わりになる。

私もSNSをもっと活用しないと!

Facebook、アカウントを削除しました・・・w

Facebook、大きなお世話なことが多すぎるんだよ!















河岸の市からエスパルスドリームプラザまで歩く。

・・・暑い!!!汗が噴き出てくる。

汗をかいてもかいても、汗は出てくる。

ドリームプラザに到着すると、鮨横丁へ・・・チャーハン専門店?

らーめん燕の近くにチャーハン専門店が出来たのか?

いや、以前来た時にもあったよね。

う~ん、チャーハンか・・・食べてみたいね。

しかし、海鮮が食べたいな。

横丁に来ると、あちらこちらの店で呼び込みをしている。

私が来る前日、祭りがあったようでさぞかし賑わったことでろうが、

さすがに夏休みとはいえ、平日。

お客は少ない様だ。

何処にするか迷うが、横丁の一番奥の入船寿司ですが、敷居が高そうではあるが、

賄い丼なるリーズナブルな物もある。

ここにすっぺ!(どこの方言じゃ!)

中に入ると、テーブル席に案内される。

一応メニューを見る。

そう言えば、ここ数年回転寿司ばかりだな。

別に、回転寿司が悪い訳ではない。

寿司を食うなら海鮮丼!みたいなものが私の中にあり、海鮮と言えば海鮮丼か?

私は賄い丼1274円を注文した。

注文後、店内を観察。

店構えは敷居が高そうだが、中に入るとそうでもない。

何処の誰か知らない方のサイン色紙も飾ってあり、肩ひじ張る様な様相ではない。

カウンターで、一貫一貫注文するタイプの店では無いようですね?

特にランチ時は。

やがて丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!









細かく刻まれた魚介が散りばめられ、その上に温泉玉子がのる。

こちらのワサビは、生おろしタイプ。

チューブ入りのものでしょうが、好印象。

目に見える具材は、鮪の剥き身、海老、鯖、サーモン、イカなどなど。

ワサビを醤油に溶かし、かけ過ぎない様に回しかける。

そして、玉子を崩しいただく。

御飯は酢飯であるが、かなり軽いですね。

ていうか、上品。

具材は細かく小さいが、それぞれがしっかりと素材の美味さを放つ。

う~ん、美味い!!!!!

温泉玉子があるので、全体的にまろやかで終わるのかと思いきや、さすがですね。

賄いではあるが、食べた者が勉強になる様な味わいです。

海老も小さいながらもプリっとした食感も健在。

これは美味しい!!!!

お椀は吸い物であるが、こちらは一般的な美味しさ。

丼には、〆鯖など味が濃い目の具材も入っている。

しかし、玉子のおかげで具材の味が突出する事が無く、全体的にバランスよく食べられる。

丼ぶり全体に一体感が生まれ、これはいいですね!

ご飯の量は私としては丁度いいかな?

小さめの丼ぶりで、量が少ないかな?と思いましたが、食べ応えはあります。

やがて完食。

少なくとも今回いただいた丼ぶりに関しては、技と工夫を感じました。

品のある味わいで美味しかったです。

そうなると、他のメニューも気になりますね。

財布に余裕がある時に、再訪問します。w

 

ここで一句

    人の世も

           温泉玉子で

            丸くなる?

« 静岡市 岸家 天然本まぐろ丼 特上 | トップページ | 静岡市 蒲原館 チャーシューメン大盛り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

海鮮グルメ」カテゴリの記事

静岡県 海鮮」カテゴリの記事